えんほう相撲。 えんほうの学歴は?小学校・中学・高校・大学を調査!『櫻井有吉THE夜会』

炎鵬(えんほう)の兄弟の現在が話題?実家両親との関係も詳しく!

えんほう相撲

横綱白鵬(34)、大関貴景勝(22)が休場して主役不在となった大相撲夏場所(両国国技館)に、救世主が現れた。 新入幕の西前頭14枚目で、関取最軽量99キロの炎鵬(えんほう、24)=宮城野部屋=だ。 10日目を終えて7勝3敗、1914(大正3)年夏場所(10日制)の両国以来、105年ぶりの新入幕Vを射程圏内にとらえている。 平均体重163.9キロの幕内でなぜ勝てるのか、検証した。 土俵に上がると、本当に小さい」 敗れた169センチ、160キロの元関脇豊ノ島が、お手上げといった様子で振り返った。 炎鵬は立ち合いで一気に土俵際まで追い込まれたが、うまく回り込み、豊ノ島がついていけず前に落ちるのを横目に、右足1本で残した。 豊ノ島は「捕まえてからゆっくり出ればよかったけど、何とか押せる気がするから、前に出たくなる。 ひゅーっと行くと、(炎鵬が)下がるとわかっているけど、行きたくなる。 おじさんにはついていけないスピード」と脱帽した。 炎鵬には幕下、十両、幕内で4度対戦し全敗。 「何とか攻略しないと…バカにされたみたいに、コロコロやられてしまう」と苦虫をかみつぶした。 今場所十両の豊ノ島は、アキレス腱を断裂し幕下まで番付を下げたが、先場所16場所ぶりに幕内に復帰。 過去に殊勲賞、敢闘賞をともに3回、技能賞を4回、金星を4個獲得している実力者に舌を巻かせることからも、炎鵬の相撲巧者ぶりがわかる。

次の

炎鵬 晃 力士情報

えんほう相撲

土俵際、もはや絶体絶命。 私はただなす術もなく押し込まれる。 勝ち目のない勝負は諦めるのが賢明だ。 しかしそんな考え方は馬鹿げている。 今こそ自分を貫く時だ。 誰とも違う発想や工夫を駆使して戦え。 小さなものでも大きな相手に立ち向かえ。 それでも人々は無責任に言うだろう。 どうせ奇跡は起こらない。 わたしはその言葉を信じない。 大逆転は起こりうる。 同じ文章でもここまで違うなんて、文章とはすごいものだと思います。 「ひっくりかえせ」の意味が色々な意味にとれてとても深く感じられます。 炎鵬といえばとても体の小さい力士ですが、様々な工夫を凝らしてとても見ごたえのある相撲を取る力士としても有名です。 そこで炎鵬のプロフィールや経歴を見ていきましょう。 炎鵬のプロフィール 今回の広告モデルは なのね〜可愛いわ — けいけい keikeidoradora• 名前:炎鵬晃(えんほうあきら)• 本名:中村友哉• 生年月日:1994年10月18日• 出身地:石川県• 身長:168㎝• 体重:99㎏• 血液型:AB型• 大きな体の友達に相撲で勝ったことをきっかけに炎鵬の相撲人生は始まりました。 その後中学・高校・大学と相撲を続けて、就職活動をしている時に応募先からも相撲界入りを勧められたこともあって、卒業後に白鵬の内弟子として宮城野部屋に入門しました。 小さい体の力士でありながらも、初土俵では一番出世となったのです。 やはり素晴らしい才能の持ち主ですね。 その後もスピード出世を果たして今では角界では名物力士の1人となっています。 取り口としては「ひねり王子」という愛称で呼ばれるほど、捻りが得意であり、左右の区別なく捻りを繰り出します。 そして体は小さいながら相手に圧力をかけながら前に出る相撲を取ることで有名です。 身長167㎝という本当に小さい体ながらここまでの活躍をするには才能とものすごい努力と工夫があったに違いありません。 炎鵬が土俵に上がるととても闘志あふれていて盛り上がり、そのパフォーマンスでもとても存在感があります。 そんな炎鵬だからこと今回のCMがピッタリだったのではないでしょうか。 まとめ 今回は小さな力士炎鵬の出演する西武・そごうのCMについてご紹介してきました。 とても印象に残るCMでとても話題になっています。 例え条件が悪くても「自分は自分」と思って淡々と前へ進む炎鵬のように私たちも頑張れるといいですね。 今回は以上となります。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

