赤 青 ジョーカー ズ ミッツ ァイル。 ナゲキストミッツァイル|karon|note

第6回名駅ラボデュエマCS(殿堂) 結果 / 名駅6F店の店舗ブログ

赤 青 ジョーカー ズ ミッツ ァイル

目次 はじめに こんにちは、ユーリです。 今回は突如CSに現れ、各地で結果を残している新デッキ、「赤緑ジョーカーズミッツァイル」を紹介したいと思います。 どんなデッキ? 《ツタンメカーネン》や 《ゴッド・ガヨンダム》、 《パッパラパーリ騎士》などのGRクリーチャーでリソースを伸ばせるカードを《BAKUOOONミッツァイル》で繰り返し使うことで山札を掘り切り、《単騎連射マグナム》と 《ジョジョジョ・マキシマム》のシールドトリガーをロックするカードを使い勝利するコンボデッキです。 が、GRの捲りが悪くリソースが続かない場合にも《BAKUOOONミッツァイル》のSA付与で殴りきるというビートダウンプランもあるため、コンボとビートダウンの2つの方向から攻めることができるデッキです。 各カード解説 今一番流行っている型のデッキリストを見ながら各カードの採用理由を紹介、また現在流行っている型には採用されていないながらも、一部のリストで採用されていたり、今後採用される可能性がある採用候補のカードについても紹介します。 採用カード 《ジョジョジョ・ジョーカーズ》 出典: 相手の攻撃を止めてくれるブロッカーのような能力を持ったGRクリーチャー。 攻撃を止める能力は優秀ですが、パワーが1000と低く 《ガチャダマン》のマッハファイター付与と相性が悪いため採用されないことも多いカードです。 改造案 カウンター型 このデッキはデッキの性質上序盤から出せるクリーチャーを多く採用しなければならないため受けが弱く、赤青レッドゾーンや赤単ブランドなどの攻撃的なデッキに弱い部分がありました。 ですので今回はその「受けが弱い」という弱点を補うようにデッキを改造しました。 【メインデッキ】 4 x ガチャダマン 2 x バングリッドX7 4 x ウォッシャ幾三 3 x 怒ピッチャコーチ 2 x ポクチンちん 2 x ジョジョジョ・マキシマム 4 x タイク・タイソンズ 2 x 花美師ハナコ 4 x 夢のジョー星 4 x BAKUOOON・ミッツァイル 1 x 単騎連射 マグナム 4 x マン・オブ・すて~る 4 x ムシ無視のんのん/灰になるほどヒート 【超GRゾーン】 2 x ツタンメカーネン 2 x The ジョラゴン・ガンマスター 2 x ヤッタレロボ 2 x ゴッド・ガヨンダム 2 x パッパラパーリ騎士 2 x バツトラの父 花美師ハナコなどの低コストジョーカーズを減らしてしまったため序盤の安定感は下がってしまいましたが、《ムシ無視のんのん/灰になるほどヒート》や 《マン・オブ・すて~る》を4枚ずつ採用することにより受けが強くなり、アグロ系統の攻撃的なデッキに対して「シールドトリガーで盤面を展開してカウンターする」という新しい勝ち筋を作り出すことができました。 対策案 アグロと除去 前述したように、デッキの性質上受けのカードを積みにくいためアグロ系統のデッキで攻めること、《BAKUOOONミッツァイル》で破壊するためのジョーカーズを盤面に残さない除去カードが有効です。 また、レッドゾーンデッキの《覇王る侵略ドレッドゾーン》はジョーカーズミッツァイルに強いアグロと除去の2つの要素を同時に持っているので赤緑ジョーカーズミッツァイルに対する強力なメタカードとなります。

次の

【デュエマ】安くて強いウェイボールデッキ!最短で4Tキル可能!?

