バッフル 自作。 簡単(?)自作インナーバッフル

DIY で アウターバッフルは作れる! 素人が1人で作った全記録

バッフル 自作

スピーカーのバッフルについて解説します 車内のスピーカーを交換する際に登場するのが、バッフルです。 自分で、交換をした事がある方は見たことがあると思いますが、バッフルはどの様な役割があるのかをご存知ですか。 バッフルは、何気なく取り付けられていますが車内スピーカーではとても重要な役割を果たしています。 そこで、今回はスピーカーバッフルの特徴やなぜスピーカーバッフルを取り付けなければならないのかなど、スピーカーバッフルについてご紹介していきます。 ぜひ、ご参考にされて下さい。 スピーカーにバッフルを取り付けるのはなぜ?バッフルの特徴は? まずは、スピーカーにバッフルを取り付けるのはなぜなのかを見ていきましょう。 バッフルを取り付けていないとどのような症状に陥ってしまうのでしょうか。 そんな足場は、大工さんが家を作るのに必要不可欠ですよね。 それと、同じでスピーカーのバッフルはスピーカーの足場であり、スピーカーを支えてくれる役割があります。 スピーカーがしっかりと音を出せるのは、このバッフルが足場の役割を果たしてくれているからなのです。 この足場である、スピーカーバッフルの取り付けが行われていないとスピーカーは本来の性能を発揮する事ができません。 車内などで、何気なく音楽を聴いていられるのも実はこのバッフルのおかげなのです。 ですので、音などの振動で共に震えてしまいます。 そこで、スピーカーにバッフルを取り付けておく事で音によって窓が振動するのを防いでくれます。 バッフルがスピーカーから出る音の振動を吸収してくれる為、窓に音が伝わるのを防いでくれます。 スピーカーバッフルが取り付けられていないと、スピーカーの振動が窓へ伝わってしまい、音を上げすぎると最悪の場合、窓が割れてしまう可能性もあります。 2つの特徴をご紹介いたしましたが、この2つの特徴をもっと強化する為には、より硬い素材よスピーカーバッフルが必要となってきます。 スピーカーにウーファー機能が搭載されているモノを取り付けている車をお持ちの方は経験された事があると思いますが、重低音が大きい曲を流した時に、車内や窓が振動してしまう事があります。 スピーカーにバッフルは、取り付けてあるのでしょうがバッフルがスピーカーから出てくる振動に対応しきれていない事が考えられます。 ですので、その際はスピーカーバッフルの強度を上げる事が必要となってきます。 スピーカーにバッフルを取り付ける必要性とは? スピーカーにバッフルは必要不可欠です。 どのような必要性があるのでしょうか。 スピーカーの端子がドアの鉄板などに接触してしまうと、最悪の場合ショートしてしまう事もあります。 フェイズキャンセレーションとは、本来スピーカーのコーンを動かすと空気を前後に押すのですが、スピーカーの背面へ流れる波は全面の波と正反対となっています。 全面と背面が正反対の波を出してしまっていると、音を消しあってしまいます。 音を消し合う事で、スピーカーの音質はスカスカとなってしまいます。 スピーカーにバッフルを取り付けることで、この症状を解消してくれます。 スピーカーの背面の波を抑えることで、全面との正反対の波が抑えられ音質に影響を与える事を防いでくれます。 車内で、スピーカーが音をしっかりと出すためににもスピーカーバッフルの必要性は有ると言えるでしょう。 実践!車内スピーカーにバッフルを取り付けよう! では、実際に車内のスピーカーにバッフルを取り付けていきましょう。 純正のスピーカーはバッフルがそのまま取り付けられている場合がありますのでスピーカーを外すとバッフルが一緒に外れる場合もあります。 ネジで止められているのでネジをドライバーで外していきます。 たまに、とても硬く閉められている場合がありますのでネジ穴がナメってしまわないように注意してください。 お持ちのスピーカーやスピーカーを交換する場合は新しいスピーカーをバッフルに重ねて見て、バッフルにスピーカーを取り付ける位置に印を付けてください。 バッフルは木で出来ている為、ネジをいきなりガリガリとはめ込んでいくと、割れてしまう可能性が高いです。 ドリルで事前に穴を開けておきましょう。 ドアの鉄板の部分にバッフルをボルトとナットで留めましょう。 ボルトとナットはバッフルを購入した際についてくる場合が多いですが、付いてこなかった場合はサイズを測りホームセンターなどで購入しましょう。 ここで、バッフルがいい加減な作りですと先程のボルトが浮き出てしまってスピーカーがはまらないトラブルが発生する可能性があります。 その際は、ワッシャーを抜いて取り付け直す必要があります。 自作のインナーバッフル車内スピーカーにを取り付けよう! 実は、インナーバッフルは自作で作ることが出来ます。 作り方と取り付け手順を見ていきましょう。 現物を合わせたり、図面を引いても良いのですが一番手っ取り早いのが、現在使用しているバッフルから採寸する方法です。 採寸は、ギリギリより少しゆとりを持っても良いです。 採寸で重要なのは、インナーパネルの穴の位置と穴の大きさです。 必ずチェックしましょう。 インナーパネルの切り取りで重要なのは、埋め込み穴部分です。 ここは慎重に切り取ります。 電動トリマーで切り抜くのが良いでしょう。 一緒に取り付けるスピーカーと重ねながら場所を確認し開けていきましょう。 シリコンステッカースプレーなどを使用しましょう。 塗装が完了したら開けておいた穴に鬼目ナットを入れたら完成です。 自作のインナーバッフルの取り付け 自作のインナーバッフルの取り付けは、市販品の取り付けと変わりありません。 上記で紹介した取り付け方法で取り付けていきましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 スピーカーにバッフルは必要不可欠なことが分かりました。 また、音の振動で窓がガタガタと鳴ってしまう方はバッフルの強度を上げることをおすすめいたします。 みなさんも、ぜひスピーカーのバッフルに注目してみて、交換が必要そうかどうかを検討してみましょう。 また、自作のバッフル作りに挑戦してみるのも良いですね。 ぜひ、今回ご紹介した方法をご参考にされて下さい。

