虚式 茈。 五条悟の無下限呪術についての考察①|よしおのこころ|note

【呪術廻戦】闇落ちしたら最悪なキャラ・五条悟についてまとめ【考察】

虚式 茈

その表紙がこちら。 袈裟に身を包み取り込む前の呪霊を手に持った「最悪の呪詛師」・夏油傑が表紙を飾っています。 このエピソードを読んでからこの物語の前日譚である第0巻を読んでみると、またいろいろと違った見方ができるシーンもあって面白かったですよ。 今回の記事では、そんな『呪術廻戦』第9巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。 ネタバレを含みます。 ご注意ください。 スポンサーリンク 『呪術廻戦』第9巻を無料で読む方法! 文字だけでなく『呪術廻戦』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの 「31日間無料トライアル」をオススメしています。 以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むと マンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この 『呪術廻戦』第9巻を今すぐ無料で読むことができるんです。 気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。 気になる方はぜひ一度のぞいてみてください! では、さっそく第9巻の内容の方に入っていきましょう。 そして彼はそのままめった刺しにされて、最後には頭を刺されて地面に倒れてしまったのです。 その後、伏黒甚爾は夏油の後を追って星漿体の天内理子を銃殺、夏油の呪霊操術による強力な呪霊たちもあっさりと退け、夏油を倒した後天内理子の遺体を持って去っていきました。 それも容赦無く刀で切り付けていくので、読んでいる途中の絶望感は半端じゃなかったです。 五条悟が反転術式を会得し覚醒する! 天内理子の遺体を依頼主のところに運んだ伏黒甚爾を待っていたのは、なんと刺された頭や喉の致命傷を死に際で会得した 反転術式によって再生し回復した五条でした。 それを受けた伏黒甚爾は特級呪具を際限なく伸びる鎖とつなぎ、無下限呪術も「蒼」も「赫」もその「術式強制解除」の力で対処しようとするのですが、五条の力はそのさらに上を行っていました。 彼は順転と反転の2つの無限を衝突させることで生成される仮想の質量を押し出す 虚式「茈」によって、伏黒甚爾の右半身を抉り飛ばしてしまったのです。 その後、彼は最期の言葉に息子である伏黒恵を五条に託すようなことを言い、この一連の任務は幕を閉じました。 「さすがにやりすぎだろ…」と思わせられてからの五条復活にはかなり鳥肌が立ちましたね。 そしてそこから1年後、五条と夏油のこれまでの関係が崩れ去る出来事が起きます。 高専を裏切り呪詛師となった夏油傑の目的とは!? 上記の任務から1年が経った頃、夏油は様々な任務をこなしていく上で、もともと持っていた「呪術は非術師を守るためにある」という信念に疑問を持ち始めていました。 そんな時に、彼はとある任務で訪れた村で非術師に理不尽に虐げられ檻に入れられている2人の少女と出会います。 そして、それをきっかけにして彼の信念は完全に崩れ去り、なんと彼は その村の住民(非術師)112人を皆殺しにして逃走したのです。 全ては 呪霊の生まれない術師だけの世界を作るため。 前巻から続く過去編はここでおしまいです。 まとめ 個人的には今回の過去編で、五条先生の強さの秘密よりも夏油の抱えていた想いの方が印象に残りましたね。 これまでは得体の知れない呪詛師といった印象でしたが、この過去編を読んでからこれまでのエピソードを振り返ってみるとかなり見え方が違ってくるシーンもあると思います。 さて、この第9巻の最後では上記の過去編の後、京都校2年生の 究極メカ丸こと与幸吉が夏油達の 内通者 だったことが明らかになります。 彼はその見返りに真人の無為転変で五体不満足な体を直してもらうのですが、どうやら完全に夏油の仲間になったわけでは無いようですね。 というわけで、次巻は体の治った与幸吉と真人の激闘から幕を開けることになります。 〜追記〜 『呪術廻戦』10巻の感想記事 以下の記事に『呪術廻戦』第10巻の見どころをまとめています。 合わせてご覧ください。

次の

【呪術廻戦】五条悟の素顔やヘアバンドがすごい!プロフィールもチェック!

