スチーム アイロン 使い方。 アイロンの使い方【スチームの効果】初心者向きのコツや注意点

アイロンのかけ方【スチームのコツ】上手な使い方と注意点

スチーム アイロン 使い方

もっとも一般的なのが ふだんのアイロンがけにスチーム機能をプラスする方法です。 アイロンのスチームが出るモードを選ぶだけなので取り入れるのはとっても簡単。 次の2つの使い方ができます。 ガンコなシワを伸ばす しわくちゃになったワイシャツなど、ガンコなシワがついている洋服はスチームを使ってていねいに伸ばしましょう。 コツは 「蒸気を含ませてからアイロンをかける」こと。 洋服から少し離してスチームを当て、その後アイロンがけすることでシワが伸びやすくなります。 折り目をつくる スラックスやシャツの袖など、ピシッと折り目をつけるのにもスチームが便利。 折り目にそってアイロン台にセットし、 ハンカチなどであて布をして、スチームをあてながらかけましょう。 折り目がずれないように数ヶ所をクリップなどでとめておくと上手に仕上がりますよ。 スチームアイロンの使い方|浮かしがけ スチームの蒸気は繊維に入り込んで内側からシワをやわらげる働きがあります。 次の2つの効果があり、洋服をさらにキレイに仕上げてくれます。 ニットをふんわりさせる ニットは洗濯するとどうしても縮んでしまいます。 そんなときは スチームをたっぷりとかけながら形を整え、平干ししましょう。 毛糸が温かい蒸気を含んでやわらかくなり、ふんわりと仕上がりますよ。 着用ジワがなくなる ズボンの膝部分やワンピースの腰回りなど、 着用ジワのつきやすい部分はスチームを浮かしがけして手で整え、ハンガーで吊っておけばキレイに伸ばせます。 蒸気は汗の臭いをとる力もあるので、脱いだついでに浮かしがけしておくと次に着用するときも快適ですよ。 スチームアイロンの注意|やってはいけないことは? スチームアイロンの使い方にはちょっとした注意点も。 アイロンを長持ちさせるためにも確認しておきましょう。 毎回満水までいれる タンク内の水が少量だと、うまくスチームがでません。 アイロンをかけたい服が少なくても、毎回満水までいれるとスチームが出やすくなります。 蒸気を出し過ぎない シワを伸ばしたいからとスチームをいっぱい出すのは要注意。 洋服がビショビショになるくらいに当てると火傷のおそれもあるので注意しましょう。 水は毎回交換する スチーム用の水は、 アイロンがけが終わったら熱いうちに捨ててタンク内を乾燥させること。 そして、使うときに満タンまでいれてください。 スチームアイロンの使い方を覚えて洋服をピシッと仕上げる.

