今日 も 今日 と て 意味。 ことわざ「明日の百より今日の五十」の意味と使い方:例文付き

「今日この頃」の意味と使い方、類語、英語表現、敬語として使える?

今日 も 今日 と て 意味

今日も今日とて 読み:きょうもきょうとて 今日もいつもと変わらず、同じであるという表現。 過去の時点と変わることがない様子。 「今日も今日とて」とは、いつもと変わらない様子を表しています。 特に 過去の時点と比較して、今日も変わらないという、過去と現時点を比較しているところに力点が置かれています。 おそらく多くの人が疑問に思うのは「今日も今日とて」の「とて」がどのような意味なのか、ということではないでしょうか。 普段会話するときや文章を書くときに「とて」なんて使いませんから、字面だけ見てもどのような意味なのか推測しにくいですよね。 そこで、次に「今日も今日とて」の「とて」の意味について解説します。 1-1.「とて」の意味は? 「とて」はもともと古文の中で使われていた表現で、以下に示すように、大きく分けると格助詞、接続助詞、係り助詞の3つの用法があります。 格助詞:引用を表す。 〜といって。 〜と思って。 接続助詞:打ち消し、反語。 あることが順当や予想に反することを表す。 〜といっても。 係り助詞:ある事実が、例外ではなく他の一般的な場合に含まれていることを表す。 〜だって。 〜でも。 「今日も今日とて」で使われている「とて」とは、係り助詞的な用法です。 、数学の勉強を毎日することを自分に課している人が「今日も今日とて数学を勉強した」と言ったとしましょう。 毎日数学の勉強をすることを自分に課しているわけですから、もし数学の勉強を休んだらその日は「例外的な日」だということになります。 したがって「今日も今日とて数学を勉強した」とは、今日という日を、「勉強を休むことで例外的な日にしていない」ということを表しているのです。• 2.「今日も今日とて」は良い意味?悪い意味? 「今日も今日とて」は、良い意味なのか悪い意味なのか疑問に思う人も多いです。 これまでも説明してきたように、「今日も今日とて」とは「今日もいつもと変わらない」といった意味なので、 この表現自体に良いも悪いニュアンスもありません。 とはいえ、「今日も今日とて」はポジティブな使い方もできればネガティブな使い方もできるので、次から具体的な例文で確認してみましょう。 3.「今日も今日とて」の使い方と例文 「今日も今日とて」の使い方を知るなら、実際の例文と一緒に確認すると理解しやすいです。 ポジティブな使い方とネガティブな使い方の両方をご紹介するので、ぜひ覚えてくださいね。• 類語や言い換え表現を知っておくと、「今日も今日とて」の使い方について理解するのに役立つはずです。 それでは、具体的な例文とともに確認していきます。 4-1.「明けても暮れても」 「明けても暮れても」とは、太陽が登ったり沈んだりする様子を表しています。 太陽が登ったり沈んだりするのは、毎日起こることを表現したもので、その意味だけ取り出せば「今日も今日とて」と変わりません。 ただ「今日も今日とて」と異なるのは、「明けても暮れても」とは、太陽が登ったり沈んだりする様子を表す比喩的な表現であるということです。 また、太陽が登ってから沈むまでという1日の中の出来事を表すことで、 1日中何かをしているという状態を表すのに向いている表現です。 例えば、以下のような例文が考えられます。 あの出来事があった後も、 代わり映えのしない日々を送っていた。 以前来た時と 代わり映えのしない景色が広がっていた。 代わり映えのしない日々を送っていたが、彼女と出会ってから毎日楽しくなった。 4-6.「ワンパターンな」 ワンパターンとは、英語の「one pattern」をカタカナにしたものです。 和製英語であるため、 英語にはこのような表現はないことに注意しましょう。 パターンとは「型」の意味なので、「型がひとつである」という意味が転じて、「同じ型が繰り返されている」という使い方がされています。 「今日も今日とて」のように毎日の繰り返し、日課といった時間的な継続のニュアンスはありません。 例えば以下のような例文が考えられます。

次の

【紫陽花や昨日の誠今日の嘘】俳句の季語や意味・表現技法・鑑賞文・作者など徹底解説!!

