ドコモ光 引っ越し。 建て替えやリフォームで仮住まい中のインターネットは中断できる?おすすめの手続きは?

ドコモ光を引越し先へ移転可能か調べる方法

ドコモ光 引っ越し

ドコモ光の契約中に引越しをすることになったら、まず移転手続きをしましょう。 ドコモ光の移転には工事が必要ですが、 工事費は初期工事費の半額ですよ。 ただし、東日本・西日本エリアをまたぐ場合は初期工事費と同額が請求されます。 ドコモ光の移転工事費用はインターネットから手続きをすると、移転事務手数料と工事費相当額がdポイントで還元され、実質無料です。 インターネットでドコモ光の移転手続きを行うと、ドコモ光引越しセンターから折り返し、電話連絡があります。 WEBフォームに転居先の住所を入力しておけば、引越し先でドコモ光が契約できるかどうか、ドコモ光引越しセンターのオペレーターが電話で教えてくれますよ。 くわしくはをご覧ください。 また、基本的には実質無料で引越しできる移転手続きがオススメですが、ドコモ光を引っ越し時にいったん解約して、新しい住所で新規契約として申し込むことも可能です。 はそのときに実施されているキャンペーンによって変わってきます。 この記事ではドコモ光を契約中の方で引越しを控えている方に向けて、移転手続きの方法や注意点なども解説しているので参考にしてください。 インターネットで手続き• 電話で手続き• ドコモショップで手続き ドコモ光の移転手続きはインターネットでの申し込みがオススメです。 ドコモ光の公式サイト内のから手続きすると、移転にかかる費用の相当額がdポイントで還元されるので、実質無料で引越しできますよ。 申し込みは24時間受け付けており、WEBフォームに必要事項を入力していくだけで移転手続きの申し込みが可能です。 最終的にはドコモ光のオペレーターから、移転手続きの申し込みに関する確認の電話がかかってくるので安心ですよ。 【インターネット限定】dポイントプレゼント特典 インターネットからドコモ光の移転手続きをした方限定で受けられる、dポイントプレゼント特典について、くわしく説明しましょう。 dポイントで相当額を還元してもらえる料金は、以下の2つです。 「ドコモ光(定期契約あり)」の移転手続きを指定のWebフォームから申込み、「ドコモ光 引越しWeb手続きセンター」からの電話にて申込受付完了すること• 申込み月含む7か月以内に引越し先で「ドコモ光」を利用開始すること• 「ドコモ光」の利用開始時に「ドコモ光(定期契約あり)」を契約中で、「ドコモ光」のペア回線の契約者がdポイントクラブ会員であること (ペア回線が法人名義の場合はドコモビジネスプレミアクラブ会員であること) ドコモ光で2年の契約期間を定めないプランを契約している方や、ドコモユーザーでない方は、移転キャンペーンを受けられませんのでご注意ください。 dポイントの付与時期は、引っ越し先でドコモ光が開通した月の2か月後です。 移転キャンペーンで付与されたポイントは有効期限が6か月で、ケータイ料金の支払いには利用できません。 しかし、dポイントは全国のコンビニや飲食店、ドラッグストア、家電量販店でも1ポイント1円で使えるので、引越し後に必要なものや電化製品の購入に使えますよ。 インターネットでドコモ光の引越し手続きをする手順 インターネットでドコモ光の移転手続きをする手順を確認しておきましょう。 ドコモ光の契約者名義• ペア回線の携帯電話番号• ドコモ光の契約ID• 引越し先の住所• 工事希望日 ドコモ光の契約IDはドコモ光開通時に送付された「開通のご案内」に記載されています。 契約書類が見当たらない方や、IDがわからない方は、を確認のうえ、Mydocomoで調べましょう。 ドコモ光の引越し手続きにかかる費用 ドコモ光の移転手続きをインターネットから申し込めば、移転事務手数料と工事費相当額がdポイントで還元されますが、いったんは契約者が全額を支払わなくてはいけません。 ドコモ光の移転事務手数料は、2,000円です。 ドコモ光の移転工事費は、引越し先の物件やエリアによって異なります。 ドコモ光の移転手続きの工事費用を一覧表でまとめましたので、確認しておきましょう。 