虚式 茈

概要 呪術高専東京校の教師。 日本に四人しか存在しない特級呪術師の一人。 呪術界御三家のひとつ・五条家の出身だが、保身や権力に塗れた呪術界上層部を嫌っており、強く聡い呪術師を育て、呪術界を変革させることを狙っている。 「教師なんて柄じゃない」と自らを評しながらも呪術高専で教鞭を取っているのは、その夢のため。 の一人・の子孫で、超遠縁だがは親戚にあたる。 術式情報を視認できる特殊な目「六眼」を持っており、基本的に戦闘時以外は目隠しで目元を覆っている(学生時代はサングラス、一年前の前日譚では白い包帯、現在は黒い目隠し。 現在でもオフはサングラスの場合もある)。 自他共に認める現代呪術界の「 最強の呪術師」であり、同じく特級に区分される呪霊を相手にしても全く底の見えない強さを誇る。 常軌を逸した才能は生まれつきで、幼い頃から億単位の賞金首として狙われており、彼が生まれてから呪霊が年々力を増すなど、世界の均衡が変わったと言われている。 の指を取り込んだことで秘匿死刑の決定したに関して、「宿儺の指を全部取り込ませてから殺すこと」を提案し、死刑に実質無期限の執行猶予を付けて、彼を東京校へ入学させた。 プロフィール 年齢 28歳 生年月日 身長 190cm以上ありそう 所属 東京都立呪術高等専門学校一年担任 等級 特級呪術師 好きな食べ物 イメージソング• 『未だ見ぬ明日に』• 『Shame On Me』 CV 人物 飄々として掴みどころがなく、意味不明な言動や無駄に良いノリで周りを振り回し、周囲からは馬鹿呼ばわりされているなど、強さの割に軽薄な振る舞いをしたがる。 自分のことを性格が悪いと評しており、事実相対した相手を煽り、怒らせるのが得意。 戦闘の際は極力一般人や格下呪術師を遠ざけるなど、犠牲を出さない配慮をしているが、任務達成のためにある程度の犠牲はやむを得ないとする冷酷さも持ち合わせている。 本人曰く。 頭を回すために甘いものをよく食べていたらそのまま甘党になった。 なんでもできてしまうため、なんでもはやらないようにしている。 責める程でもない微妙な遅刻をする癖がある。 女子校を訪れた際は女生徒に大騒ぎされ、女教師から電話番号を貰うほどの美形。 上層部の老人達が嫌いな反面、若い呪術師たちには期待を込めて接している。 そのため上層部の差金で虎杖が一時命を落としたときには、上層部の者を皆殺しにせんばかりの怒りを見せた。 学生時代は今以上に不遜な性格で、一般人から呪術師の活動を秘匿する手間や配慮も厭い、親友のから注意を受けていた。 なお当時は一人称「俺」であったが、夏油から目上の人に対して失礼であることと、年下にも怖がられてしまうと諭され、彼との別離後「僕」に矯正した。 しかし現在でも動揺したり、感情が高ぶると「俺」に戻ることがある。 対人関係 とは、彼が呪術界御三家のひとつ・禪院家に売られる筈だった計画を帳消しにし、将来彼が呪術師として働くことを担保に高専からの金銭援助を通した、いわば後見人のような関係。 彼とに対しては師弟のような関係性で、彼らに度々個別の課外授業を施している。 教え子たちから一定の信頼は得ているものの、普段の振舞いからか雑に扱われることも多い。 学長は学生時代の担任で、は同級生、は一学年後輩に当たる。 なお、家入からは「(夏油ともども)クズども」、七海からは「信用しているし信頼している、でも尊敬はしてません」と評されている。 とは共に高専で学んだ同級生で、「大丈夫でしょ、俺たち最強だし」といって憚らず、時折意見の相違から喧嘩しながらも仲良く二人でつるんでいた。 夏油は五条にとって「 たった一人の親友」であり、夏油との過去は五条が高専の教師を志すきっかけになる等、現在に至るまで多大な影響を及ぼしている。 