男嫌い 結婚。 男嫌いだって恋愛したい! 男嫌いの原因と克服方法

男嫌いだけど結婚したい理由と男嫌いを克服する方法紹介|婚活のお作法

男嫌い 結婚

スポンサーリンク 男嫌いな女性の特徴と克服方法 いつも女性とばかり行動する 男嫌いな女性はとにかく、何をするにも女性と一緒です。 高校生の時とかに、 男性とほとんどしゃべらず女子ばかりとつるんでいたり、 男子が話しかけるとあからさまに嫌そうな顔をしたり、 男子と話している最中目を合わせようとしなかったり、 めんどくさそうな顔をしていたタイプの女性です。 こういう女性は、とにかく男性と話す隙を与えません。 女子会を除いた飲み会も苦手であることが多いですので、 男女混合の飲み会に参加しても、男性には近寄らず、女性とばかり話しています。 下ネタについていけない、大声で話す男性が苦手な人も男嫌いである場合が多いです。 むしろそのような話に嫌悪感があるのでますます男性には近寄りません。 男性に対してに気遣いのある女であることをアピールしているを売っている女性に対しては、 あの子は、なんであんなことしてるんだろ?と思う反面、 おかげで自分が男性に接する必要がなくなるからありがたいとも思っていたりします。 こういうタイプの男嫌いな女性は、 「女の子の中には怖い子も確かにいるけど、暴力的じゃないだけずっといい」 「女の子の方が自分のことを分かってくれるし楽しい!」 という思いがものすごく強いですので、 それを直したいとも思っていません。 中性的な男性、草食系な男性に出会えれば価値観が変わるのかもしれませんが、 そもそもそういう人と出会う場を持っていないことが多いです。 スポンサーリンク 昔、男性に嫌な目にあわされたことがある 小さい時に男の子にいじめられて男性が嫌になった。 亭主関白な父親を見て、男性に嫌悪感を持った。 精神年齢が低くて子供っぽいのがうっとおしい。 と考えている女性です。 そういう思いをした人は、過去の経験から男性に対していいイメージを持っていませんので、 男嫌いになりやすいです。 優しい男性に出会えば変わるのかもしれませんが、 自分から男性に近づいていかないので男嫌いなままです。 理想が高い 理想が高すぎて男嫌いなパターンの女性も、男嫌いであることが多いです。 かっこいいアイドルや、二次元の世界のイケメンキャラクターのような男性しか 素敵なものとみなせないタイプです。 しかし現実の世界の男性には、そんな人はなかなかいません。 自分の理想に届かないことが大半で、眼中に入りません。 すると、 「こんな人嫌だわ」 「こんな人と一緒にいるくらいなら一人で十分!」 と、自分から離れてしまうのです。 男嫌いもなおらず、男からも嫌われる最悪のパターンといえます。 スポンサーリンク 辛辣な男性の意見に嫌悪感を持ってしまっている 最近はインターネットが発達したせいか、 とにかく男性による女性叩きの意見を目にする機会が多くなりました。 「産休、育休する女は雇用すべきではない」 「女は25歳まで。 女の価値は若さで決まる」 「女は論理的にモノを考えることができないから困る」 「女性用車両に乗っている女はブサイクが多い」 スマホで少し検索をかけたらもう、言い出したらきりがないくらい女性へのバッシングにあふれています。 こんな意見ばかりを沢山目にしたことで、男嫌いになってしまったという女性は非常に多いのです。 無理もない気がします。 インターネットの意見がすべてではないですが、現代人はとにかくネットの意見をうのみにしやすいですから。 インターネットが発達した弊害ともいえるかもしれません。 男嫌いを克服するにはコミュニケーションを増やす 「男子とのコミュニケーションに慣れたい!」と強く願っても、学校や職場で自分から会話するチャンスって、オトコ嫌いなら上手に掴めないものではないでしょうか。 中には「私、男性への挨拶すら危ういわ…。 」なんていうシャイガールも多いはず。 合コンや飲み会では? 嫌でも会話する機会が生まれる! もし、飲み会に「オトコがいる」と聞いただけで「ごめん、無理」と断っているなら、その悪癖は改めた方がいいかも。 もちろん、すぐに結果が実を結ぶとは限りませんが、会話するチャンスが舞い込んで来たら、それを逃さないことはとても重要です。 何が運命の男性との恋につながるかは、誰にもわからないもの。 そのため、キッカケづくりのためにもなるべくお誘いは断らず、慣れるための練習だと思って参加するのがベスト! いきなり上手に会話しようとは思わず、まずは男性が近くにいるという雰囲気に慣れておきましょう。 そして私達は、自分とは違う存在に対する・・未知なる相手に対する恐怖を感じる側面も、もっているようです。 だからでしょうか。 私ならば、目の前にUFOがやってきて、宇宙人が降りてきたら、どう接して良いかわからないし、恐怖を感じてしまいそうです。 それでも、周りの人達から「宇宙人とも仲良くしないと!なにか、話してみたら?」と煽られると。 私は、なにを話して良いかわらず緊張するため、聞かれてもいないのに、とりあえず自分の興味ある地球の話ばかりしたり、してしまいそうです。 そして宇宙人から嫌われ、「やっぱり宇宙人って謎。 」と私は思うことになりそうです。 また、宇宙人から見れば、地球に住む私も宇宙人であり、私のことは宇宙人から「地球に住む宇宙人は謎。 」と思われるかもしれません。 出典 男嫌いな女性の特徴と克服方法 ・いつも女性とばかり行動する ・昔、男性に嫌な目にあわされたことがある ・理想が高い ・辛辣な男性の意見に嫌悪感を持ってしまっている ・男嫌いを克服するにはコミュニケーションを増やす ・男性を知ることで恐怖心は和らぐ いかがでしたか? おおっぴらには宣言しないので気づきにくいのですが、男嫌いな女性って意外と多くいるものです。 しかしそれは、まだ素敵な男性に出会った事がないからそうなっているだけともいえそうです。 もしも素敵な男性と出会えたら、男嫌いな女性も、きっと変われるかもしれませんね。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の

