ハックン マリオ。 マスクゲート (ますくげーと)とは【ピクシブ百科事典】

パックンフラワー

ハックン マリオ

マリオテニスエースに登場するボスパックンの特徴や立ち回り方を紹介していきます。 ボスパックン プレイスタイル パワー 特徴 メリット ・ 強打フラットが特殊仕様。 星マークの中でフラットを打たずとも、相手を少し後ろに押し出すことができる ・フラットでNICEサーブを出せば非常に強力なサーブを打てる ・打球の角度も良好で、フラットボレーも強い ・リーチが長め ・テクニカルショットの範囲も広く、扱いやすい デメリット ・ フラットでNICEサーブ以外のタイミングでサーブを打つと、非常に弱いサーブになる ・飛びついたときのスキが非常に大きい ・図体のわりにはリーチがなく、慣れないと飛びつきやすい ・足が遅い ・とにかく身体が大きく、視界を遮りがちなためブロックの難易度は高め 立ち回り このキャラの大きな特徴であるフラットサーブだが、 NICEサーブを出せなかったときのリスクが大きすぎるため基本的に封印推奨。 トップスピン・スライスでのサーブではGOODサーブでも弱くならないため、安定を取りたいのならこちらをオススメする。 基本的にはもう一つのボスパックンの強みであるフラットでのストローク勝負を押し付けていきたい。 むやみにチャージをせず、後ろでフラットをひたすら打ち込んでいく。 普通の強打フラットでも、相手を少し後ろに押しやることが可能なため相手に取ってはうっとうしいこと間違いなし。 そして、相手が崩れて甘い球が来たところにマックスチャージを打ち込んでやろう。 ボスパックンを使う上で一番気をつけたいのが飛びつかないこと。 ボスパックンは他キャラに比べればリーチは長いものの、その身体の大きさほどリーチが長くない。 そのため届きそうなボールでも飛びついてしまうことがよくある。 ボスパックンの飛びつきは大きく移動してしまう上、硬直時間も長い。 前で飛びついたときはかなり厳しい状況になるだろう。 ボスパックンを使う上で、Lボタンを利用したチャージキャンセルはぜひとも覚えておきたい。 ボスパックン対策 動きが遅く、飛びつきのスキが大きいためアングルショットでの揺さぶりが効果的。 左右に振って飛びつきを誘い、一気に攻め立てたい。 相手がフラットサーブを失敗し、遅い球が来ても油断禁物。 実はこのサーブに意外と角度がついていることがあり、飛びつきで返したり、最悪そのままサービスエースを決められてしまうことがある。 相手のサーブはよく見て返そう。 Lボタンを使用したチャージキャンセルも活用しよう。 失敗サーブは非常に遅いためチャージキャンセルは見てから間に合う。 そのほかのキャラクター情報.

