ウィンドウズ 10。 まだウィンドウズ10に無料アップグレード出来る!

ウィンドウズ10ではセキュリティエッセンシャルは使えない?

ウィンドウズ 10

対象:Windows 10 October 2018 Update以降 Windows 10 October 2018 Update(バージョン1809)では、クリップボードの機能が拡張され、「履歴」機能と「同期」機能が実装された。 これまでクリップボードには、「コピー」または「切り取り(カット)」した最新の1つのデータしか保存できなかった。 例えば、メモ帳などで「あ」をコピーし、次に「い」をコピーすると、クリップボードには「い」しか残っておらず、「い」しか貼り付けできなかった。 これがWindows 10 October 2018 Update以降では、クリップボードの「履歴」を呼び出すことで、過去にコピーまたはカットしたデータを選択して貼り付けることができるようになった。 先ほどの例でいえば、「あ」を選択して、貼り付けることができるわけだ。 Excelなどのデータ入力に際して、よく入力する項目名などをクリップボードにコピーしておけば、クリップボードの履歴を選択して、貼り付けるだけで入力ができるようなる。 「同期」機能は、同じMicrosoftアカウントでサインインしているPC間でクリップボードを同期し、他のWindows 10でコピーしたデータを貼り付けられるというものだ。 本TIPSでは、「クリップボードの履歴」機能の使い方を紹介する。 「クリップボードの履歴」機能を有効にする 「クリップボードの履歴」機能は、デフォルトでは無効なので、まず機能を有効にしよう。 [Windows]+[V]キーでクリップボードウィンドウを表示して有効にする 「クリップボードの履歴」機能は、[Windows]+[V]キーで呼び出すことができる。 有効になっていない場合、下画面のように有効になっていないむねの警告が表示される。 この画面の[有効にする]ボタンをクリックすれば、簡単に「クリップボードの履歴」機能を有効にできる。 [Windows]+[V]キーでクリップボードウィンドウを表示して有効にする [Windows]+[V]キーでクリップボードウィンドウを表示して、[有効にする]ボタンをクリックする。 [Windowsの設定]画面から有効にする [スタート]メニューの[歯車(設定)]アイコンをクリックし、[Windowsの設定]画面を開いて[システム]をクリックする。 [システム]画面が開いたら、左ペインの[クリップボード]を選択する。 なお[クリップボード]画面を開くには、[Windows]+[R]キーで[ファイル名を指定して実行]ダイアログを開き、「ms-settings:clipboard」と入力して、[Enter]キーを押してもよい(Tech TIPS「Windows 10の設定画面をコマンドで素早く開く」参照)。 [クリップボード]画面が開いたら、右ペインの「クリップボードの履歴」のスイッチを「オン」にする。 これで、「クリップボードの履歴」機能が有効になり、複数のデータをクリップボードに保持できるようになる。 「クリップボードの履歴」機能を有効にする(3) 「クリップボードの履歴」のスイッチを「オン」にする。 これで、「クリップボードの履歴」機能が有効になる。 「クリップボードの履歴」の使い方 これまでのクリップボードと同様、Windows 10上で「コピー」や「切り取り(カット)」を実行すると、クリップボードにそのデータが保存される。 最新のデータを貼り付けるのであれば、これまでと同様、単に[Ctrl]+[V]キーなどで「貼り付け(ペースト)」を実行すればよい。 ここで過去に「コピー」または「切り取り」を行ったデータを貼り付けたい場合は、[Windows]+[V]キーを押す。 すると、クリップボードウィンドウが表示され、そこに過去に「コピー」や「切り取り(カット)」を実行したデータが表示される。 ただ、保存される履歴は25件ほどのようなので、あまり古いデータは履歴からなくなってしまうので注意が必要だ。 よく利用するデータは、ピン留めしておけば、履歴から消去されないようになる。 メールの定形あいさつ文のようなものは、クリップボードにコピーしておき、ピン留めしておくと便利かもしれない。

次の

ウィンドウズ10ではセキュリティエッセンシャルは使えない?