移転内容 戸建住宅 集合住宅 NTT東日本エリア・ 西日本エリアをまたいでの移転 18,000円 15,000円 NTT東日本エリア内、もしくは NTT西日本エリア内での移転 9,000円 7,500円 引越し先にフレッツ光の設備があるなど NTT局内での無派遣工事のみ 2,000円 NTT東日本エリア内、NTT西日本エリア内での引越しの場合、工事費用は初期工事費の半額です。 しかし、東日本エリアから西日本エリアへ、あるいは西日本エリアから東日本エリアへ、エリアをまたいで移転する場合は、新規契約時と変わらない費用がかかりますよ。 ドコモ光の移転事務手数料と工事費は、引越し先でドコモ光の工事が完了した翌月に、利用料金とあわせて請求されます。 ドコモ光の引越し手続きにかかる時間 ドコモ光の公式サイトには、移転工事に要する期間について、以下の記載があります。 お引越し先の工事日は、ご契約内容等の確認後、最短でも概ね 2 週間程度必要です。 実際にドコモ光の移転工事をした方の口コミをTwitterで調べた結果、2018年12月1日~2019年4月22までの期間に30件のツイートがありました。 ドコモ光の工事は、通常数週間~1ヶ月程度で完了することが多いですが、3~5月など引越しシーズンや、新築物件に引っ越す場合はさらに遅れることもありますよ。 ドコモ光の移転手続きの申し込みは入居予定日の2か月前から受け付けていますので、引越し後すぐに開通させたい方はできるだけ早めに移転手続きをスタートさせましょう。 ドコモ光の移転が引越しまでに間に合わなかった場合は、ドコモのスマホのパケットパックを30GBなどの大容量プランにする、あるいはレンタルのモバイルルーターを契約するなどして、工事日を待ちましょう。 移転時の開通工事が派遣工事の場合は立ち会いが必要なので、工事日が決まったら当日の予定を空けておいてくださいね。 ドコモ光移転工事後の接続設定方法 ドコモ光の引越し先での開通工事が終わったら、インターネット接続の設定が必要です。 壁の光コンセントに接続されているのがドコモ光のONUのみで、ルーターがない場合は、パソコンやスマホでネットワークの設定にアクセスし、プロバイダのユーザーIDとパスワードを入力しましょう。 無線LANなどのルーターがある場合は、パソコンやスマホでルーターの管理画面へアクセスし、プロバイダのユーザーIDやパスワードを入力して設定を保存すれば接続設定は完了です。 ドコモ光の接続・設定については、を参考にしてください。 ドコモ光の解約新規は移転手続きよりお得か? ドコモ光は移転手続きではなく、一度解約してから新規契約をする「解約新規」もできます。 移転手続きには、同じNTTエリア内での引越しなら工事費が半額になるメリットがあり、インターネットから移転手続きをすれば、dポイントで事務手数料や工事費が実質無料です。 一方で解約新規の場合は現在契約中のドコモ光の解約金が戸建てだと13,000円、マンションだと8,000円かかり、工事費も18,000~15,000円かかってしまいます。 また解約新規だとプロバイダとも契約し直しになるので、インターネット接続設定も新しく届くプロバイダの書類を使って全てやり直さなければいけません。 ただし 解約新規をすると、時期によっては工事費無料やdポイントプレゼントなどのキャンペーンを適用し、支払う金額以上の還元を受けられる場合もありますよ。 さらに代理店サイトから申し込めば、キャッシュバックなどの公式サイトにはない、独自のキャンペーンが受け取れます。 ドコモ光の引越しで注意したい4つのポイント ドコモ光はインターネットから簡単に移転手続きができるとわかりましたが、引越しの際には主に4つのポイントに注意してください。 引越し先がドコモ光の提供エリア外なら解約しなくてはいけない• 光電話・テレビオプションの移設には別途工事費がかかる• NTT東日本・西日本エリアをまたぐ場合は注意が必要• 引越し先によっては契約内容が変更になる場合もある それぞれくわしく、解説していきましょう。 引越し先がドコモ光の提供エリア外なら解約しなくてはいけない ドコモ光はNTTフレッツ光回線の提供エリアや対応物件でないと、利用ができません。 転居先のエリアや建物によっては、ドコモ光の提供エリア外で移転ができない場合もありますよ。 