次の

【ZX

バッフル 自作

大きな板に、スピーカーユニットを取り付けただけのものですが、平面バッフルスピーカーと呼ばれています。 スピーカーユニットは、前後に振幅することで音を出していますが、低域の音については前後に空気が回りこむことで打ち消しが発生してます(別途ご説明予定)。 そこで、その前後の打ち消しをなくすために、すなわち前後の空気の往来がないように遮断してしまえば良い!という実にシンプルな考えのスピーカーです。 まぁ室内に置くにはサイズにも限界があるってもんですが、こだわり派には壁に埋め込んで完全に前後遮断しようとする方もおられるそうです。 凄いですね。 その場合、後方の処理が問題ですが…まさかリビングに向けて、後ろ側はキッチンに放出されるなんてあんまりでしょうし(笑) なるべく空気バネが働かないように、開放されている空間に音を放出したところですね。 自立させるためには、バッフル後方はイラストのようにシンプルではなく、それなりの補強を必要とします。 さてサイズが大きい方が好ましいわけですが、スピーカーユニットの取り付け位置については真ん中は避けるように紹介されています。 これは、大きな板であっても音の波を考えると後ろ側に放出される音も、板を回り込むように前に出てくる音が発生します(回析現象といいます)。 これがまぁ前後の打ち消しを防ぐという意味合いに加え、本来好ましくない音となるわけですが、板の真ん中に取り付けてしまえば正方形バッフルであれば四方より同一レベルの回析現象が発生してしまいますし、長方形のバッフルであれば2方向が同じ長さですから、音域的には2つの音域で回析現象が目立つ恐れがあります。 ということで無限大の大きさでもなければ発生してしまうこの現象ですが、できれば回析現象の音域は重ならないようにしたい…と思いますよね。 なので、中心からずらしてスピーカーユニットを取り付けることで、板の端までの距離がばらばらになりますから回析現象の発生する音域をずらすことができ、好ましいとされています。 ただし、自分の耳でその差が確認できるかは分かりません。 無音室とかなら分かるかもしれませんが…自宅で聴こうとした場合には、まず後ろには壁があるわけですし、天井もあります。 回析現象というより、それらの反射音の方が影響は大きそうですからね。

次の

カーオーディオ インナーバッフルの自作 スラントバッフルを作ってみる

バッフル 自作

アクセラを含むMAZDA車純正のスピーカーは楕円型です。。 楕円型スピーカーって… 交換するのに選択肢が少ないですよね。。 っつ〜事で、市販の丸型スピーカーを取り付けするのに使用するのがインナーバッフルです。。 インナーバッフルについては色々なメーカーから販売されてます。。 もちろん、それらの商品を購入するのが手っ取り早いんですが… ある程度の工具さえあれば簡単に自作できるんで。。。 ただし、車種によっては適合がない…って事もありますので。。。 (アクセラは16cmフロントのみ対応だそうです…汗) っと、前置きが長くなりましたが。。。 型取りに使用するのは… 普通のクリアファイルです。。 スピーカー取り付けビスの穴位置とおおよそのボードの形を型取りします。。 あまり厚すぎると内張りとスピーカーが干渉しますので… 12mm厚くらいが適当かと。。。。 (既製品の多くは12mm厚です…) んでは、型に合わせてジグソー等でカットします。。 ど〜せ見えなくなっちゃう…って事で、外形は適当にカットしました…爆 穴あけですが… 二段穴? にします。。。 貫通穴が5. ) 穴が空いたら、写真の様にスピーカー取り付け位置のセンター出しをして… (4穴対角線の中心。。 ) 取り付けするスピーカーに合わせて取り付け用の穴を罫書き、それに沿って… スピーカー用の穴抜きをします。。

次の