次の

ハンガーにかけたまま使えるアイロン7選!移動や出張が多い人向け

スチーム アイロン 使い方

スチームアイロンの種類は2種類 一家に一台は必ずあると言えるほど、今や生活のマストアイテムになったアイロン。 昔主流だったのは「ドライアイロン」なのですが、最近の主流は蒸気を利用した 「スチームアイロン」です! そんなスチームアイロンですが、購入するときに知っておきたいポイントが! それは 「コードレスなのかどうか」です。 そんなこと、と思うかもしれませんが、コードがあるかないかで、スチームアイロンの性能も変わってくるのです! コードレスタイプの特徴 まずは「コードレスタイプ」の特徴から見ていきましょう。 メリット:手軽で自由 いわずもがな、メリットはこれ。 コードがないため、どんなかけ方をしても手に引っかかることはありません。 手軽に動いて使えるのが嬉しいポイントですよね! デメリット:熱が弱い 電気を溜めて使うため、どうしても電源があるコードありタイプよりは熱が弱くなります。 熱が弱いと頑固なシワは伸ばしきれないことも…! 全ての衣類に対応できるわけではないという点は、注意が必要ですね。 有線タイプ 次は「コードありの有線タイプ」です。 メリット:パワーが強い 先ほどのコードレスの反対ですね。 しわが強い場合も、コードありタイプであればしっかりとのばせるはずです! デメリット:移動ができない あたりまえですが、動きの自由さは間違いなく劣ってしまいますよね…。 機動力では間違いなく有線タイプに劣ってしまう点は、注意が必要です! 熱と力でシワを伸ばすドライ スチームではない、一般的なアイロンのモードが ドライ。 このアイロンが得意としているのは、 綿・麻やポリエステルなどの合成繊維です。 ドライは、 熱とアイロンをかけるときに入れる 力で物理的にシワを伸ばします。 その一方で、高温の熱と力でシワを伸ばすため、繊細な衣類の素材はそれに耐えられないものもあるので注意しましょう。 では、素材ごとにドライモードでアイロンをかけるときのポイントを紹介します。 綿・麻のシワをとるとき これらの素材は伸びにくく、シワもとりにくいためドライの出番です。 ただ、このシワをとるためには水分が必要です。 しかし、スチームの水分では細かすぎてしまうのです。 そこで、 霧吹きやアイロン用のシワ取り剤であるスムーザーなどを吹き付けてからドライでアイロンをかけると、効果が期待できますよ。 濡らしてから力を加えてドライで仕上げることできれいに仕上がります。 シルクのシワをとるとき シルクは 水分に弱いのでドライが適しています。 注意 シルクの場合は霧吹きなどで濡らしてしまうと、シミの原因となってしまいます。 合成繊維に用いるとき アクリル、ポリウレタン、ポリエステルをはじめとする合成繊維には、水分を含ませても特に効果はありません。 そのため、ドライでアイロンをかけます。 蒸気の力でシワを伸ばすスチーム スチームアイロンはその名の通り 蒸気でシワを伸ばすものです。 熱い蒸気を当てることで生地がシワになる前の元の状態に戻るため、ふんわり感が大事なセーターやニットには最適です。 こちらはスカートなどを 短時間で仕上げるのに適していて、蒸気には 防虫・防臭効果もあります。 スチームは素早くシワを伸ばせるので、 ドライの高温に耐えれない素材に効果的です。 スチームアイロンを使うのがおすすめの場面を紹介します。 セーターなどのウール素材に使うとき ドライアイロンを直接ウール素材に宛ててしまうと、毛並みがつぶれてしまいます。 力を直接かけずにアイロンを浮かしていても、スチームを浴びせることができるスチームアイロン。 ウール独特のふんわりとした雰囲気やかたちを崩すことなく、アイロンをかけることができます。 スカートやスラックスに折り目をつけたい時に シワは伸ばしたいけど折り目をつけたい。 そんな時もありますよね。 スチームアイロンは、スカートやスラックスなど、折り目がつくことできれいに仕上がるアイテムに適します。 折り目をつけたい部分に、 当て布で包んだアイロンをかけます。 薄手の綿製品にかける 薄手の綿製品とは、少しシワがついた状態でも着られるシワ加工のされた綿シャツなど、繊細なもの。 これらはスチームアイロンで、繊維を傷つけることなく、大まかなシワをとるのが最適です。 シワが気になる部分にスチームの蒸気を浴びせ、繊維を引っ張ることで伸ばします。 スチームアイロンの使い方 さて、ドライとスチームのそれぞれの得意分野が分かったところでスチームってどうやって使うの?という人。 いますよね。 せっかく家のアイロンにスチーム機能がついているなら正しく活用しましょう。 初めに2つ確認してほしいことがあります。 衣類のアイロン表示を確認する アイロンをかける前に衣類のアイロン表示を確認しましょう。 念のためにお伝えすると、アイロンの絵のマークの中に文字が書いてあるやつがアイロン表示です。 「中」や「高」であればそのままスチームを当てて大丈夫です。 当て布が必要な素材 スチームアイロンは、ハンガーにつるしたままで大丈夫なんです! と言いたいところですが、当て布をしてかけなければならない素材もあります。 アイロンをかけるときの当て布とは、 繊細な素材に直接熱が当たって傷めないために当てる布。 できれば熱に強い 綿100%で、下に置いている衣類が見やすいように 白い布がおすすめです。 次のような素材は、が当て布をしなければならない素材です。 ・ウール ・カシミヤ ・シルク ・レーヨン ・ポリエステル ・Tシャツのプリント部分 ・ニット ・ベルベット このような素材は、アイロン台において当て布をしてからかけましょう。 当て布は、素材を傷めないようにするだけでなく、衣類に付いたわずかな皮脂汚れが熱で焦げないようにするのにも効果があります。 スチームアイロンをかけよう それでは、スチームアイロンのかけ方を解説していきます。 しばらく乾かす スチームを当てたあとの衣類は水分を含んでいます。 しまう前、着る前には5分ほどそのまま置いて乾かしましょう。 注意すること2つ スチームアイロンをかけるときに注意してほしいことが2つあります。 これはドライにも共通することです。 素材によって耐えられる温度が決まっています。 その温度を越えると 生地を傷めてしまうのです。 耐熱温度を確認し、温度調節もしっかり行いましょう。 前に説明したアイロン表示も参考にしてくださいね。 アイロンそのものが禁止のものもあるので、そういった衣服には無理にアイロンをかけないように気を付けましょう。 使い切れなかった場合は、そのままにせず水道に流してしまいましょう。 というのも、アイロンに水分が残ったままだと水垢が溜まって目詰まりを起こしてしまいます。 アイロンを長く使い続けるためにも、気を付けたいポイントですね。 まとめ いかがでしたか。 アイロンってかなり面倒くさいですよね。 洗濯だけでも手間がかかるのに、その上アイロンなんて… でもやっぱり服を着るならシワのないものをパリッと着こなした方が 感じもいいしキレイですよね。 せっかくのスチーム機能。 使わないのはもったいないですよね。 家を出る前の少しの時間でアイロンをかける習慣をつくりましょう。

