スマホ 充電。 「スマホ充電」や「バッテリー」の注意点・扱い方まとめ 寿命をのばす方法とは?|TIME&SPACE by KDDI

【Androidスマホ】充電が遅くなった場合の対処法

スマホ 充電

【その1:バッテリーを使い切ってからの充電はNG!】 ひと昔前までは、「バッテリーにはメモリー効果があり、100%使い切ってから充電しないと消耗が早まる」といわれていました。 しかし、これは昔の法則です。 現在のスマホに使われる最新式のリチウムイオン電池なら、メモリー効果を気にする必要はありません。 もはや迷信といってもいいでしょう。 むしろ、100%使い切ることでバッテリーに与えてしまうダメージのほうが問題になります。 なので、使い切る前に充電するよう心がけましょう。 【その2:充電回数によってバッテリーは消耗する?】 充電を繰り返せばバッテリーが消耗するのは本当です。 しかし、単純に充電回数が増えれば……というものではありません。 バッテリーの寿命は充電回数に基づきますが、それは「100%使い切ってからフル充電」した回数のこと。 【その1】でも触れた昔の法則には、継ぎ足し充電も「1回」にカウントするという、間違った考え方が含まれているのです。 充電回数が少ないほどいいのは確かですが、神経質になるあまり、かえってバッテリーに悪いことをしては本末転倒です。 他にもっと、注意しなければいけないポイントがあるのですから。 ただでさえ発熱する充電時に、さらに負荷をかけるなど、最もやってはいけないことです。 不便ですが、バッテリーを長持ちさせるためには我慢しましょう。 【その4:寝る前充電はダメ?】 就寝時に充電ケーブルを繋ぐ方は多いでしょうが、その是非は? 満充電後の充電は過充電となり、バッテリーに悪影響を及ぼします。 ひと昔前のスマホの場合、どうしても充電をし過ぎてしまう睡眠時に充電を行うことはあまりオススメできませんでした。 しかし、現在のスマホには防止機能が内蔵されているため、ケーブルを繋ぎっぱなしでも過充電にはなりません。 また、多くのスマホでは80%まで急速充電し、残り20%はゆっくり充電する機能も内蔵されています。 急速充電はバッテリーに大きな負荷をかけますが、早く充電しないと使い勝手が悪い。 そうしたバランスを考慮しての設定です。 ならば寝る前充電でもOK? そこで問題になるのが「発熱」です。 充電状態では発熱し続けるため、やはり繋ぎっぱなしは避けるに越したことはありません。 【その5:残り20%になったら充電】 20%という数値に科学的な根拠はありませんが、気づくと充電切れというケースを防ぐ意味でも、ひとつの目安になるはずです。 フル充電も弊害と背中合わせなので、難しい理屈は抜きにして、 「バッテリーに優しいのは20%~80%」と覚えておきましょう。 残り20%になったら充電し、80%程度になればOK。 それだけでも「やってはいけないこと」「やらないほうがいいこと」の大半を防ぎ、結果的にバッテリーを長持ちさせられます。