本編の一年前にあたる前日譚にて、自らの手で夏油を殺した。 術式 五条家相伝の無下限呪術と六眼を併せ持って生まれた現代呪術界における最強の呪術師。 曰く、「五条悟は うん百年ぶりの無下限呪術と六眼の抱き合わせ」であり、によると「無下限呪術を持つ五条家の人間は他にもいるが、使いこなすには術式を視認できる六眼が必要不可欠で、現状それができるのは五条悟のみ」とのこと。 無下限呪術 むかげんじゅじゅつ 収束する無限級数を現実にする術式で、五条の周りには術式によって現実化させた「無限」があり、手で触れようとしても五条に近づく程遅くなり、打撃や術式による攻撃を当てることができない。 術式の応用で長距離を瞬間移動したり、自身の攻撃を目にも止まらぬ速度に加速することもできる。 作者曰く「条件が揃わなければできない」とのことで、普段は移動にこうした術式は使えず、新幹線や車を使っているとのこと。 使いこなすためには微細なコントロールと緻密な計算が必要な術式であり、常時発動は脳が負荷に耐え切れず焼き切れてしまうため、並大抵の術師には使用不可能だが、五条は反転術式(治療のようなもの)も同時に発動し続けることで脳を絶えず修復し、常時発動を可能としている。 術式順転「蒼」 じゅつしきじゅんてん あお 五条の無下限呪術の本来の術式。 「収束」(吸い込み)を現実に発生させ、小規模なブラックホールのようなものを自在に操ることで、人や物を移動させたり破壊したりする。 イメージとしては、空間を圧縮し、えぐり取るような技。 術式反転「赫」 じゅつしきはんてん あか 無下限呪術の術式反転。 「蒼」とは逆に、無限を「発散」させることで、対象物を弾き飛ばす爆破のような反応を発生させるという、回避不能の強烈な吹き飛ばし技。 虚式「茈」 きょしき むらさき 「蒼」と「赫」を合わせた複合術式。 本人曰く「少し乱暴」。 五条家の人間でもごく一部しか知らない術式であり、術式順転の「蒼」と反転の「赫」を掛け合わせる事で生まれる仮想の質量を押し出す技。 その威力は姉妹校交流戦の舞台となった森を広範囲に渡って地中深くまで削り取り、消滅させるほど。 領域展開• 無量空処 むりょうくうしょ 相手を無下限の内側に閉じ込め、無限回の知覚と伝達を強制する。 いわゆる「領域に引き入れた時点で勝ち」の領域であり、領域内に引き込まれた者は与えられる情報量に脳が耐えられず、領域内の滞在時間によっては廃人と化す。 余談 夏油との会話のなかでとについて話していたことから、『』を見ていたと思われる。 類い稀な能力を持ち作中最強のチートキャラである五条はからも「逆に何を持ち得ないのだ」と言われるほどだが、「五条悟が持ち得ないものは 性格」と作者にコメントされている。 女性読者の人気が高く、のチョコレート獲得数は第1位。 ので夏油傑と 祓ったれ本舗というのお笑いコンビを結成したが、昔懐かしい形式の公式ホームページで既に解散している事が判明する。 手の込んだであった。 関連イラスト pixivision• 2020-07-17 14:00:00• 2020-07-17 13:00:00• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-17 16:28:30• 2020-07-17 16:27:42• 2020-07-17 16:27:05• 2020-07-17 16:26:46• 2020-07-17 16:19:38 新しく作成された記事• 2020-07-17 15:48:54• 2020-07-17 15:31:40• 2020-07-17 15:10:51• 2020-07-17 15:05:21• 2020-07-17 14:59:35•