赤 青 ジョーカー ズ ミッツ ァイル

> 大会入賞デッキ このページは、 ネクストワンカードボックス直営店で行われております、 デュエマCSの上位入賞レシピを紹介するページとなっております。 上位入賞のレシピを見る事で皆様の熱いデュエマライフを更に熱く、 そして 皆様の最強デッキを作成する手助けが出来れば幸いです!! 是非ご覧下さい!! ドロマーハンデスって? ドロマーとはMTGにおける『追放するものドロマー』が由来となっております。 デュエマでは、 光水闇の3色カラーでの組み合わせとなりますので、 ご存知で無い方がおられましたら、 明日からかっこよく 俺のデッキは『ドロマーハンデス』!! って言って下さい!! で、何故この3色カラーで固めるのかが一番重要視される部分です。 実はハンデスデッキを固めるに当たり、 青黒超次元というデッキは過去から存在しております。 踏み倒しで出てきたカードをいともたやすく処理する、 完全除去カード。 そして場とマナそれぞれの2枚以上あるカードを墓地に送れるため、 盤面を一気に破壊する事が可能になります。 序盤は、 特攻人形ジェニーやプレインタッチでハンデスをしつつ、 相手の動きを阻害しつつ相手の手札を枯渇させる。 中盤以降は、 盤面が整い次第、 超次元魔法からの一斉の攻めでサイキッククリーチャーを大量展開し フィニッシャーである超時空ストームG・XXに繋げる事で勝利をもぎ取ります。

