ハーデス 攻略。 ハーデス攻略

アナザーゴッドハーデスにタイマー攻略発覚 : パチスロバカ一代

ハーデス 攻略

アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver. 44 97. 81 99. 67 102. 91 106. 11 111. 94 116. -』が登場。 本機は純増約2. ATへはこれまでのシリーズ同様、主に液晶奇数揃いから突入する。 また、高確率で奇数揃いが発生する 「HELL ZONE」なるシリーズ初のチャンスゾーンも搭載。 AT突入時は必ず上乗せ特化ゾーンを経由し GOD揃いは除く 、そこでAT初期ゲーム数を獲得する仕組みとなっている。 上乗せ特化ゾーンは 「PREMIUM OF HADES」 「ZONE OF PERSEPHONE」 「RUSH OF KERBEROS」の3種類あり、AT消化中にも突入の可能性がある。 その他にも、お馴染みの 「GOD揃い」、そして 「コンボフリーズ」 「デジャヴフリーズ」 「全回転フリーズ」なども搭載した本機は、「ミリオンゴッド」シリーズの名に恥じぬ卓越した出玉性能を要したマシンと言えるだろう。 [Bisty(ビスティ)] 2020年7月6日(月)導入開始• [Spiky(スパイキー)]• [BELLCO(ベルコ)]• [WORLD(ワールド)] 2020年5月18日(月)導入開始• [PIONEER(パイオニア)]• [ACROSS(アクロス)]• [Carmina(カルミナ)] 2020年5月11日(月)導入開始• [D-light(ディ・ライト)]• [YAMASA(山佐)] 2020年5月7日(木)導入開始• [SanThree(サンスリー)] 2020年4月20日(月)導入開始• [ACROSS(アクロス)]• [Daito(大都技研)] 2020年4月6日(月)導入開始• [SANYO(三洋物産)]• [NET(ネット)] 2020年3月23日(月)導入開始• [Enterrise(エンターライズ)] 2020年3月16日(月)導入開始• [BALTEC(バルテック)]• [OKAZAKI(岡崎産業)]• [Sammy(サミー)] 2020年3月2日(月)導入開始• [BELLCO(ベルコ)]• [SANYO(三洋物産)]• [SANYO(三洋物産)] 2020年8月3日(月)導入開始• [newgin(ニューギン)]• [Sammy(サミー)] 2020年7月20日(月)導入開始• [Daiichi(大一商会)]• [TAKEYA(竹屋)]• [TAKEYA(竹屋)]• [SANKYO(三共)]• [SANKYO(三共)]• [newgin(ニューギン)]• [TAKAO(高尾)]• [MARUHON(マルホン工業)] 2020年6月15日(月)導入開始• [NISHIJIN(西陣)] 2020年5月18日(月)導入開始• [SANKYO(三共)] 2020年5月11日(月)導入開始• [newgin(ニューギン)]• [TAKAO(高尾)]• [Daiichi(大一商会)]• [JFJ(ジェイエフジェイ)] 2020年5月7日(木)導入開始• [SANYO(三洋物産)]• [NISHIJIN(西陣)].