今日 も 今日 と て 意味

「今日も今日とて」の「とて」とは「と言って」を短縮した言い回しです。 元に直すと「今日も今日と言って」となります。 後半の「今日と言って」は「今日とは言っても」「今日は昨日とは違う新しい日だけども」という意味を暗に含んでいます。 この後に続く言葉を想像して付け足すと「今日とは言っても昨日と同じ」「今日は昨日とは違う新しい日ではあるけれど特に何も変わらない」というような内容になると推測されます。 さらに前半の「今日も」が「今日は」ではないことに注目して下さい。 話題にしている「今日」はこの日だけの話ではなく連続していることがわかります。 つまり後半で語られる「昨日と同じ今日」が繰り返し訪れていることを意味します。 「今日も今日とて」は「今日は昨日と違う日なのに特に変わりない。 こんな日がずっと続いている」という意味です。 変わらない日々を感慨深い気持ちを込めてつぶやく言葉といえます。 「今日も今日とて」の使い方は? 仕事・日課 「今日も今日とて」を使って仕事や日課を表現すると、仕方なくやっていることながら慣れ親しんだ安心感のようなものが伝わります。 ・今日も今日とて野良仕事 ・今日も今日とて得意先回り ・今日も今日とて風呂掃除 ・今日も今日とて草むしり ・今日も今日とて定刻上がり 日常の情景 自分や誰かの行動ではなく、日常当たり前のように訪れることを「今日も今日とて」として表現しています。 自然現象だったり生理現象だったりしますが、そこには喜びや悲しみはありません。 世の中や人生を諦めにも似た気持ちで受け入れている風情があります。 ・今日も今日とて腹が減る ・今日も今日とて雨が降る ・今日も今日とて朝が来る あまりない使い方 最近になって使われるようになった変わった使い方を紹介します。 見慣れない言葉を間違いと言ってしまうのは簡単ですが、現実に起こっている時代に伴う変化として見ていきましょう。 今日も今日とて君が好き 「今日も今日とて君が好き」は奇妙に聞こえるフレーズですが、「君が好き」という気持ちが毎日続いていることを伝えようとしていると推測できます。 「今日も今日とて」は元来人の心情や意識のあり方に対して使われる習慣はありませんでした。 そのため違和感を感じさせる文ですが、誤用と断じる根拠も希薄です。 最近の新しい使い方として定着するかどうか、見極める時間が必要でしょう。 「今日も今日とて綺麗だね」「今日も今日とてあの子は可愛い」などの使い方も同様で、「今日も今日とて」を他者への感想、評価に用いる方法はこれまでの使い方には見られません。 ここまで自由な使い方をされると不快感を感じる人も多く、「今日も今日とて」の最近の流行を快く思っていない人も存在します。 適切でない使い方 「今日も今日とて」の使い方が間違っています。 「ありがとう」はその瞬間に湧き上がる気持ちなので、「今日も今日とて」に続けて日常的に持続する感情として表現するのは適切とはいえません。 そもそも「今日も今日とて」と合わせると「ありがとう」が安っぽく聞こえます。 毎日感謝を伝えたいという意味ならもっとふさわしい表現方法があるはずです。 何でも「今日も今日とて」をつければいいというものではありません。 今日も今日とて新しくできたスイーツのお店を発見 これも「今日も今日とて」の使い方としては間違っています。 「今日も今日とて」はそうそうあり得ない珍しい体験に対して使う言葉ではありません。 仮に何度も繰り返した体験だとしても、「今日も今日とて」を使って凡庸な日常のひとコマにしてしまうより別の表現方法を使って希少性を強調すべきです。 今日も今日とて途中下車しておもしろそうな店を探す 文が長すぎて「今日も今日とて」が生かされていません。 「今日も今日とて」をふたつ以上の事柄にかける使い方はやぼったく感じられます。 「今日も今日とて途中下車」とか「今日も今日とて店探し」など一言でまとめる方が表現としてすっきりします。 文の形を崩したくないなら「今日も今日とて」を無理に使わず「今日もまた途中下車しておもしろそうな店を探す」とでもした方が自然です。 「今日も今日とて」は流行ってるの? 「今日も今日とて」は少し古臭い言い回しですが、現代でもときどき使われています。 映画や歌のタイトルに使われることもあります。 最近は特にブログのタイトルの中によく見かけるようになりました。 特にこれといって事件のない日常を扱うブログには都合のよい言葉だったことが理由でしょう。 ネット上で今のところ「今日も今日とて」は流行しているといえます。 ただし、意外性やインパクトを狙った言葉はあまり頻繁に使われていると早く飽きられる傾向にあります。 飽きられた言葉は時代遅れの言い回しとして誰も使わなくなります。 ネット上での「今日も今日とて」の流行の終焉もいずれやってくるでしょう。 ただしそれは不自然な言葉の氾濫がなくなるだけのことで、ただ以前の形に戻るに過ぎません。 「今日も今日とて」と似た言葉 「今日も今日とて」にはいくつか似た意味の言葉があります。 「今日も今日とて」ほど独特な味わいを持った言葉はありませんが、それぞれに使い道があります。 適用範囲の広い言葉や独特のニュアンスを持った言葉など、知っておくと便利な言葉をいくつか紹介します。 昨日と同じように 「昨日と同じように」は「今日も今日とて」と似た意味の言葉です。 そのまま置き換えて使うこともできます。 「今日も今日とて朝が来る」は「昨日と同じように朝が来る」としても意味に変わりはありません。 ただし文の印象はまるで違ってしまい、これといって含みのない単調な文になります。 単に事実を語るときはこちらを使った方がいいでしょう。 今日もまた 「今日もまた」も「今日も今日とて」と似た意味の言葉です。 「今日も今日とて朝が来る」は「今日もまた朝が来る」と言い換えても意味は変わりません。 