次の

スマホを正しく充電してますか?バッテリー寿命を延ばす充電方法とは

スマホ 充電

スマホの充電の仕方、気を遣いますよね。 何年も使って使って電池が劣化してしまうと、日常使いに支障が出ることも多いです。 そういった経験がある方も多いのではないでしょうか。 機種変更を考えるタイミングがこの電池の劣化なことも多く、できるだけ長持ちする使い方をしたいと思っている方がほとんどだと思います。 それは使われている電池の種類などに関係しているのです。 この記事では、今使われているスマホに最も適合したケータイの充電方法をまとめます! 目次• スマホの充電は小まめに行うのがベスト スマホの充電は、実は小まめに行った方が良いのです。 諸説ありますが、あまりにも小まめに「継ぎ足し充電」を行うことも電池の劣化を招くとされています。 長すぎず短すぎずのペースを維持した方が、電池は長持ちします。 そんな充電残量ばっか気にして生活するわけにも行きません。 そこで1つ生活の知恵を。 あの警告には 「これ以上使い続けてからの充電は劣化に繋がります」という意味も込められていたんですね。 これくらいなら意識してやって行けそうです。 実際は生活の事情などがありますからできる範囲でにはなると思いますが、「同じケータイを長く使いたい!」という人は是非実践してみてください! これはダメ!電池が劣化する原因集! では、逆に良くない充電方法は何なのでしょうか?電池を長持ちさせるためには、是非とも押さえておきたい部分です。 この項では 特に電池が劣化しやすい充電方法を紹介します! 充電しながらの利用 充電中に本体が動作していると、電池に大きな負荷がかかります。 またスマホの電池は非常に熱に弱い性質があり、充電しながらのスマホ利用は端末と電池の温度を大きく引き上げてしまいます。 これによって 二重に電池の劣化を早めることになってしまいます。 高負荷がかかるアプリなどを利用しながら充電すると、 端末本体の発熱によって電池に過剰な負荷がかかる恐れが出てきてしまうのです。 多少の操作であれば大きな問題はないようですが、 充電中は動画の視聴やハイクオリティゲームのプレイなどは避けた方が無難でしょう。 家では充電しながらスマホを利用する癖がついている人も多いと思いますが、 実は最もスマホの電池寿命を縮めるのがこの充電しながらの利用です。 できる限りスマホの充電中はスマホを操作しないようにしてください。 充電中は電源OFFがベスト 現在のスマホは 未使用時であってもバックグラウンドで様々なデータ通信や更新を行っており、何もしていなくとも電池を消費していきます。 スリープにしていてもスマホは利用状態にあると言って良いでしょう。 このため 充電中はできる限り電源をOFFにしておくことで、電池の寿命を延ばすことができます。 安心ですね。 何かしらの事情でスマホの電源をOFFにできない方は、機内モードなど通信を遮断する設定を活用することでダメージを最小限に抑える方法もあります。 もちろん 電源をOFFにしたりこれらの設定を適用することは、その間の連絡手段を失ってしまうということでもあります。 スマホの電池を守るのも大事ですが、それによってスマホその物の使い勝手が悪くなってしまっては本末転倒です。 自分の生活スタイルとよく相談して活用しましょう。 一時はなるべく使い切ってからの充電が主流だったと思うのですが、今はどうやら違うようですね(そんな話を聞いたのももう10年くらい前だった気もするのですが) 中でも高速充電を利用するのは最も危険です。 高速充電が電池に悪いのはよく言われることだとは思いますが、 高速充電でMAXまでチャージすることはできるだけやめた方が良さそうです。 高速充電自体限られた商品でしか行えないため、さほど利用する機会は多くないと思いますが、一応頭の片隅には入れておくと良いですね。 これを「過放電状態」と言い、電池の総容量低下などをはじめとする、能力の劣化を招きます。 電池や本体が発熱する環境で充電する 上述の通り、スマホの電池は高熱に弱い製品です。 長持ちさせたいのであれば、熱を発する環境での充電は避けましょう。 電池が35度以上になると負担がかかりやすくなると言われていますので、日本の場合だと真夏日というだけで既に危険が伴ってきます。 外気温が高いところでの充電は致命的なダメージに繋がってしまう恐れがあります。 適温 18度~22度 を保てるようなところで充電するのが重要です。 他にも、熱を逃がすことができない素材のケースをつけた状態での充電も電池には良くないそう。 とにかく 「高熱が溜まる環境」を避けた状態で充電をしなければいけません。 冷蔵庫や保冷材で冷やしてはいけない 稀にですが、熱くなったスマホを冷やすために冷蔵庫に入れる・保冷剤を使うといった方法を取る方がいます。 急速に熱を落とすことは電池の消耗面では確かに有効ですが、 これは内部結露(スマホや電池の中に水滴が発生すること)を招く恐れがあり、大変危険です。 内部結露を起こしたことで電池や端末がショートし、 完全に故障してしまうなどの事故も少なくないようです。 