次の

FF14ハーデス討滅戦攻略

ハーデス 攻略

4 97. 8 99. 7 102. 9 105. 1 111. 9 115. 非常に優秀な数値と言えますが、天井狙い1回あたりの平均消化時間や勝率も考慮すると、750G付近から狙っていくのが理想的だと思います。 1枚役を狙っていく場合には左リールに冥王絵柄を狙い、上段に冥王絵柄が停止した場合に中・右リールの目押しが必要です。 右リールは紫7orデカチリを狙い、中段に紫7orデカチリ下が停止した場合には中リールに枠上付近にデカチリを狙います。 ただ、目押しに時間が掛かり過ぎるのは非効率的なので、その場合はフルウェイトで消化することを優先しましょう。 朝一リセット挙動 朝一リセット時には特にこれといった恩恵はなし。 また、リセット時のモード移行抽選には特に大きな設定差はありません。 変更判別に関しては、400G&800Gでのヘルゾーン煽りを活用することができます。 設定判別要素 ミリオンゴッドシリーズということで、過去シリーズと同じく設定判別難易度は非常に高め。 メインとなる初当たり確率を中心に、謎当たりや特殊抽選でのGG当選から設定を絞り込んでいく形となります。 また、GG開始時のステージ(モード)選択率や、ヘルゾーン突入率にも設定差が付けられているため、設定狙いでは合わせてチェックしておきましょう。 液晶出目 液晶出目によって滞在モードを示唆しており、中には上位モード濃厚となる出目や、本前兆濃厚となる出目も存在します。 全てのパターンを網羅するのは大変ですが、上位モードや本前兆を見逃すことのないよう十分注意が必要です。 リーチ目に関しては語呂合わせが多いですし、液晶出目には一定の法則があるので、ある程度把握しておけば他のシリーズでも応用が効きます。 前兆示唆演出 先述に挙げた液晶出目の他、演出でも滞在モードや前兆を示唆しています。 こちらに関しても本前兆or天国滞在濃厚となるパターンが存在するため、確実に把握しておきたいところです。 モード移行率 パチスロ「アナザーゴッドハーデス」にはGG直当たりに関わる8種類のモードと、自力CZ「ヘルゾーン」当選に関わる5種類のモード、そしてGG中の上乗せに関わる5種類のモードが存在します。 設定判別要素として活用していくことは難しいですが、上位モード滞在時には明らかに液晶演出・出目が騒がしくなるので、それらを参考にしてやめどきをしっかりと見極めていきましょう。 ヘルゾーン 先述の通り、ヘルゾーン当選率に影響するモードは全5種類となっています。 滞在率が最も高い「ヘル低」中はヘルゾーン当選にほぼ期待は持てませんが、上位モードへ移行すればするほどヘルゾーン当選&連チャン期待度がアップ。 ヘルモード滞在濃厚となる演出も存在するため、前兆・モード示唆演出と合わせて押さえておきましょう。 ジャッジメントループ抽選 ジャッジメント(GG)当選時にはループ率が選択され、ループ抽選に漏れるまでストック抽選が行われます。 レア小役からの直乗せにはあまり期待が持てず、ジャッジメントからの上乗せでGGを継続させていくことになります。 ラッシュオブケルベロスは最も上乗せ性能が低いジャッジメントではありますが、レア小役を引くことができれば3ケタ上乗せにも期待が持てます。

