えびの市 事件。 宮崎県内の管轄区域表

【OH

えびの市 事件

愛知県・西尾市 赤ちゃん遺棄事件の概要は? 事件について報じた中京テレビの報道内容を参考に、概要をまとめます。 2020年5月2日、午前8時40分頃、愛知県西尾市の市役所に、「近くの公園のトイレから猫のような鳴き声がする」と通報があった• 市の職員が向かいましたが何も音は聞こえず、鍵がかかっていたため一度、立ち去った• 約6時間後、再びトイレに行くと鍵はかかっておらず、中は血まみれだった• その後、近くの植え込みからビニール袋に入れられた生後間もなくへその緒がついた状態の男の赤ちゃんの遺体が発見された• 捜査の結果、赤ちゃんの母親で20代の専門学生だと判明した• yahoo. この女性が感じていたであろう恐怖を想うと、いたたまれません。 病院でも自宅でもなく、公園のトイレで産んだというところに、この女性が抱えていた孤独や闇を感じます。 それにしても、鍵がかかっていたならもう少し待って状況を確認してから現場を後にして欲しかったです。 この空白の6時間の間に適切な対処ができていたら、この男の子の命は救えたかもしれません。 それがこの子にとって本当に幸せなことだったのかは別問題ですが。 事件の現場について 事件は、愛知県西尾市住崎の公園で起こりました。 望まない妊娠の現状は? 今回のケースは、明らかに「望まない妊娠」であったと推測できます。 少子高齢化が深刻化する日本においてはこのような事件はできる限りゼロにしていきたいところですが、実際のところ「望まない妊娠」の割合はどのくらいなのでしょうか。 まずはこちらの資料をご覧ください。 「人工中絶」が年間に16万件も行われていることに、ちょっとしたショックを受ける方も多いと思います。 jaog. pdf 次に、10代に限定して中絶件数の推移を見てみましょう。 jaog. pdf 減少傾向にあるとはいっても、14歳以下で中絶する子が年間200人以上もいるという事実。 少子化、少子化と騒がれてはいますが、これだけの命が「なかったこと」にされてしまっているのです。 では、その原因は何なのか。 jaog. pdf 全てがそうではないしても、 暴力的性犯罪の件数が年間6918件もあるというのは見過ごせません。 コロナ渦で望まない妊娠が増えているのは本当か? 今回の事件は、時期的に見て、子どもを宿したのはコロナ騒動が始まる前だと推測できます。 しかし今、コロナの影響で「望まない妊娠」をする女性が増えているのが社会的な問題となっています。 望まない妊娠についての相談を受け付けている相談機関では、「通常は月10件ほどだが、コロナで一斉休校が始まってからの約2カ月間で100件を超える相談があった」とのことです。 原因としては、このようなことが挙げられます。 一斉休校となり、親や教師の目の届かない時間帯に性行為をする10代男女が増えた• コロナ渦による収入減で援助交際に手を出す10代、20代の女性が急増している• コロナの影響で親の精神状態が悪化し、居場所を外に求める中校生が増えている• 収入が減る、仕事を失うなどのフラストレーションがパートナーに向けられ、DVの延長上に強引な性行為を強いる このままでは10代の妊娠が急増してしまうのではないか、と危惧する専門家もいますし、今回のような事件が今後もまた起きてしまう可能性も否定できません。 悲しい事件を防ぐためにも、大事なことは、 男女ともに性に関する知識を10代のうちからしっかりと身に着けることです。 jaog. pdf 生命を育むことは素晴らしいことですが、一方で犠牲にしなければならないことも多いです。 筆者は散々好きなことをやり尽くしてから子供を産みましたが、それでもやっぱり「子供がいるから我慢しなければいけないこと」はたくさんあり、日々、フラストレーションも溜まります。 それが、遊びたい盛りの10代、20代となればなおさらのことでしょう。 友達との時間、青春、夢・・・そういったものを犠牲にしてまでその命を守れるのかどうか? 避妊に「絶対大丈夫」はないので、彼・彼女と行為に及ぶのであればお互いにそこまで考えてからして欲しいですね。 そして、女性の方には、 「万が一」の時のために自分を守る方法も知っておいていただきたい。 jaog. pdf 性犯罪の被害者になってしまった場合、「どうしても人には知られたくない」と思うかもしれません。 それでも、 せめて必ず病院には行きましょう。 かなりの確率で妊娠を回避する方法があります。 勇気の要ることですが、あなたを守れるのはあなた自身だけです。 問われる罪は? 