次の

【デッキ】赤青ジョーカーズミッツァイル

赤 青 ジョーカー ズ ミッツ ァイル

こんばんわ ガチでヤバイのでヤバいです。 前回のこれ、しばらくvaultで回したんですけど、Nが相手助けまくりだったり、自分のハンドが足りなくてマンハッタンを活かせなかったり、プレイングかクソカスすぎてとても勝てませんでした。 いや全部僕が悪いんです本当にマジで。 というわけで阿呆でも使えるように改造しました。 プロジューサー最強!!!!!!!!!!!!!! どこで使ってもいつ発動しても強いです… 発売当日に見たときは微妙だと思ってたんですけど、「これは1000円しますわ…」って感じ。 出すとドロソになるしいいことしかないです。 あと、速攻がきついので、チェンジザを入れました。 速攻デッキって、2ターン目トリガーでマナクラとかじゃないと基本的に効かないんですよね。 僕の使い方が悪すぎる可能性もありますけど。 なんで、ライフから速攻チェン下撃って、ジューサーかウェイウェイに繋げることにしました。 「この構築だとフィニッシュが弱すぎるし、ミッツァイルがマナドライブしないで殴ってきたら終わりだろ。 なんで抜いたんや。 」 正直フィニッシュが弱いのはその通りなんですけど、縛るんじゃなくて並べるだけ並ばせてプチョやアストラゼーレで吹っ飛ばしたほうが強いなって思ったんですよ。 そのためのチェンジザ下です。 もし並べてこないならこっちが展開してやればいい話です。 プチョヘンザを素出し ほぼできない してもいいし、してもいいし、ハムカツ団手打ちして展開前の盤面消してもいい。 いくらでもやりようはあります。 あとみれぃ委員長を出せていれば完璧ですね。 これが立っているなら、 ドンドン打つべしナウで大体のデッキは止まります。 新しく採用したこのカードなんですが・・・ ネタ抜きでガチで強い 初手で引かないようにできる魔法なんか使えたら4投したいくらいの強さ。 みれぃにターゲットを集中させれば赤単はもちろんミッツァイル、赤青ファイア等の小型を使うビートは動けなくなります。 なるはずです。 「御嶺に使わないと弱いじゃん」 とも思うかもしれませんが、なんでもいいからクリーチャーさえあれば最悪1体止めくらいはできるんですよ。 チェンジザから唱えたら6000以下は実質攻撃で1ドローですからね。 それにラッキーナンバーで「1」なんで言う人いないでしょ。 とにかく使ってみて!!!本当に強いから!!! さて、ここからはマンハッタンを解雇したせいでネイチャーループに弱くなった点ですが 諦めました。 メルゲループならマナクラでメルゲとドッカンデイヤーを落とし続ければいつかは勝てます。 パラスラプトのやつはかなり厳しくなりました。 あれは1、2回じゃどうしようもないです。 しかし前の記事でも書きましたが、捨てる対面は捨てることが大事です。 ネイチャーループは微不利か五分くらいあればいいかなって感覚で見てますね。 以上!! 弱くなったフィニッシュは枠こじ開けてダンテでも積もう!!! DMyattenai0 どうもカスです 最近の環境はすごいですね。 場0から10体くらい並べてきます。 いやたまったもんじゃないが。 突然ループするかと思ってじーーーーーっと見てたら突然殴ってくるしマジで意味が分からん。 ダムドはどこ行ったんや。 GRが軽すぎてミクセルも効かないし、ループ相手だとそもそも効かない。 1ターンで揃えてくるから後からのメタ オリジャとか も全然刺さらん、どないせーーーーーーーーーーっちゅーねん。 そもそもコイツ コイツをはじめとしたマナドライブ集団 準備のために失った何もかもを元に戻したうえで倍にするようなこいつらが憎い… してもマナが溜まってたらもう終わりだなって気分になってきますよ。 しかしビートダウンであるならば盾でどうにでもなるのがのいいところ。 で終わり!!!!ガハハハハハハ!!!!!!!!俺の勝ち!なんで負けたか明日まで 激寒 ???「殴らないが?」 はい じゃあオーリリアで…笑 ???「wwwwww wwwwwwww」 だめだ。。。 オーリリアじゃループには勝てるけどループ以外に勝てねぇ。。。。 そもそもプロジューサー止められないし他対面じゃほとんど腐る。。。 結局捨てる対面は捨てることが大事ということがわかりました。 それではさようなら。 折角なんでレシピを置いておきます。 シャラップで墓地ソースをメタったり ステゴロプチョでジョーカーズをメタったり ビギビートで速攻マンハッタンキメてネイチャーとか黙らせたり しながらNで手札回復したりしてください。 は最強。 DMyattenai0 どうも、とうしつです。 前回の記事、沢山の方に読んでいただけたようで、心から嬉しく思います。 本当にありがとうございました。 調子乗って第二回です。 ただ、今回は前回のように環境にも突き刺さるわけでもないし、特に目新しいコンボもないです。 それだけは先に言っておきます。 さて、皆様は フェニックスはお好きでしょうか? 好きでしょうね、オタクだし。 オタクは絶対 フェニックス 好きなんですよ。 ファンデッカー様とかは毎日 フェニックスのデッキを考えているに 違いありません。 フェニックスとセックスって似てますね、フフ笑 僕も例に漏れずオタクなので フェニックスのことを頭の隅っこに 置いて生きてきました。 しかし、今の時代、進化素材なんて 2コストで消されます。 ダムドがいる現在なんて、 3体並べてさぁ行くぞ! ってところで全部消されます、ありえん。 