ご丁寧なご対応 ビジネス。 【ビジネスマン必見】「迅速な対応」の意味と使い方を解説

「ご対応いただき~」のビジネス敬語をマスターする方法

ご丁寧なご対応 ビジネス

命社会人になると、さまざまな立場やポジションの方、年齢の方と同じデスクを並べて仕事することが増えてくるものです。 とくに打ち合わせの席では、上司やクライアントなど、複数のポジションの人と肩を並べでディスカッションや話し合いを重ねることが多いです。 そんなときに心強い武器になってくれるのが「ご対応いただき~」などのビジネス敬語です。 「評価」と「信頼」を勝ち取ろう いくら優秀なプレゼンをしていても、肝心の伝える中身や敬語が誤っていては、あなたへの信頼も崩れてしまいます。 「言葉は人をあらわす」とは良く言ったもので、伝える言葉の選び方によって、人格や信頼関係に支障をきたしてしまうこともあります。 クライアントからの評価をアップさせたいなら、まずは「ご対応いただき~」などのビジネス敬語をしっかり使えることが大切です。 「迅速なご対応をいただきありがとうございました」を使って円滑な関係を作ろう 「迅速なご対応をしていただき、ありがとうございました」という敬語は、取引先のスピーディーな対応にたいして、感謝の気持ちをあらわす表現です。 ビジネスシーンでは、このような言葉のかけ方ひとつで、相手の対応も変わってくることがあります。 相手のアクションに対して、丁寧な敬語で応える…円滑にビジネスを進めていくための、ひとつのフレーズです。 「適切なご対応をしていただき、感謝しております」も合わせて覚えておこう こちらサイドのクレームやリクエストを、適切にクリアしてくれたときなど、取引先などに対して感謝の気持ちをあらわす敬語表現です。 「相手の行ってくれた仕事に対して、いち早くお礼の気持ちを伝えたいとき」などに用いることができる言葉です。 「迅速なご対応をしていただき、ありがとうございました」と併せて覚えておくことで、ボキャブラリーの幅も広がっていき、ビジネスにも大いに活用できます。 ビジネス敬語は「心のキャッチボール」 社会人としていろいろな舞台を経験していると、「この敬語の使い方は合っているのか」と思うことが多くなります。 感情や思い付いたことを、ありのままに表現できるラインやツイッターなどと違い、ビジネス敬語では、あなたの品位と教養が試されているものです。 「ご対応いただき、感謝しております」などのワンランク上の言葉を使うことによって、周囲からの評価も変わってきます。 クレーム後のお礼は的確に迅速に返そう 社会人になると、いろいろな立場の人と、顔を突き合わせて仕事をおこなうことが多いもの。 ときには取引先に対して、在庫の処理や商品の設定変更など、クレームやリクエストをお願いすることもあると思います。 そんなときに、スピーディーにクレームを処理してくれた取引先に対して「ご対応いただき~」などの大人・敬語を使うことは、相手との円滑な人間関係をキープするうえで、とっても大切なポイントになります。 「ご対応いただき~」はコミュニケーション力アップのビジネス敬語 打ち合わせなどの席において、取引先のスピーディーな対応に感謝したいときに伝えたい敬語のひとつが「迅速にご対応いただき、ありがとうございました」です。 「ご対応いただき~」は取引先など相手のアクションに対して、敬意をあらわす敬語になります。 仕事のパートナーとして相手の士気をあげるためにも、気持ちのよい言葉を沢山たくわえておきたいものです。 ぜひこのビジネス敬語を活用してください。

