お忙しいところありがとうございました。 「早速のご対応」は敬語?意味とメールでの使い方、読み方、英語表現を解説!

「早速のご対応」は敬語?意味とメールでの使い方、読み方、英語表現を解説!

お忙しいところありがとうございました

「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉を使ったことがありますか。 「ご配慮いただきありがとうございます」とは、ビジネスシーンだけでなく日常生活でもお礼のきもちを伝えるために使われる言葉です。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉の意味や使い方について、正しく理解しているでしょうか。 言葉は意味を正しく理解するだけではなく、正しい使い方を覚えることが大切です。 特に敬語は間違えて使ってしまうことで、相手に対して失礼になってしまったり、不快な思いをさせてしまったりする可能性があります。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉の意味と使い方について、くわしくご説明します。 「ご配慮いただきありがとうございます」の意味 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、お礼や感謝の気持ちを伝える意味があります。 「配慮(はいりょ)」という言葉は、想定するさまざまな場面の対処法を考えて行動することという意味があり、相手への心配りを示す言葉です。 「配慮」という言葉に「ご」をつけることによって、尊敬語となります。 「ありがとうございます」という言葉は、感謝を表す意味があります。 「ご配慮いただきありがとうございます」は、相手への心配りに感謝とお礼を伝える言葉です。 尊敬語とは 尊敬語とは、敬語の中のひとつで、目上の人に対して使う言葉です。 目上の人に対して失礼にならないように使ったり、相手を立てる時に使ったりする言葉です。 敬語にはそのほかに、謙譲語と丁寧語があります。 謙譲語とは、自分がへりくだって相手を立てる時に使う言葉です。 丁寧語とは、話を聞いている相手に対して丁寧に伝えるために使う言葉です。 尊敬語や謙譲語は、使い方を間違ってしまうことがあるため注意が必要です。 また、丁寧にしすぎてしまうことで、二重敬語にならないように気を付けましょう。 ビジネス ビジネスシーンで「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、感謝の気持ちを伝える時に使用されます。 「ご配慮いただきありがとうございます」は、目上の人に使う言葉のため、ビジネスシーンでは上司や先輩に感謝の気持ちを伝えるためにピッタリの言葉です。 また、「ご配慮いただきありがとうございます」は直接伝える方法のほかに、電話対応やメールでも使うことができます。 ビジネスは、人と人とのつながりで成り立っています。 思いやりや心配りができることは、相手を信用することにつながります。 相手の心遣いや気配りを受けた場合には「ご配慮いただきありがとうございます」と、しっかりお礼をいうことで関係が良好になるのではないでしょうか。 メール 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉をメールで使う場合には、「ご配慮」を「御配慮」と使うことがあります。 ビジネスではシーンに応じて、かしこまった表現を使うことをおすすめします。 「ご高配」 メールや手紙では、「ご高配を賜りありがとう」という言葉を使うことがあります。 「ご高配」とは、相手の自分に対する配慮という意味があります。 「ご高配を賜りありがとうございます」という言葉は、相手の自分に対する配慮に感謝の気持ちを伝える言葉です。 ビジネスシーンで多く使われる言葉として、覚えておくことをおすすめします。 「ご高配を賜りありがとうございます」という言葉は、目上の人や、ビジネスシーンでは取引先に対して使うことができます。 しかし、明らかに立場が下の人には使わないように注意しましょう。 「ご配慮いただきありがとうございます」の例文 「ご配慮いただきありがとうございます」の例文をご紹介します。 ・こちらの不手際にもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 ・先日はお忙しいところ、両親を案内していただき感謝しております。 両親の体調にご配慮いただきありがとうございます。 ・突然お伺いしたにもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 ・いつもご配慮いただきありがとうございます。 ・日頃よりご配慮いただきありがとうございます。 ・本来であれば、こちらから出向かなければならないところを、ご配慮いただきありがとうございます。 ・先日は体調不良で急にお休みをいただいたにもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 目上の人への使い方 目上の人には「お心配り」という言葉を使ってもよいでしょう。 「心配り」という言葉は、相手の心情を考慮して対応するという意味があります。 「お心配り」は、柔らかい表現の言葉のため、温かい印象を与えることができるでしょう。 「お心配りをしていただきありがとうございます」ということで、心情を考慮してもらったことに対して感謝の気持ちを伝えることができます。 お気遣い 「ご配慮いただきありがとうございます」という代わりに、「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉を使ってもよいでしょう。 「お気遣い」とは、相手の気持ちを考えて配慮するという意味があります。 「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に対して配慮してもらったことに対して感謝の気持ちを伝えるために使うことができます。 注意点 「お心配りをしていただきありがとうございます」や、「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に使うことができます。 また、柔らかい表現のため「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉よりも使いやすい場合もあるでしょう。 しかし、ビジネスシーンでは「お心配り」や「お気遣い」という言葉がふさわしくないと判断される場合もあります。 また、レポートなどを書く場合にもふさわしくないと判断される可能性があるため、判断がむずかしい場合には「ご配慮いただきありがとうございます」「ご配慮」という言葉を使うことをおすすめします。 ご配慮いただきありがとうございますを使おう 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉について、おわかりいただけたでしょうか。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に対して感謝の気持ちを伝えることができます。 ビジネスシーンでは、「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、上司や先輩に対して感謝の気持ちを伝えるだけではなく、取引先に対して使うことができます。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、「お心配りをしていただきありがとうございます」や「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉に言い換えることができます。 しかし、ビジネスシーンではふさわしくないと判断される場合があるため迷った場合には「ご配慮いただきありがとうございます」を使うことをおすすめします。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉に、感謝の気持ちを込めて使いましょう。

