ジョーカー yahoo 映画。 ジョーカー (映画)

「ジョーカー俳優」実は最初出演を渋ったワケ

ジョーカー yahoo 映画

動作環境 Android 4. 「App Store」ボタンを押すとiTunes (外部サイト)が起動します。 アプリケーションはiPhone、iPod touch、iPadまたはAndroidでご利用いただけます。 Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc. の登録商標です。 iPhone、iPod touch、iPadはApple Inc. の商標です。 iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 Copyright C 2020 Apple Inc. All rights reserved. Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。 スマートフォンでバーコードを読み取るには、専用のアプリケーションが必要です。 - - - 写真:アフロ Copyright C 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

次の

ジョーカーの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

ジョーカー yahoo 映画

「ハングオーバー」3部作のトッド・フィリップス、喜劇畑の職人監督という認識だったが、アメコミのヴィランを題材に、これほど深い人間洞察と確かな時代性とトリッキーな作劇を融合させた心理サスペンスを完成させるとは! 精神障害を持つ無名コメディアンが、ゴッサム市を恐怖と混乱に陥れるジョーカーになるまでを描く。 彼が憧れる喜劇人役にロバート・デ・ニーロ。 監督は「タクシードライバー」「キング・オブ・コメディ」の影響を公言しており、2作を鑑賞済みなら気づく点も多い。 実在の連続殺人犯ジョン・ゲイシー(幼少から障害に苦しみ、成人後に道化師の装いで大勢を殺害)の影響も。 序盤でアーサーの妄想癖が提示される。 最初は明示的だが、次第に妄想と現実が曖昧に。 その過程はまるで彼の狂気が映画の現実(と観客)を侵食していくかのよう。 終盤の暴動は格差社会で虐げられた人々の下剋上であり、トランプの時代に重なって映る。 人の頑張りは必ず報われる とか、純真な心を失わずに生きていれば必ず良いことが訪れる とか、そんなうまい話はなかなかありません。 多くの人は頑張って、品行正しく生活し、そのままなんの成功もできずに死んでいくのです。 このような現代道徳に反発するような映画は過去にもありましたが、大抵 主人公が負け犬に甘んじたまま終わってしまいます。 ところがこの映画では、どんなに足掻いても報われなかった男が最後は満面の笑みを浮かべています。 躍りながら階段を落ちていく彼の衣装はいつもよりも輝いていて、楽しそうです。 この時に流れる、rock'n roll part2 を歌っているのはゲイリー・グリッターで、彼は幼児虐待の罪で現在牢屋にいます。 虐待によって障害を負ったアーサーが虐待犯のゲイリーの曲で踊るというのは 実に"ジョーカー"らしいジョークです。 現代道徳に裏切られ、反発するという域を遥かに越えてそれを破壊し始める主人公像は、私がずっと求めていたものですが、それは同時に見たくないものでもありました。 だってこんなものを見せられたら、自分の努力が報われなかったとき、拳銃が欲しくなっちゃうじゃないですか。 ネタバレ! クリックして本文を読む とても有名なバッドマンも見たことないし ジョーカーって名前と見た目だけを知っていて 有名と話題ということで、よく分からず拝見しました! なんかわからないけど、なんかかっこよく見えます。 笑い出してしまう脳、精神の病気が原因で いろいろな場面に出くわし、人の悪い部分が すごく垣間見え、どんどん悪人と化してしまう 主人公のお話でした。 隣人とのやりとりがただの妄想の世界だった時は ぞわってしました。 お母さんと同じ病気でしたね。 自分を嘲笑ったりした人たちを 続々と人を殺し始めてしまうのに なぜか、その人なのか、俳優さんなのか 何かわかりませんが、どこか魅力的に見えてしまいました。 人を笑わせたいからピエロをして 人を笑顔にしていた人が、いつしか殺人犯。 階段のダンスのシーンが有名ってきいていて 見られてよかったです。 未犯罪の人が殺人を犯すまでの過程をみる作品でした。 狂気的で魅力的でなぜか引き込まれる作品でした。 見てよかったです。 そしてどこからどこまでが妄想でどこからどこまでが現実なのか、、、 ネタバレ! クリックして本文を読む バットマンの悪役ということを知らず、少し前に話題になってたなーくらいで鑑賞。 母親も自身も心の病気を抱えながら、最下層の生活をなんとかやっている。 アーサーは面白いわけでもないのに笑いだすという病気を抱え、それが原因で周りとうまくやっていけない。 ピエロをやっていたものの、銃を持っていたのが原因でクビ。 そこからさらに転落へ。 証券マン3人を殺し、銃を渡してきた元同僚を殺し、妄想の中で暮らしていた母を殺し、有名司会者を殺し、貧しい人たちの英雄となっていく。 抱えている病気もあって、シーンの中で妄想なのか現実なのかが分からないところがある。 フロアの隣人とのやりとりは妄想だったのか、はたまたその他のことも妄想だったのか、疑心暗鬼になってくる。 妄想であろうと、現実であろうと、裏切られ人を信じられなくなった時、その人は悪に染まってしまう。 しかも、ピエロのような仮面をかぶり笑いを装って。 そう考えると、じわじわと怖い作品に思えてくる。

次の

ジョーカー : 作品情報

ジョーカー yahoo 映画

主役を演じる俳優のホアキン・フェニックスは、出演オファーを受けた際、「役を受けるかどうか」迷ったという。 Ent. 映画は先週末、北米で10月の公開2週目成績としては史上最高の5500万ドルを売り上げた。 他国でも好調に売り上げを伸ばしており、世界興収は早くも5億5000万ドル弱に達している。 これは、ジョーカーを演じたホアキン・フェニックスの個人記録。 アカデミー賞候補入りもささやかれている今作が、フェニックスのキャリアにおける代表作となったのは、もはや疑いない。 最初は役を受けるか迷っていた しかし、フェニックスは、このオファーを受けたとき、すぐに承諾してはいない。 それどころか、相当に迷い、何度かトッド・フィリップス監督とミーティングを持った末に、決断を出している。 「自分にできるかわからなかったし、このキャラクターをどう理解していいのかわからなかった」(フェニックス)のが、理由だ。 一方で、フィリップス監督にとって、主人公のアーサー役はホアキン・フェニックス以外にいなかった。 特定の俳優をイメージして書くことは、その人がやってくれない場合を考えて避けたほうがいいのだが、彼はあえてそれをやっている。 「特定の人を思い浮かべずに書けるほど、僕はライター(脚本家)として優秀じゃないのでね」と、映画公開前の筆者とのインタビューで、フィリップス監督は、いかにもコメディ出身らしいユーモアを持って語った。 「第2候補は、いなかった。 もしホアキンに断られたらどうするかは、考えなかったな。 時間をかけて一生懸命書いたものを捨てたとは思わないけれども、さて、どうしただろう。 ホアキンを選んだのは、恐れを知らない役者だからだ。 彼は、中途半端なところで止まったりしない。 そんな人に徹底的にやらせたら、どうなるのか。 僕はそれを見てみたかった」.

次の