しかも、不死鳥共はのおもちゃ、 古のカードなので進化素材のクセが 強いんですよね。 GRで代用できないとなると、 もう彼らを戦場に立たせることは 不可能。。。 !!!!!!!!!!!!!!!!! はい、前置きが長くなりましたが、 今回のデッキは 【ガチロボフェニックス】です。 1.ビッグバンアナスタシス 2.ペテルギウスファナルキャノン 3.ヴィーナスラセイントマザー 4.マーキュリーギガブ こんなんもうガチロボで種揃えろって言ってるようなもんでしょ。 というわけで、1枚1枚考えていきます。 ~第一章 アナスタシス~ なめてんのか 却下 いや、正直ニコルとか諸々入れてもいいんですよ、アナスタシスで出したら強いですからね。 でもそのアナスタシスが出なければ意味がないし、出せる構築にしなければそれこそ普通の8軸でいいんですよ。 つまりナシです、さよなら。 ~第二章 アナルキャノン~ カード出すまでもなく却下です。 メテオバーンできる気がしません。 出来るとしてもカードを探す気力も ありません。 申し訳ないけど最初からナシ。 さよなら。 ~第三章 ママ~ これはカードが強かったので割と ありだと思いました。 しかし、如何せんトリガーが薄い、 というか防御になりそうなのが無い。 マジで無い。 依存といってもいいです。 ナシ、とは言いませんが、スルー。 ~最終章 ギガブ~ ここまで読んでくださったまじめな読者さん、またはッカ・ジョニーさんはもうお気づきでしょうが、を考えてたのはこれだけでした。 実際、種族とコストで、一番カードが豊富だったんですよ。 とりあえずをどうぞ 進化素材対応種族だけで組めて 緑が 加速札含めて 12以上確保できて トリガーもある それがこの5軸だったんです。 ただの1ドローブロッカーとか、サーファーの下位互換みたいなのしかなかったんですけど、それでも盾に防御があるのは心強いですね。 そして何より、このカードが強すぎる。 そう、 トンプウです。 レッドゥルが出せるリキピ、それだけで強い、強すぎる。 オタクは絶対に「」という単語に弱いので言いますが、こいつはこのデッキに おいての塊なんですよ。 進化元になって、ガチロボをSAにできる、しかも5コストだから5軸にピッタリ。 素晴らしい…イク それと アド、こいつもかなり強いですよ。 ですよ、最悪ですね。 ギガブで呪文縛ってるのに、もしかしたらクリーチャーで出来たかもしれない、対戦相手様の未来を奪うとんでもないヤローです。 こっちはガチロボ出すために6マナありますからね、5軸なら何も痛くありません。 むしろ実質マナ回収みたいなところあります。 マーキュリー捲れなかったら最悪マナ払って出せと言わんばかりの効果。 ブロックされないのも地味に厄介です。 しかもアタックされないからマッハファイトもされません、ざまーみろ。 まぁ隣にいい的が並んでるんですがね。 とまぁ、お気に入りカードの紹介はこれくらいにして、採用カードの解説をしていきましょう。 上記3枚は省略します。 【ガチャンコ ガチロボ】 ありがとうグレートメカオー 【キング・シビレアシダケ】 強欲の王国でもいいです。 とりあえず3ターン目に絶対出したいカード。 【アクアPTA】 正直ジャッジに勝てるようなデッキではないんですけど、大量ドローが魅力的なので採用してます。 出たときだったら勝てなくても4枚積んでよかったなって感じはします。 【アクア・バースター】 効果はサーファーの下位互換なんですけど、5軸で種族縛りしてるこの窮屈なデッキでは貴重な除去トリガーです。 破壊しなくてもいいので、素材としても活躍できます。 【埋没のカルマ オリーブオイル】 墓地対策にもなるトリガーブロッカー。 こんなクソデッキで墓地ソースさんをキレさせることができる最強のカードです。 【アクア・ズ】 前に誰かが言ってたんですが、「最近数合わせのように出てる旧種族のトリガーブロッカーは、実は種族デッキにおいては非常に強い」という言葉があります。 全くその通りで、この単純なブロッカーと1ドローがありがたい。 【無頼電脳スプラッシュアックス】 色が出るから入れてます。 アドでなくなったマナを増やせたり、オリジャの圏外に出れたりするので弱くはないです。 【フェアリー・ギフト】 絶対に抜いてはいけない。 100%6軸みたいなのが出てきて、入れてない人が多くなってますが、僕はこのカードを抜く人種を絶対に許せません。 【超神星マーキュリー・ギガブ】 デュエマでをしようとする奴。 呪文3回無効で相手を黙らせます。 あの青魔道具すら止められるので、これが出せるなら,もしかすれば環境デッキにも勝てるのかもしれませんね。 しかし、これが出てるということは場が1体になっているはずなので、ドゥポイズで全て壊滅するのが非常に残念です。 さて、今回のデッキ、いかがだったでしょうか。 デュエマの知識がないと、こうやってガチロボに頼るしかできなくなります。 みんなは、こうならないようにね。 それはそれとして、このデッキ、そこそこ安く組めるので是非使ってみてください。 フェニックスを誰にも邪魔されずに出したいという欲望は満たされると思いますよ。 カードが売ってればの話だけどね ではまた。 どうも、はじめまして。 私、とうしつと申します。 デュエマやってないのにデュエマのデッキ作ってデュエマに文句言うゴミです、よろしくお願いします。 まぁそんなことはどうでもいいです。 早速デッキ紹介します。 今回のデッキは、環境にもワンチャンある超強いヤツです。 絶対強い。 