電池を守るためにスマホを壊してしまっては元も子もありません。 電池を冷ます時はスマホを利用せずに、なるべく涼しいところに放置しておくようにしましょう。 実は大丈夫!誤解されやすいポイント! この項では、 悪いと言われているが、実は問題ない行動について取り上げます。 電池を長持ちさせるため、是非参考にしてみてください。 長持ちさせたいのであれば絶対に避けるべきでした。 寝る前に充電して次の日に備えるなどの使い方をしている人がほとんどになったため、技術進歩の過程での当然の措置と言えそうですが、嬉しいお話ですね。 袋いっぱいに物を詰めた状態を維持すると、適量であっても少しずつ袋が傷んできてしまうイメージです。 ご注意を。 決して充電ケーブルを挿して充電が始まった回数のことではありません。 4回分となるため、2. 5回同じような充電をして初めて耐用充電回数1回分になります。 これを誤解していることによって「小まめな充電は電池に良くない」などの認識を持っている方も少なからずいらっしゃるようです。 ちなみに現在のスマホに一般的に利用されている充電池は、 この耐用年数換算で500サイクルを寿命に設定しているようです。 それを考慮すると約2年ほどは持つ計算に。 これにより端末のプログラムが誤作動を引き起こし、正しい充電容量を認識できなくなることがあるそうです。 ややこしい…。 これは 端末が電池残量を正しく認識できていないことによって起こる不具合なんだそう。 これを業界用語では電池をキャリブレーションすると言います。 最近のスマホは性能の向上により端末が自動でキャリブレーションできるように作られているそうですが、それも完璧にはならない様子。 おまけ:スマホの電池は昔のガラケーとは異なった種類の電池です 「なんか昔聞いた話と全然違うんだけど、そんなに誤った知識を持ったまま生きてきたのか... 」と思っている皆様。 決してそうではありません。 スマホに今使われている電池は「リチウムイオン電池」という最新式のものであり、 昔からあるケータイや充電池(ニカド電池やニッケル水素電池)などとスマホの電池は、全く異なった性質のアイテムです。 なので、 10年以上前から言われていた常識がスマホの電池に通用しないのは当たり前なのです。 ひとえに充電池と言っても、ケータイの変化と同じように日進月歩で開発が進んでいるわけです。 情報が新しくなったのではなく、使われている物自体が全然違うものになっていた、ということ。 技術進歩によって、我々の持っている常識もどんどん古いものへと変わって行ってしまいます。 一度知った情報を改めて更新するのはなかなか億劫…と言うか、意識することもないうちに変化して行っているものが非常にたくさんある時代なので、アンテナを立てて行きたいところですね。 このリチウムイオン電池の劣化には、以下の2つの仕組みが大きく関係しています。 この記事で書いてきた内容の原理とも言えるものですので、ついでに覚えておいても良いかもしれません。 保存劣化 常に電池に加わり続ける負荷による劣化を 「保存劣化」と呼びます。 「保存劣化」は、 適切な容量の電気が貯められている場合は発生しにくいものです。 毎日のように利用している人が多いであろうスマホでは発生しづらいものですので、少しだけ気を配ってゼロに近付けてあげると良いでしょう。 サイクル劣化 充電と放電の繰り返しによる負荷によって電池が劣化していくことを 「サイクル劣化」と呼びます。 これは電池を利用する以上は絶対に避けられない要因であり、この記事で解説してきたことの多くはこの「サイクル劣化」をなるべく小さく抑えるためのものです。 どんな方法であれ、繰り返し充電と使用を行うことで発生してしまうものですが、中でも 大きな負担をかけながらの充電と放電をより高速に電池を劣化させると言われています。 高速充電はもちろんのこと、 高負荷のアプリやゲームを長時間使用しての急速な電池消耗も大きな「サイクル劣化」を招きます。 今や多くのことがスマホ1つでできることで、電池の消費を意識してスマホを使うことは難しいかもしれません。 せめて、充電面などではその負荷が小さくなるような扱いをして行きたいですね。 まとめ スマホの充電方法についてまとめて参りました。 ・高熱の環境・高熱になる利用法は避ける。 などが重要なポイントです。 今やスマホなしでの生活を考えられない人が日本全体の大半になりつつあるのではないかと思います。 故に、バッテリーが長持ちするかどうかはスマホを語る上で欠かせない部分。 モバイルバッテリーを持ち運ぶ人も多くなっている時代です。 最近スマホ(特にiphoneなど)は持ち運ぶには既にオーバースペックなアイテムであり、しかも高価です。 1つの端末を長い間使っていくという選択を取る人も増えていると思いますし、それも非常に有用なものなのではないかと思います。 長い間1つのものを使っていく選択を取るためには、こういった部分に気を配ることも大事になってくるかもしれません。 余裕がある時だけでも実践して、少しでも快適なスマホライフを送って行きたいですね。 この記事がそういった生活の一助になりましたら幸いです。