今回は、刑法第190条の「死体損壊・遺棄罪」が適用されるでしょう。 (死体損壊等) 第百九十条 死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、 三年以下の懲役に処する。 e-gov. 昨日また悲しい事件が起こってしまった。 胸が痛い。 私がこの事件を知ったニュースの見出しは 「母親はどこに」 だった。 そんなんこの手のニュース見るたびにいつも思ってるわ、 「父親はどこに」 — にじいろ beingiscare 周産期医療や特定妊婦に関わる者として、一番避けたいことが起きてしまいました…こうなってしまった背景に何があるのか。 こうなる前に周りが何かできなかったか。 個人の問題にしてはいけないと思います。 ポイントを整理します。 愛知県・西尾市住崎の公園で、へその緒がついた状態の赤ちゃんの遺体が発見された• 現場の状況から、公園のトイレで産み落とされて遺棄された可能性が高い• 母親は、20代の専門学生と判明• コロナ渦で若年女性の望まない妊娠が増えており、同じような事件が起こるのではないかと懸念されている• 性的な暴力を受けた、あるいは避妊に失敗した場合、かなりの確率で妊娠を回避できる方法がある この専門学生がしたことは絶対に許されるべきことではありませんが、ただ一つ、 この女性がとても孤独な状態であったことは私たちも深刻に受け止めるべきです。 こんな寂しい場所で、たった一人で子供を産み落とす体力と気力があれば、元気な男の子に育て上げることができたかもしれません。 しかし、その可能性を摘んであげられなかったのは、社会全体にも多少なりとも責任はあると思います。 この世に産声を上げて産み落とされる命が全て、祝福されて迎え入れられる世の中になりますように。 亡くなった男の子のご冥福を心からお祈り申し上げます。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

堀藍 Facebookは?静岡県沼津市で殺人事件発生!恋愛関係のもつれ?男子学生が女子大生をめった刺し!元カレがストーカーになった場合の対処法は?|えびてん速報

えびの市 事件

のファッションビルブランドの「」とは異なります。 株式会社フーズ・フォーラス Foods forus Co. , Ltd. 本社所在地 〒101-0052 一丁目8番8号 神田小川町東誠ビル5F ライブラ法律会計事務所内 設立 (10年) 事業内容 郊外型レストランチェーンの経営 代表者 代表 資本金 4,000万円 売上高 18億円(2010年3月期) 従業員数 750人 (うち80人 ) 決算期 関係する人物 (創業者・元社長) 外部リンク 特記事項:2011年7月8日解散、現在清算中。 株式会社フーズ・フォーラス(Foods Forus)は、かつて存在した日本の企業。 を拠点にチェーン「 焼肉酒家えびす(やきにくざかやえびす)」を経営していた。 概要 [ ] 創業者のはいわゆるで「焼肉酒家えびす」を創業し、一皿100円の豚バラや同280円の和風などの低価格メニューを売りに業績を急拡大させ 、3県と横浜市・藤沢市の郊外()に出店していた。 社名は「Food for us」を意味し、「得るより与えよ」を企業理念としていた。 1号店は当初、店の指揮をとる一方、勘坂の父親が駐車場での整理・誘導、母親が厨房での皿洗いをするという家族ぐるみでの運営が行われていたという。 ・に社長の一族が就任している()であった。 店舗は2008年までに富山、石川、福井の3県で10店舗であったが、2009年以降急拡大し、2010年7月には横浜上白根店(神奈川県)を開店してに進出、神奈川県を含めた4県で計20店舗となった。 店舗が展開されていた石川県には、に焼肉店「焼肉茶屋恵比須」が2店舗存在するが、焼肉酒家えびすとは無関係である。 2011年4月18日に系で放送された『』で紹介され、出演者が同店を称賛していた。 2011年4月下旬に複数店舗で発生した後述のにより全店で営業を中止。 その後営業を再開することなく同6月に従業員を全員解雇し、7月に廃業となった。 沿革 [ ]• (9年)5月 - で「焼肉酒家えびす高岡駅南店」を開店。 1998年(平成10年)9月 - 資本金300万円で 有限会社フーズ・フォーラスを設立。 (平成12年)12月 - 資本金を1000万円に増資し、 株式会社フーズ・フォーラスに。 2006年(平成18年)12月 - 本社を高岡市から石川県金沢市に移転(その後2009年に市内で移転)。 (平成23年)• 4月 - 発生。 