すね が 痒い。 足がかゆい:医師が考える原因と対処法|症状辞典

すねが乾燥してかゆみや湿疹が出るときの対策方法や治し方 病気の可能性は?

すね が 痒い

乾燥による足の白い粉やかゆみの原因と対策 空気が乾燥する寒い冬は、肌もカサついて乾燥してしまいますよね。 とくに足のすねは皮脂の分泌量が少ないので、体の中でも乾燥しやすくカサつきやすい場所です。 そのため、足のすねの乾燥対策を怠ると、カサカサに乾燥した肌から角質が剥がれ落ちて、白い粉がふいているようになってしまうのです。 また、白い粉がふいた肌は角質が剥がれ落ちているので、 肌のバリア機能が低下しています。 そのため、乾燥対策を怠って症状が悪化してしまえば、足のすねがひび割れたり、乾燥による痒みや炎症が起きてしまうことも。 さらに、痒くなって皮膚をかきむしってしまったら、湿疹や皮膚炎になってしまうこともあるのです。 足のすねに白い粉がでてしまうのを防ぐには、 肌が乾燥してきたと感じたら早めに保湿剤を塗って対策をすることが大切です。 冬が近づくと薬局には、乾燥肌用の保湿クリームなどがたくさん販売されていますよね その中でも保湿成分といえば、「ワセリン」「セラミド」「ヘパリン類似物質」「尿素」などがあります。 保湿成分配合の保湿剤ならどれも良さそうな気がしますが、白い粉がふいてしまった肌にオススメなのは、肌の保湿力を高める セラミドか ヘパリン類似物質が配合されたものです。 ワセリンは皮膚表面の水分蒸発を防ぐので、足のすねを今以上に乾燥させないために使用するのは有効ですが、乾燥肌を改善する効果はあまり得られません。 尿素は、足のかかとのように硬くガサガサした皮膚に効果的で、古い角質を溶かして柔らかくしてくれる働きがあります。 足のすねのガサガサとした肌の角質も溶かして柔らかくしてくれるので、短期間の利用はOKですが、 長期間の利用は避けた方が無難です。 なぜなら、尿素によって溶けて剥がれた角質の下には、新しい角質が生まれます。 尿素配合のクリームを塗り続けて新しい角質も尿素で溶かしてしまったら、肌のバリア機能が低下してしまい、かえって乾燥肌になってしまうことがあるからです。 保湿剤は自分の肌に合うもの選ぶことが大切ですので、いろいろ試してみてください。 毎日こまめに保湿剤を塗りこむことが、乾燥肌の改善につながります。 もし、足のすねにかゆみが出てしまった場合は、できるだけ掻くのを我慢して、かゆみを抑える成分の入ったクリームや塗り薬を使いましょう。 冷やすとかゆみを抑えることができるので、肌にやさしい化粧水を含ませたコットンで足のすねを冷やすのも効果的ですよ。 日常生活で気をつけたい!乾燥肌の予防法 足のすねの乾燥を予防するには、日常生活でも肌を乾燥させない対策をとりましょう。 入浴後はすぐに保湿。 足のすねを洗うときは、肌を刺激しないように 弱酸性や 乾燥肌用のボディーソープを よく泡立ててからやさしく洗いましょう。 足のすねはとくに皮脂の少ない部位なので、「 洗う回数を減らす」ことでも肌の乾燥を防げます。 洗う回数を減らせば肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうのを防ぐため、足のすねの乾燥がヒドイ場合は、1日おきに洗うなど対策をとってみてください。 また、熱いお風呂や長時間の入浴は、肌の角質層をふやかして保湿に必要な成分を洗い流してしまう原因になります。 入浴後は水分をしっかりタオルでふきとり、お肌が乾燥する前にすぐに保湿剤を塗ってくださいね。 そのため、エアコンは適切な温度設定にして、直接体に温風が当たらないようにしましょう。 こたつや電気毛布を使用するときには、温度を高くしすぎないように気をつけてください。 加湿器を使って部屋の湿度を適切に保つことも大切です。 そのため、肌を刺激する素材は避け、肌さわりのよいコットン素材などの衣類を選ぶようにしましょう。 しかし、体の水分不足は肌の乾燥の原因にもなるので、定期的に水分補給をして、体の内側からも乾燥しないように努めましょう。 関連記事 おわりに 足のすねの乾燥が悪化してしまうと、かゆくて掻きむしりたくなってしまいますよね。 炎症の症状が軽い場合は、薬局で売っている「かゆみをや炎症を抑える」タイプの薬を使って改善できる場合があります。 しかし、足のすねの炎症がひどくなって皮膚炎になってしまった場合は、皮膚科に行って治療した方が安心です。 そんな事態になる前に、肌の乾燥が気になりだしたら早めに足のすねのケアもしてみてくださいね。