男嫌いな女性の特徴と克服方法6つ

男嫌い 結婚

男嫌いな男の心理 比べられたくない 男性が嫌いと感じている男性は、男っぽい人の要素がきっと嫌いなのでしょう。 だから、自分と比べて欲しくないと思っています。 違う点がたくさんあると安心できますが、共通点を見つけられると不満になります。 できたら、その男性像とは違う自分でいたいのでしょう。 体力や、性格で敵わない点があるから、それは比べられても勝負にならないのがわかっています。 もし比べられたら、はっきりとは言われなくても、自分の方が劣っていると言われそうなので、それも怖いのです。 自分とはかけ離れている 男嫌いな男性は、男っぽい人は自分とは離れた場所にいる存在だと思っています。 一緒に何かしているのが想像つきません。 実際に話してみると、なぜか仲良くなれることもあるのですが、話すまでお互いにきっかけが見つからずにいます。 男性は、本能的に自分の縄張りを作りたいので、お互いに受け入れられないと感じているのかもしれません。 でも、相手がどんな人柄は想像していても、確かめてみないと本当のところはどうなのかわからないですね。 苦手意識を一回よけて、コミュニケーションを取ってみると思いがけない発見があることでしょう。 気が合わない そもそも、距離を置いている相手は、自分と合わないと感じる相手ですね。 男嫌いな男性は、衝突するのがイヤだから、相手と離れているのでしょう。 相手が自分と似た思考回路なら、きっと好みの違いなどでぶつかるでしょう。 喧嘩してしまうので、面倒だから離れているというパターンがあります。 別のパターンは、自分の求めるものを相手が全く持っていない場合です。 どんな趣味の話をしても、好きな場所や、食べ物の嗜好さえ合わないと、話しかけるのさえ気が重くなりますね。 できれば、話す必要ができないように祈っているかもしれません。 少し羨ましい 自分と違う相手は、少し気になりますね。 決して相手のようにはなれませんが、自分に持っていない良いところが見えると、羨ましくなります。 最初は距離があっても、心の中ではお互いを意識するようになって、いつかきっかけがあったら、仲良くなれると良いですね。 どうしてもイヤだから相手が気になってしまうのは、実は相手のことが好きという可能性があります。 仲良くなることがないと決めつけ、嫌いだと思い込もうとしているのでしょう。 素直に良いと感じているところを相手に伝えられたら、一気に心の中のわだかまりが溶けて、仲良くなるかもしれません。 少しバカにしている 男嫌いという男性は、男らしい人をバカにしているのかもしれません。 「単純すぎる」「体ばかり先に動いて」と批判するかもしれません。 でも、批判しているのは、相手に興味があるのです。 目に見える部分では自分と違うようで、コンプレックスを感じることもあるかもしれませんが、親しくなったら、自分と似ている部分も見えてきて親近感が湧くでしょう。 相手を決めつけずに、素直に眺めてみるのも良いです。 積極的に声をかけに行かなくても、時間が距離を自然に縮めてくれるように、流れに任せても良いと思います。 同じ職場など、長い時間を一緒に過ごしていると、相手のことが嫌いな気持ちは意外と薄れてくることもあります。 慣れないから怖い 食わず嫌いは、食べ物ばかりではありません。 新しい習慣や、職場、人間関係など、慣れない場所に行くことは不安が最初はありませんか? 男嫌いも同じことが言えます。 あまり男性と接する機会がなかったら、同じ性別でも怖いと感じる男性はいるかもしれません。 それまで、子供でいた友達の群れから、少しずつ大人っぽく変化していく仲間を見るときも、違和感があるのでしょうか。 大人の男性はどういうものか、あまりわからなかったり、身近な大人達の姿が気に入らないと、男嫌いと感じてしまう人もいるでしょう。 身近な大人の男性が尊敬できないと、自分はそうはなりたくないと、抵抗を感じてしまうのです。 理解できない 男嫌いな男性は、一般的な男性社会が合わないと思っています。 女性の方が気が合うと感じる人もいるでしょう。 芸術家や、繊細な人の中には、性別をあまり意識しないで、自分は自分という存在でいたいと主張する人もいます。 彼らが苦手なのは、男らしくするようにと強制されることです。 誰のように振る舞ったとしても、自分に対する違和感があるでしょう。 それに、男らしくしなければいけない理由もわかりません。 男らしい人に、「男らしくない」と笑われるのも、バカにされているようで腹が立ちます。 自然体でいる自分を見て欲しいと感じているのではないでしょうか。