インターネットでドコモ光の移転手続きを行った場合、WEBフォームに新たな住所を入力すれば、折り返しドコモ光引っ越しWEB手続きセンターからの電話で契約可能か教えてもらえます。 ドコモ光の提供エリアについては、も参考にしてください。 万が一、引越し先でドコモ光が提供エリア外だった場合はドコモ光を解約しなくてはいけませんが、本来解約で発生する解約金は免除されます。 また、もしドコモ光が契約できないエリアだった場合は、フレッツ光や同じフレッツ回線を共有する他社光コラボも利用できません。 ただし、光回線の未対応地域でも、地元ケーブルテレビ回線を使ったインターネットサービスを利用できる場合があります。 ドコモ光でも地方ケーブルテレビ回線と提携したタイプCがあり、提供エリアは各ケーブルテレビ会社によって違います。 ドコモ光のタイプCについては、を参考にしてください。 固定回線が契約できない場合は、回線の工事が不要で、携帯電話と同じLTE電波を使ってWi-Fi通信ができるホームルーターなどを検討しましょう。 ソフトバンクのLTE電波を使ったホームルーターもご覧ください。 光電話・テレビオプションの移設には別途工事費がかかる ドコモ光で光電話やテレビオプションを契約している場合は、 ドコモ光の移転工事費とは別にオプションの移転工事費が発生します。 ドコモ光電話、テレビオプションの移設工事費をまとめました。 オプション名 移転工事費 光電話 3,000円 テレビオプション 3,000円~9,500円 移設工事費はNTT東日本・西日本エリアをまたぐ場合や、お住まいのタイプによっても金額は変わりません。 また、引越し先はドコモ光の提供エリア内でも、テレビオプションは提供エリア外の可能性もあります。 引越し先がテレビオプションの提供エリア外なら解約になってしまいますので、ご注意ください。 NTT東日本・西日本エリアをまたぐ場合は注意が必要 引越しでNTT東日本エリアと西日本エリアをまたぐ場合は、移転工事費も新規契約と同額です。 また、エリアが変更になる場合は契約しているひかり電話の番号が変更になる可能性もありますよ。 ドコモ光のテレビオプションサービスも、NTT東日本の提供エリアでは戸建て・マンションともに利用できますが、NTT西日本エリアでは戸建てタイプのみ契約できます。 ドコモ光の移転手続きの前には現在契約中のエリアや、転居後のエリアを確認しておきましょう。 引越し先によっては契約内容が変更になる場合もある ドコモ光を移設する際に、 引越し先のエリアや物件によっては契約内容が変更になる場合もあります。 現在、ドコモ光をマンションタイプで契約しており、引越し先が同じく集合住宅だったとしても、物件の共有部分にドコモ光の設備が導入されていなければ、戸建てタイプでの契約になる場合もありますよ。 また、新築のマンションなどの場合、室内に光コンセントが設置されていても物件の共有部分から回線を部屋まで通すための工事が必要となり、無派遣工事ではない場合もあります。 ドコモ光の工事内容については、もあわせて確認してくださいね。 ドコモ光の引越し後にインターネットがつながらないときの対処法 ドコモ光を引越し先で使い始めた時にうまくインターネットが繋がらないときは、以下の表で理由と対処法をチェックしてみましょう。 原因 対処法 接続設定が間違っている プロバイダから届いた書類を元に正しい情報を入力する 配線を間違えている ONUとルーターのWANポートなど、配線を正しく行う 機器のコンセントが抜けている コンセントを差し込む 機器が壊れている ドコモ光へ問い合わせ、ONUなどを交換してもらう 設定は間違っていないはずなのにインターネットがつながらないときは、ドコモインフォメーションセンターへ問い合わせてみましょう。 <ドコモインフォメーションセンター> ドコモの携帯電話:151 一般電話など: 受付時間:9時~20時 くわしくは、をご覧ください。 解決しない場合はサポートを利用しよう ドコモ光の引越し後にインターネットがつながらないなどのトラブルがあった場合は、ドコモのネットトータルサポートがオススメです。 ネットトータルサポートは月額500円のオプションサービスですが、契約しておくとオペレーターが遠隔操作で接続・設定を代行してくれたり、月に2回まで訪問サポートが利用できたりしますよ。 