炎鵬(えんほう)の出身と力士情報について!【魅力を解説】

えんほう相撲

炎鵬 えんほう の兄弟は?画像はある? イケメン力士として大人気の炎鵬。 小柄な体で大きな相手力士を投げ飛ばす姿に興奮しながら応援してる人も多いと思います。 そんな炎鵬に兄弟がいます。 イケメン炎鵬なので、兄弟もかっこいいのではないか・・?と非常に気になりますよね・・! 炎鵬は2人兄弟でお兄さんがいるそうです。 炎鵬のお兄さんも相撲をされていて、炎鵬が相撲を始めたきっかけはお兄さんからの影響だそうです! お兄さんは 炎鵬と比べてもかなり体が大きいですね! 実はお兄さんも相撲がかなり強かったようで、金沢学院東高校から金沢学院大学に進学して、相撲部で活躍をされていたそうです。 そして、 炎鵬も兄の後を追って、同じ金沢学院東高校と金沢学院大学へと進学し、同じ相撲部で一緒に汗も流していたとか。 お兄さんも相当相撲が強かったとの話なので、もしお兄さんも相撲界へ入っていたら若貴兄弟のように、兄弟そろって人気力士になっていたかもしれませんね・・! そんな お兄さんの現在は何をしてるのか?相撲に携わっているのか?と気になり調べてみたところ、、 どうやら炎鵬の お兄さんは、現在は北國新聞社に勤めているそうです。 道は違えど、兄に憧れて相撲を始めた炎鵬。 きっと今の炎鵬の活躍の裏には、お兄さんの存在も大きかったんでしょうね! お兄さんの現在は北國新聞社とのことなので、きっと炎鵬の活躍を地元の新聞社として大きく報じているんでしょうね^^ お兄さんからしても、炎鵬さんは誇らしい弟ですよね! 炎鵬 えんほう の兄弟以外の実家両親は?職業や画像は? 炎鵬の兄弟について調べてみましたが、炎鵬のご両親についても気になりますよね! 炎鵬の実家の家族構成を改めて調べてみると、• 父親:中村 進さん• 母親:中村由美子さん• 兄:中村文哉さん の4人家族だと分かりました。 炎鵬のご実家の父親の職業も調べてみたところ、何と、 父親も兄と同じく北國新聞社に勤めていることが分かりました! 炎鵬の父親と兄は同じ職場だったんですね! 父親も兄も地元の新聞社にいるなんて、、 きっと、金沢の英雄が大活躍しているさまを大きな記事で取り上げていらっしゃるんでしょうね^^ 母親の由美子さんは主婦をされている方だそうです^^ 炎鵬 えんほう 兄弟の幼少期は? 炎鵬が兄の影響を受けて相撲を始めたことをお伝えしましたが、 兄は幼少期から体が大きな少年だったそうです。 一方で、 炎鵬は子供の頃から体が小さく、地元の押野相撲スポーツ少年団でもまわりの子供たちより2まわりも小さな体だったそうですよ! それでも 「大きい子を倒すのが楽しかった!」と語っていた炎鵬。 体こそ小さくても、活発で元気も良く、また運動神経や相撲のセンスも並外れたものを持っていたことが伺えますよね! ちなみに炎鵬は 子供の頃は アイスクリームが大好きだったそうで、1日にアイスバーを5本も食べていたとか・・!! 朝ごはんもアイスクリームにするほどだったそうですよ(笑) 炎鵬というと、白米が嫌い、グミが嫌い、グリーンピースが嫌い、と好き嫌いがけっこうあるイメージがありますが、アイスクリームは大好きだったんですね^^ 炎鵬 えんほう 兄弟の学歴は?学生時代の成績も! 先ほど炎鵬とお兄さんの進学した学校をお伝えしましたが、改めて炎鵬の高校や大学など、学生時代の成績を振り返ってみます。 