次の

【ハックンタイムアタック】『リンクの急いで冒険』26.488秒を更新!TAのコツとポイントを解説します。

ハックン マリオ

ステージ 解放条件 : ピーチ姫でクッパを倒す : コイン5枚以下でクリアする キノピオラリー: 3連勝する リミックス10: 1回で メダルを30枚以上集める : 60カウント以上残してクリアする : コイン400枚以上でクリアする : クリボーを1体も倒さずにクリアする : コイン300枚以上でクリアする : ハックンを20体以上倒してクリアする• 6-4: ピーチ姫でクッパを倒す 操作キャラクターがピーチになってもハンディはほとんどなく、ふわふわジャンプが使えるので、クッパ戦ではむしろ有利かもしれません。 最も簡単にクリアできる条件でしょう。 1-1: コイン5枚以下でクリア パープルやブラックでは縦に並んだコインが多く、ジャンプで回避するのが難しいので、ピンクでチャレンジするのがよいでしょう。 カラーコインはクリア時に10枚として加算されてしまうため、1枚も取ってはいけません。 コインが出る矢印などにも触れないように進みます。 また、敵キャラを倒すとコインを1枚入手してしまうので注意。 さらに、ゴールした時も高さによってコインを得てしまいます。 一番低い位置でゴールしても1枚取得となるので、ゴールまでに所持してもよいコインは4枚までとなります。 簡単に5枚以下でクリアする方法 ミスするとコインが5枚減ります。 コインを10枚くらい取ってしまっても、ゴール直前の穴に何回か落ちて減らせば、5枚以下でクリアすることが可能です。 キノピオラリー: 3連勝 3回続けて勝利する必要がありますが、負けても「 もういちど」を選んで勝利すれば、そのまま連勝したことになります。 ラリーチケットが十分にあれば簡単に達成できるでしょう。 リミックス10: 1回でメダルを30枚以上 成功するまでチャレンジしましょう。 30枚取れなくても、ノーミスでクリアすれば2枚ボーナスで取得できるので、28枚取ればよいことになります。 また、スペシャルコース、シークレットコースには、いずれも5枚のメダルが配置されるので、それらが出現すれば達成しやすくなります。 まれに出現するレインボーコースには、50枚以上のメダルが配置されることもあります。 4-1: 60カウント以上残してクリア ゴールした時にタイムが60以上残っていることが条件。 ピンク、パープル、ブラックのうち、自分に合ったコースを選びましょう。 途中、2つのタイムブロックがあるので、確実に叩いて進むこと。 タイムが条件なので、コインなどは当然無視して進み、必要ならばガリガリにも体当たりして、ダメージ直後の無敵時間にすり抜けるようにしましょう。 上部のレンガブロックはタッチ連打で一気に上がるようにします。 大まかな目安としては、1つめのタイムブロックを叩いた直後に残りタイムが85、2つめのタイムブロックを叩いた直後に残りタイムが80くらいあるとよいでしょう。 また、最上部のドアを開けた時の残りタイムは、最低でも65になるように。 1-2: コイン400枚以上 非常に難しい条件と思われます。 ピンクでの達成方法の一例を紹介しますが、成功するまで何度も練習しましょう。 第1エリアでは、最初の壁の前で少し止まり、右から来る2体のクリボーを連続で踏んでから、上のコインがある縦の通路をカベキックしていきます。 コインを上部まで取ったら、いったん下段へ下りて右へ進み、矢印に触れてコインを出します。 すぐには土管へ入らず、最上部のピンクコインまですべて取ります。 ここまでで 72枚です。 第2エリアでは、途中のハテナブロックから5コインを確実に取ること。 ジャンプ台の上では、最上段の通路まで上がって、ピンクコインを必ず取り、その周りのコインもできるだけ多く取ります。 取り損ねたら、右の壁でカベキックして取りに戻ることもできます。 ここまでで 110枚くらいです。 第3エリアでは、最初の坂は下りきってクリボーをすべて倒し、そのまま下段の通路を通って、レンガブロックから出るスーパーキノコを取ります。 直後にシャボンを使って戻り、今度は坂からジャンプして上段の通路へ行き、スーパースターを取って、その右のピンクコインおよび周囲のコインを取ります。 さらに右の壁の最下部でカベキックし、左下のパックンフラワーも1体倒してから土管へ向かいます。 ここまでで 190枚くらいです。 第4エリアでは、最初のコインの固まりを残さず取り、坂からはジャンプして、右上のコインの固まりとピンクコインを取ります。 クリボーは無理に倒さなくてよいでしょう。 ここまでで 280枚くらいです。 第5エリアでは、コインを1枚も取り損ねないように進みます。 途中の縦の通路をカベキックで上がる時は、パックンフラワーに当たらないように注意。 ジャンプ台の手前まで進んだら、シャボンを使って下段の通路の左端(土管の段差があるところ)まで戻ります。 その後、下段の通路でクリボーを2体踏んでから、ジャンプ台手前のコイン15枚を取って土管へ向かいます。 ここまでで 334枚は必要です。 ゴールエリアでは、クリボー2体を踏んで(2枚)、矢印でコインを4枚出現させて取り、そしてゴールポールのてっぺん(10枚)でクリアします。 ピンクコイン5枚(50枚)と合わせて、合計400枚以上になれば達成となります。 4-2: クリボーを1体も倒さない ピンクでの達成方法の一例を紹介します。 ルイージやヨッシーやピーチならば、以下の方法を使わなくても簡単に達成できます。 最初の坂は難所ですが、滑って最初のクリボー手前からジャンプ+空中スピンし、最後尾のクリボーとその前のクリボーの間へ落ちれば、最後尾のクリボーをウマとびできます。 赤リングがある坂のクリボーは、赤リングの位置からジャンプ+空中スピンで越えられます。 ジャンプ台が2つずつあるところは、2つめの穴に わざと落ちること。 すると、その右から来る2体のクリボーが穴に落ちてくれます。 シャボンをすぐに割って走り出せば、安心して穴を飛び越えられます。 その後はしばらくクリボーのいない平地が続きますが、2つめの低い段差を上がった直後の坂にクリボーが出現するので注意。 段差を上がってすぐにジャンプして越えましょう。 最後の連続した空中坂道では、それぞれの左側面で何回かカベキックして、クリボーが足場から落ちるのを待つのがよいでしょう。 3つめの空中坂道にはクリボーが2体いるので注意。 カベキック中に踏んでしまいそうな時は、わざと転落してやり過ごす手もあります。 最後の空中坂道にはノコノコしかいないので、注意する必要はありません。 5-1: コイン300枚以上 ピンクでチャレンジする場合、下記4点を守れば、さほど難しくないでしょう。 スーパースターをすべて取る• ピンクコインをすべて取る• 途中の丸リフト地帯以外は常に最上段のルートを通る• ジャンプ台では必ずジャンプする 2-4: ハックンを20体以上倒す ピンクでの達成方法の一例を紹介します。 1つめの戦艦とその右の小さな足場で、合計3体のハックンを倒します。 2つめの戦艦では、まず高い足場へ上がって(手前の足場でハックンを踏み台にし、さらに弾を踏み台にする)、そこにいる4体のハックンをすべて倒します。 右下へ下りて狭い溝にいるハックン1体を倒したら、シャボンで戻って手前の1体も倒します。 3つめの戦艦では、まず上段の小さな足場を飛び渡っていき、スーパースターが出るハテナブロックの上のハックンまで(3体)倒したら、シャボンで戻り、下段にいるハックン1体も倒します。 また、その右の小さな足場にいるハックン1体も倒します。 4つめの戦艦では、上段ルートは無視して、下段ルートにいるハックン3体を確実に倒します。 5つめの戦艦では右端にいるハックン1体を倒します。 6つめの戦艦では真ん中にいるハックン1体を倒します。 その次の小さな足場では、右端にいるハックン1体を倒します。 最後に、土管手前にいるハックン1体を倒します。 これで合計21体のハックンを倒したことになります。 ノルマは20体なので、どれか1体は倒し損ねても大丈夫です。