1か月だけ契約も可能なので、移転手続き後の設定などが不安な方は、引越しの前後だけでも利用してみるのもいいでしょう。 くわしくは、をご覧ください。 まとめ ドコモ光の移転手続きは、ドコモ光の公式サイト内からインターネットで手続きをしましょう。 インターネットで手続きを行うと、ドコモ光の移転事務手数料や工事費用相当額のdポイントがプレゼントされ、実質無料で引越しができますよ。 ただし、光電話やテレビオプションサービスを契約中の方は、別途オプションの移設工事費も発生することを覚えておきましょう。 また、引越し先がNTT東日本エリア・NTT西日本エリアかによって、工事費や継続利用できるオプションも変わってきますよ。 ドコモ光の移転手続きについて不明な点は、ドコモインフォメーションセンターへ問い合わせて聞いてみましょう。 この記事を読んだ方はこんな記事を読んでいます• docomoが提供する超高速インターネット回線・ドコモ光。 無線LANルーターも設置すれば、おうちの中どこにいても、パソコンからタブレット、 …• ドコモ光を契約できるかどうかは、お住まいのエリアや建物によって決まっています。 しかし、ドコモ光のエリアは、ドコモ光の公式サイト内では調べら …• ドコモ光のタイプCとは、一部のケーブルテレビの提供エリアでのみ契約できるプランです。 ドコモ光は通常光回線とプロバイダがセットになったサービ …• ドコモ光の申し込みをするとき、気になるのが工事内容や工事費用ですよね。 実は、NTTフレッツ光を利用していた方がドコモ光に転用する場合は工事 ….

次の

お引越し(移転)のお手続き

ドコモ光 引っ越し

移転手続きを行う• 旧居で一度解約し、新居で新たに申し込む 移転手続きは、フォームに新居の住所、引っ越し予定日などを入力するだけ。 申込手続ほどのわずらわしさはありません。 解約にともなう違約金は発生しませんが、契約手数料と工事費は必要です。 一方、一旦解約して 新規で申し込むという選択肢もあります。 更新月ではない場合、戸建タイプ13,000円、マンションタイプ8,000円の解約金がかかりますが、工事費19,800円は以下の申し込みボタンから申し込むと、キャンペーンが適用されて 無料になる他、 キャッシュバックが最大 20,000円もらえます。 ドコモ光に申し込むなら、プロバイダ部門オリコン顧客満足度 第1位のドコモ光GMOとくとくBBがおすすめです。 回線速度に定評があり、また特典も充実しています。 1.引っ越し先の提供エリアの確認 2.移転申し込み 3.工事日の電話確認 4.ドコモ光開通工事 5.インターネット接続設定 まずは、引っ越し先の住所が、ドコモ光の提供エリアかどうかを確認します。 ドコモ光は、NTTフレッツ光の回線を利用した光コラボレーションです。 よって提供エリアはNTT東日本、またはNTT西日本の公式サイトで検索できます。 引っ越し先が東日本エリアの場合は、NTT東日本の「フレッツ光 提供エリアのご確認」から、西日本エリアの場合はNTT西日本の「フレッツ光提供エリア確認」で調べましょう。 ドコモ光の提供エリア内であることを確認したら、ドコモ光公式サイト「ドコモ光お引越し受付フォーム」から移転申し込みを行います。 申込後、「ドコモ光 引越しWeb手続きセンター」から電話があるので、引っ越し先の住所を伝え、工事日を取り決めましょう。 引っ越し先でドコモ光の開通工事を行います。 派遣工事であれば1時間ほどで終了です。 開通工事が終了したら、契約者が接続設定を行い、インターネットが利用できるようになります。 ドコモ光は引っ越しにともなう工事が発生する 移転であっても、引っ越し先で開通工事が必要です。 建物の設備状況などによって、派遣工事もしくは無派遣工事が決まります。 建物にフレッツ光回線が残っている場合は、無派遣工事となります。 各工事の概要は以下の通りです。 派遣工事 無派遣工事 ・工事担当者が訪問 ・電柱から宅内へ光ケーブルを引き込む ・設置機器を持参、一部設置 ・工事担当者は訪問しない(NTT局舎内での作業) ・設置機器は自宅に送付されてくる なお、引っ越し元で使用していた機器の交換が必要な場合は、一度機器を返却しなければならないこともあります。 返却依頼には必ず応じなければなりません。 一定期間内に機器の返却がなかった場合、機器相当額を請求されることがあります。 