次の

すねがかゆくなる4つ原因と病気!夏と冬によくある原因とは?

すね が 痒い

スポンサーリンク そうなってしまったすねに、ニベアやヴァセリン、オイルをぬったところであまり改善が見られず…。 本で調べてみると、乾燥状態の肌を掻き壊して、これはもう立派な「炎症性皮膚炎」だそうで。 皮膚科へ行こうかどうしようか? と考えていたくらいなんですが…。 私の場合は、なんとなく思いついて、スキンケアで顔につけている「メディプラスゲル」というオールインワンゲルをお風呂上りのすねにぬったところ、翌朝には「え?」というくらい改善し、ほんの2~3日つけているうちにみるみる治ってしまいました。 これにはほんとに驚きました。 「劇的な改善」とはこういうものかと…。 …なので、もし、掻いてしまってすねの皮膚がかさかさ、がさがさ、ごわごわ…になってしまった時、肌に優しいとされているゲルをつけるのもいいかもしれません。 あくまでも私の体験ではありますが、私の場合のメディプラスゲルのようにお手持ちのゲルが合えば、すぐにきれいに治る可能性もあるのでは? と思います。 お風呂上りに水を足から少しずつかけてクールダウンする。 それと同じで、身体の皮膚にとっても熱いお湯は注意が必要なんですね。 (ごしごしこすると皮脂やセラミドが流れてしまいやすく、そうなると肌のバリア機能が弱まる) そしてお風呂上りには時間を置かずに、水分と油分を補える乳液やクリームなどの保湿剤をたっぷりつけるケアが大切です。 去年の冬の「すねの痒みと炎症」の状態を今年は繰り返さないようにと思っているのですが、今年もやっぱりお風呂に入ると、あの痒さが襲ってきます。 私がこれは効果があるかも?と感じる「すねの痒みを掻かずに乗り切る方法」は、 痒くなってきたら掻かずに「揉む」ことです。 手の平全体を使って、優しく押すような揉むような…そんな対応でごまかしています。 そして お風呂から出たらすぐに保湿を。 今年はこれで、すねの痒みを乗り切ろう!と思っています。 掻くとほんとに気持ちいいんですけどね(笑)。 我慢我慢~。。 良く読まれている記事• - 313,425 views• - 297,291 views• - 268,589 views• - 263,244 views• - 132,812 views• - 122,009 views• - 104,029 views• - 97,782 views• - 90,463 views• - 87,542 views• カテゴリー• メタ情報•

