妊娠検査薬 おすすめ 正確性。 妊娠検査薬

市販の妊娠検査薬はどれがおすすめ? フライング検査は可能? タイプ別に妊娠検査薬を紹介!

妊娠検査薬 おすすめ 正確性

妊娠検査薬とは? いつから使えるのか知りたい 妊娠すると、体内でhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが作られ始めます。 hCGは赤ちゃんとママをつなぐ胎盤の絨毛の細胞で作られるホルモンで、男性や妊娠していない女性の体内では作られません。 hCGの量は受精卵が着床して妊娠するとどんどん増えていき、尿の中や血中のhCGの濃度が高くなっていきます。 妊娠検査薬はこの仕組みを利用し、妊娠しているかどうかを判断しています。 一般の妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後から使用することができます。 妊娠検査薬には、使用説明書が同梱されています。 これを読まずに使うと、判断を誤ることとなり、正確な結果を得ることができません。 面倒でも必ず読むようにしてくださいね。 妊娠検査薬に関する先輩ママの体験談を聞いてみよう! 先輩ママは妊娠検査薬をどんなふうに使っていたのでしょうか。 口コミをご紹介します。 スティックに尿をかける手が緊張で震え、長いスティックだと手が汚れなかったなあと思ったのを覚えています。 線があまりにもはっきり出たので驚きました。 主人にもすぐに見せて、次の日2人で病院に行き、妊娠がわかりました」(30代 たすくママ) 「長年、妊活をしていて、あらゆる妊娠検査薬を試しました。 陰性が明らかにでても諦めきれなくて、3日後に再検査することもしばしば。 1回分を購入すると高いので、2回分とかなるべくたくさん入っているものを購入していました。 海外のもののほうが安かったのですが、こういった繊細なものは国産がいいと思っていたので、毎回、日本のものを購入していました」(40代 ななこママ) 「第2子の妊娠を望んでいたときに、生理予定日が近づくと気になって仕方なく、なんどもフライング検査を行ってしまいました。 早期妊娠検査薬を使えばよかったのですが、お高めだったので毎回は使えなかったんです。 海外のものも使用したりして、うっすら線が見えるような見えないような結果が続き、毎回もやもやしていましたね。 結局、第1子のときにも使用していた一般妊娠検査薬で妊娠がわかりました」(30代 さらママ) 妊娠検査薬の種類 妊娠検査薬には通常の「一般妊娠検査薬」と「早期妊娠検査薬」があります。 一般妊娠検査薬 卵の成長スピードなどによって個人差はあるものの、一般妊娠検査薬は次の生理予定日の1週間後から使用することができます。 これは、時期によってhCGの量が異なることを利用したもので、hCG値が50IU/Lを超えると陽性反応が出るものが一般的な妊娠検査薬です。 このタイミングより前に測ってしまうと、hCG値が基準値に達してないため、反応がでないことになります。 早期妊娠検査薬 一方、早期妊娠検査薬は生理予定日当日から使うことができます。 「早期妊娠検査薬」はhCG感度が高く、尿中のhCG値が25lU/L程度でも陽性反応を示します。 早く利用できるのがメリットですが、一般妊娠検査薬と比べて正確性が落ちるという点に留意しなくてはなりません。 妊娠検査薬は薬局で買えるの? 一般妊娠検査薬も早期妊娠検査薬も、どちらも薬局で購入することができます。 一般妊娠検査薬は「通常タイプ」と呼ばれ、薬局でも店頭に並んでいます。 早期妊娠検査薬は、薬局の薬剤師による対面販売で購入できるものになり、使用方法の説明を受けたうえで、名前・住所といった個人情報を記載し、購入することとなります。 海外の妊娠検査薬も 最近ではインターネットで購入する人も増えており、ネット上ではたくさんの口コミなどが飛び交っています。 日本製の妊娠検査薬との大きな違いは、価格と入手のしやすさです。 一般的に、薬局等で流通しているものは日本のメーカーのもの。 日本のものはスティックタイプが多く、スティックに尿をそのままかけられるのが特徴です。 精度は99%以上とかなり信頼できる結果を得ることができます。 価格は1本500円、2本で800円前後が多いようです。 一方、海外の妊娠検査薬は、尿を入れた容器にストリップを浸すタイプが多く、容器を用意したりとやや手間のかかるものが多いようです。 精度はFDA(アメリカ医薬品食品局)が認定していることから信頼できるといえるでしょう。 10本で900円前後とリーズナブル。 早期検査にも対応しており、排卵検査薬とセットになっているので、計画的に妊活を行っている方には割安感があるといえるでしょう。 難点は、日本の薬局では手に入れられないこと。 信用のできるサイトを探し注文をしなくてはなりません。 おすすめの妊娠検査薬8選 インターネットや日本の薬局で購入することができる、人気の日本製妊娠検査薬を9つをご紹介します。 いずれも妊娠診断の補助に使用するものであり、確定するものではないことに留意して使用してください。 時間が経過すると正確な表示がされなくなるものもあります。 使用法をそれぞれよく読んでご使用ください。 