新規申し込み時と同じ工事が必要なら、一旦解約して 新規で申し込むという選択肢もあります。 更新月ではない場合、戸建タイプ13,000円、マンションタイプ8,000円の解約金がかかりますが、工事費19,800円は以下の申し込みボタンから申し込むと、キャンペーンが適用されて 無料になる他、 キャッシュバックが最大 20,000円もらえます。 ドコモ光に申し込むなら、プロバイダ部門オリコン顧客満足度 第1位のドコモ光GMOとくとくBBがおすすめです。 回線速度に定評があり、また特典も充実しています。 STEP1:パソコンやスマホなど接続している端末の電源を切る STEP2:ルーターのコンセントを抜いて電源を切る STEP3:ONUの電源プラグをコンセントから抜いて電源を切る STEP4:30秒以上待つ STEP5:1~3の逆の手順で電源を入れていく それでも解決しなければ、他に原因がある、もしくは機器の故障なども考えられます。 「」で質問してみるのも一つの手です。 24時間気軽に利用できるので、ぜひ利用しましょう。 ドコモ光の引っ越しで発生する費用 ドコモ光の移転手続きにかかる費用は、移転事務手数料と工事料です。 移転手数料は、引っ越し先のエリアにかかわらず2,000円かかります。 原則として、工事完了日の翌月、ドコモ光の利用料金と合わせて請求されます。 また、工事料は、NTT東日本内・NTT西日本内など同一エリア内の引っ越しなら7,500円必要です。 エリアをまたぐ場合の工事料は15,000円となります。 ただし、無派遣工事であれば工事料は2,000円です。 原則として、工事料は工事完了日の翌月、ドコモ光の利用料金とあわせて請求されます。 ドコモ光を引っ越しで一度解約!再契約でキャンペーンの特典を受け取る方法 ここまで、ドコモ光の移転手続きについて説明してきました。 しかし、移転手続きではなく、以下の方法を選ぶこともできます。 旧居で一度解約し、新居で新たに申し込む この場合、解約と再契約の2回手続きが必要です。 しかし、新たにドコモ光へ申し込むことで、申込キャンペーンが適用されます。 特に、キャッシュバック特典は、引っ越しで出費がかさむ人にとってうれしい特典です。 更新月ではない場合、戸建タイプ13,000円、マンションタイプ8,000円の解約金がかかりますが、工事費19,800円は以下の申し込みボタンから申し込むと、キャンペーンが適用されて 無料になる他、 キャッシュバックが最大 20,000円もらえます。 ドコモ光に申し込むなら、プロバイダ部門オリコン顧客満足度 第1位のドコモ光GMOとくとくBBがおすすめです。 回線速度に定評があり、また特典も充実しています。 解約をすると違約金が発生する場合がある ドコモ光を解約すると違約金が発生することがあります。 2年定期契約プランを利用している人は、更新期間以外に解約する場合は注意しましょう。 違約金は、戸建てタイプを契約中の場合は13,000円、マンションタイプを契約中の場合は8,000円かかります。 更新期間は、2年定期契約満了月の当月・翌月・翌々月の3か月間です。 キャッシュバック20,000円を受け取れば、この違約金の実質的な負担を回避することができます。 解約・再契約の手間も考えながら、移転手続きとどちらを選択するか検討したいですね。 引っ越し先がドコモ光のエリア外だったときの選択肢 ドコモ光の提供エリア外だった場合、フレッツ光や、他の光コラボを利用することができません。 そんなときは、フレッツ光の回線を利用していない「Broad WiMAX」、「SoftBank Air」の利用を検討してみましょう。 「Broad WiMAX」は、日本全国ほとんどの場所で利用でき、持ち運べるネット回線です。 ドコモ光のような固定回線とは違い、工事不要ですぐにインターネットを使うことができます。 「Broad WiMAX」は、月のデータ容量が無制限で使い放題です。 回線速度も下り最速1. 2Gbpsと、固定回線をやや上回る速度で快適に使えます。

次の

ドコモ光の引っ越し手続き(移転住所変更)と工事費について

ドコモ光 引っ越し