次の

スマホの充電は100%までにしないほうがいい?バッテリーを長持ちさせるには?

スマホ 充電

スマホの充電を繰り返すと、バッテリーが少しずつ劣化していくというのは有名な話ですよね。 しかし一方で、充電の方法次第ではバッテリーの劣化を防げるということを知っていますか? 本記事では、スマホの最適な充電方法について解説します。 「充電ができない」「充電が遅い」といったよくあるトラブルへの対処法についてもまとめているので、ぜひご一読を。 ;|スマホはリチウムイオン電池を使ってる 毎日のように充電を繰り返すスマホには、リチウムイオン電池が用いられています。 リチウムイオン電池はスマホだけでなく、パソコンやデジカメといった機器にも採用されており、充電可能電池として広く普及しています。 リチウムイオン電池とは? リチウムイオン電池とは、化学反応を利用して電力を生み出すデバイスです。 正極・負極間でリチウムイオンを交換することで、何度も繰り返し使用ができます。 リチウムイオン電池の特徴は、エネルギー密度の高さです。 小型でありながらもたくさんのエネルギーを蓄えられるので、スマホを始めとする小型の電子機器とも相性が良いです。 リチウムイオン電池は繰り返し使用ができるというメリットがあるものの、無限に使い続けられるわけではありません。 使い方にもよりますが、一般的に500回程度繰り返し使用すると電池としての寿命が訪れます。 充電によってバッテリーが劣化する理由 充電によってバッテリーが劣化する理由は主に2つあります。 大きな負担をかけながらの充電と放電を繰り返すと、劣化が早まる。 保存劣化とサイクル劣化の両方について対策すると、バッテリーをより長く使い続けられます。 スマホを充電するときのポイント 普段何気なく繰り返しているスマホの充電ですが、より長く快適にバッテリーを使い続けたいのであれば、ちょっとしたコツがいります。 ここではスマホを充電するときに心掛けたいポイントについて解説していきます。 スマホは充電しっぱなしではなく、ちょっと早めに充電を止めるよう心掛けましょう。 充電中は電源を切る スマホ充電中は本体の電源を切るようにしましょう。 充電中に本体が動作していると、バッテリーに大きな負担がかかります。 特にスマホの場合は操作をしていなくてもバックグラウンドで常時通信をしている時間が多いので、電源をつけているだけでも負担は大きいです。 バッテリー容量を低下させないためにも、電源を切って負担を小さくするのが大切。 スマホを使いながら充電しているという人は、知らずのうちにバッテリーに負担をかけているので注意しましょう。 |スマホの充電ができないときに見直したい4つのポイント スマホを長く使っていると、 「あれ、スマホが充電できない!」 なんていうトラブルも稀にあります。 スマホが充電できないのは本体の故障の可能性もありますが、充電方法の誤りや充電器のトラブルも考えられます。 スマホが充電できないときは、まず下記の4つのポイントを確認してみましょう。 接触不良 スマホと充電器の接触不良が起こっていると、充電が開始されないことがあります。 接触不良が起こる主な理由としては、スマホと充電器のコネクタ部の劣化です。 充電器を何度も抜き差しすることでコネクタ部は劣化し、接触不良を起こす可能性があります。 スマホ側のコネクタ部の劣化であれば、本体の修理や交換が必要です。 充電器側のコネクタ部の劣化であれば、別の充電器に交換することで直ります。 まずは充電器を変えて、充電が開始されるかどうか確認しましょう。 充電ケーブルの断線 充電器のケーブルが断線していても、スマホの充電はできません。 明らかな外傷がなくても、ケーブルが強く折れ曲がっていたりすると、内部が断線している可能性があります。 この場合もまずは充電器を変えて、充電が開始されるかどうかを確認する必要があります。 