アクラス チェックワン アラクス 参考価格:¥398 チェックワンシリーズとも呼ばれる、有名な妊娠検査薬です。 朝・昼・晩いつでも使うことができます。 3秒間尿をかけ、わずか1分で判定結果がわかり、判定は99%以上の正確さを誇ります。 尿をかけるスティックはスリムで持ちやすく、尿の跳ね返りもありません。 生理予定日の約1週間後から検査が可能です。 時間が経過しても検査薬の判定結果が残るタイプなので、帰宅した旦那様に見せるなどもできます。 ・第2類医薬品 ・1回用・2回用あり ・生理予定の薬1週間後から使用可能 ロート製薬 ドゥーテスト ロート製薬 参考価格:¥2,887 たった2秒でしっかり尿をキャッチし、約1分で判定。 採尿部が大きいため尿をかけやすく、ハネにくい構造です。 スティックの後ろにキャップをつければ、さらに長くちやすくなり、尿が手にかかるのを防ぐことができます。 正しく検査が行われたかも確認サインが教えてくれるので安心です。 朝・昼・夜いつでも検査が可能。 判定確率は99%以上。 時間が経つと結果が変わることがあるので、10分以内に判定を行ってください。 ・第2類医薬品 ・1回用・2回用あり ・生理予定の薬1週間後から使用可能 オムロン クリアブルー オムロン OMRON 参考価格:¥273 世界ナンバーワンシェアで、世界50か国で発売されている商品です。 イギリスのユニパス社が開発した尿中hCG(感度50mlU/ml)検出の技術を採用しています。 朝・昼・晩いつでも検査が可能。 サンプラー部分に尿を5秒程度かけたら、平らなところにおいて終了確認の窓に青い線がでるまで、1分待ちます。 判定窓に青い線がでたら陽性反応です。 判定確率は99%以上。 陽性であれば判定窓に線がはっきり現れるのが特徴です。 10分以内に判定をしてください。 ・第2類医薬品 ・1回用/2回用あり ・生理予定の薬1週間後から使用可能 ミズホメディー P-チェック・S ミズホメディー 参考価格:¥433 尿をかけやすい大きな採尿部が特徴。 スティックも長く、持ち手がすべりにくい構造のため、初心者でも使いやすくなっています。 スティックは白色の商品が多いなか、こちらはピンク色で女性らしいデザインとなっています。 生理予定の約1週間後から使用可能。 朝・昼・晩いつでも使用できます。 99%以上の診断確率です。 10分以内に判定をしてください。 ・第2類医薬品 ・1回用/2回用/5回用あり ・生理予定の約1週間後から使用可能 不二ラテックス ウー・マン チェック ウー・マン 参考価格:¥1,244 持ちやすい親指グリップがついており、初めての人でも使いやすい形です。 採尿部分が大きく、かけやすいのも特徴。 1日中いつでも検査可能で、99%以上の正確さがあります。 1本あたりの価格もリーズナブル。 判定窓の脇に検査結果を示す表示があるので、説明書を見なくてもわかるため便利です。 ・第2類医薬品 ・1回用/2回用あり ・生理予定の約1週間後から使用可能 タケダ ハイテスターN ハイテスターN 参考価格:¥713 持手部分が長いロングタイプ。 判定方法がスティックに記載されているので、判定窓に出た結果と見比べることができます。 判定窓の右側には判定終了を示す窓もあるので、待ち時間を測る必要もありません。 終了窓の表示が出たら結果をみましょう。 採尿部も大きく、尿がかけやすい構造となっています。 5秒以上尿をかけ、1~3分待つと結果がでます。 10分を過ぎての判定は避けてください。 線が薄くて判断できないということがなく、初心者でも使いやすといえるでしょう。 1箱で3回用なので、フライング検査などをしてしまったときにも続けて使用することが可能。 チェックスティックをリーダーに入れ、尿を5~7秒かけ、1~3分後に検査結果が表示されます。 検査結果は1時間経過すると消えますのでるため、注意してください。 デジタルであることから一般の商品より価格は高めですが、わかりやすい結果を得たい方におすすめです。 ・第2類医薬品 ・3回用(リーダー、チェックリストスティック3本) ・生理予定の約1週間後から使用可能 アクラス チェックワンファスト チェックワンファストは日本製で唯一の「早期妊娠検査薬」です。 薬剤師のいる薬局でのみ取り扱いを行っており、インターネットで購入することができません。 薬局で薬剤師から使用説明を受け、名前や住所などの記入をしてからの購入となり、やや購入のハードルは高いかもしれません。 尿を3秒かけて1分間で結果がでます。 「生理予定日の1週間後まで検査を待てない」という方は、ぜひこちらをご使用ください。 ただし、あくまでも妊娠診断の補助試薬として用い、妊娠の確定診断は他の臨床所見等と合わせて総合的に判断するものとなります。 取扱店はより見ることができます。 ・第1類医薬品 ・生理予定日より使用可能 妊娠検査薬は、使いやすさ・価格などを基準に選んで 妊娠検査薬の種類はそれほど多くないものの、どれも信頼できる精度で調べられるようになっています。 よって、使いやすさや価格、早期に使用できるかどうかなどの観点で選ぶのが良いでしょう。 時間が経過すると正確な表示がされなくなるものもあります。 使用法をそれぞれよく読んでご使用ください。 文/藤崎じゅん.