目次 何を返せばいい?ドコモ光の解約で返却するもの ドコモ光を解約すると、 ONU(光回線終端装置)やホームゲートウェイなどNTTからレンタルした機器を返却しなければなりません。 「なぜ返却先がNTTなの?」と疑問に思う人もいますよね。 それはドコモ光が、東西NTTのフレッツ光の回線設備を利用した光コラボレーションだからです。 NTTだけでなくプロバイダのオプションで機器をレンタルする人も少なくありません。 NTTとプロバイダの両方から機器をレンタルした人は、「何をどこに返せばいいの?」と混乱しますよね。 返却が必要な機器と返却先、返却不要なものを表にまとめてみました。 返却するものがわからない人は、下の表を参考にしてみてください。 ドコモ光解約で返却する機器一覧 返却先 返却する機器 NTT• ONU• CTU(加入者網終端装置)• ホームゲートウェイ• VDSLモデム• VoIP• 無線LANカード• 光ファイバーケーブル• 電源アダプタ• ひかりTVテレビチューナーなど プロバイダ• LANケーブル• 上の表はあくまでも一例に過ぎません。 NTTやプロバイダに返却するものは住居形態やオプションサービスの加入状況で異なります。 返却物の詳細は、あとで説明する回収キットに同封してある書面で通達されます。 書面を確認したうえで、指定された返却期日までにNTTから借りた機器を返却しましょう。 別記事『』でも解説していますが、返却期日から一定期間過ぎても機器が返却されない場合、NTTから 督促状の郵送もしくは 電話連絡が入ります。 督促状や電話連絡をもらっても機器を返却しないときは、 NTTから未返却の機器と同等の弁償金を請求される可能性もゼロではありません。 借りた機器は必ず期日まで返却しましょう。 プロバイダからWi-Fiルーターをレンタルしている人は、プロバイダの案内に従って期日までに返却してくださいね。 ドコモ光の機器返却方法 ドコモ光の解約手続きが終わったら、NTTから借りた機器を次の手順に従って返却します。 STEP1:回収キットが届いたら返却物を確認 ドコモ光の解約手続きをすませた数日以内に、契約者の自宅にNTTから 回収キットと呼ばれる郵便物が届きます。 回収キットの現物は下の画像を参考にしてくださいね。 出典: 返却手順書にNTTに返却するものの一覧が詳しく記載されています。 返却手順書に従って、期日までにNTTから借りたものを返却しましょう。 返却用伝票には 返却先の住所が印字済みです。 返却用の紙袋にNTTから借りた機器一式をつめて、そのまま返却用伝票を貼ればすぐに郵送できますよ。 STEP2:郵便局かコンビニに機器一式を持っていき返却 NTTから借りた機器を返却用の紙袋につめ終わったら、最寄りの郵便局かコンビニにもっていきましょう。 返却用伝票は着払い伝票なので、 契約者が送料を負担する心配はありません。 関連記事 ドコモ光を引っ越し先でも利用するには移転手続きが必要です。 引っ越し手続きに関する手順は難しくありませんが、引っ越し先の建物や設備によっては費用が発生したり、移転できないケースもあります。 逆に、特に立会いなどの工事不要で移転できる場合もあるため、事... 2020-02-05 06:02:48 撤去工事をする場合のみ機器返却は不要 ドコモ光を解約すると、多くの契約者が自分でNTTに機器一式を返却します。 しかし、NTTの作業員が契約者の自宅を訪れて 回線の撤去工事を行うときは機器を返却する必要はありません。 撤去工事当日にNTTの作業員が機器一式を回収してくれるからです。 回線の撤去工事は契約者が任意で行うものなので、ほとんどの人が実施しません。 ただし、マンション住まいの人は管理会社や大家さんが回線撤去を希望したら、それに応じましょう。 賃貸・分譲に関係なくマンションの共有スペースはマンションの管理会社や大家さんに所有権があるからです。 解約や引越しでマンションを退去するときは、必ず管理会社やオーナーに回線撤去について相談してくださいね。 ドコモ光の機器返却の注意点3つ ドコモ光の機器を返却する際の注意点が3つあります。 機器を紛失した場合 機器返却ではなく買い取りを希望する場合 他の光回線で機器の再利用を希望する場合 では1つずつ詳しく解説していきますね。 機器を紛失や破損した場合 レンタルした機器を失くしたり、壊したりすると NTTから該当の機器1台分の料金を請求される場合があります。 