猫 の 避妊 手術 いくら。 野良猫の去勢・不妊手術の費用はいくらかかる?

室内飼いの猫の去勢や避妊手術はするべき?しないべき?

猫 の 避妊 手術 いくら

一つ目は 薬を使用して堕胎する方法。 二つ目は 手術にて子供ごと卵巣、子宮を摘出する 避妊手術と同じ といった方法になります。 妊娠発見時期がより早い場合は、薬による堕胎が可能です。 時期 猫の妊娠期間は63日〜65日程度と短いです。 しかも初期段階で妊娠の兆候に気づくためには猫の盛り時期から猫の体調変化などを観察しておく必要があります。 一般的に分娩する前までは中絶可能といわれていますが、妊娠後期になるにつれて猫自身への負担・手術の難易度は大変なものとなります。 後期になるほど体内の子供が大きくなるため、摘出するための傷口がより大きくなり、更に出血量が増え、輸血が必要になる、手術時間も長くなる、といった大きな負担があります。 2016-06-17 09:58 手術費用 一例として避妊手術費用が15,000~20,000円、追加料金が3,000~10,000円程。 薬での中絶の場合は手術より安く済むことが考えられます。 通院期間など 日帰り~1泊まで 中絶時期により異なります。 手術後数日はエリザベスカラーなどをつけ傷口の保護や安静が必要になります 場合により、痛み止めなどの薬の服用が必要なこともあります。 手術から10日前後に抜糸のため通院が必要になることもあります。 いずれ子猫が欲しいと思っている場合は、薬の場合はまた妊娠出産することが可能なのでその点はメリットです。 ただし、生まれてくる子猫すべてを何があっても、きちんと育てられる方のみ選べる手段です。 また里親としての引き取り手を確実に探すことができれば、この方法も良いかもしれません。 里親が猫の面倒を見きれなくなって返されてしまう可能性も0ではありませんので、里親募集の知識をシッカリと学んで、いい里親さんを見つけることが子猫の幸せにつながります。 引き取り手が見つからなければ、やはり自分で面倒を見る必要が出てくるのですが、猫の数が多くなると餌代や病院代など経済的負担も大きくなってきますので、覚悟することが必要です。

次の

猫の避妊手術・去勢手術の方法や流れと注意点 [猫] All About

猫 の 避妊 手術 いくら

野良猫を保護して去勢・不妊手術をしてあげよう。 と、言うは易く行うは難し。 捕獲も大変、お金もかかる。 それが何匹もいるものだから簡単には行かないというもの。 不妊・去勢の手術費は、なんとなく10,000円~30,000円程度かかるらしいけど、実際のところはどうなんでしょう?これまた動物病院によって手術の方法、サービスの違い、価格差があるから一概には言えなくて。 そんなところで、手術費の平均価格、手術の流れ、いくつかの動物病院での診療料金をまとめて実際のところの費用感を整理しました。 手術費用の平均価格 こちらは、公益社団法人日本獣医師会が公表しているデータがあります。 平成27年度調査 平成11年度調査 猫の去勢手術 12,652円 11,541円 猫の避妊手術(卵巣切除) 19,833円 18,496円 猫の避妊手術(卵巣子宮切除) 20,986円 — (中央値) 日本獣医師会「」 公益社団法人日本獣医師会 日本獣医師会「」 公益社団法人日本獣医師会 手術の流れ 去勢・不妊手術と言っても、実際に手術を行うとなったら、精巣、卵巣の摘出だけが手術ではありません。 手術前診療、血液検査、不妊の場合は入院等、健康状態によって麻酔リスクの判断や安全に手術が行えるように努めます。 各種検査(身体、血液、レントゲン、超音波)• 手術時、麻酔、点滴、鎮痛剤、の注射、投薬• 術後入院• 内服薬の処方 概ね、動物病院では以上のような検査と手術、術後のケアがあります。 (自治体により実施の有無、飼い猫、野良猫の扱いが異なります) 去勢・不妊手術を行うメリット、デメリット 去勢 メリット デメリット マーキングがなくなる(少なくなる) 手術の事故リスク 発情がなくなる(抑えられる) 太りやすくなる 性格が穏やかになる 縄張り意識が減り、喧嘩が少なくなる 不妊 メリット デメリット 発情がおこらない 手術の事故リスク 望まない妊娠を防げる 太りやすくなる 卵巣、子宮疾患の予防 手術が可能な月齢は、大体4ヵ月以降。 獣医師が健康状態や生育状態によって判断をされると思います。 以上になります。

次の

猫の避妊手術後の傷跡はどのくらい残る?