次の

男嫌いな女性の特徴

男嫌い 結婚

男性とひとくちに言ってもいろいろな人がいるのに、「男ってバカだから」「男って自分勝手」など男性をひとくくりとして扱うこと。 他にも、 ・感謝や尊敬ができない ・頼りなさを感じる ・女の方が優秀だと思う ・好かれると引いてしまう ・これだから男は……と思ってしまう など、当てはまる数が多いほど「男嫌い」のレベルは上がっていく。 これでは、良縁をつかみづらいし、人を好きになれないのも、仕方あるまい。 コーヒー嫌いが、1億円のコーヒーを目の前に出されても首を縦に振らないのと同じだ。 小学校でクラスの男子にいじめられた、過去にひどい失恋をしたなど、いろいろあるだろう。 それすら思い当たる節がないという人もいる。 複数の女性に話を聞くと、おおかた周りにいる男性との関係が悪いことが挙げられる。 たとえば、職場にいる男性たち。 つまり男性上司と仲が悪かったり、後輩男性に対して苛立ちが強いなど。 職場の男性が好きになれない。 それが毎日続けば「男は悪いもの。 自分に害を与えるもの」と刷り込まれるのも無理はないだろう。 それがエスカレートしてしまうと、この世のすべての男性が自分にとって害悪なのではないかと錯覚してしまう可能性もある。 男嫌いを脱却して、幸せなご縁を呼び込むにはどうすればいいか。 とにかく出会いの数を増やせばいい……というわけではない。 男嫌いなまま出会いを増やしても、結果は同じである。 コーヒー嫌いのスタバ通い。 疲弊して帰ってくるに違いない。 解決するには、まず周りにいる男性と仲良くなることから始めてみては。 「無理!」と突っぱねたくなった人もいるはず。 あのアブラ臭い上司を好きになれるか! 頭空っぽな後輩にやさしくするなんて100年たっても無理! なんて声が聞こえてくる。 男嫌いに男を好きになれと言うのは、運動神経ゼロの人に、オリンピックに出ろと言っているようなものかもしれない。 だからこそトレーニングが大切なのだ。 ここでは男嫌い脱却に近づく「筋トレ」を1つ紹介したい。 それは、通勤電車で向かいに座る男を、片っ端から無理やり褒めていくことである。 見た目を褒めるもよし、その人の長所を想像するもよし。 その際ネガティヴなワードは一切NG。 一見、無理めな人でも、このようにポジティブにとらえたい。 いいところが見つかりそうにない場合も、「ネクタイだけはおしゃれ」と小物を褒めてみてもいいだろう。 これを1日10人やるだけで違ってくる。 男性の嫌なところに目がいく前に、男性のいいところに注目できるようになる。 男性を好きになる力・恋愛力もみるみる蘇ってくる。 先のアブラ臭い上司でも「家族を養っている点は偉い」とか、頭空っぽな後輩でも「毎日会社に来ているだけで偉い」とか、好きな点を見つけてみよう。 そうやって、私も男嫌いを克服してきた。 男嫌いではなくなると、今までとは違う世界が待っている。 騙されたと思って、この筋トレを一定期間、試してみてほしいと思う。

次の