別記事『』でも解説している通り、機器1台分の購入金は 1万円程度といわれています。 万一、機器の紛失や破損したときはNTTに約1万円分の弁償金を支払うと覚えておきましょう。 機器返却ではなく買い取りを希望する場合 機器を返却せずに買い取りたい人もいますよね。 機器は NTTからのレンタル品なので買い取りできません。 光コラボレーションで使う機器はほとんどNTTからのレンタル品。 そのため、ドコモ光だけでなく、Softbank光やSo-net光など他光コラボレーションでも機器買い取りはできません。 プロバイダから借りた機器がある人は、プロバイダの案内に従うようにしましょう。 他の光回線で機器の再利用を希望する場合 ドコモ光以外の光回線を利用する場合、乗り換え先により機器の再利用ができるケースとできないケースがあります。 再利用できるケースとできないケースをそれぞれまとめてみました。 他の光コラボなら機器の再利用が可能 乗り換え先が、東西NTTのフレッツ光の回線設備を利用する 他の光コラボレーションならドコモ光で使っていた機器をそのまま再利用できます。 『』でも解説していますが、2019年7月に事業者変更が適用されてから、光コラボレーション間での回線の乗り換えであれば回線工事や機器返却が不要となったからです。 ドコモ光から他の光コラボレーションに乗り換える人は、解約前にドコモインフォメーションセンターに電話して事業者変更の手続きを行いましょう。 ドコモインフォーションセンター 連絡先:151(ドコモの携帯電話)、0120-800-000(その他電話) 営業時間:9:00~20:00(年中無休) 事業者変更の手続きをすると 事業者変更承諾番号が発効されます。 事業者変更承諾番号は、東西NTTで異なります。 詳細なちがいは下の図を参考にしてみてください。 事業者変更承諾番号の有効期限は発効日を含めて15日間しかありません。 乗り換え先の光コラボレーションで、早めに手続きをすませてくださいね。 事業者変更承諾番号の有効期限は、承諾番号から調べることができます。 忘れた人は、 先頭アルファベットうしろ4桁の数字が有効期限の日にちと覚えておきましょう。 乗り換え先の事業者変更の手続き方法は、乗り換え先の光コラボレーションの公式サイトを確認してみてください。 光コラボ以外の光回線は機器の再利用ができない auひかりやNURO光など光コラボレーション以外の光回線では、 ドコモ光で使った機器を再利用できません。 auひかりやNURO光などに乗り換えする人は、指定された期日までに機器をNTTやプロバイダに返却しましょう。 引越しだとエリア次第でONUを返却する場合もある 引越しする場合の機器返却は、 移転先のNTTのエリアと使用中のONUで対応が異なります。 引越しのパターン別に対応方法をお伝えしますね。 パターン1:NTT東日本のエリア内での引越し NTT東日本のエリア内で引越しする場合は、 基本的に機器返却は不要です。 ただし、移転先のONU判定を行った結果、現在使用中のONUと移転先のONUが一致した場合に限ります。 ONU判定で不一致となった場合は、一度NTTに機器一式を返却しなければなりません。 ONU判定の結果は住居形態に関係ありません。 引越し前の住居がマンションで引越し後が戸建てと住居形態が変更しても、移転前と同じONUが利用できるケースも少なくありません。 逆に戸建てから戸建てへの引越しで住居形態の変わらない移転でも、引越し前のONUが利用できない場合もあります。 パターン2:NTT西日本のエリア内での引越し NTT西日本のエリア内での引越しは、 契約内容や移転先の住居形態、ONUに関係なく一度NTTに機器返却をしなければなりません。 移転先で回線工事が不要な場合でも機器返却は必要です。 NTTからの案内に従って、指定の期日までに機器一式を返却しましょう。 パターン3:NTTのエリアをまたいだ引越し NTT東日本からNTT西日本、NTT西日本からNTT東日本とエリア外に引越すると、 新規契約と同じ扱いになるため回線工事が発生します。 そのため、 NTTへの機器返却は必須です。 NTTの案内に従って、指定の期日までに今の機器をすべて返却してくださいね。 