その名も「ベイBミッッァイル」 GR、メイン共に非常に安いですね を除けば そんな安価デッキでありながら、環境デッキにも勝てる 速さと強さがあります。 強さを裏付けるこのカード、名を「ソイソイミー」といふ。 えっ、なんだこのカードは?なんでこんなバグカード刷った? と思ってたんですけど、なかなか使われてないこの1枚。 ベイBの力を借りることで2ターン目に効果が起動できます。 そんなの知ってるわいって人のほうが多そうですが、気持ち悪いので 絶対にイキってこないでくださいね。 さて、ベイBと言えばあのヤバード 「ベイBジャック」が属してたテーマ ですが、他のやつらは発売日の時点で全部ストレージにいた記憶があります。 カードはすべて1マナで、タップインで出る代わりにパワーが 4000以上である このテーマ、ソイソイミーとの相性は抜群、というよりこれと組む以外に ないんじゃないでしょうか。 デッキの動きはいたって簡単 1ターン目にベイBを出し 2ターン目にソイソイミーを出してGR そして3ターン目にGR含めた3体を破壊して 3マナミッツァイルにサンマ絡めて走って終わりです。 なんてスピードなんだ…あまりに早すぎる… え?そんなのグ銀河銀河でできるって? じゃあ高い金出してそっち組んだらいいと思います。 そっちのほうが強いし楽しいですよ。 ジョーカーズミッツァイルにも完全に劣ってます。 それではここからは、このデッキにしかできない動きを解説していきます。 そうでしょ そんな事故も、マナにサンマックスがいれば何とかなります。 この ベイBソーターというカード、素でWブレーを持っており、 3マナ払えば起きるので、ミッツァイルを確保できてない・確保できる確証が ないときは、こいつを起こして殴ります。 GRクリーチャー侵略サンマックスで3点、ソータで2点、ソイソイミーでダイレクト。 トリガー踏んだら止まりますが、一応3キル成立してます。 と思っていた僕は阿呆でした。 ルール以前のことを見落としていました。 はっきり言ってガイジ。 マナが足りてねーんだよ馬鹿野郎 皆様失礼いたしました。 この戦法は、「走りたいけど走れない」 そんな4ターン目の救済措置と置き換えてください。 つまるところこんな感じ 場に「D2B バブール」がいる状態でこれが起こるとマジでヤバイです。 4体破壊した時点で1マナなので1体残せるわけです。 ここで一旦バブールの効果を確認しましょう。 D2フィールドは事故要因だからと、最初から入れていないこのデッキ。 昔ならアンタップ不可!デッキコンセプト崩壊! とか言われてスクショされ晒されてたことでしょう。 しかし今の時代にはGRゾーンがあります 最高。 満を持してこのデッキの真の切札のご登場。 すべてのGRカードの頂点に立つ マシンガン・ 様 ベイBのアンタップは、すべてこの方やってくれます。 ミッツァイルが4回GRをし、その中にマシンガン・がいれば、 バブールが起き上がり全員Wブレーと化します。 ミッツァイルに至っては3点、サンマックスが誰かに侵略すれば4点、 3ターン目にして 最大15点の超絶火力! パワーも+5000されて、タゲ集中の戦慄ベートーベンやらドンヂャングル なども余裕で突破できます多分。 正直このコンボがこのデッキのすべて、このデッキを握る理由とも言えますね。 バブールがいなくても打点は足りてるので、遠慮なく殴っていきましょう。 では次に、各カードの採用理由について簡単にお話しします。 【ベイB各種】 画像は省略。 このデッキの核で、絶対に1ターン目に出したいカード達。 というよりこれが出せなければ本当に他のミサイルデッキの下位互換です。 【ソイソイミー】 画像は省略。 これもまた核。 条件付き系2コストGR召喚クリーチャーの中では 最も強いと思っています。 【ミッツァイル・サンマックス】 省略。 特に語るとこはありません。 強いです。 【 -BOON! 】 コストが軽い SAになれる 殴らなければ場に残せる 優秀すぎる1枚。 全除去トリガー等を踏んでしまった後、最後の一撃として使えたりします。 ワイラビが捲れてくれればソイソイミーを起動できるので そういった期待的なものも込めて採用しています。 GR召喚の試行回数を増やす 緑GRに乗ればソイソイミーの 効果起動に使える等の理由で入れています。 効果持ち2コスト緑オーラが他に出たら抜けるかもしれません。 【ガガガン・ジョーカーズ】 トレマでもよかったんですが、やっぱりミッツァイルがハンドに欲しいので 素直に採用です。 1マナだらけなので、これでミッツァイルが引ければ、1体何か召喚して なんとか3ターン目に走れます。 【禁断】 テック団の波壊Go! 対策です。 このデッキはミッツァイルを除く全員がバウンス対象 故に簡単に盤面が崩壊します。 そうなったら、もう禁断バルチュリスにすべてを託しましょう。 その他マグナムやバルチュリス等は説明いらないと思うので省略します。 いかがだったでしょうか。 先行取られてヴェルデとか、ジョッツァイルに先に走られるとかは 正直対策も何も考えてはいません。 速攻の世界には「ジャン負け後攻はプレミ」という言葉があります。 じゃんけんの練習をしておいてください。 速攻デッキなんて、それくらいでいいのです。 弱点だらけ、事故率高め等、課題はまだまだありますが 3ターン目15点の快感、是非皆様にも味わって頂きたい。 以上になります。 小学生並みに拙い見苦しい文章を、最後まで読んでいただいた 貴方に感謝。 そりではまた DMyattenai0.

次の