ブサイク 芸人。 【速報】イケブサ速報! 男前ブサイクランキングWeek1速報をレインボーが大発表!

吉本芸人ブサイクランキング歴代を男女別で!殿堂入りは誰?結果に納得しちゃう画像も

ブサイク 芸人

この発言があったのは、4月28日放送の『スゴ動画超人GP』(日本テレビ系)でのこと。 この番組は、スゴ技自慢の超人たちが動画を初公開するという内容で、中島はドラマ『』(同局系)でダブル主演する、の(23)とともに登場した。 スタッフが「(顔が)近づきそうですか?」と問うと、中島は「やっぱ同じ人間なんで」と前向きなコメント。 平野は笑うと「すっごい幅広くいきましたね」と、ジャニーズの先輩である中島に敬語でツッコんだ。 続けて、中島は「稲田さんって、むちゃくちゃメンタルからイケメンじゃないですか。 だから、なんか、もはや加工とかいらないんじゃないですか?」と指摘。 平野は目をパチパチさせて驚き、「どういうことですか?」と再びツッコんだ。 すると、画像修正超人も「顔面がイケてない人でも、良いところを引き出してあげれば、必ずイケメンと共通点があって、自然に修正できます。 同じ人間なんで」と、前向きな発言で自信がある様子。 しかし、画像の修正作業が始まると、超人は先ほどの発言とは裏腹に「(稲田と平野の顔パーツに)共通するところはないですね」とコメントすると、「はぁ~」とため息。 最大のハードルは長いアゴだとボヤいた。 それでも超人は、稲田の上唇をコピーして新たな下唇を作り、地道に肌をキレイにすると、影をつける加工でアゴを首にしてしまうという、常識破りの技まで駆使。 ほぼ稲田の原型をとどめていないが、イケメンに仕上げることに成功した。 でも、誰も傷つかない言葉を選ぶのが中島健人」「こういう言葉がとっさに出てくるケンティーすてきだなぁ」「絶対に他人を否定したり、イジったりしなくて、聞いていても不快な気分にさせない」などと、中島は人を傷つけることを言わないと、称賛する声が相次いで寄せられていた。 あわせて読む:.

次の

ブサイクな男性芸能人ランキング40選!よく見ると微妙なルックス【最新版】

ブサイク 芸人

また不倫発覚…「ブサイク芸人」千原せいじはなぜモテる? 自分せいじ兄さんめっちゃ好きだけどなぁ。 違う方面というか…. 種類の違うイケメンだと思うんだけど…. 技術的なおじ???? ネット上は〈ルックス通り、好感は持てない〉〈気持ち悪い〉〈不愉快すぎる〉などと非難ゴーゴーだ。 今回は40代の元AV女優に加え、30代のハーフ美女とも関係があったことが明らかに。 分かっているだけで計3人だ。 せいじは前回、「カレーライスばかりじゃなくて、たまにはハヤシライスやハッシュドビーフも食べたなるしねぇ」と迷言を発していたが、今回は「激辛カレーに手を出してもうたんや。 おかげでケツに火が付いたわ」……。 「奥さんからは2時間説教され、16歳の長男からは『お前、もう知らんわ』と見放されたそうです」(芸能記者) 家族が愛想を尽かすのは当然だろうが、それにしてもモテる。 せいじといえば、「よしもとブサイクランキング」の常連で、2001~04年までは4年連続で3位。 それなのにモテる。 なぜモテる? 「その努力をしているからでしょう」と、芸能ライターのエリザベス松本氏がこう続ける。 そもそも関西のモテの基準は、オモロイかどうか。 お笑いのプロになったら、ますますモテるだろうと考えるのが自然で、それが本音でしょう」 とはいえ、せいじは、「芸人の中では面白くない。 弟の千原ジュニアと比べたら、お笑いの才能は雲泥の差」(テレビ局関係者)ともっぱらだ。 「そうかもしれませんが、せいじさんも素人に比べたら面白い。 それに人気芸人でも普段は無口な人がいますが、せいじさんはテレビと私生活が変わらない感じです。 一緒にいる人を楽しませようという意識が高いのかもしれません。 そもそもイケメンは見慣れるし、飽きる。 モテるのに顔は関係ありません。 それに最近は若い男性がおとなしくて、物足りないという女性も多い。 yahoo.

次の

『よしもと男前ブサイクランキング』4年ぶり復活 ほんこん「コンプラ的に時代に逆行してますが…」

ブサイク 芸人

都内で行われた会見には、ランクインが期待される、、、が出席し、「レジェンド芸人」としても駆けつけた。 月刊お笑い総合エンタテインメント誌『マンスリーよしもと』で2000年にスタートし、2015年まで毎年恒例のイベントとして開催されていた。 今年は、吉本興業のスマホアプリ『ラフピー』から投票が可能となる。 3年連続で1位にランクインすると殿堂入りとなり、2015年までの「男前ランキング」では、ロンドンブーツ1号2号・田村亮、チュートリアル・徳井義実、次長課長・井上聡、ライセンス・藤原一裕、ピース・綾部祐二、「ブサイクランキング殿堂入り」では、・ほんこん、フットボールアワー・岩尾望、南海キャンディーズ・山里亮太、マンボウやしろ、NON STYLE・井上裕介らが殿堂入りを果たしている。 相方・のは今年、男前部門の1位を獲得している。 MC・が「草野球の中にメジャーリーガーが入ってきた」と表現するほど、圧倒的な優勝候補。 稲田は「重い腰を上げて、もう一回やってきました」と気合十分に切り出すと「最近は『可愛い!』とか言ってもらえてるけど、これを機に全員、目を覚まさしてやろ!」、「ブサイクだろうが何だろうが、1位を穫るのが男の宿命」と怪気炎。 一方で陣内から「稲ちゃんの横にいれば、そりゃ男前に見えるわ!」とツッコまれていた河井は「その効果をフル活用して、上位に食い込みたい」と、コンビでの首位独占に意気込んだ。 そのほかの有力候補として、EXIT・は「僕が入らないとウソになっちゃう」と余裕の笑み。 新旧ブサイク共演を果たしたほんこんは、稲田と横に並び「一緒やったら負けてる」と戦々恐々としていた。 締めのあいさつでは、ほんこんが「4年で復活して、今の御時世、世間にけんかを売っているみたい。 コンプライアンス的にどうかというのがあるけど、うちの会社、芸人の懐の深いところ。 そこで笑いが生まれて、お客さんに笑ってもらえればありがたい。 時代から逆行していますが、記者の皆さん、前向きなコメントを書いておいてください」と呼びかけていた。

次の