次の

【ビジネスマン必見】「迅速な対応」の意味と使い方を解説

ご丁寧なご対応 ビジネス

「ご対応ください」は上司・目上に失礼? ビジネスメールに使えるもっと丁寧な敬語ってなに? とご心配のあなたへ。 「ご対応ください」は目上に失礼とまでは言わないものの、親しい取引先や上司および社内のコミュニケーションにつかえる程度の丁寧レベル。 つかっても失礼ということでは無いのですが…ビジネス文書・メールや初対面の相手など気をつかうべきシーンではより丁寧な敬語に言い換えすると好感度UPします。 より丁寧な言い換えにはたとえば、• 【例文】ご対応いただきたく存じます• 【例文】ご対応いただければ幸いです• くわしい解説は本文にて。 それでは、 「ご対応ください」の意味、目上につかえるより丁寧な言い換え敬語、ビジネスシーンでの使い方(電話・メール・手紙・文書・社内上司・社外取引先・目上・就活・転職)、メール例文を紹介します。 この記事の目次• 意味・敬語の解説 「ご対応ください」は「対応してほしい」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 「ご対応ください」の意味は「対応してくれ」 「ご対応」に「ください」をつなげて「ご対応ください」としたときの意味は… 「対応してほしい」 「対応してくれ」 このように解釈できます。 ここで「ご対応」の「ご」は尊敬語となります。 尊敬語をつかっているため自分の行為ではなく、相手に「対応してくれ!」「対応してほしい!」という意味になります。 使い方は文字どおり上司や目上・取引先になにかしら対応してほしいときのビジネスシーンで使われます。 「ご対応ください」の敬語の種類 「ご対応ください」を敬語としてみていくと…以下のようになりたちます。 もとになる単語「対応」に尊敬語「お・ご」で 「ご対応」• さらに「くれる」の尊敬語「くださる」で 「ご対応くださる」• さらに命令形にして 「ご対応ください」 このようにして元になる語「対応」を敬語にしています。 つまり敬語としては何もおかしいところはありません。 間違いではなく正しい敬語です。 ちなみに敬語「お(ご)」は… 「自分がご対応する」のであれば謙譲語としての使い方。 上司・目上・取引先などの「相手がご対応くださる」のであれば尊敬語としての使い方。 相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。 自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。 なぜ目上に敬語「ご対応ください」はイマイチなの? ここまでの解説で「ご対応ください」が正しい敬語であることがわかりました。 つづいて、 なぜ目上や上司・ビジネスメールに敬語「ご対応ください」はイマイチなのか? という点について簡単に解説しておきます。 「ご対応ください」の「ください」という敬語が問題 「ご対応」というフレーズ自体はビジネスシーンで使える日本語です。 ところが問題は「ご対応ください」の「ください」の部分にあり。 なぜなら「ください」は敬語ではあるものの、結局のところ命令形であるために強い口調となるから。 ビジネスシーンにおいては社内メールや親しい取引先への社外メール、あるいは会話シーンに使える丁寧レベル。 ただし使っても失礼にはあたりません。 もっと丁寧な敬語フレーズがあるよ、ということです。 ビジネスメールには堅苦しい敬語がオススメ ビジネス会話であれば「ご対応ください」としてもよいでしょう。 あるいは… 親しい取引先・社内の目上・上司などあまり気づかいし過ぎする必要の無い相手にもOK ただし、ビジネスメールにおいてはより堅苦しい敬語フレーズが好まれます。 なぜならメールは会話と違い、態度で敬意をしめすことができないから。 メールにおいては丁寧な敬語フレーズを使うことが上司や目上のひとにたいする最大限の配慮なのです。 とくに、 あまり親睦のない取引先への社外メールや、きびしい上司・目上へのビジネスメールには言い換えするほうが無難です。 相手に「対応してほしい」つまり何かしらのお願い・依頼ビジネスメールに使うフレーズですので、より丁寧な文章を心がけたいものです。 何か対応してほしいときには「お取り計らい」が一般的 申し訳ありませんが、これまでの解説をすべてくつがえします。 じつは… ビジネスシーンで目上や上司・取引先に何かしらの対応をしてほしいときには「ご対応」ではなく「お取り計らい」を使うのが一般的です。 お取り計らいの意味は「物事をうまく処理すること」 お取り計らい(読み:おとりはからい)のもとになる単語は「取り計らい」であり、意味は「物事をうまく処理すること」 「取り計らい」に尊敬語or謙譲語「お・ご」を使うと「お取り計らい」という敬語の完成。 