秋葉原 寿司 食べ放題。 秋葉原「食べ放題」4選!寿司食べ放題やお菓子バー付きネットカフェetc.【Lets】レッツエンジョイ東京

きづなすしで寿司食べ放題!これだけは食べるべきおすすめお寿司6選

秋葉原 寿司 食べ放題

お寿司にトリュフにスイーツを個室で!そんな贅沢を叶える食べ放題/きんのだし 秋葉原店 寿司好きには最高すぎる食べ放題があると噂を聞きつけ、やってきました秋葉原! JR秋葉原駅の電気街口を出て徒歩約2分。 こちらのビルの6階から9階にあるのが、「きんのだし 秋葉原店」です。 お寿司食べ放題の受付は7階。 さっそく潜入します! 今回ご紹介するメニューがこちら! 3,980円(税抜)でお寿司が120分食べ放題になる「寿司食べ放題コース」です。 専属の目利きにより築地などの市場で毎朝仕入れる鮮度抜群なネタを使い、熟練の寿司職人さんが握っています。 1グループで1回1枚の注文票に、6種類30貫まで記入できるシステム。 注文したお寿司がテーブルに出揃った時点で次のオーダーができて、その時は提供されたお寿司が食べ終わってなくてもOK。 1貫から注文可能なので、好きなネタを好きなだけ楽しめるのもうれしいポイント。 ただし、食べ残し・シャリ残しは1商品につき100円支払うルールなので、頼みすぎにはご注意を! きたーー!わー!きれいー!人気のネタ大集合だけあって、圧巻の美しさ! 実は店員さんに相談して人気のネタをオーダーしたところ、この日は取材ということで特別に「10種20貫」をまとめて提供してくれちゃいました。 実際は一回のオーダーは「6種類30貫」まで。 ご注意くださいね。 では、さっそくいただきまーーす! まずは同店のこだわりである「生マグロ」を使った「中トロ」から。 生マグロならではの弾力あるしっとりした食感がたまりません~~! ほんのりと色づいたシャリには、熟練の寿司職人が握る同店ならではのこだわりで「赤酢」を使用。 赤酢とは、酒粕が原料のお酢で濃い色が特徴。 伝統的な江戸前寿司には欠かせない赤酢ですが、赤シャリは繊細で味がすぐに落ちてしまうことから、回転寿司や食べ放題ではあまり使われることがありません。 お米がふっくらと仕上がり、まろやかな風味と独特の旨味がある赤シャリの美味しさにも注目してみて。 皆が大好きな「いくら」も、秘伝のタレで仕込んだ珠玉の一貫。 プチプチと弾ける食感を生かした丁寧な仕込みをしているのだそう。 うにといくらは単品だとそれぞれ499円(税抜)。 食べ放題のお得さをひしひしと感じちゃいます。 こちらも人気の「赤海老」。 こちらではシャリの大きさ調整はできないけれど、お寿司をたくさん楽しんでほしいと思いから、シャリはかなり小さめに設定。 お寿司屋さんを何軒も廻って研究したサイズ感なのだそう。 一般的な回転寿司で女性が食べる平均は約8皿(16貫)なのだとか。 その点、同店では女性でも平均25貫から30貫になるというから、まさにシャリ研究の成果! 好きなネタをリピートするもよし、種類を味わうもよし、思う存分楽しんじゃいましょう! 秋葉原という場所柄、外国人のお客さまの多い同店では、変わりダネも大人気。 ちなみに食べ放題のお寿司は、すべてサビ抜き。 わさびは別添えで提供されます。 お寿司と争う人気ぶり!サイドメニューも実はスゴいんです! 実はこの食べ放題、お寿司だけじゃないんです。 お寿司と並ぶくらい、いや、リピーターではこちらが目的の人も多いくらい。 ここからは、マストでオーダーしておきたいサイドメニューを厳選してお届けします! 人気もおかわり率の高さもNo. 1を誇るのが「自家製ローストビーフ」。 