非対応の充電器 自分のスマホに非対応の充電器を使っていると、充電ができないことがあります。 近年はサードパーティー(スマホ販売メーカー以外のメーカー)が販売する充電器も普及していますが、全ての充電器が全てのスマホに対応しているわけではありません。 また前のスマホの充電器をそのまま使っている場合も要注意。 付属の充電器以外を使っているという人は、自分のスマホにきちんと対応しているかどうかを再度確認してみましょう。 一時的な動作不安定 本体のシステムが一時的な動作不安定を起こすことで、充電が開始されないこともあります。 特に長時間スマホの電源を入れっぱなしにしていたり、アプリをたくさん立ち上げていたりすると、システムの動作不安定は起こりやすいです。 動作不安定を解決するためには、一度本体を再起動してみましょう。 バッテリーが取り外せる機種の場合は、電源を切った後バッテリーを一度取り外してみるのも有効です。 |スマホの充電が遅いときの確認したい4つのポイント スマホを使っていると、 「最近充電が遅くなった気がする…。 」 と感じることもあるでしょう。 スマホの充電が遅いと感じたときは、下記の4つのポイントを確認してみましょう。 充電周辺機器の出力が弱い 充電周辺機器の出力が弱いと、スマホ本来の充電速度が発揮されません。 特にスマホ購入時に付属していた充電器を使っていない人は要注意。 たとえばスマホ本体の対応出力が2Aなのに対し、1A出力の充電器を使用していたら、1A出力の充電速度しか出ません。 スマホの対応出力と充電器の出力が合っているのかを、再度確認してみましょう。 スマホが熱を持っている スマホが熱を持っていると、システムが「過剰充電」と判断し、充電が停止することがあります。 特にスマホを操作しながら充電していると、よく起こる現象です。 スマホが熱を持っている場合は、まずは電源を切って本体を冷ましましょう。 熱が冷めれば、充電は可能となります。 バッテリーが完全に空になっている バッテリーが完全に空になると、充電が開始されるまでにしばらく時間がかかります。 この場合は、充電器を挿したままスマホを放置しておきましょう。 一定時間が経過すれば、スマホの充電が再開されます。 バッテリーの劣化 バッテリーの劣化でも、充電速度は遅くなります。 最近はシステム上からバッテリーの劣化具合がわかる端末も多いので、一度チェックしてみましょう。 なお一度劣化したバッテリーを回復させることはできないので、あまりに充電速度が遅い場合は要交換です。 バッテリー交換に保証がつく端末もあるので、メーカーのサポート内容を確認してみましょう。 |充電方法別のメリット・デメリット スマホの充電方法には、主に以下の3つがあります。 ・コンセント ・モバイルバッテリー ・ワイヤレス それぞれメリット・デメリットがあるので、自分に合った充電方法を選ぶのが大切です。 コンセント コンセントから電源を取り、スマホのコネクタ部に充電器を挿すというもっとも一般的な充電方法です。 付属の充電器を使う場合も、この方法となります。 メリット ・充電が安定する デメリット ・コンセント周辺でしか充電できない ・抜き挿しを繰り返すことでコネクタ部が劣化する モバイルバッテリー モバイルバッテリーは充電器本体を別途充電しておくことで、コンセントがない場所でもスマホが充電ができるデバイスです。 主に外出先でスマホを充電したい時に用います。 メリット ・外出先でもスマホが充電できる デメリット ・モバイルバッテリー本体を充電しておかないと、スマホが充電できない ・抜き挿しを繰り返すことでコネクタ部が劣化する ワイヤレス 最近はスマホを置くだけで充電ができるワイヤレス充電器も普及しています。 ポンと置くだけというその手軽さが強みです。 