次の

妊娠検査薬はいつから反応する?先輩妊婦さん300人のタイミングを発表!

妊娠検査薬 おすすめ 正確性

hCGホルモンが出ているかの反応は以下の方法で調べることができます。 尿検査:尿中にhCG ホルモンが含まれているかどうかを検査するものです。 スティック状の妊娠検査薬で、尿採取の部分に直接尿をかけるか、検査薬を紙コップに採った尿につけて検査することができます。 自宅での妊娠検査薬は全て尿中のhCGホルモンの値をチェックするものです。 商品によって使用法や待ち時間が変わってくるので、注意してくださいね。 商品それぞれなので、尿を取って調べる を検索してみましょう。 もちろんお医者さんの所で尿検査をすることもできます。 この場合、お医者さんが正しい使い方や結果について詳しく説明してくれるでしょう。 血液検査:費用がかかるので一般的ではないですが、産婦人科でこのような検査を受けることができます。 血液検査では尿検査のようにすぐに結果は出ません。 結果が出るまでには数時間から1日以上かかるようですが、尿検査よりも反応が良く、早くて受精卵の着床後9~12日後に検査することもできます。 妊娠しているかどうかの血液検査には2つの種類があります。 一方、 定量的hCG 血液検査では、血液中にhCGホルモンが出ているかどうかを調べます。 ほとんどの市販の妊娠検査薬で99%以上の正確な結果が出るようですが、正しい使い方をしないと正確な結果が出ないこともあります。 その例を以下に書きますね。 検査の時期:より正確な結果を知るためには、生理が来るはずだった日の1週間後 、hCGホルモンが最も尿に含まれる朝一番に検査することをお勧めします。 検査薬の使用期限のチェック:検査薬の使用期限が過ぎていないかどうかをチェックしましょう。 使用期限を過ぎたものだと正確な結果が出ないことがあります。 水分摂取量:検査前に水分を多く採ってしまうことで、妊娠しているかどうかが判る尿中のhCG ホルモンの濃度が薄くなってしまうことがあります。 検査薬の使い方:検査薬の説明書の記載通りに使用しましょう。 間違った使い方をすると検査結果が正しく出てこないことがあります。 検査薬のメーカー:メーカーによっては反応が異なってきます。 hCGホルモンを含む薬を飲んでいる:ほとんどの薬は市販の妊娠検査薬に影響を与えませんが、 hCGホルモンを含む排卵誘発剤などを飲んでいる場合、結果に影響が出ることがあります。 生理が来るはずだった日の1週間後が、妊娠検査薬を使う一番いいタイミングです。 もちろんこれよりも早い時期に検査をすることができますが、あまりにも早い時期に使ってしまうと十分にhCGホルモンが分泌されていないこともあるのです。 hCGホルモンが分泌され始めるのは、受精卵が子宮内に着床し、胎盤を形成する時期になってから。 妊娠初期の時期は、hCG ホルモン値は2~3日ごとに倍増していきます。 結果を早く知りたくても、このタイミングまで妊娠検査薬の使用を待ったほうがいいのは、これが理由です。 でも、どうしてもワクワク、ソワソワしてしまう場合には、 が表れてきているかをチェックしてみましょう。 妊娠の兆候には以下のようなものがあります。 おっぱいが張ったり、敏感になる• トイレが近くなる• つわりや吐き気がしたり、吐いてしまうほどむかむかする• 疲れやすくなる.

