どっ こ から 最終 回。 どっこから(独孤伽羅)中国ドラマのあらすじやキャストは?最終回ネタバレも!

七つの大罪(アニメ版第1期)の第1話

どっ こ から 最終 回

「ラップブーム」火付け役... 新型コロナにレギュラーの逮捕 2015年から放送されている。 ラッパーらが即興ラップで試合(バトル)によりその腕前を競うという番組で、「ラップブーム」の火付け役ともされる。 20年4月14日の放送からは新型コロナウイルスの影響で「無観客」となり、お笑い芸人らがラップを教わるという番外編や、過去のバトルの再放送などを行っていた。 レギュラー出演のラッパーらが2人逮捕されたことでも話題となった。 18年1月には進行やナレーションを務めたUZIさんが、20年5月にはゲストのラッパーを毎週迎え撃つ「モンスター」や審査員を務めた「漢 a. a GAMI」さんが、それぞれ大麻取締法違反の疑いで逮捕されている。 テレビ朝日が公開している地上波の番組表などで、番組名の横に最終回を示す「終」がついていたことから、6月23日の深夜からツイッターの一部で話題となり、24日の夕方過ぎには「フリースタイルダンジョン」がトレンド入りとなった。 「最後の収録も出来ずに最終回か... 長く関わった身としては悲しいな」 モンスターや進行を務めてきたラッパーのサイプレス上野さんも24日の午後に 「フリースタイルダンジョン、最後の収録も出来ずに最終回か... 長く関わった身としては悲しいな」 と、「最後の収録」も行えないままの最終回をツイッターで惜しんだ。 テレビ朝日広報部によると、6月30日の放送で最終回を迎えることは事実とのこと。 また、担当者は「次の週からは新番組『フリースタイルティーチャー』が始まります」とコメントした。

次の

トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 16話(最終回)あらすじ コン・ユ 鬼

どっ こ から 最終 回

俳優の豊川悦司、常盤貴子が主演を務めたドラマ『愛していると言ってくれ』(TBS系/1995年)の2020年特別版第4弾がTBSにて21日に放送。 2人が魅せた美しい最終回に、視聴者からは「この最終回、何度見ても泣いてしまうわ…」「やっぱり何度見てもキュンキュンする」「素敵なラストシーンでした」といった投稿や、「トヨエツロス」「トヨエツが素敵すぎて現実に戻れない」といった声が相次いでいる。 聴覚障害を持った新進青年画家の晃次(豊川)と、アルバイトをしながら劇団で演技の勉強を続ける女優の卵・紘子(常盤)の言葉を超えた愛を描く。 21日に放送された特別版の第4弾は、10話「悲劇」、11話「別離」、12話「僕の声」を放送。 中でも紆余曲折を経た晃次が紘子の名前を声に出して叫ぶシーンが放送された第12話(最終回)は視聴率28. 1%を記録した「伝説の回」といっても過言ではない。 幼いころ友人にからかわれたことがトラウマで声を出すことが出来なくなっていた晃次は、この時はじめて「だから紘子が愛してると言ってくれと言われた時、言えなかった」と明かす。 そんな「名シーン」の連続の今回の放送に対し、SNSには「このドラマ今見ても全てがどストライク」「何度見ても切なくて泣ける」「永遠に好きなドラマ」と感動の声が殺到。 また、晃次を演じた豊川に対して、「ほんとトヨエツのかっこよさ爆発してるわ」「男も惚れる男前…」「豊悦さんの透き通った濁りのない瞳に心が洗われました」「トヨエツの指先から溢れ出る色気が半端なかった」といった声が数多く寄せられた。 また、1ヵ月に渡った再放送に、思わず「トヨエツロス」になってしまったファンも続出している。 さらに、豊川と常盤が作品について語り合う「リモート同窓会」のコーナーでは撮影当時、プライベートではあまり会話がなかったこと、常盤はこの作品で豊川から言われた一言がきっかけで女優として大きく成長できたこと、豊川は耳栓をして撮影に臨んでいた裏話などが明かされた。 こちらにも「シーンの説明、役作りについて聞いているのが楽しかった」との声が寄せられていた。

次の

『これは恋のはなし』のネタバレ| 最終回にグッとくる結末が待っている名作だ!

どっ こ から 最終 回

ウンタクに男性を紹介しようとする、ウンタクの友人弁護士に腹を立てるシン。 ウンタクの職場に行き、結婚することを公言するシンw 自分の結婚相手として、ドクファにウンタクを紹介するシン。 その投稿はラジオで読まれ、シンやワンヨもその放送を聞き、ソニが全てを覚えていたことに気付く。 ウンタクはソニを探すが、すでに引越しした後だった。 兄シンと一緒に幸せになることを祈るとウンタクにメッセージを残し、発ったソニ。 ワンヨを許せず、現世では一人になる選択をして姿を消すことにしたソニ。 歩道橋で待つソニを見つけるワンヨ。 最後に抱き合う二人。 ソニと別れたワンヨは悲しみ、食事も喉を通らない。 シンが居なかった9年間、寺で代わりに供養をしてくれたワンヨに礼を言うシン。 供養をしながら、自分自身の罪に向かい合っていたワンヨだった。 ワンヨは9年前から自分を避けていた女死神に会う。 その女死神も前世で自ら命を絶ち、罰として死神になったのだった。 後悔している。 女死神に、全て忘れて生きるように、自分自身を許すように話すワンヨ。 現れたウンタク叔母は幽霊だった。 幽霊になってウンタクに付きまとうようになる。 親しい幽霊のお姉さんが、危害を受けそうなウンタクを助ける。 そのウンタク叔母と一緒にあの世に行き、成仏することにした幽霊のお姉さん。 ワンヨから呼ばれ、名簿に載ったのかと思ったウンタク。 結婚祝いのブーケをウンタクにプレゼントするワンヨ。 蕎麦畑の中で、二人きりで結婚式を挙げるシンとウンタク。 そこに駆けつけて来て、涙を流すシン。 ちゃんと待っていて。 雨をたくさん降らせて人々を困らせないで。 悲しみの雨を降らせるシン。 月日が流れ、ワンヨの罪の長い償いは終わり、ワンヨが処理する最後の名簿がやって来た。 これが終わると、死神としての生が終わるワンヨ。 その最後の名簿にある名前は、68歳になったキム・ソン(ソニ)だった。

次の