次の

素早い対応への感謝の表現「迅速な対応、ありがとうございました」の応用パターン

お忙しいところありがとうございました

「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉を使ったことがありますか。 「ご配慮いただきありがとうございます」とは、ビジネスシーンだけでなく日常生活でもお礼のきもちを伝えるために使われる言葉です。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉の意味や使い方について、正しく理解しているでしょうか。 言葉は意味を正しく理解するだけではなく、正しい使い方を覚えることが大切です。 特に敬語は間違えて使ってしまうことで、相手に対して失礼になってしまったり、不快な思いをさせてしまったりする可能性があります。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉の意味と使い方について、くわしくご説明します。 「ご配慮いただきありがとうございます」の意味 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、お礼や感謝の気持ちを伝える意味があります。 「配慮(はいりょ)」という言葉は、想定するさまざまな場面の対処法を考えて行動することという意味があり、相手への心配りを示す言葉です。 「配慮」という言葉に「ご」をつけることによって、尊敬語となります。 「ありがとうございます」という言葉は、感謝を表す意味があります。 「ご配慮いただきありがとうございます」は、相手への心配りに感謝とお礼を伝える言葉です。 尊敬語とは 尊敬語とは、敬語の中のひとつで、目上の人に対して使う言葉です。 目上の人に対して失礼にならないように使ったり、相手を立てる時に使ったりする言葉です。 敬語にはそのほかに、謙譲語と丁寧語があります。 謙譲語とは、自分がへりくだって相手を立てる時に使う言葉です。 丁寧語とは、話を聞いている相手に対して丁寧に伝えるために使う言葉です。 尊敬語や謙譲語は、使い方を間違ってしまうことがあるため注意が必要です。 また、丁寧にしすぎてしまうことで、二重敬語にならないように気を付けましょう。 ビジネス ビジネスシーンで「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、感謝の気持ちを伝える時に使用されます。 「ご配慮いただきありがとうございます」は、目上の人に使う言葉のため、ビジネスシーンでは上司や先輩に感謝の気持ちを伝えるためにピッタリの言葉です。 また、「ご配慮いただきありがとうございます」は直接伝える方法のほかに、電話対応やメールでも使うことができます。 ビジネスは、人と人とのつながりで成り立っています。 思いやりや心配りができることは、相手を信用することにつながります。 相手の心遣いや気配りを受けた場合には「ご配慮いただきありがとうございます」と、しっかりお礼をいうことで関係が良好になるのではないでしょうか。 メール 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉をメールで使う場合には、「ご配慮」を「御配慮」と使うことがあります。 ビジネスではシーンに応じて、かしこまった表現を使うことをおすすめします。 「ご高配」 メールや手紙では、「ご高配を賜りありがとう」という言葉を使うことがあります。 「ご高配」とは、相手の自分に対する配慮という意味があります。 「ご高配を賜りありがとうございます」という言葉は、相手の自分に対する配慮に感謝の気持ちを伝える言葉です。 ビジネスシーンで多く使われる言葉として、覚えておくことをおすすめします。 「ご高配を賜りありがとうございます」という言葉は、目上の人や、ビジネスシーンでは取引先に対して使うことができます。 しかし、明らかに立場が下の人には使わないように注意しましょう。 「ご配慮いただきありがとうございます」の例文 「ご配慮いただきありがとうございます」の例文をご紹介します。 ・こちらの不手際にもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 ・先日はお忙しいところ、両親を案内していただき感謝しております。 両親の体調にご配慮いただきありがとうございます。 ・突然お伺いしたにもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 ・いつもご配慮いただきありがとうございます。 ・日頃よりご配慮いただきありがとうございます。 ・本来であれば、こちらから出向かなければならないところを、ご配慮いただきありがとうございます。 ・先日は体調不良で急にお休みをいただいたにもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 目上の人への使い方 目上の人には「お心配り」という言葉を使ってもよいでしょう。 「心配り」という言葉は、相手の心情を考慮して対応するという意味があります。 「お心配り」は、柔らかい表現の言葉のため、温かい印象を与えることができるでしょう。 「お心配りをしていただきありがとうございます」ということで、心情を考慮してもらったことに対して感謝の気持ちを伝えることができます。 お気遣い 「ご配慮いただきありがとうございます」という代わりに、「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉を使ってもよいでしょう。 「お気遣い」とは、相手の気持ちを考えて配慮するという意味があります。 「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に対して配慮してもらったことに対して感謝の気持ちを伝えるために使うことができます。 注意点 「お心配りをしていただきありがとうございます」や、「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に使うことができます。 また、柔らかい表現のため「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉よりも使いやすい場合もあるでしょう。 しかし、ビジネスシーンでは「お心配り」や「お気遣い」という言葉がふさわしくないと判断される場合もあります。 また、レポートなどを書く場合にもふさわしくないと判断される可能性があるため、判断がむずかしい場合には「ご配慮いただきありがとうございます」「ご配慮」という言葉を使うことをおすすめします。 ご配慮いただきありがとうございますを使おう 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉について、おわかりいただけたでしょうか。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に対して感謝の気持ちを伝えることができます。 ビジネスシーンでは、「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、上司や先輩に対して感謝の気持ちを伝えるだけではなく、取引先に対して使うことができます。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、「お心配りをしていただきありがとうございます」や「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉に言い換えることができます。 しかし、ビジネスシーンではふさわしくないと判断される場合があるため迷った場合には「ご配慮いただきありがとうございます」を使うことをおすすめします。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉に、感謝の気持ちを込めて使いましょう。