上の階に国産A5黒毛和牛が食べ放題の「しゃぶしゃぶ」を系列店に持つ同店だからこそできるサイドメニューのひとつ。 続いてはサイドメニューの中で唯一、一人1品限定となる「トリュフと中トロ炙りの海苔巻き」。 赤シャリの上に、生マグロ中トロの炙りとトリュフを乗せた、贅沢の極みともいえるメニューです。 とにかく香り高く、テーブルに運ばれただけでトリュフの香りに包まれます。 トリュフオイルも使っているので、お好みで醤油を垂らして手巻きでいただきます。 脂ののったトロの肉厚な身にトリュフの風味が絶妙なバランスの手巻きは、まるでフレンチの一皿のような感覚。 「カニクリームコロッケ」はサクサクの衣にとろけるカニクリームに、下に添えたトマトソースがよく合う、イタリアンな味わい。 「家系とんこつラーメン」も隠れた人気メニュー。 上階に、濃厚な豚骨醤油が特徴の横浜家系ラーメンのスープを使う「しゃぶしゃぶ店」を持つ同店。 そこで締めとして楽しまれている「ラーメン」がそのままプチサイズで楽しめちゃいます。 家系の元祖から伝承している由緒正しきスープを使ったラーメンだから、味わっておかないと損かも!? ほかにも、A5ランクの和牛を使った「A5和牛カレー」や「雲丹と黄身醤油漬け海苔巻き」、「トリュフ塩のポテトフライ」、「ローストビーフのわさびポテトサラダ」といったリピート率の高いメニューも盛りだくさん。 お寿司とバランスを見ながら、サイドメニューもしっかり堪能したいですね! サイドメニューはお寿司とは異なり、店員さんに口頭でオーダーするシステム。 一度にオーダーできる品数制限もないので、心ゆくまで楽しんで。 ただし、こちらも食べ残しには料金がかかるので、頼みすぎには注意が必要。 おかわりで満腹の末辿りつく、至福のデザートタイム もうおなかいっぱいと言いつつも、お寿司を追加オーダー。 色合い的にはちょっと地味な、「〆サバ」、「アジ」、「ホタテ」。 寿司職人の腕がわかると言われている〆サバも、酢がキツくないふんわりと上品な味わいで、心の底から大満足。 最後にはやっぱり巻物も、ということで「シーフードサラダ手巻き」、「とろたく手巻き」、「鉄火手巻き」を締めに。 ボリュームたっぷりに見える手巻きも、やはりシャリは少なめでするりと完食。 食感の楽しいお寿司からは、職人さんのセンスが感じられました。 アルバイトの女性スタッフが考案したという一番人気の「自家製リコッタチーズムース」。 オシャレな瓶に詰められたスイーツは、どこまでも軽い食感のリコッタチーズムースにメープルシロップがコクを添える、あっさりとした味わい。 おなかいっぱいでもスイスイと喉を通っちゃいました。 噂に違わぬハイコスパ!期間限定で女子はさらにお得に! 寿司職人による本格江戸前寿司に、充実のサイドメニュー、自家製スイーツまで全部で約100種のメニューが3,980円(税抜)のハイコスパで思う存分楽しめちゃう、満足度高すぎな「きんのだし」の食べ放題。 食べ放題だけでなく、ドリンク飲み放題もあって、2杯で元がとれちゃう「ソフトドリンク飲み放題」(580円 税抜)のほか、約30種類そろえる「アルコール&ソフトドリンク飲み放題」も1,580円(税抜)と、どこまでも破格のコスパが嬉しすぎます。 プラス1,000円(税抜)で大トロ・和牛握りなども食べられる「プレミアムプラン」にすることもできるので、自分たちへのご褒美にもピッタリですよ。 そして、月曜日限定で女性に限り、今回紹介した食べ放題が、なんとさらに1,000円OFFの2,980円(税抜)になっちゃいます。 ぜひお友達を誘って訪れてみて。