次の

呪術廻戦最強キャラランキングTOP5!人間と呪霊に分けて紹介!

虚式 茈

リンク 夏油が起こした事件について聞かされる五条さん 夜蛾さんから 「夏油が集落の人間を皆殺しにし、さらに両親まで手にかけた」と聞かされる五条さん。 つーか両親まで殺してるってなんなんや夏油。 行動が極端すぎるでしょ。 でも夏油が殺したってことは両親は非術師だったってことよね。 呪霊操術とか珍しい術式っぽいのに、 夏油家は別に術師の血統ではなかったのか…。 そういう場合ってどういうきっかけで術師は生まれるんだ? 特に理由なくポッと出てくるんだろかね。 そして場面は変わって新宿の喫煙エリア。 釘崎と同じような空気を感じるね タバコを吸う家入の元に犯罪者となった夏油が姿を現す。 そんで私服も真っ黒かよ 笑 家入も今までと特段変わらない感じで接し、冤罪の可能性や事件を起こした理由を尋ねる。 しかし夏油の 「術師だけの世界を作る」という返答に対し、まったく理解はできていない様子。 おもむろに携帯を取り出し、五条さんに連絡をいれる。 ドライすぎる気もするけどw しかし目でけえな。 涙ホクロもめっちゃ良い… そういや現代で内通者問題が解決してないけどさ、誰なんだろか? コレ見るとやっぱ家入も怪しいような気がしてくるんだよなあ。 でも九十九姉さんもクソ怪しいよね あ、九十九姉さんはほぼ高専にいないっぽいしこっち側の情報も知らないか? 冥冥も怪しいんだよなあ。 誰だ?? まさかのなんだけど、 九十九姉さんの繋がりから東堂が内通者ってオチはありえちゃうのかな、、、?夏油と九十九姉さんが繋がってて、そこから東堂が…みたいな。 もしそんなことになったら白目から戻れなくなりそうwww 顔を合わせる五条さんと夏油 家入と別れた黒尽くめ高身長の前に、もう一人の黒尽くめ高身長が。 しかしめっちゃ怒っとるな五条さん。 そりゃそうか 夏油に「術師だけの世界を作るなんて不可能。 できないことをセコセコすることには意味がない」と詰め寄る五条さん。 しかし夏油はそれに対して、 「傲慢だな」と返す。 つーか近しい人間が最強すぎて闇堕ちってまんま鬼滅の上弦壱さんじゃん 笑。 夏油も 「殺したければ殺せ、それには意味がある」というが、結局五条さんはできなかった。 しかし夏油との会話で見つけた一つの答えがあった。 これで後進の育成に力をいれはじめるワケね。 芥見先生、 最初からこの話の構成考えてたんスか?そうだとしたらスゴすぎませんか?? 行き当たりばったりだとしたら…それはそれでスゴすぎないスか??? 再び場面は変わり、旧盤星教の本部内。 村から助け出した美々子菜々子と一緒にいた夏油は、袈裟を着て坊主の方な格好をしていた。 ここから、集めた盤星教の幹部たちを相手に演説を始めます。 伏黒 父 から天内ちゃんを受け取った、なんかキモめのおでこしてるヤツね。 壇上に呼ばれ上がった園田茂は、案の定こうなります。 そして夏油がマイクを投げ捨て一言。 一重の細目キャラ好きな人惚れるやろコレ 非術師の猿どもは嫌いだけど、そうなった理由も、絶滅させようとさせる理由も夏油なりの正義からなのよなあ。 こんなん嫌いになんてなれねえよ。 五条さん、伏黒恵と出会う。 日本で裏道に入るとよく見るボロ屋。 そのあいだ高専の人間誰も伏黒に接触しなかったんか?母親はいないし、 伏黒ひとりで生きてたの??伏黒ならできそうな気がしないでもないけどw もし津美紀と二人で暮らしてた~っていっても、津美紀も伏黒のひとつ上だから結局金銭面困るだろうしどっちにしろ問題は残るよな。 まあ伏黒 父 の残した星漿体暗殺の報酬があったからイケたって考えればしっくり来るか。 小1でお金降ろしたり色んな支払いできるのかは疑問だけど… 笑。 あ、でも支払いに関しては伏黒 父 が全て引き落としで払ってたら余裕だな。 伏黒なら小1でもコンビニATMでお金降ろすくらいできそうだし。 ありえる…? いやもうコレ考えても意味ないヤツだなwww …ホントさあ、 伏黒周りの謎はやく解明してくれよ。 気になる うーむ。 それじゃ、井戸の中からは以上です。 おやすみ!トードでした.

次の