ウィンドウズ 10

〜ウィンドウズ10の価格〜 Home版 119ドル・約1万5000円 Pro版 199ドル・約2万5000円 HomeからProへのアップグレード 99ドル・約1万2000円 実際は為替により少し変動するかと思いますが、思ったよりも安いというか普通というか、そんな感じの値段ですね。 しかし、多くのユーザーはウインドウズ7か8を使っているかと思われます。 そういう方は 購入する必要はありません。 以下をご確認下さい。 無性アップグレードサービス タダで10にアップグレード なんと、今回のウィンドウズ10はウィンドウズ7、8を使っている方に対し、 発売日である7月29日から1年間に限り、無償でアップデートできるのです。 すごい、大判振る舞いですよね。 アップグレードのシステムはざっくりですが、以下のような感じです。 ウィンドウズ7のHome Premiumは ウィンドウズ10のHome版に、その他の7はPro版にアップグレード。 ウィンドウズ8. 1はウィンドウズ10のHome版に、その他の8(Proとか)はPro版にアップグレード。 今回の無償アップデートの背景として「ウィンドウズを製品ではなく、サービスとして考えるようになった」という話です。 全然製品でもいける気がするのですが。 ちなみに、今回のアップデートいわゆる海賊版もフォローしてしまうのだとか。 海賊版の利用者はあんまりいないとは思いますが、彼らからしてみればラッキーという感じでしょうか。 アップデートの方法は? 実は6月に入ってから、パソコンのタスクトレイにアップデートのお知らせが入っていることを目にした方は多いかと思います。 後は手順に従って、予約しておけば 発売日にはインストールされ利用する事ができます。 (別に予約しなくても問題はないようです。 ただ、発売日にすぐ落としたい方は予約しておけばよろしいかと思います) 表示されない方は 更新プログラムをやっていない事がまず考えられます。 更新プログラムとは、パソコンをシャットアウトした後も、しばらくはオフにならずに勝手になにやらインストールしているあれの事です。 更新プログラムもきちんとやっているのに出ない人は、 アップデートプログラム側で互換性がないと判断されている可能性が高いようです。 その場合、発売日にアップデートプログラムが表示され、互換性のチェックが行われるそうです。 その後にアップデートという流れになります。 これはもしかすると10自体の互換性というより、予約アップデードプログラムとの互換性だったりしないんですかね。 ともあれ、恐らく多くの場合アップデートはスムーズにできそうですね。 無償なのにいい感じです。 スポンサードリンク ウィンドウズ10の機能 それで肝心のウィンドウズ10の機能ですが、どんな感じなのでしょう。 まず、特徴としては スマホだろうがPCだろうがウィンドウズ10で対応できてしまうということです。 スマホとパソコンでは今まではOSが違っていたのですが、これが対応できてしまう。 ということはスマホのアプリをパソコンでやったり、その逆も出来てしまうということ・・・でいいんですよね(笑) これは便利そうです。 その他のウィンドウズ10の機能としては例えば、 ・簡単な操作で最大4つまでのアプリを並べて、確認できる これはありそうで無かった機能なのかな。 私にはあんまり実用性は感じられませんが。 ・スタートメニューが大きくなった。 確かに大きいですね。 これも多分便利なのかな。 ・インターネットプラウザが新しくなる。 レイアウトもいい感じで、使いやすくなるそうです。 これは期待しても良さそうですよね。 まとめ ウィンドウズ10、無償なのが実にいい感じですね。 ふと思ったのですが、ウィンドウズストアも10用に統合されるそうで、できるだけ10のユーザーを増やしておいた方が、そちらのコンテンツの収益化につながるため、無償としたのではないか・・・、とか思ってしまいました。 ともあれ、ちょっと10を起動する日が楽しみであります。

次の

Windowsとは パソコン初心者講座

ウィンドウズ 10

あなたはWindows10のシステムを持っていますか?Windows10のシステムではYouTubeの動画再生に伴う大変多くの問題があります。 Windows10上でYouTubeの動画を再生させるためパソコンでできることは全て行うに違いありませんが、うまくいきません。 YouTubeのウェブサイトを訪れ、閲覧したい動画をクリックし再生されるまでかなりの時間を待ったとしても再生されたことはないでしょう。 また何か起きるかどうか確認するために動画を巻き戻しや早送りをしたり、数え切れないほど何度もパソコンを再読み込みし、RAMをクリーンにしメモリの不要物の削除を試してみたに違いありません。 しかしWindows10でYouTubeの問題がまだ残っているのです。 ステップ 3: 最新のFlash Playerにするためインターネットエクスプローラーをアップデートする 上記で述べたステップでトラブルシューティングしてもWindows10でYouTube動画の再生ができない場合は、インターネットエクスプローラー又はブラウザーのシステムを最新のものにアップデートし試してみることができます。 閲覧しようとするYouTubeのコンテンツでFlash Playerの最新バージョンが要求されるかもしれません。 「バージョンを見つける」の文書で確認することによって、Flash Playerの最新バージョンがインストールされているか確認できます。 またお持ちのFlash Playerの現在のバージョンの詳細も確認することができます。 もしWindows10でYouTubeのオンライン動画を見る時に問題に直面したら、できる限りベストな方法はオフラインで見ることです。 そのためには動画をダウンロードする必要があります。 しかしYouTubeはウェブサイトから直接ダウンロードするのを許可していません。 それゆえWindows10でYouTube動画のダウンローダーが必要です。 最も人気のあるYouTube動画ダウンローダーは です。 このYouTubeダウンローダーは無償でウェブサイトからの全ての動画を安全にダウンロードできます。 もし利用中のデバイス上にインターネット接続がない時でさえ、余計な広告なしで動画を見ることができます。 このダウンローダーには興味深い機能が読み込まれています:• 3倍速でYouTube動画を無償でダウンロードします。 YouTubeHDとYouTubeVEVOをダウンロードします。 ワンクリックでYouTubeプレイリストを全てダウンロードします。 内蔵型メディアプレーヤーでYouTubeを再生します。 一度のダウンロードでオートシャットダウンやスリープモードに設定できます。

次の