次の

【FF14】極ハーデス討滅戦の攻略とマクロ|装備情報|ゲームエイト

ハーデス 攻略

初めて極ハーデスに挑む方はいきなり本番に参加するのではなく、先に下記の記事を読み、準備がきちんと出来ているかを確認しましょう。 極ハーデスでよく使われるマクロ 使用するマクロはPTによって異なるので、実際の動きは流れたマクロに従うようにしてください。 アシエンフェーズの「イゲオルム」「ラハブレア」出現の際の東西南北の確認、出現位置の基準としても有用です。 中央待機。 ウェイルオブザロスト 中央からノックバック。 ノックバック後に「殉教者の記憶」のギミック発動 DPSは円範囲が重ならない様に散開、タンクヒラは2:2に分かれ頭割り。 基本はタンク(MT)視点ですが、DPSやヒーラーのギミックも分かるように掲載していますのでご活用ください。 ギミックなどをより詳細について知りたい方は、動画と合わせて下記の攻略も合わせて参考にしてください。 前半フェーズで注意すべき攻撃 エンシェントダブル 「 エンシェントダブル」で、ボスに特定の魔法が2回発動するバフがつきます。 バフ効果中は同じ攻撃が2連続でくるので、この後の攻撃に気をつけましょう。 「 エンシェントダブル」の効果で2回連続同じ範囲に攻撃がくるので、1回目を受けたら2回目はシャドウスプレッドが当たらない安置に移動します。 こちらも「 エンシェントダブル」の効果が乗っているので、2連続攻撃となります。 1回目は針が向いていない場所に、2回目は逆側に移動して下さい。 赤い玉の場合は、 赤い玉が出ていない場所が安置となります。 青い鏡の場合は、 青い鏡がない場所の対面の鏡の裏が安置となります。 「 魔法陣起動」の詠唱完了までに、それぞれの安置へ逃げ込んでください。 中央待機し、中央に魔法陣が降ってきたら外周の何も無い場所に逃げると爆発を回避しやすいです。 MTとSTが北と南に分かれて時計回りで受けましょう。 タンクに当たると被魔法ダメージ上昇デバフで隕石に耐えられなくなってしまうため、DPSはタンクに当てないように北側の線は北に捨て、南側の線は南に捨てて処理します。 大体2個目のコメット処理中にダーラがくるので味方に当てないように気を配りましょう。 【ヒーラー】攻撃しつつPTメンバーのHP管理 ヒーラーは中央で攻撃しながら待機し、PTメンバーのHPを見ながら回復します。 特に隕石を担当するタンクのHP管理には気を配りましょう。 同時にタンク2人対象の単体範囲攻撃「 エンシェントダーク」がくるため、タンクは他者のギミックと重ねない様に1人で受けます。 その際全体に「氷の烙印(青色)」または「炎の烙印(赤色)」というデバフが付きます。 同じ属性の敵を殴ると無効化されるので、 青が付いたらラハブレアを、赤が付いたらイゲオルムを攻撃しましょう。 近づけると強化バフがかかるので、タンクは出現位置程度の距離を維持しましょう。 タンクは攻撃が無効化される対象をターゲットにしていた場合しましょう。 このギミックはフェーズ開始時とその後約30秒後にもう一度きます。 2回目のスイッチは挑発のがギリギリ戻ってきてない場合があるので、タンクは 挑発のリキャストが戻っている事を確認してから落ち着いてスイッチしましょう。 多少遅くても間に合います。 北側から青い線と赤い線、南側からも青い線と赤い線をプレイヤーに繋げてきますので、 赤いデバフ持ちは青い線を、青いデバフ持ちは赤い線を受け持ち処理しましょう。 現在主流である北の線をタンクが受け持つやり方の場合、タンクは東にいるなら北東の、西にいるなら北西の線を取るだけでOKです。 その際、線取りと同じ位にアシエン本体の強攻撃もきますので、忘れずに防御バフを貼りましょう。 HPを即座に全回復して「死の宣告」を解除し、お互いを「呪詛の叫び声」で石化しないよう外側を向き、エンシェントリングを定位置で発動させましょう。 DPS:ドーナツ型範囲を1枚踏んで定位置に 「死の超越」「ノックバック確定」「フォークライトニング」が付与されます。 タンクとヒラから出るドーナツ型範囲を1枚踏む様に定位置につき、範囲を踏むことで「死の超越」を処理し、吹き飛ばされた後に少し待機し「フォークライトニング 自分中心円範囲 」を発動させます。 「フォークライトニング」を味方に当てないように注意しましょう。 円範囲ですので味方を巻き込まないように注意しましょう。 東西に分かれて、 指定された4:4で攻撃を受けましょう。 予め遠距離ジョブが離れておくと火力を落とさずギミックが処理できます。 ヒーラーは誰も当たらない端にを捨て、タンクはMTは北、STは南のコメットを受け時計回りに処理をしましょう。 途中でハーデスが「キャプティビティ」を詠唱した後に「エーテリアルジェイル」が中央に出ますので攻撃して破壊しましょう。 ヒラ2人に頭割り範囲+DPS4人に円範囲が付きます。 即座にハーデスが「ウィルオブザロスト」を詠唱し、詠唱が終わると中心から外側に吹き飛ばされます。 吹き飛ばされた後に「殉教者の記憶」のが発動しますので、その際に DPSは他の人と重ならないように一人受け、タンクとヒラは2:2に分かれて東西に吹き飛ばされましょう。 あらかじめ決められたDPSは、南の端からを捨てながら北へ向かいましょう。 タンクとヒラと残りのDPSは指定された3:3に分かれて東西の端で、頭割り直線範囲攻撃を受けましょう。 この玉は徐々に大きくなり当たるとダメージを受けます。 玉の出現パターンは2種類あり、画像の白い部分が安置となるため、「ダークシール」発動時に少し下がって、玉の発生位置を確認しておきましょう。 「シャドウストリーム」の時に北よりに発生した「ダークシール」の方へ逃げると、安置が潰される可能性があるので注意しましょう。 どちらかに寄っておき、1回目の矢印の範囲が確定したら間の安置へ逃げ込みます。 範囲着弾後すぐに2回目の矢印が出現するので、2回目の安置に逃げ込んでください。 このとき反対側から安置に向けて範囲が来ているので、 2回目の安置に入った後すぐに矢印の後ろに入り、反対側からの範囲を回避しましょう。 東西の矢印は横のラインが被らないようになっているので、2回目の矢印の真後ろを追いかければ反対側の範囲に当たることはありません。 動くのが不安な人は、反対からの範囲が完全に消えるまでその場待機でも構いません。 その後 東西に塔が2個出現しますので、タンクが1人ずつ受けます。 その後少し力を溜めた後「クアドラストライク」を放ちます。 これにはダメージ+ペインが付くため、HOTを有効に活用しましょう。 また、「 牽制」が効くので、近接DPSは使っておきましょう。

次の