やすよ ともこ 病気。 海原やすよともこの昔と現在の画像比較!体重が年々太ってる?

やすともの海原やすよが入院!脳動脈瘤手術へ

やすよ ともこ 病気

梅原やすよさんは姉妹漫才コンビ「海原やすよ ともこ」の妹の方で現在41歳。 やすよさんは検査で脳動脈瘤が見つかったため近々クリッピング手術という方法で手術を行います。 脳動脈瘤で話題となった有名人としてはタレントの川村ひかるさんや、元おニャン子クラブの新田恵利さんが思い浮かびます。 ここで注目したいのは、川村ひかるさん、新田恵利さん、梅原やすよさんは同じように脳動脈瘤が見つかっていながら、その後のアプローチが少しずつ異なっている点です。 川村ひかるさんは脳動脈瘤が見つかりましたが手術は行わず、その後、帝王切開で無事出産を終えています。 新田恵利さんはしばらくの間、手術を行わずに経過観察をしていましたが、最終的には手術を選択しました。 そして、この中で梅原やすよさんは最も手術の緊急性が高かったと推測され、しかもクリッピング手術という大がかりな治療を選択しています。 なぜなのかを考えてみましょう。 クモ膜下出血を避ける経過観察と手術 脳動脈瘤とは、脳内の血管の一部が瘤状に突出したもので、破裂すると命にかかわるクモ膜下出血を引き起こします。 しかし、ひとたび破裂すれば命にかかわるので軽視はできません。 そして、脳動脈瘤は手術自体に一定のリスクを伴い、心理的にも脳の手術は受け入れがたいことも多く、治療の選択には熟慮を要します。 中には、少しでも破裂の可能性があるなら手術で不安を解消したいという人もいるかもしれませんが、一般的には、破裂の危険性が少なければ経過観察を選択するのではないでしょうか。 川島ひかるさんは経過観察を続け、その後も問題なく生活を続け、第一子の出産にも成功しています。 では、経過観察ではなく、手術を選択するのはどのような場合でしょうか。 ひとつは経過観察を続けている内に異変に気づく場合。 例えば新田恵利さんはこのケースだったようです。 脳動脈瘤が破裂する可能性は大きさ、そして形によって左右されます。 新田さんの脳動脈瘤は破裂の可能性が高いとされるハート型だったそうです。 このように、手術が必要となる兆候にいち早く気づくことは経過観察の大切な目的です。 脳動脈瘤でクリッピング術を選択する理由 日本脳ドック学会は、 ・70歳以下である ・動脈瘤の最大径が5mm以上である ・外科的治療の妨げになる条件がない このような場合に手術を勧めるとしています。 梅原やすよさんの場合、まず70歳以下であり、また手術の妨げるような健康上の問題がなかったのでしょう。 そして、はっきりとしたことは分かりませんが、脳動脈瘤は5mm以上だったのではないでしょうか。 このことは、やすよさんが頭痛の症状を訴えていたことからも推測できます。 脳動脈瘤は症状を伴わないまま脳検査で偶然見つかることも多いそうです。 症状があるということは、脳動脈瘤が周囲を圧迫するほどに大きくなっていた可能性が高いのです。 やすよさんが選択したクリッピング術は頭蓋骨を開いて手術する方法です。 治療に伴うダメージを侵襲(しんしゅう)といいますが、クリッピング術は侵襲の大きな治療にあたり、入院期間も2週間ほど必要です。 なお、新田恵利さんは手術後ただちに仕事を再開していることから、おそらく開頭手術のクリッピング術ではなく、血管内にカテーテルを入れて治療するコイル塞栓術だったとおもわれます。 クリッピング術もコイル塞栓術も、ともに治療のリスクがある点は同じですが、心理的には開頭しない分、コイル塞栓術の方が抵抗感が少ないのではないでしょうか。 クリッピング術を選ぶのには理由があるはずです。 クリッピング術には次のような利点あります。 ・脳動脈瘤をしっかりクリップでき、治療の確実性が高いとされる ・再治療の可能性がコイル塞栓術よりも低い ・治療中の出血などの不測の事態に対する対応力が高い これは憶測ではありますが、やすよさんは既に症状も出ており、川村ひかるさんや新田恵利さんと比べて破裂のリスクが高く、クリッピング術を第一選択とすることに迷いがなかったのかもしれません。 クリッピング術は重い合併症の確率が5~10%程度とされ、重大な選択です。 ただ、重い合併症の確率はコイル塞栓術も同等であり、予後で比べるならクリッピング術の方が治療の歴史も長く、信頼性が高いとされています。 この選択が良い結果につながることを願いましょう。

次の

海原やすよの旦那も病気で現在は?子供はいるの!?クリッピング術とは?