メリット ・スマホを置くだけなので、充電が手軽 ・充電器を抜き挿しする必要がないので、コネクタ部の劣化がない デメリット ・スマホを正しい位置におかないと、充電が開始されないことがある |充電ケーブル・充電器を選ぶときのポイント スマホを購入すると充電ケーブルと充電器はセットで付いてきますが、複数の場所で充電したいなどの理由で別途追加で購入したいというケースもあるでしょう。 充電ケーブル・充電器を選ぶときは、以下のポイントを抑えておきましょう。 充電ケーブル ・長さ 充電ケーブルは長すぎても短すぎても不便です。 長すぎると邪魔になるし、短すぎると充電をできる場所が制限されます。 自分がコンセントからどれくらいの距離で充電するのかを把握し、ちょうど良い長さの充電ケーブルを選びましょう。 ・強度 充電ケーブルの強度が不足していると、ちょっと踏みつけただけでも断線の恐れがあります。 特にケーブルが床につくような場所で使う場合は要注意。 より丈夫な充電ケーブルを求める場合は、ナイロンを採用した商品もあるのでチェックしてみましょう。 ・USB端子の規格 USB端子の規格にはAndoroid端末に広く使われている「micro USB」やApple製品に広く使われている「Lightning」などがあります。 USB端子の規格が自分のスマホに対応していないと、充電ケーブルはそもそも使えないので、購入時は誤りがないようきちんと確認しましょう。 充電器 ・サイズ・重量 特に充電器を持ち運びたい場合は、サイズや重量も重要になってきます。 自宅で使用するようであればさほど気にする必要はありませんが、外出先で充電したい場合はできるだけ軽量・小型のものを選んでおくと持ち運びに便利です。 ・急速充電への対応可否 最近は急速充電対応のスマホが増えていますが、そもそも充電器が急速充電に対応していないと、急速充電はできません。 スマホを早く充電したい場合は、急速充電に対応した充電器を選びましょう。 ・充電できる回数(モバイルバッテリーの場合) モバイルバッテリーを購入する場合は、スマホを充電できる回数も重要です。 充電可能回数が多いモバイルバッテリーであれば、旅行や災害時といった長時間スマホが充電できないようなシチュエーションでも安心できます。 ただし充電可能回数が多いほど、モバイルバッテリーのサイズは大きなる傾向にあるので、用途に応じた商品を選びましょう。 最近のスマホ充電事情 スマホの充電技術は、日々進化しています。 充電速度が速くなっているのに加え、充電環境の利便性も高くなっています。 最近のスマホ充電事情についてみていきましょう。 充電速度をウリにしたスマホが続々と販売されている スマホの充電速度は年々速くなっています。 「速く充電したい」という需要は多くのユーザーに共通するので、メーカーも次々と急速充電をウリにした製品を開発しています。 最近だと約30分でスマホをフル充電できる製品が話題となりました。 充電しながらバックアップをとれる 最近のスマホはパソコンに接続して充電することで、同時にバックアップが取れます。 日常的にパソコンからスマホを充電するようにしておけば、万が一紛失や破損があった際もすぐにデータが復元できます。 スマホのバックアップを取る習慣がない人は、ぜひ利用したい機能です。 車でもワイヤレス充電ができる シガーソケットから電源を取ってスマホを充電できる商品はひと昔前からありましたが、最近は車でもワイヤレス充電ができる商品が発売されています。 車載ホルダーにスマホをセットするだけで充電が開始されるので、スマホのナビ機能などとも相性が良いです。 車をよく利用する人は、ぜひ用意しておきたいところです。 まとめ スマホのバッテリーの劣化は避けられない現象ではありますが、充電方法を見直すことで長持ちさせることは可能です。 また「充電ができない」「充電が遅い」といったトラブルも、充電方法の見直しで解決できることがあります。 正しい充電方法を理解して、スマホをより長く快適に利用しましょう。

次の