7月8日 - 廃業。 会社は解散し、清算手続に移行。 12月 - に、を相手方として5億円の損害賠償のを申し立て。 2012年(平成24年)2月10日 - にを申し立てる。 負債総額は17億7800万円。 不祥事 [ ] ユッケ集団食中毒事件 [ ] 「」も参照 2011年4月21日以降、「焼肉酒家えびす」の富山・福井・神奈川の店でなどを食べた客117人(5月15日時点)がO-111によるになり、5人が死亡、24人が重症となった。 食中毒を発症した者は4月21日以降となっており、テレビ番組『人生が変わる1分間の深イイ話』で絶賛されていた反響から 、初めて来店した客も含まれていたと思われる。 また、に国内でO-157などの大腸菌が死滅していない食材による食中毒が脅威的に流行したことで、上の知識と対策が周知されていたこともあり、飲食チェーン店(食材入手元が同じ)で発生した集団食中毒で3名以上が死亡するのは極めて深刻な事態であった。 富山県は4月29日から3日間、県内の2店舗(砺波店および高岡駅南店)に対しに基づく行政処分(営業停止命令)を下した。 5月4日に4人目の死者が出たことを受け、5月6日付けでこの2店舗に対し無期限の営業禁止処分を下した。 これを受けフーズ・フォーラス社は当面の間、焼肉酒家えびすの全店舗で営業を停止することを発表した。 その後、営業再開せずに同年7月に廃業となる。 食中毒の発生地域が広範囲にわたることから、原因菌はえびすで発生したものではないとされ、配送前の時点で肉に付着していた腸管出血性大腸菌O-111と判断された。 また、店舗で保管されていた未開封の肉からが検出されており、このことからも汚染された肉が店外から持ち込まれたと判断された。 被害者の半数から腸管出血性大腸菌O-111が検出され、未開封の肉のO-111と遺伝子パターンが一致した。 も検出されたが一部の被害者からだけに留まり、保管されていた肉からも検出されなかったため、O-157は原因菌ではないとされた。 フーズ・フォーラスは肉の輸送には関与していなかった。 えびすはから生食用として牛肉を仕入れており、卸元の大和屋商店は埼玉県内の食肉から牛肉を仕入れていた。 そのため警察は大和屋商店とこの市場に対してを行ったが、菌は検出されなかった。 この事件では、ユッケを調理したえびす、肉を卸した大和屋商店ともに問題が指摘されている。 えびす• 客に肉を提供する前にをしておらず、肉の衛生検査もしていなかった。 各店舗では売れ残ったユッケを翌日も客に提供していた。 大和屋商店• が小さく、肉が触れ合った状態で保存されていた。 用と、その他の肉用とで包丁及びを使い分けしていなかった。 本来は生食用ではない牛肉を、生食用として卸していた。 被害者 [ ]• 食中毒患者:181名• 患者の都道府県別:富山県・175名、福井県・4名、石川県・1名、神奈川県・1名• 患者のうち、を発症した重症者:32名• 重症者の年代別:10歳未満・7名、10代・15名、20代・6名、40代・1名、60代・1名、70代・1名、不明・1名。 重症者のうち死亡者:5名• 死亡者の都道府県別:富山県(砺波店)4名(6歳男児、14歳男子、43歳女性、70歳女性)、福井県(福井渕店)1名(6歳男児) 事件の経過 [ ] 特記以外は全て2011年。 4月21日~26日 - 富山県・福井県・神奈川県内の異なる店で、ユッケなど食肉を食べた複数の客が、2日程度の潜伏期間を経ての症状を呈する。 4月27日• 福井県は「福井渕店」での飲食から腸管出血性大腸菌O-111による食中毒を発症し、治療中であった6歳の男児が死亡したことを公表。 富山県は「砺波店」「高岡駅南店」で飲食をした複数の客がO-111・O-157による食中毒の治療を受けている旨の連絡を医療機関(保健所)から受け、同日から両店を営業停止処分にすると公表。 この発表により「集団食中毒の疑い」と報道されるようになる。 これ以外の店舗は営業継続した。 4月29日 - 「砺波店」での飲食から食中毒を発症し、治療中であった6歳の男児が死亡。 同社は全店を営業自粛(停止)とした。 5月2日 - 富山県警は容疑の疑いで砺波署にを設置する(後に福井県警・神奈川県警と警視庁(大和屋商店関連)が捜査本部を設置し、合同捜査本部化)。 5月4日 - 「砺波店」での飲食からO-111による食中毒を発症し、入院中であった40歳代女性がで死亡。 5月5日 - 「砺波店」での飲食からO-111による食中毒を発症し、入院中であった70歳代女性が溶血性尿毒症症候群で死亡。 