次の

[秋葉原]食べ放題の居酒屋の予約・クーポン

秋葉原 寿司 食べ放題

鮮度抜群の産地直送はもちろん、当店自慢の目利きが毎朝市場でその日水揚げされた中でも、これは! と思った厳選素材のみを仕入れます。 仕入れた素材はそのまますぐに店舗に配送。 店でさばくのでより新鮮な状態でお客様にご提供しております。 寿司の旨さは素材の旨さのみにあらず。 寿司職人が心を込めて、技を活かして仕込みをするからこそ寿司独特の旨さが生まれてくるのです。 例えば、鯖はその日の魚の大きさ、脂のりより塩加減や酢の味付けを変え、そのさばを最大限においしく仕込みます。 いくらは秘伝のたれで仕込み、いくら独特の食感を活かした味わいに仕上げます。 素材本来の鮮度と味を保ちつつ、職人が一手間加えることで「これぞ、きんだしの寿司!」 と、お客様に唸っていただけるように、当店では店内仕込みにこだわっているのです。 コース内容 (全90品)• 【内容】 ・大とろの握り・あわびの握り ・うにいくら手巻き・穴子一本握り・クランチスパイシーツナロール・赤貝の握り ・うなぎの握り・旬のお造り2種盛合せ・カツオタタキ・炙り明太子• (早割りクーポンご利用の際は黒毛和牛の炙りは含まれません。 予めご了承下さいませ。 食べ放題のお客様は1ドリンク制または飲み放題ご注文をお願いします• ご希望の際はご要望欄にご記入下さいませ。 クーポン併用不可。 男女グループの場合女性2,980円・男性3,980円となります。 コース内容 (全90品)• 【内容】 ・大とろの握り・あわびの握り ・うにいくら手巻き・穴子一本握り・クランチスパイシーツナロール・赤貝の握り ・うなぎの握り・旬のお造り2種盛合せ・カツオタタキ・炙り明太子• 予めご了承下さいませ。 食べ放題のお客様は1ドリンク制または飲み放題ご注文をお願いします• ご希望の際はご要望欄にご記入下さいませ。 コース内容 (全90品)• 【内容】 ・大とろの握り・あわびの握り ・うにいくら手巻き・穴子一本握り・クランチスパイシーツナロール・赤貝の握り ・うなぎの握り・旬のお造り2種盛合せ・カツオタタキ・炙り明太子• 予めご了承下さいませ。 ご希望の際はご要望欄にご記入下さいませ。 【 握り 】• 本マグロ赤身 199円 (税抜)• 本マグロ中トロ 299円 (税抜)• 本マグロ大トロ 399円 (税抜)• 玉子 99円 (税抜)• たこ 99円 (税抜)• いか 99円 (税抜)• びんとろ 139円 (税抜)• サーモン 139円 (税抜)• 海老 139円 (税抜)• 赤えび 199円 (税抜)• 甘エビ 199円 (税抜)• ほたて 199円 (税抜)• 穴子 199円 (税抜)• しゃこ 199円 (税抜)• こはだ 159円 (税抜)• 〆さば 159円 (税抜)• あじ 199円 (税抜)• えんがわ 239円 (税抜)• かんぱち 239円 (税抜)• たい 239円 (税抜)• とり貝 239円 (税抜)• ヒラメ 239円 (税抜)• 数の子 239円 (税抜)• ホッキ貝 299円 (税抜)• しまあじ 239円 (税抜)• 子持ち昆布 249円 (税抜)• つぶ貝 299円 (税抜)• 赤貝 299円 (税抜)• 天使の海老 399円 (税抜)• ぼたん海老 439円 (税抜)• ズワイガニ 439円 (税抜)• あわび 499円 (税抜)• いくらこぼれ 899円 (税抜)• 【 軍艦 】• オクラトロロ 129円 (税抜)• とびっこ 129円 (税抜)• かにみそ 129円 (税抜)• 生シラス 129円 (税抜)• 岩のり 129円 (税抜)• イカゲソ 129円 (税抜)• 塩辛 149円 (税抜)• シーフードサラダ 129円 (税抜)• 唐揚げマヨネーズ 199円 (税抜)• ねぎとろ 269円 (税抜)• いくら 499円 (税抜)• うに 499円 (税抜)• 大穴子一本握り 699円 (税抜)• 【 細巻き 】• かんぴょう巻 1本 220円 (税抜)• かっぱ巻 1本 220円 (税抜)• おしんこ巻 1本 220円 (税抜)• 納豆巻 1本 250円 (税抜)• 梅きゅう巻 1本 250円 (税抜)• 穴きゅう巻 1本 300円 (税抜)• めんたい胡瓜 1本 300円 (税抜)• 鉄火巻 1本 350円 (税抜)• ねぎとろ巻 1本 400円 (税抜)• とろたく巻 1本 400円 (税抜)• 【 手巻き 】• かんぴょう巻 1本 120円 (税抜)• かっぱ巻 1本 120円 (税抜)• おしんこ巻 1本 120円 (税抜)• 納豆巻 1本 150円 (税抜)• 梅きゅう巻 1本 150円 (税抜)• 穴きゅう巻 1本 200円 (税抜)• めんたい胡瓜 1本 200円 (税抜)• 鉄火巻 1本 250円 (税抜)• ねぎとろ巻 1本 300円 (税抜)• とろたく巻 1本 300円 (税抜)• 【 セットメニュー 】• セットメニューは茶碗蒸し・本日のお椀・デザートがつきます。 セットメニューの御客様のお椀はおかわり無料で承ります。 築地にぎり 3,480円 (税抜)• 秋葉にぎり 2,780円 (税抜)• 板長にぎり 1,680円 (税抜)• 特選 生本まぐろ丼 1,980円 (税抜)• 特上ちらし 1,800円 (税抜)• 【 三貫にぎり 】• 塩すだち三貫 真鯛・つぶ貝・いか 580円 (税抜)• 貝三貫 おまかせ貝 780円 (税抜)• 炙り三貫 生サーモン・えび・えんがわ 520円 (税抜)• 光物三貫 しめ鯖・こはだ・あじ 450円 (税抜)• まぐろ三貫 本生中トロ・本生赤身二貫 630円 (税抜).