炎鵬の出身中学と高校、大学は、• 出身中学校:金沢市立西南部中学校• 出身高校:金沢学院東高校• 出身大学:金沢学院大学人間健康学部スポーツ健康学科 まずは中学時代の成績から見ていきます! 炎鵬はあんなに小柄な体格ではありますが、 中学3年生の時には全国都道府県中学生相撲選手権大会で石川県代表として団体優勝も果たしています・・! 小柄な炎鵬でしたが、中学生の時は厳しい稽古に、食事管理(ちゃんこ3杯、米3杯を毎日!)で、体を作る努力を続けていたそうです。 それにしても中学時代からすごい経歴ですね!やっぱり炎鵬、運動神経が相当なものなんでしょうね。。 小学生時代には相撲のほかに水球のキーパーもされていたそうですよ。 中学時代にすごい成績を残した炎鵬は、高校は兄と同じ金沢学院東高校へと進学します。 金沢学院東高校は相撲の名門高校ですが、高校時代にも炎鵬はすごい成績を残しています。 高校時代の成績としては、 3年生の時に、全日本ジュニア体重別選手権80㎏未満級優勝、世界ジュニア選手権軽量級優勝と、 世界大会でも優勝をしています・・ このころには地元では超有名人になっていたという炎鵬。 高校時代もやっぱり小柄な炎鵬は、稽古でぶつかる相手はいつも自分よりもすごく大きな相手ばかり。 そのため、高校時代に優勝した、軽量級の大会では無敵状態だったという逸話も残しています。 そして、 大学は金沢学院大学人間健康学部スポーツ健康学科に進学し、• 1年生:西日本学生相撲新人選手権大会で優勝• 2年生:世界相撲選手権大会の軽量級優勝• 3年生:世界相撲選手権大会の軽量級優勝(2連覇) などすごい成績をおさめ、タイトルを全部で10個以上獲得したそうです・・ 目覚ましい活躍をしていた炎鵬。 その後、炎鵬は大学時代に一度就職活動に入ります。 炎鵬 えんほう の相撲入りに実家両親や兄弟は?入門後の経歴も! 中学からのものすごい経歴を見てきたので、てっきり迷いなく相撲の道を選んだのかと思いきや、 実は炎鵬、学生時代の良い成績は軽量級ということもあり、 「自分は相撲界に通用するとは思わなかった」 と、大学卒業後に相撲の道に進むかを迷っていたそうです。 ですが、就職活動をしていた時に小松精練の面接で「経歴がすごいんだから相撲をしたほうがいい」と勧められたことや、 偶然白鵬のマネージャーから声がかかり宮城野部屋に稽古見学に訪れたことで、相撲界へ進むことを決意します。 というのも実は炎鵬は、 昔から 白鵬の大ファンで、白鵬のいる宮城野部屋を見学し、白鵬から直接声をかけてもらったこともあり、 金沢学院大学を卒業後、 平成29年3月に相撲界へ入門します。 そして、 初土俵となった2017年3月場所では、前相撲を取って一番出世をはたします。 そして、翌5月では序ノ口、7月を序二段、9月を三段目とすべての場所を全勝優勝で通過・・! 2018年3月には初土俵から所要6場所というスピードで、十両に昇進してしまいました・・! 炎鵬のこの記録は 史上最速タイという素晴らしいものでした・・! 炎鵬、すごいですね・・ 一時期は負け越して「幕下」に降格してしまった時期もありましたが、2018年9月場所で見事「十両」に復帰、2019年5月場所で「新入幕」まで果たしています。 相手選手によっては二回り近く体の大きさが違うようにも見える炎鵬が、見事に相手を倒すところなど、見ていて本当に爽快ですよね! 昔から自分より大きい人を倒すのが気持ちよかったと語る炎鵬。 「相撲を取って怖いと思ったのは、入門した頃に部屋の横綱である白鵬と相撲取った時だけである。 