5月7日 - 合同が、フーズ・フォーラス本社や店舗と食肉卸元のを容疑の疑いで家宅捜索(以後複数回)。 5月15日 - O-111・O-157による集団食中毒を発症した者(疑い例含む)は死者4人を含め延べ171人に上り、大半が入院するなど重症であることが明らかとなる。 5月16日 - 横浜市は「横浜上白根店」にある未開封の牛モモ肉からO-111を検出したと発表。 6月8日 - 営業停止を受け資金繰り悪化、営業再開を断念。 役員以外の全社員90人を解雇。 7月8日 - 会社解散。 清算手続きへ移行する。 7月15日 - 全20店舗を同業者のへ売却。 その後順次、により同社の焼肉店「ヴイ・ブリアン」店舗として開店。 10月22日 - 「砺波店」での飲食からO-111による食中毒を発症し、状態となって入院中だった少年が死亡。 死者5人となる。 廃業とその後 [ ] 同社は集団食中毒による「巨額な賠償金を確保するため」として5月中旬に金沢市保健所を複数回訪れて営業再開を打診したが、これに対して保健所は「原因が究明されるまで待った方が良い」と許可しなかった。 営業停止により資金繰りが悪化したため営業再開を断念し、6月8日付で役員以外の全社員90人を解雇した事が報じられた。 フーズ・フォーラスは2011年7月8日付で法人解散し清算手続に入ったが 、特別清算の申し立ては大幅に遅れ、金沢地裁が開始決定を行ったのは2012年2月10日となった。 清算法人の事務所は2013年10月1日付で東京都の代理人弁護士の法律事務所内に移転している。 店舗施設は、福島県郡山市に本社を置く経営会社のに全20店が売却され 、同社観光事業部が運営する焼肉店チェーン「ヴイ・ブリアン(V. brian)」として営業開始した。 2011年9月1日には金沢市高柳町の旧えびす店舗の施設に「ヴイ・ブリアン」北陸1号店がオープンした。 しかしスタンドサービスは資金繰りの悪化から、2012年5月28日にへの適用を申請し同日に保全命令が下された。 燃料費高騰と競争激化により本業のが経営悪化したことに加え 、焼肉店「ヴイ・ブリアン」もにより収益が上がらなかったという。 その後、店舗は全店閉鎖され、スタンドサービスも2015年1月15日に会社解散、同年5月9日に清算を終えて完全消滅したことがにより確認されている。 被害発生の元となったフーズ・フォーラスには、食中毒事件の被害者総数158名より、6億8993万6880円の債権届出がなされた。 フーズ・フォーラスには2億円の預金があり、それを被害者へ優先的に配分できるよう債権者であるに依頼したが同意は得られず、預金は全て銀行の貸付金と相殺された。 フーズ・フォーラスは、納入された牛肉にO-111が付着していたことによる事件であるとして、納入先の大和屋商店を相手取りにのを行ったが不調に終わった。 これを受けて、フーズ・フォーラスは大和屋商店と食肉市場にを相手取り損害賠償請求の裁判を起こし、その賠償金を遺族への債権補填に充てる方針と説明した。 損害賠償請求には遺族の一部も原告として参加しているが、遺族の中にはフーズ・フォーラスを信用できないとして、別に大和屋商店を訴える動きもある。 2016年2月15日、・・の合同捜査本部は、フーズ・フォーラスの元社長及び大和屋商店の元役員の計2名について、容疑でした。 同月19日、は2人について嫌疑不充分として不起訴処分とした。 2018年3月13日、でフーズ・フォーラスに対し約1億6900万円の賠償命令を言い渡した。 2019年7月8日、は、不起訴処分となった元社長・役員ら2人について不起訴不当の議決を下した。 これにより検察は再捜査を行った上で起訴の可否を再び判断することとなる。 影響 [ ] 多くの店・店などで、ユッケの提供が自粛されるようになった。 また、厚生労働省基準での生食用牛肉が国内では一切出荷されていないことが、驚きとともに広く知られるようになった。 なお、この時点ではまだ牛生については対象外であった。 また2012年7月1日からは、牛生レバーについても提供禁止となった。 関連項目 [ ]• - 2008年に加熱が充分ではないステーキを食べた客が食中毒を発症する集団食中毒事件を起こした。 脚注 [ ] []• リクルート Internet Archive. 2011年5月5日時点のよりアーカイブ。 2013年11月5日閲覧。 金沢公共職業安定所 2011年3月1日. インディビジョン. 2011年5月9日閲覧。 [ ]• NHK NEWS WEB. 2011年5月6日. 2011年5月6日閲覧。 [ ]• 2011年5月6日. 2011年5月6日閲覧。 [ ]• 2011年5月7日• ユッケ食中毒事件 『』テレビ朝日 2011年5月8日放送• 日刊スポーツ. 2011年5月4日. 2011年5月4日閲覧。 2011年7月8日. 2011年7月8日閲覧。 [ ]• 東京商工リサーチ• 2012年2月19日. の2012年2月19日時点におけるアーカイブ。 2012年2月10日. の2012年7月19日時点におけるアーカイブ。 2011年5月11日. 2011年5月23日閲覧。 [ ]• (日本テレビ) 2016年10月19日放送• 2011年5月6日. 2011年5月8日閲覧。 [ ]• 焼肉酒家えびす公式サイト• 2011年5月5日. の2011年5月8日時点におけるアーカイブ。 2011年5月23日閲覧。 2011年5月20日. 2011年5月23日閲覧。 [ ]• 2011年5月18日. 2011年5月23日閲覧。 [ ]• 2011年5月6日. 2011年5月6日閲覧。 2011年10月23日. の2011年10月23日時点におけるアーカイブ。 2011年10月24日. の2011年10月26日時点におけるアーカイブ。 2011年7月8日. 2011年7月8日閲覧。 [ ]• 流通ニュース. 2020年6月24日閲覧。 2011年10月23日. 2011年10月23日閲覧。 読売新聞 [ ]• 2011年6月9日. の2011年6月11日時点におけるアーカイブ。 2011年6月9日閲覧。 2012年2月10日. 2012年2月27日閲覧。 [ ]• 2011年7月15日• 2011年9月1日• 2012年5月28日. 2012年5月28日閲覧。 [ ]• 2016年2月15日16時30分. 2019年7月8日閲覧。 2016年5月20日01時04分. 2019年7月8日閲覧。 2018年3月13日14時1分. 2018年3月13日閲覧。 NHK NEWS WEB. 2019年7月8日14時01分. 2019年7月8日閲覧。 毎日新聞. 2011年5月7日. 2011年5月23日閲覧。 [ ]• ヨミドクター. 2011年5月4日. 2011年5月23日閲覧。 [ ]• 2011年(平成23年)9月12日第321号「食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件」• 毎日新聞 2012年5月20日 [ ] 外部リンク [ ]• - 2011年6月に事業停止した後に事後処理を一任された代理人弁護士によって開設。

次の

三重県警察オフィシャルサイト/Mie Prefectural Police Headquaters

えびの市 事件

愛知県・西尾市 赤ちゃん遺棄事件の概要は? 事件について報じた中京テレビの報道内容を参考に、概要をまとめます。 2020年5月2日、午前8時40分頃、愛知県西尾市の市役所に、「近くの公園のトイレから猫のような鳴き声がする」と通報があった• 市の職員が向かいましたが何も音は聞こえず、鍵がかかっていたため一度、立ち去った• 約6時間後、再びトイレに行くと鍵はかかっておらず、中は血まみれだった• その後、近くの植え込みからビニール袋に入れられた生後間もなくへその緒がついた状態の男の赤ちゃんの遺体が発見された• 捜査の結果、赤ちゃんの母親で20代の専門学生だと判明した• yahoo. この女性が感じていたであろう恐怖を想うと、いたたまれません。 病院でも自宅でもなく、公園のトイレで産んだというところに、この女性が抱えていた孤独や闇を感じます。 それにしても、鍵がかかっていたならもう少し待って状況を確認してから現場を後にして欲しかったです。 この空白の6時間の間に適切な対処ができていたら、この男の子の命は救えたかもしれません。 それがこの子にとって本当に幸せなことだったのかは別問題ですが。 事件の現場について 事件は、愛知県西尾市住崎の公園で起こりました。 望まない妊娠の現状は? 今回のケースは、明らかに「望まない妊娠」であったと推測できます。 少子高齢化が深刻化する日本においてはこのような事件はできる限りゼロにしていきたいところですが、実際のところ「望まない妊娠」の割合はどのくらいなのでしょうか。 まずはこちらの資料をご覧ください。 「人工中絶」が年間に16万件も行われていることに、ちょっとしたショックを受ける方も多いと思います。 jaog. pdf 次に、10代に限定して中絶件数の推移を見てみましょう。 jaog. pdf 減少傾向にあるとはいっても、14歳以下で中絶する子が年間200人以上もいるという事実。 