次の

脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

すね が 痒い

すねがかゆくなる原因 乾燥:冬の時期になりやすい! すねにかゆみを感じる原因で一番多いのが乾燥です。 すねは皮下脂肪が少なく他の部位と比べて乾燥しやすいのです。 乾燥して肌内部の水分が減ってしまうと、それに伴い肌のバリア機能も低下してしまいます。 このように肌のバリア機能が低下している状態で外部から刺激を受けるとかゆみを感じてしまうのです。 特に冬は暖房の使用などで部屋の空気がとても乾燥していることが多いので注意しなければなりません。 また、かゆいからといってすねをかいてしまうと肌が傷ついて炎症を起こしてしまいます。 これによりさらに、かゆくなり、またかいて、さらにかゆくなり・・・という悪循環が起こってしまうのです。 なので、 すねにかゆみを感じてもできるだけかかないように意識することが大切です。 かゆみを抑える塗り薬やクリームなどを塗るのもいいですね。 また、患部を氷水などで冷やすことも効果的です。 冷やすことにより炎症作用が抑えられるのでかゆみもひいていきます。 このようにできるだけかかないように対処していきましょう。 ムダ毛処理によるダメージ カミソリや毛抜きなどですねのムダ毛処理をすると、肌にかなりのダメージが与えられています。 これにより肌が炎症を起こしてしまい、かゆみの元となるヒスタミンという成分がどんどん分泌されてしまうのです。 なので特に女性の方で、すねのムダ毛処理をするときは処理前後にしっかりとケアすることが大切です。 しっかりと専用のシェービングジェルを用意する• 毛を抜くときは蒸しタオルなどで、すねを温めて毛穴を広げる• 処理後は乳液やローションなどでしっかりと保湿する などムダ毛処理でできるだけ肌にダメージを与えないようにすることが、すねのかゆみを抑えるためには大切です。 虫刺され:夏の時期になりやすい! 虫刺されがかゆみの原因であることも考えられます。 特に虫に刺された記憶がなくても知らない間に蚊に刺されていたり、寝ている間にダニに噛まれたりということはよくあります。 虫刺されによるかゆみは夏の時期になりやすいので、6~9月は特に注意しましょう。 こちらで虫の種類別に虫刺されの対処法についてまとめていますのでぜひチェックしてみてください。 参考: アレルギー アレルギーといってもさまざまなアレルギーがあります。 例えば、• 蕁麻疹• アトピー性皮膚炎• かぶれ などです。 蕁麻疹についてはこちらの記事でさらに詳しくお伝えしていますので併せてご覧ください。 参考: すねがかゆいときに考えられる病気 特にすねのかゆみの原因に思い当たるふしがない場合は、なにか病気が影響している可能性があります。 ここでは代表的な2つの病気についてお伝えしていきます。 皮膚掻痒症(ひふそうようしょう) 皮膚掻痒症とは、皮膚に見える異常がないにもかかわらずかゆくなってしまう病気です。 特に入浴後やベッドに入ったときなど体が温まったときにかゆみが出やすいのが特徴です。 かゆみの程度としてはチクチクしたり、ムズムズしたりと幅広くあらわれます。 皮膚掻痒症が発症する原因としては、乾燥や皮膚の老化であることが多いです。 なので、ワセリンなどでしっかりと肌を保湿することで治療していきます。 糖尿病 意外かもしれませんが、糖尿病がすねのかゆみの原因となっていることもあります。 糖尿病を発症していると、皮膚炎などの感染症が急速に進行してしまうことが知られているのです。 この皮膚炎が原因でかゆみを感じてしまっているのです。 さらに糖尿病により免疫力が低下している状態で、すねを掻いて傷つけてしまうとそこから細菌が侵入し感染しやすくなってしまいます。 すねが赤くなっているときは、無意識のうちにひっかいてしまっている場合がありますので意識的にかくのを控えるようにしたいです。 このようにして起こる皮膚感染症に対処するためには、皮膚を清潔に保ったり、できるだけ皮膚に刺激を与えないようにすることが大切です。 まとめ 今回はすねがかゆくなってしまう原因や対処法、病気の可能性についてお伝えしました。 基本的には、肌の乾燥やダメージの蓄積が原因であることが多いです。 すねにもクリームを塗るなどしてしっかりと 皮膚のケアを日ごろからしておくことが大切ですね。 また足の甲も、すねと同様に皮下脂肪が少ないのでかゆみを感じることが多い部分です。 すねにかゆみを感じる方は足の甲もかゆくなることが多いです。 ぜひこちらもチェックしておきましょう。 参考:.

次の