猫 の 避妊 手術 いくら

去勢(避妊)手術をした理由 猫の去勢は生後半年~1年の間が適していますが、我が家のオス猫は1歳3か月で去勢しました。 いまさら去勢をした理由は。。。 スプレーをし始めたから 朝起きて、ソファの脚を見ると 黄色い霧のようなものが。。。 我が家は犬も飼っているので、最初は犬がマーキングしたんだくらいに思ってました。 でも、よく考えると犬のマーキングは本当におしっこががっつりされますが、どうも霧状のおしっこなので、「これがスプレーかぁ」と妙に感心してしまいました。 猫のおしっこって、犬に比べて 匂いが強烈なんです!(私調べ) 泣く泣く今も臭いソファで過ごしてます。 性格が変わり始めたから すごくおっとりした甘えん坊のオス猫なのですが、何となく少し 凶暴になった気がします。 もう一匹猫がいるのですが、激しめのじゃれあいが増えこのままじゃいつかケンカになるかもと心配になりました。 去勢していないと 男性ホルモンの関係で、男らしくなるのが原因だったのかもしれません。 長生きしてほしいから 去勢をすることが長生きに直接つながるわけではないですが、 睾丸や前立腺系の病気にかかりにくくなるためです。 メス猫なら 子宮系や乳腺系の病気にかかりにくくなります。 一回の手術で病気のリスクを減らせるならと思い去勢手術に踏み切りました。 大事な猫には1分1秒でも長く生きて欲しいですよね。 助成金があったから 我が家の地域は猫の去勢の助成金はありませんでしたが、助成金があるということは 県が推奨しているということです。 きっと野良猫を増やさないための助成金でしょう。 今後、もし災害にあった時に我が家の猫が脱走して、去勢していなくて野良猫を増やす結果になった場合、その子猫たちが処分される可能性があります。 大切な命を消さないためには、産ませる予定がないのなら手術をしようと思いました。 下のサイトで全国の去勢や避妊手術に対する助成金が調べられます。 去勢(避妊)手術の注意点 手術のリスク ほとんどないと言われていますが、麻酔をかけて手術をするので、 麻酔から目が覚めないことや、手術が失敗になるリスクも0ではないです。 最悪の場合は去勢(避妊)手術で亡くなってしまう場合もあります。 手術をすると決めたら、最悪の覚悟はしましょう。 手術後は猫が冷たくなる 猫を騙して動物病院に連れて行ったのが原因か、手術の時に何か嫌な思いをしたのか分かりませんが、家に帰ってきてから猫が冷たくなりました。 今まではいつでも膝の上に乗ってきたのに、警戒されてました。 本人(本猫?)も何か思うことがあったのか、体の異変を感じているのかもしれません。 手術後はすぐに激しい運動はできれば避けたいので、 安静期間と割り切り放っておいてあげましょう。 我が家の猫は3日くらいで元の甘えんぼ猫に戻りました。 太りやすくなる ホルモンの関係で去勢(避妊)手術前と同じ食事量では太りやすくなります。 キャットフードで去勢(避妊)手術後専用のカロリーオフタイプも市販されているので、変えてあげましょう。 もちろん運動も必要ですので、手術後は何日か安静にしてから思いっきり遊んであげましょう。 猫のおもちゃはいろいろ出ていますが、羽タイプの猫じゃらしがどの猫も一番夢中になってくれます。 まとめ 去勢(避妊)手術をするかしないかは、飼い主の考え方次第です。 ただ、将来的な病気のリスクを考えると子供を産ませないなら去勢(避妊)手術をおすすめします。 こちらもあわせて読まれてます.

次の