次の

市販の早期妊娠検査薬はいつから?おすすめは?【産婦人科医監修】|Milly ミリー

妊娠検査薬 おすすめ 正確性

妊娠検査薬はいつから反応する?先輩妊婦さん300人のタイミングを発表! 2020年4月6日 こそだてハック 妊娠検査薬の使い方はとても簡単ですが、その分説明書を読まず、いつから使えるのか確認せずに使ってしまう人が多いものです。 妊娠検査薬は、適切な時期やタイミングで使わないと正しい結果を得られない場合があるため、注意が必要です。 そこで今回は、妊娠検査薬が使える時期はいつからなのか、タイミングと注意点、先輩ママたちの体験談もあわせてご紹介します。 妊娠検査薬の仕組みは? 妊娠検査薬は、妊娠すると分泌される「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」というホルモンに反応する仕組みとなっています。 ただ、人によっては、これよりも早い時期に使っても陽性反応が出ることがあります。 しかし、このなかには妊娠検査薬に染み込んだ水分が蒸発するときに、濃縮された尿の成分が線となって残る「蒸発線」を見間違えた人が含まれている可能性もあります。 そのため、「生理予定日の1週間後以降」より前の判定は、あくまでも参考程度に考えましょう。 正確な結果を知るためには必ず、判定可能な時期である「生理開始予定日の1週間後以降」に妊娠検査薬を使うようにしてくださいね。 生理不順の場合 生理周期が一定ではない女性は、生理がいつから来る予定なのかが分かりにくいため、妊娠検査薬が使える時期がいつからなのかもわからなくて困ってしまうかもしれませんね。 関連記事 妊娠検査薬をいつから使うか、タイミングの注意点 妊娠を待ち望んでいる人は「早く妊娠しているかどうか知りたい」という一心で、いつから使えるのか確認せず、判定可能な時期よりも前に検査をしてしまいがちです。 しかし、まだhCG濃度が低い時期に妊娠検査薬を使うと、判定窓に現れる線が薄く、正しい判定結果を得られないこともあるので注意が必要です。 また、妊娠検査薬をいつから使うか確認せず、時期が早すぎて陽性反応が出なかった場合、「実は妊娠していたのに、検査薬の陰性結果を鵜呑みにして、飲酒や薬の服用をしてしまった」ということもありえます。 はっきりしない結果にやきもきしたり、生まれてくる赤ちゃんの健康に悪影響を及ぼしたりしないよう、妊娠の可能性があるときは飲酒や薬の服用を控えて、生理開始予定日の1週間後以降という決められた時期に妊娠検査薬を使いましょう。 妊娠をしている場合、生理予定日前頃から妊娠超初期症状といった体の変化を感じる女性もいるようです。 妊娠の可能性がある場合は、自分の体調にも気をつけてみてくださいね。 関連記事 陰性 ・妊娠していない ・妊娠超初期で、まだ検出可能なhCG濃度に達していない ・水分の摂り過ぎなどで一時的に尿のhCG濃度が薄い ・生理周期の計算を間違えている できるだけ早くに妊娠検査薬を使いたいならいつから? 最近は、通常の妊娠検査薬よりも感度の高い「早期妊娠検査薬」も販売されています。 早期妊娠検査薬がいつから使えるのかというと、「生理開始予定日の5日前」や「生理開始予定日」といった、通常の妊娠検査薬よりも早い時期からです。 商品によっていつから使えるか、時期は異なるので、各商品に付いている説明書に従って使用しましょう。 ただし、使える時期が早い分、早期妊娠検査薬は通常の妊娠検査薬と比べて正確性が落ちるという点は、覚えておいてくださいね。 関連記事 妊娠検査薬がいつから反応するかを知って、正しく使おう 妊娠してるかも?と思うと、「いつから妊娠検査薬を使えるのだろう?すぐに検査して確かめたい」と思いますよね。 しかし先述のように、妊娠検査薬で判定ができる時期がいつからかというと、生理予定日の1週間後からです。 この時期はすでに妊娠初期のため、妊娠している場合、胎児にとって大切な時期です。 妊娠している可能性があるかどうかを正しく知るために、妊娠検査薬は使用時期をきちんと守って使いましょう。 また、生理予定日の1週間後に妊娠検査薬を使って陽性が出た場合は、早めに病院を受診し、妊娠確定の診断をしてもらいましょう。 はじめて妊娠検査薬を使うという人は、以下の記事を参考に商品を選んでみてくださいね。

次の