次の

スチームアイロンの使い方|シャツをパリッとさせるやり方は?

スチーム アイロン 使い方

もっとも一般的なのが ふだんのアイロンがけにスチーム機能をプラスする方法です。 アイロンのスチームが出るモードを選ぶだけなので取り入れるのはとっても簡単。 次の2つの使い方ができます。 ガンコなシワを伸ばす しわくちゃになったワイシャツなど、ガンコなシワがついている洋服はスチームを使ってていねいに伸ばしましょう。 コツは 「蒸気を含ませてからアイロンをかける」こと。 洋服から少し離してスチームを当て、その後アイロンがけすることでシワが伸びやすくなります。 折り目をつくる スラックスやシャツの袖など、ピシッと折り目をつけるのにもスチームが便利。 折り目にそってアイロン台にセットし、 ハンカチなどであて布をして、スチームをあてながらかけましょう。 折り目がずれないように数ヶ所をクリップなどでとめておくと上手に仕上がりますよ。 スチームアイロンの使い方|浮かしがけ スチームの蒸気は繊維に入り込んで内側からシワをやわらげる働きがあります。 次の2つの効果があり、洋服をさらにキレイに仕上げてくれます。 ニットをふんわりさせる ニットは洗濯するとどうしても縮んでしまいます。 そんなときは スチームをたっぷりとかけながら形を整え、平干ししましょう。 毛糸が温かい蒸気を含んでやわらかくなり、ふんわりと仕上がりますよ。 着用ジワがなくなる ズボンの膝部分やワンピースの腰回りなど、 着用ジワのつきやすい部分はスチームを浮かしがけして手で整え、ハンガーで吊っておけばキレイに伸ばせます。 蒸気は汗の臭いをとる力もあるので、脱いだついでに浮かしがけしておくと次に着用するときも快適ですよ。 スチームアイロンの注意|やってはいけないことは? スチームアイロンの使い方にはちょっとした注意点も。 アイロンを長持ちさせるためにも確認しておきましょう。 毎回満水までいれる タンク内の水が少量だと、うまくスチームがでません。 アイロンをかけたい服が少なくても、毎回満水までいれるとスチームが出やすくなります。 蒸気を出し過ぎない シワを伸ばしたいからとスチームをいっぱい出すのは要注意。 洋服がビショビショになるくらいに当てると火傷のおそれもあるので注意しましょう。 水は毎回交換する スチーム用の水は、 アイロンがけが終わったら熱いうちに捨ててタンク内を乾燥させること。 そして、使うときに満タンまでいれてください。 スチームアイロンの使い方を覚えて洋服をピシッと仕上げる.

次の