次の

秋葉原で寿司食べ放題!安くて美味しい絶対お薦めの3選とは?

秋葉原 寿司 食べ放題

予約方法&待ち時間 寿司食べ放題コースは全日11時~22時まで開催しており、ネットで予約をとることが可能。 開始時間より120分お時間制で、ラストオーダーは30分前。 すぐに席に通してくれますが、タッチパネルは11時ぴったりになるまで食べ放題仕様にならないスタイルなので定刻まで待ちます。 店内のテーブルにはほとんど「御予約席」の札が立っていたので、食べ放題の場合には予約必須! メニュー&料金 食べ放題できるメニューは、なんと 全100種とかなり豊富。 その全てを書き出してみると以下の通りになります。 価格は 女性が3480円、 男性は3980円。 【まぐろ類】 本鮪中トロ・本鮪赤身・バチまぐろ・びんちょうまぐろ 【づけ類】 まぐろづけ・鯛づけ・かんぱちづけ・はまちづけ・サーモンづけ・いかづけ 【あぶり類】 あぶり中トロ・あぶりとろサーモン・あぶりサーモン・あぶりはまち・あぶりかんぱち あぶりさば・あぶりえんがわ・あぶり赤えび 【白身類】 鯛・えんがわ・はまち・かんぱち 【えび類】 甘えび・赤えび・茹でえび・しゃこ 【光物】 あじ・いわし・さば・こはだ 【貝類】 ほたて・みる貝・とり貝 【その他】 サーモン・とろサーモン・サーモンマヨネーズ・いか・いかげそ たこ・蟹盛り・ズワイガニ・芽ねぎ・玉子・数の子・子持こぶ 【軍艦】 ねぎとろ・まぐろ山かけ・蟹身・かにみそ・まぐたく・まぐろ納豆 たこわさ・ひも・納豆・オクラ・岩のり・いくら・うに・めんたいこ とび子・とろろ納豆・オクラ納豆 【手巻き】 梅きゅう巻・梅しそ巻・蟹きゅう巻・かっぱ巻・鉄火巻・鉄火きゅうり巻・とろたく巻 とろきゅう巻・ねぎとろ巻・お新香巻・明太子巻・明太マヨ巻・穴きゅう巻・いかめんたい巻 かんぴょう巻・海老きゅう巻・納豆巻・ひもきゅう巻・明太子きゅうり巻・海老サラダ巻・蟹サラダ巻 【前菜】 黒ホタルイカの塩辛・枝豆・酒盗チーズ・たこワサビ・梅水晶 【逸品】 鮪のかまの唐揚げ・厚焼き玉子・冷やしトマト・ポテトフライ 串天四種盛り・冷奴・鮭ハラス焼き・鶏の唐揚げ・あさり海苔和え・お味噌汁 【サラダ】 豆腐と野菜のサラダ 「女性のみグループ」「お子様連れのご家族」はソフトドリンク飲み放題付きで、 アルコールなどの飲み放題は、食べ放題料金+1500円。 いざ実食!濃厚なウニとふわとろな穴子は必食! 11時ぴったりになるとタッチパネルが食べ放題専用のものに切り替わりました! 注文にはルールがあり、 1度にオーダーできるお寿司の種類は 最大6種類までとなります。 また、 貫数は30貫までです。 寿司以外にもサラダや前菜等を食べ放題することが可能なので、まずは「冷やしトマト」をオーダー。 中トロがえんがわなど脂ノリがいいものを沢山食べるために、野菜メニューを注文しておくのもアリです。 1回目のお寿司のオーダーではMAXの6種類を一度にタッチパネルから入力したのですが、まずは「 うに」と「 あぶりえんがわ」のみが提供されました。 えんがわの炙り度合いはかなりあっさり目で、やや表面があたたまっている程度でしたが、ネタがとても大きく満足度は高かったです。 うには濃厚でクリーミー。 これは何度もリピートしたくなる味!Instagramでも、きづなすしの画像を投稿している多くの人がうにを大量にオーダーしています。 うにとえんがわに続いて、5分後には1回目で注文したネタの全てが提供されました。 「 蟹盛り」には、蟹味噌もたっぷり。 中トロは1つ1つ個性のある形でした。 脂ノリは程よく、何度でもおかわりできそうな食べやすさ。 2回目は、「 ズワイガニ」や「 あぶりサーモン」、「 あなご」などをオーダー。 注文個数によって、お皿のデザインが変わるようで、この時は大き目の長細い皿を使用。 注目は「あなご」。 想像以上のやわらかさで、口の中でとろけます。 大きさも大満足のボリュームで、お腹に余裕があればいくらでもおかわりしたい商品。 3回目は、最初に食べて気に入った「うに」と「あぶりえんがわ」をリピート。 今回は通常の「えんがわ」もオーダーし、「あぶりえんがわ」との違いを見ることに!驚いたのは、 炙った方が縮んで小さくなってしまうのかと思いきや 「あぶりえんがわ」のほうがネタの大きさが大きかったこと。 ということで、個人的にはあぶりえんがわ推しです。 お寿司ばかりを大量に食べ続けていると、1時間くらいでお腹が詰まった感じになってしまうので、途中で逸品メニューもオーダーするのがオススメ。 こちらは「 鮪のかまの唐揚げ」。 提供時には思ったより量が多いのでびっくりしましたが、骨の部分が多いので割とすんなり食べきることができます。 ラストは好みのネタをリピート。 やっぱりこのお店にきたら「うに」は外せません!心行くまでうにを頬張れる機会はなかなかないので、後悔のないようたらふくいただきましょう!お好みでわさびも別皿で追加できますし、タッチパネルからガリやお茶のおかわりを注文することも可能です。 「女性のみグループ」や「お子様連れのご家族」は ソフトドリンク飲み放題付きになるので、女子会にもおすすめです。

次の