ブラック ニッカ ナイト クルーズ。 ブラックニッカナイトクルーズのレビューと評価、おすすめの飲み方

【限定!!ブラックニッカ ディープブレンド ナイトクルーズ】発売日や原酒・価格・味は?

ブラック ニッカ ナイト クルーズ

ナイトクルーズはヘビーピートモルトを採用 ナイトクルーズでは 10年以上熟成させた余市のヘビーピートモルト原酒を採用とのことです。 ディープブレンドに比べ更にピートという単語がちょこちょこ目にするので、ピート大好きな人は期待しちゃいますね。 ナイトクルーズのテイスティングノート 香 り やわらかなピート香とウッディな新樽の香り。 味わい 甘さの中に感じる樽由来のスパイシーさとほのかなスモーキーさ。 余 韻 香ばしいピート香と樽のビターさその後に現れるソルティなピートの余韻。 テイスティングノートからもピート香やスモーキーという単語がたくさん乗っているので、これはかなりピート押しの予感ですね。 まずはパッケージから! ラベルは黒ベースに青い月、そして船!かっこいい! ちなみにディープブレンドのボトルと比べるとこんな感じ。 実は今回のナイトクルーズのボトルは透明じゃなくて少し暗い色となっています。 旧ディープブレンドのボトルに似てますね。 個人的にはナイトクルーズという名前とラベルのデザインがかっこよくて好きです! ストレートで飲んでみる それでは早速ストレートで頂いてみます。 色は 結構濃い目の琥珀色って感じですね。 香りは ピートの香りがする!!この香りはまさに 余市ですね! そして ディープブレンドらしいウッド感もあります。 もうこの香りだけで期待値が上がりまくり。 味わいは バニラの甘みと 樽のスパイシー感、そして ピートの余韻があります。 正直、 めちゃめちゃ美味しい。 トワイスアップで飲んでみる 次はお水を加えていただきます。 加水することで、 香りがとても広がりました! しっかりとしたピートの香りが 華やかにそして、 フレッシュな果実感ある香りも顔を出してきます。 めっちゃいい香り! そして味わいもかなり スムースで飲みやすいです。 甘みやビターのバランスがとても良い、ピートの余韻もすこしもっさりしていたのが、 スッと抜けるようになってともていいバランス。 個人的には水を加えて飲むのが一番美味しく感じました。 ロックで飲んでみる 最後は氷を入れ、ロックでいただきます。 氷を加えても 香りがしっかりと残ってます!特に ウッド感が強く残ってる印象。 味わいは甘みやビターがしっかりと出ていて、滑らかで飲みやすいです。 ピート感はすこし薄らぎますが、ほんのり残る余韻がいい感じです。 意外とロックも美味しくいただけました! というかロックも普通におすすめ! まとめ:買って損は無いウイスキー という事で今回はブラックニッカナイトクルーズをレビューしてみました。 個人的に強く印象に残ったのがやっぱり 余市っぽいピート香ですね。 この香りはまさに余市って感じで、旧NA余市に似ている印象でした。 それでいて、ディープブレンドよりもアルコール感が薄く、滑らかなので 飲みやすいのにも驚きました。 ブラックニッカ限定シリーズの中でも一二を争う出来の良さだと思いました。 価格も2000円前後と めちゃめちゃコスパが良いのでトコログはもう1、2本ストックしておこうか悩み中です。 という事でめちゃめちゃオススメのブラックニッカディープブレンドナイトクルーズ! 本を片手にナイトクルーズで大人の夜を楽しんでみてはいかがでしょうか。 関連記事 関連記事 関連記事.

次の

ブラックニッカシリーズを勝手に飲み比べてレビュー!それぞれ個性のある4本!