次の

「ご配慮いただきありがとうございます」の意味と使い方・敬語

お忙しいところありがとうございました

」 先ず、敬語の使い方の誤用がありますので、訂正すると、下記のようになります。 」(「して」をトル) 先行回答のように「お~して」は、謙譲語の「お~する」の延長ですから、「して」を付けると、相手の「確認する」行為をへりくだることになり、失礼な言い方です。 ただし、自分が頼んでいない、相手の自発的な行為であった場合でも、目上の人の場合には「いただき」という表現もしばしば使われています。 ただし、相手の意志ではなく、自分 私 の都合で相手が行動するような場合は「くださる」は使えません。 【ご参考】 一般的に「ありがとう」の前にくるのは「~してくれる」です。 自宅を訪ねてきた友人に感謝の意を伝えたい場合、「来てもらってありがとう」と言うよりも、「来てくれてありがとう」と言うのが自然な言い方です。 最近の研究によれば、 《現代日本人が最も好む敬語がこの「いただく」だ。 「くださる」は「くれる」の尊敬語、「いただく」は「もらう」の謙譲語だが、「いただく」の使用頻度のほうがはるかに高い。 日本人はそんなに「もらう」のが好きなのか、と言いたくなるほどだ。 したがって目上の者 父 から目下の者 私 に物が手渡される場合、渡す側の目上の者 父 に視点をおけばその人物 父 を尊敬する「(父が私に)くださる」が使われ(尊敬語)、受け取る側の目下の者 私 に視点をおけばその人物 私 を低める「(私が父に)いただく」が使われます(謙譲語)。 間接的に敬意をあらわす謙譲語よりも、直接敬意を表す尊敬語のほうが、自然な表現なのです。 どちらも日本語会話表現としては間違いではありません。 ただしどちらも表現が冗長な印象を受けますので、お勧めは出来ません。 「お忙しい中、ご確認」と「お」「ご」を連続使用していること、さらに重ねて「いただき」と謙譲表現を使用していることがその原因です。 丁寧すぎる表現はくどく感じられます。 なお、「ご確認」という表現そのものは間違っていません。 自分の行動に対して用いることは誤りですが、「ご指導ください」など相手の行動に対して用いことは正しい用法です。 「いただく」「くださる」の違いは既出回答にある通り、自分目線か相手目線かの違いです。 どちらも敬語表現ですからお好みで使い分ければ問題ありません。 どちらがいいということもありません。 本題に入る前に「お忙しい中、ご確認して頂きありがとうございました」も「お忙しい中、ご確認して下さりありがとうございました」も間違い敬語です。 「ご確認して」は、「お/ご~する」型の謙譲語です。 相手の行為に謙譲語を使ってはいけません。 「して」を使うなら「ご」を外して「確認していただき」「確認してくださり」とするか、「ご」を使うなら「して」を使わず「ご確認いただき」「ご確認くださり」が正しい敬語表現です。 従って以降は、「ご確認いただき」と「ご確認くださり」として回答いたします。 「ご確認いただき」は、通常語(敬語でない言葉)では「確認してもらい」です。 従って、自分側からお願いして何かをしてもらった時には「~いただき」を使用するのが適切であるということになります。 一方の「ご確認くださり」は、「確認してくれて」ですから、主語は相手なので相手側に視点を置いた表現であり、相手への尊敬の意を主として表します。 従って、相手が進んで(=自主的に)何かをしてくれたときに使用するのが適切であるということになります。 以上が、「お/ご~いただき」と「お/ご~くださり」の意味と使い方ですが、これは厳密に言えばということであり、現在は、あまり気にしないで使われていますし、それが一般的に許容されています。

次の