次の

ファイアパックンにて

ハックン マリオ

マリオテニスエースに登場するボスパックンの特徴や立ち回り方を紹介していきます。 ボスパックン プレイスタイル パワー 特徴 メリット ・ 強打フラットが特殊仕様。 星マークの中でフラットを打たずとも、相手を少し後ろに押し出すことができる ・フラットでNICEサーブを出せば非常に強力なサーブを打てる ・打球の角度も良好で、フラットボレーも強い ・リーチが長め ・テクニカルショットの範囲も広く、扱いやすい デメリット ・ フラットでNICEサーブ以外のタイミングでサーブを打つと、非常に弱いサーブになる ・飛びついたときのスキが非常に大きい ・図体のわりにはリーチがなく、慣れないと飛びつきやすい ・足が遅い ・とにかく身体が大きく、視界を遮りがちなためブロックの難易度は高め 立ち回り このキャラの大きな特徴であるフラットサーブだが、 NICEサーブを出せなかったときのリスクが大きすぎるため基本的に封印推奨。 トップスピン・スライスでのサーブではGOODサーブでも弱くならないため、安定を取りたいのならこちらをオススメする。 基本的にはもう一つのボスパックンの強みであるフラットでのストローク勝負を押し付けていきたい。 むやみにチャージをせず、後ろでフラットをひたすら打ち込んでいく。 普通の強打フラットでも、相手を少し後ろに押しやることが可能なため相手に取ってはうっとうしいこと間違いなし。 そして、相手が崩れて甘い球が来たところにマックスチャージを打ち込んでやろう。 ボスパックンを使う上で一番気をつけたいのが飛びつかないこと。 ボスパックンは他キャラに比べればリーチは長いものの、その身体の大きさほどリーチが長くない。 そのため届きそうなボールでも飛びついてしまうことがよくある。 ボスパックンの飛びつきは大きく移動してしまう上、硬直時間も長い。 前で飛びついたときはかなり厳しい状況になるだろう。 ボスパックンを使う上で、Lボタンを利用したチャージキャンセルはぜひとも覚えておきたい。 ボスパックン対策 動きが遅く、飛びつきのスキが大きいためアングルショットでの揺さぶりが効果的。 左右に振って飛びつきを誘い、一気に攻め立てたい。 相手がフラットサーブを失敗し、遅い球が来ても油断禁物。 実はこのサーブに意外と角度がついていることがあり、飛びつきで返したり、最悪そのままサービスエースを決められてしまうことがある。 相手のサーブはよく見て返そう。 Lボタンを使用したチャージキャンセルも活用しよう。 失敗サーブは非常に遅いためチャージキャンセルは見てから間に合う。 そのほかのキャラクター情報.

次の