ブラック ニッカ ナイト クルーズ

予定数量は10,000ケース。 10日には発表会を東京・丸の内KITTE 内「マルノウチリーディングスタイル」で開催。 同社洋酒・焼酎マーケティング部次長桐山修一氏が概略以下のように説明した。 桐山氏=ウイスキー市場が伸長する中、当社の「ブラックニッカ」は昨年も372万ケースを販売し、6年連続で最高売り上げを更新した。 ウイスキーの楽しみ方が広がる中、「ブラックニッカ」では今年も引き続き、ハイボール提案に加え、ハイボール以外の飲み方や飲用シーンを提案することでユーザー拡大を図る。 〈「ブラックニッカ ディープブレンド」はリニューアルが奏功〉 昨年9月には、「ブラックニッカ ディープブレンド」をリニューアルし、「食後」に「一人でゆっくり」「ロックで」と、ウイスキーの楽しみ方の幅を広げた。 結果、リニューアル後は8カ月連続、2桁増で伸長。 また、購入者数も大きく増えている。 リニューアルと同時に発売した同ブランド初の限定品「エクストラスイート」は、バニラのような甘い香りと厚みのある豊かな味わいが特徴だったが、令和初の新商品となる「ナイトクルーズ」は、「長く続くビターな余韻」「やわらかな燻香、心地よい潮風の余韻」が特徴。 パッケージデザインでは、青みがかった月と船影のイラストを描き、「夜の深みに旅に出る」というコンセプトを表現。 小売店頭では、ネックリンガーや、父の日の贈答需要用としてカートンも用意。 さらに通常品への誘因を狙ったポスターなどを展開する。 「ダ・ヴィンチ」では、17日より同誌のWebサイト内に「読書とウイスキー」をテーマとする特設サイトを立ち上げ、書評家が同品と楽しみたい本を紹介するほか、「ダ・ヴィンチ」と「ニッカウヰスキー」の各公式Twitter アカウントを通じて、「読書のくつろぎ時間にウイスキーをロックで楽しむ」という飲用シーンを提案する。 また、「マルノウチリーディングスタイル」では6月30日まで、書評家が選んだ「ナイトクルーズと楽しみたい本」コーナーや販促パネルを設置。 さらに、同品を一杯500円 ロックまたはハイボール で提供する。 酒類飲料日報 酒類に関する全ての情報が分かる日刊の専門紙 2006年9月に酒販免許が実質自由化されたことはご存知でしょうか。 お酒を購入する場所は「酒屋」からスーパーやコンビニに変わりました。 いま、売場だけでなくメーカーや卸売業者など酒類業界にも変革の波が一気におしよせています。 ビールメーカーはオープンプライスを導入したり、同業他社にM&Aを仕掛けたりと「横並び」と言われた業界構造が音を立てて崩れています。 末端小売6兆円という巨大な飲酒市場をめぐってビジネスに勝ち抜くためには日々の新鮮な情報が欠かせません。 情報力が企業の業績に直結する時代に、酒類業界のスタンダード紙である酒類飲料日報の購読を是非お奨めいたします。 創刊: 昭和42年(1967年)8月 発行: 週5日刊(土・日曜、祭日休み) 体裁: A4判 7~11ページ 主な読者: 官庁、団体、酒類メーカー、インポーター、商社、卸、小売、機器・資材関係など 発送: 東京、大阪の主要部は直配(当日朝配達)、その他地域は第3種郵便による配送 *希望によりFAX配信も行います(実費加算) 購読料: 3ヵ月=本体価格21,000円+税 6ヵ月=本体価格41,000円+税 1年=本体価格79,300円+税.

次の

api.rethinkrobotics.com: 【数量限定】ブラックニッカディープブレンドナイトクルーズ瓶 [ ウイスキー 日本 700ml ]: 食品・飲料・お酒

ブラック ニッカ ナイト クルーズ

「家で飲む」 今回は、5月末に期間限定で発売された 「ブラックニッカ ディープ ナイトクルーズ」を飲みたいと思います。 このブラックニッカの限定商品は、あの美味で有名なブレンダーズスピリットから始まり、前回のエクストラスイートと、毎回とても個性的なを出してくれています。 今回の特徴は、なんといっても「10年間熟成させたのヘビーピート」が入っている事。 個人的にスモーキーは好きなので、発売前から期待が膨らんでいました。 それでは、ストレートでレビューしたいと思います。 色は、ボトルに色が付いているので、グラスに注いだ時は少し薄いように感じてしまいます。 ただ、その色は色で綺麗です。 香りは、ハチミツ、ぶどう、パン、ラムレーズン。 アルコール感はあまりありません。 味は、微かにビターが来た直後に、甘さが口の中に広がります。 甘さが過ぎると、最後はビターな余韻で、その余韻もこの価格のジャパニーズにしては長く、を飲んだ際に感じられる余韻を感じられます。 口当たりも、なめらかでアルコールの辛さも抑えられており、ストレートでもスイスイ飲めてしまいます。 他のレビューも覗きましたが、アルコール感が強い等の評価もあり、好き嫌いなのか、商品のバラツキなのか、2極化している様です。 恐らくこのは、スモーキーが好きな人であれば、良さを感じられるのではないかと思います。 このはスモーキーよりもビターが強めですが 是非、皆さんもお試しあれ。

次の