「今日も今日とて」のように捻りもなくユーモラスな響きもありませんので、ビジネスの場であろうと深刻な場面であろうと使うことができます。 相変わらず 「相変わらず」も「今日も今日とて」と似た意味の言葉です。 いつも変わらず繰り返され、そのことにすっかり慣れてしまっている気持ちを匂わせます。 これが「相も変わらず」になるとややネガティブな意味になり、進歩のない様子やいつまで経っても成長しないさまを自嘲気味に表現する言葉になります。 他人に使うと蔑みを含んだ言葉となり非難めいて聞こえますので、使い方には気をつけましょう。 代わり映えしない 「代わり映えしない」は「今日も今日とて」と近い意味を持った言葉です。 「代わり映え」というのは前よりよくなるという意味ですが、その打ち消しで「前よりよくならない」という意味になります。 「今日も今日とて」が毎日変化のない状態をいうのに対して「代わり映えしない」は前より同じかそれ以下という意味ですので、よりネガティブな印象を与えます。 その点「相も変わらず」と似ている言葉です。 いつものように 「いつものように」も「今日も今日とて」と似た意味の言葉です。 特に何かの感情や気持ちがこもっている言葉ではないので、よい意味でも悪い意味でも使えます。 決まった色のない言葉なので後に続く言葉や文脈で印象は変化します。 普段どおり 「普段どおり」も「今日も今日とて」と似た意味の言葉です。 「今日も今日とて野良仕事」を「普段どおり野良仕事」と言い換えることができます。 「普段どおり」に言い換えると日常的すぎて無感覚になっているようにも感じられます。 ただ事実を述べるだけなら「普段どおり」としてもいいでしょう。 日常茶飯事 「日常茶飯事」も「今日も今日とて」と似た意味を持つ言葉です。 ただ使い方はちょっと違います。 「今日も今日とて朝帰り」を言い換えるとすると「朝帰りは日常茶飯事」となります。 よくあること、ありふれて新鮮味のないことという意味です。 「骨折なんか私にとっては日常茶飯事だ」とか「我が社にとって訴訟を起こされるのは日常茶飯事だ」というように、本来なら滅多にないことが常態化しているようなときに「日常茶飯事」と表現されることが多いです。 「今日も今日とて」と比べると「日常茶飯事」は日常からは遠い言葉であるといえます。 「今日も今日とて」は悪い意味? 「今日も今日とて」は後に続く言葉によって良い意味、悪い意味どちらにもなる言葉です。 ただ、大きくどちらかに傾くことはありません。 後に続くのがポジティブな言葉だったとしても、出だしが「今日も今日とて」だと何だか普通に聞こえます。 大きな喜びを表すフレーズにはなりえません。 また後に続くのがネガティブな言葉だとしても「今日も今日とて」と始まるとどこか滑稽な印象を与えます。 不幸を嘆きつつも日常のこととして受け入れていて、絶望的というほど暗い雰囲気にはなりません。 「今日も今日とて」はよい意味に使うにしろ悪い意味に使うにしろ、どちらも日常のよくあることとして表現します。 何でも普通のレベルに引き下げる言葉といえます。 「今日も今日とて」は一発勝負! 「今日も今日とて」は毎日同じように繰り返されるものを表現する言葉で、古典にも登場するほど古い言い回しです。 現代でも使われる言葉ですが一般的とはいえません。 ですからたまに使うと注目を集めることができます。 用途も広く、日々繰り返されることなら何にでもくっつけられます。 そのため最近ではブログのタイトルを始めとして流行といわれるほど使われるようになりました。 ただやみくもに使っていたのではこの言葉の魅力を生かせません。 イメージ重視で言葉の内容も気にせず乱発すれば不快な印象を与える可能性もあります。 「今日も今日とて」はうまく使えば独特の味わいを出せる言葉ですので、ポイントを絞り、ここぞというところで使いましょう。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

今日も今日とての意味 類語やいい換え表現 使い方と例文 英語表現

今日 も 今日 と て 意味

today; this day• 今日までに up to today• 今日の午後 this afternoon• 今日の新聞 today's newspaper• 来週[来年]の今日 this day next week [year]• 先週[昨年]の今日 a week [year] ago today• 今日から1週間 a week from today• 今日は何曜[何日]か What day of the week [month] is it today? 今日のことは一生忘れません I will never forget what happened today. 今日明日のうちに仕上げます I will finish it in 「a day or two [a couple of days]. 今日中にこの本を読み上げるよ I'll finish this book today. これが今日現在の志願者数だ This is the number of applicants as of today. 今日では女の子が十代で結婚することはほとんどない Nowadays few girls marry in their teens. インフレの今日 in these days of inflation• 今日の日本 Japan today/ present-day Japan• 今日の学生 students 「 of today [ these days]• 今日の日本女性の地位 the present status of Japanese women• コンピュータ時代の今日 in this age of computers 出典| プログレッシブ和英中辞典 第3版 について.

次の