「炎鵬」は憧れの人白鵬が名付けてくれたものですが、「晃」は炎鵬自身が選んだ言葉です。 この 「晃」というのは、炎鵬が幼少期から相撲で一緒に競っていた先輩「北晃さん」からとったそうです。 炎鵬が慕っていた北晃さんは炎鵬さんが中学2年生の時にオートバイの事故で若くして亡くなってしまったそう。 炎鵬にとって相撲を教えてくれた、憧れの先輩でもある北晃さん。 憧れの先輩を忘れない、先輩の分まで相撲界で頑張るそんな炎鵬の温かい思いを感じました。 炎鵬と白鵬には兄弟以上の絆? 炎鵬の四股名には炎鵬が兄のように慕っていた先輩の名前が入っていることが分かりましたが、「炎鵬」という名前は白鵬がつけてくれた名前です。 白鵬が「炎鵬」という名前を付けた理由には 「上にいくと身体の差がある。 そこを勝ち抜いていくために気持ちで負けないで、常に燃えていくこと。 それで炎鵬にしました。 炎って珍しいでしょ。 」 という思いと込めているそう。 元々相撲界入りを迷っていた炎鵬に声をかけた白鵬。 炎鵬に対する期待も高いようで、炎鵬が十両昇進した時には、「5月場所までに110㎏に増やせ!」と増量命令も出したそうです。 やはり小柄な炎鵬がもっと上へ行くためには体重を増やすこと、体を大きくすることが必須なんでしょう。 白鵬のこの言葉は炎鵬なら上に行ける!という確信があるからこその言葉のようにも感じます。 実は 炎鵬はすごく小食力士としても知られています。 それでも憧れの白鵬から大相撲へ誘ってもらい、四股名までつけてもらい、増量命令まで出してもらい、、、 自分にとってのヒーローからそこまでされてしまったら、、頑張るしかないですよね・・そんな思いで炎鵬は日々稽古だけじゃなくて食事管理にも取り組んでいるそうです。 炎鵬は白鵬の内弟子にも当たると言われています。 内弟子というと、白鵬が将来的に親方として独立した時には同じ部屋に行くということですよね。 そんなことを考えると、炎鵬にとって白鵬は憧れの存在というだけじゃなくて、本当に兄弟以上の深い絆で結ばれているんだと思いました。 炎鵬の人気が止まらない!イケメン画像や動画が話題! とにかく大人気の炎鵬。 力士として土俵の上での姿はもちろんですが、テレビのバラエティ番組でも大人気ですよね。 そんな炎鵬のイケメン画像を集めてみました。 そんな炎鵬のこれからの活躍からも目が離せません! 炎鵬 えんほう プロフィール 四股名:炎鵬 晃(えんほう・あきら) 本名:中村 友哉(なかむら・ゆうや) 生年月日:平成6年10月18日(24才) 出身地:石川県金沢市 身長:169㎝ 体重:99㎏ 出身校:金沢学院東高ー金沢学院大学 所属部屋:宮城野部屋 好きな色:緑 趣味:寝ること 好きな食べ物:牡蠣、ウニ、アワビ 嫌いな食べ物:白米、グミ、レーズン、グリンピース、つぶあん あだ名:ユウヤ、ユウタン、ふんどし王子(高校時代)、ひねり王子(入門後) 公式ページ: 炎鵬 えんほう の兄弟の現在が話題?実家両親との関係も詳しく!まとめ 今回はイケメン力士として人気の炎鵬さんについて調べてみました! 炎鵬さんのご実家は石川県にあり、家族構成は、父親、母親、兄弟(兄1人)ということが分かりました。 実家の兄の影響で相撲を始めたという炎鵬さん。 現在、兄は地元の新聞社に勤めていることも分かりました。 実家の父親も同じ新聞社ということなので、きっと地元のスター炎鵬さんを、街をあげて応援しているんでしょうね^^ イケメン力士としてテレビにも引っ張りだこの炎鵬さん。 これからも応援していきたいと思います!.

次の