少子化、少子化と騒がれてはいますが、これだけの命が「なかったこと」にされてしまっているのです。 では、その原因は何なのか。 jaog. pdf 全てがそうではないしても、 暴力的性犯罪の件数が年間6918件もあるというのは見過ごせません。 コロナ渦で望まない妊娠が増えているのは本当か? 今回の事件は、時期的に見て、子どもを宿したのはコロナ騒動が始まる前だと推測できます。 しかし今、コロナの影響で「望まない妊娠」をする女性が増えているのが社会的な問題となっています。 望まない妊娠についての相談を受け付けている相談機関では、「通常は月10件ほどだが、コロナで一斉休校が始まってからの約2カ月間で100件を超える相談があった」とのことです。 原因としては、このようなことが挙げられます。 一斉休校となり、親や教師の目の届かない時間帯に性行為をする10代男女が増えた• コロナ渦による収入減で援助交際に手を出す10代、20代の女性が急増している• コロナの影響で親の精神状態が悪化し、居場所を外に求める中校生が増えている• 収入が減る、仕事を失うなどのフラストレーションがパートナーに向けられ、DVの延長上に強引な性行為を強いる このままでは10代の妊娠が急増してしまうのではないか、と危惧する専門家もいますし、今回のような事件が今後もまた起きてしまう可能性も否定できません。 悲しい事件を防ぐためにも、大事なことは、 男女ともに性に関する知識を10代のうちからしっかりと身に着けることです。 jaog. pdf 生命を育むことは素晴らしいことですが、一方で犠牲にしなければならないことも多いです。 筆者は散々好きなことをやり尽くしてから子供を産みましたが、それでもやっぱり「子供がいるから我慢しなければいけないこと」はたくさんあり、日々、フラストレーションも溜まります。 それが、遊びたい盛りの10代、20代となればなおさらのことでしょう。 友達との時間、青春、夢・・・そういったものを犠牲にしてまでその命を守れるのかどうか? 避妊に「絶対大丈夫」はないので、彼・彼女と行為に及ぶのであればお互いにそこまで考えてからして欲しいですね。 そして、女性の方には、 「万が一」の時のために自分を守る方法も知っておいていただきたい。 jaog. pdf 性犯罪の被害者になってしまった場合、「どうしても人には知られたくない」と思うかもしれません。 それでも、 せめて必ず病院には行きましょう。 かなりの確率で妊娠を回避する方法があります。 勇気の要ることですが、あなたを守れるのはあなた自身だけです。 問われる罪は? 今回は、刑法第190条の「死体損壊・遺棄罪」が適用されるでしょう。 (死体損壊等) 第百九十条 死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、 三年以下の懲役に処する。 e-gov. 昨日また悲しい事件が起こってしまった。 胸が痛い。 私がこの事件を知ったニュースの見出しは 「母親はどこに」 だった。 そんなんこの手のニュース見るたびにいつも思ってるわ、 「父親はどこに」 — にじいろ beingiscare 周産期医療や特定妊婦に関わる者として、一番避けたいことが起きてしまいました…こうなってしまった背景に何があるのか。 こうなる前に周りが何かできなかったか。 個人の問題にしてはいけないと思います。 ポイントを整理します。 愛知県・西尾市住崎の公園で、へその緒がついた状態の赤ちゃんの遺体が発見された• 現場の状況から、公園のトイレで産み落とされて遺棄された可能性が高い• 母親は、20代の専門学生と判明• コロナ渦で若年女性の望まない妊娠が増えており、同じような事件が起こるのではないかと懸念されている• 性的な暴力を受けた、あるいは避妊に失敗した場合、かなりの確率で妊娠を回避できる方法がある この専門学生がしたことは絶対に許されるべきことではありませんが、ただ一つ、 この女性がとても孤独な状態であったことは私たちも深刻に受け止めるべきです。 こんな寂しい場所で、たった一人で子供を産み落とす体力と気力があれば、元気な男の子に育て上げることができたかもしれません。 しかし、その可能性を摘んであげられなかったのは、社会全体にも多少なりとも責任はあると思います。 この世に産声を上げて産み落とされる命が全て、祝福されて迎え入れられる世の中になりますように。 亡くなった男の子のご冥福を心からお祈り申し上げます。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の