やすよ ともこ 病気

Contents• 海原やすよと旦那について 海原やすよと旦那の宮本大輔は2005年に結婚。 結婚してすぐに宮本大輔は 難病指定されている黄色人体骨化症となり、 選手生命にかかわる病気を患った。 大阪府の病院で手術をうけて、12時間に及ぶものとなった。 術後は痛みで寝返りすらうてない状態に海原やすよが、 献身的に病院に泊まり込んで介護しつづけたという。 そうした入院生活は3週間続き、 退院しても、旦那は寝たきりの状態が続いていたという。 が、約2ヶ月後には宮本大輔は自力で近所を散歩したり、 自宅マンションの階段の上り下りをするなどして、 リハビリにも熱心に取り組んだ。 約1年強のリハビリの後に 腰のヘルニアなども患うも、プロ野球選手にカムバックした。 が、2009年には戦力外通告を受けて、 台湾野球や社会人野球の打診をうけたものの、引退をした。 海原やすよの旦那の現在は? そんな海原やすよの旦那・宮本大輔の現在であるが、 今は心斎橋で創作料理ミヤモトという飲食店の店長をしているということだ。 当初はダイニングミヤモトという名前で 2011年にオープンしたようだが、現在は 創作料理ミヤモトとして営業しているようだ。 元チームメイトや野球関係者などが集う店であるようだ。 野球選手を引退してから、 その後の身の振りを考えなければならなかった旦那の宮本大輔は、 海原やすよの父親で元漫才師・海原かけるの経営する 【ちゃんこ家うなばら】で修行したという。 海原やすよの旦那が患った難病とは? 前述した宮本大輔が患って、 人生を大きく変えた難病である黄色靭帯骨化症とは、 どの様な病気なのだろうか? 国から難病指定されているということもあり、 何と20000人に1人の確率で患うというものである。 脊髄の後ろにある靭帯部分が、 黄色靭帯という固有名詞で呼ばれる部位であり、 それがなんと骨の様に硬くなり神経を圧迫。 そして、足の麻痺を起こす症状が現れ、 歩行困難や膀胱の機能にも支障が出るという厄介なもの。 海原やすよの旦那・宮本大輔はこれにかかってしまい、 その影響で野球人生を狂わされたという悲劇的な運命を 背負ってしまった過去がある。 おわりに 海原やすよが現在、脳動脈瘤を患っていることが判明し、入院生活を行っている。 今度は旦那の宮本大輔が 海原やすよに出来るだけ付き添って、 その身を案じていることだろう。 どこか切ない夫婦愛を感じるが、 病気という運命をくぐり抜けてきた、 この夫妻ならば災いを福に変える力をきっともっていることだろう。

次の

やすともの海原やすよが入院!脳動脈瘤手術へ

やすよ ともこ 病気

姉妹漫才コンビ「海原やすよ・ともこ」のやすよ(41)が、脳動脈瘤手術のため26日に大阪市内の病院へ入院したことがわかった。 事務所の発表によると彼女は11月下旬から頭痛を訴えており、頭部MRI診断を受けたところ動脈瘤が発覚。 くも膜下出血になる可能性があることから、数日中に「脳動脈瘤クリッピング術」という手術を受けるとみられている。 92年に結成し、「ABCお笑い新人グランプリ」「NHK新人演芸大賞」「上方漫才大賞」なども獲得している人気コンビ。 当面は代演か姉で相方のともこ(44)が対応していくという。 だがプロ意識の高いやすよだけに、苦渋の決断だっただろう。 やすよはオリックスの投手だった宮本大輔さん(35)と05年12月に結婚。 背骨に沿った黄色じん帯が骨化して太くなり、脊髄神経を圧迫。 重症になると歩行困難になるという2万人に1人の難病だった。 06年3月9日に行われた手術は、予定を7時間も超え12時間にも及んだ。 だが、そこにやすよの姿はなかった。 ちょうどそのとき、彼女にはレギュラー番組の生放送があったのだ。 「女性自身」08年9月23日号のインタビューで、やすよはこう振り返っている。 「今だから人に言えるけど、このときは周りの誰にも、主人の病気を知られたくなかった。 『大丈夫?』と思われることすらイヤでした」 芸人は楽しませるのが仕事、同情されることは許されなかった。 宮本さんもそのことを理解し、手術前から「仕事を優先するように」と伝えていたという。 心を鬼にして仕事へと向かったやすよ。 だが、その胸中はけっして穏やかではなかった。 術後は痛みがひどく、しゃべることも寝返りもできなかったという宮本さん。 彼女は15分おきに夫の体を動かして寝返りを打たせてあげたという。 眠れるのは1日のうち夫の痛み止めが聞いている30分だけ。 やすよはこうも語っている。 「当時どう思ってたのか聞かれると、本当に必死だったのか覚えてないんです。 ただ『この人をここで終わらせたらあかん、何とか私のできることはやってあげよう』と、それだけを考えていました」 そんな彼女の献身的な支えのお陰で、宮本さんは08年7月に一軍マウンドへと復帰を果たした。 その後も引退まで夫を支え続けたやすよ。 今回の入院・手術に際して、やすよは事務所を通じて「皆様にご心配をおかけして、申し訳ございません。 1日でも早く舞台に帰ってきます」とコメントしている。

次の