あわせて読みたい記事 ドコモ光を引っ越し先でも継続する場合、移転または解約新規という2つの方法があります。 手続きの面で簡単なのは移転になりますが、解約新規では利用状況によって金銭的に移転よりもお得になる可能性があります。 2020-02-13 12:02:29 【おまけ】ドコモ光の解約や引っ越し後におすすめの乗換え先 ドコモ光の解約による機器の返却後、次のネット回線を検討する方は多いはずです。 基本的にネット回線を契約する際、『月額料金・通信速度・キャンペーン』を重要視される方が多いでしょう。 今回は、この3つのポイントに注目してドコモ光解約後の乗換え先として、おすすめの光回線をまとめてみました。 戸建:4,743円• 集合:1,900円~• 戸建:5,100円• 集合:3,800円~• 戸建:5,200円• 集合:3,800円~ 速度 最大2Gbps 最大1Gbps 最大1Gbps キャンペーン 45,000円• 最大52,000円• 最大33,000円• NURO光 テレビCMでも話題のNURO光は、今もっとも注目度の高い光回線です。 その最大の魅力は、世界最速とも言われる最大2Gbpsの通信速度になり、月額料金もドコモ光より割安なため、非常にコスパに優れていると言えるでしょう。 また、『』でも解説している通り、提供元のSo-netが直接運営する では、新規加入で 45,000円が受取れるキャンペーンを実施中です。 キャンペーン: 45,000円キャッシュバック• 通信速度を重視されるユーザーにとっては、特におすすめの光回線です。 auひかり ドコモ光に劣らない知名度をもつauひかりは、KDDIが提供する光回線です。 auひかりの最大速度はドコモ光と同じ最大1Gbpsですが、独自のネットワーク網を使っているため、夜間など混雑しがちな時間帯でも快適に通信できることで高評価を得ています。 また、スマホがauユーザーであればまとめてセット割引も適用されるため、auユーザーは通信費の大きな節約に繋がるでしょう。 なお、auひかりの最大の魅力は高額なキャッシュバックキャンペーンです。 キャンペーン: ネットのみ: 45,000円キャッシュバック ネット+電話: 52,000円キャッシュバック マンションタイプは上記から5,000円減額• 戸建てタイプ月額料金: 4,900~5,100円• マンションタイプ月額料金: 3,800円 申し込みページ: 例えば、auひかりでトップクラスの人気を誇る代理店 では、 最大52,000円ものキャッシュバックが受取れます。 ドコモ光からの乗換え時に『お得なキャンペーンがいい!』という方には、ピッタリの乗換え先です。 auひかりのキャンペーンに関する情報は、別記事『』をご覧ください。 ソフトバンク光 ソフトバンク光はドコモ光と同じ、NTTの設備を流用した光コラボです。 そのため、『事業者間転用』の手続きをおこなえば工事不要、工事費無料で簡単に乗換えることができます。 また、最大速度や月額料金はドコモ光と同等ですが、スマホがソフトバンクユーザーの場合はセット割引が適用されるので非常に有利になるでしょう。 窓口次第ではありますが、キャンペーンのお得度も他社光回線に決して負けていません。 キャンペーン 新規: 33,000円キャッシュバック 転用: 13,000円キャッシュバック 手続き不要 最短翌々月振り込み• 月額料金 戸建て:5,200円 マンション:3,800円 申し込みページ: ソフトバンク光の人気代理店である では、 他社光回線からの乗換え時に発生する違約金の全額負担に加え、 33,000円の現金キャッシュバックを実施しています。 『ソフトバンク光をお得に始めたい!』という方には、ピッタリの申込み窓口になるでしょう。 まとめ:ドコモ光の機器返却の手続きは割とシンプル ドコモ光の解約や引越しで返却するものは、NTTか郵送する回収キットに同封された返却手順書に記入されています。 そのため、契約者が解約や引越しで「何を返却すればいいの?」とドコモ光に問い合わせる必要はありません。 返却方法も返却手順書に詳しく掲載されているので、手順書通りに作業すれば簡単に返却できるでしょう。 ただし、解約後の乗り換え先や引越し先次第で機器返却方法が若干異なります。 この記事で紹介した手順を参考にして、機器返却を行ってみてください。

次の