「お・ご」は使い方によって謙譲語or尊敬語なのかが変わります。 で「お取り計らいください」だと意味は… 「うまく処理してくれ」のように解釈できます。 使い方は上司や取引先に何かしらの依頼・お願いをするビジネスシーンで使われます。 ビジネスメール例文 ついでに「お取り計らい」の使い方を例文でザクっと紹介しておきます。 例文「お取り計らい くださいますようお願い致します」 意味は「うまく進めてくれるようお願いします」• 例文「お取り計らい のほどお願い致します」 意味は「うまく進めてくれるようお願いします」• 例文「お取り計らい 頂きますようお願い致します」 意味は「うまく進めてもらえるようお願いします」• ここからは、 じゃあどういう風に言い換えすれば丁寧な敬語になるの? という点についてみていきます。 例文「お取り計らい くださいますようお願い致します」 意味は「うまく進めてくれるようお願いします」• 例文「お取り計らい のほどお願い致します」 意味は「うまく進めてくれるようお願いします」• 例文「お取り計らい 頂きますようお願い致します」 意味は「うまく進めてもらえるようお願いします」• 例文「ご対応いただければと存じます」 意味は『対応してもらえたらと思います』 「~してもらえたらと思う」としているため相手に強制しない、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 「いただければ」は「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」+仮定の「れば」 「存じます」は「思う」の謙譲語「存じる」+丁寧語「ます」 「~いただければと存じます」という敬語フレーズはお願い・依頼のビジネスメールでよく使います。 以下の例文もご参考にどうぞ。 例文『ご連絡(を)いただければと存じます』• 例文『ご対応(を)いただければと存じます』• 例文『ご了承(を)いただければと存じます』• 例文『ご検討(を)いただければと存じます』• ビジネス敬語としては「ご回答いただく」という使い方をするのが一般的です。 「いただきたく」は「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」+願望の「~たい」 「存じます」は「思う」の謙譲語「存じる」+丁寧語「ます」 というように敬語にしており、目上のひとや上司・社外取引先につかえるとても丁寧なビジネスフレーズです。 「~いただきたく存じます」という敬語フレーズはお願い・依頼のビジネスメールでよく使います。 以下の例文もご参考にどうぞ。 例文『ご連絡いただきたく存じます』• 例文『ご対応いただきたく存じます』• 例文『ご了承いただきたく存じます』• 例文『ご検討いただきたく存じます』• 例文「ご対応いただければ幸いです」 意味は『対応してもらえたら嬉しいなぁ、幸せだなぁ』、つまり「対応してもらえたら嬉しいです」 相手に強制しない、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズですね。 「いただければ」は「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」+仮定の「~れば」 「幸いです」は「幸い」+丁寧語「です」 というように敬語にしており、目上のひとや上司・社外取引先につかえるとても丁寧なビジネスフレーズです。 「~いただければ幸いです」という敬語フレーズはお願い・依頼のビジネスメールでよく使います。 以下の例文もご参考にどうぞ。 例文『ご連絡いただければ幸いです』• 例文『ご対応いただければ幸いです』• 例文『ご了承いただければ幸いです』• 例文『ご検討いただければ幸いです』• 例文「ご対応くださいますようお願い申し上げます」• 例文「ご対応くださいますようお願い致します」 意味は「対応してくれるようお願いします」 「ご対応くださいますよう」の「くださいますよう」の敬語はややこしいため、くわしく解説しておきます。 「くれる」の尊敬語「くださる」の命令形• 丁寧語「ます」• ように 上記のようにして敬語にしています。 「ください」単体としての意味は「〜してくれ」「〜して欲しい」の丁寧な言いまわしと考えることができます。 が、 「ください」は敬語ではあるものの、結局のところ命令形であるために強い口調となります。 そこで「ますようにお願い」と続けることで「お願い」とすり替え、やんわ〜りとした表現にしています。 とても丁寧な敬語フレーズと言えますね。 たとえば、• ご査収くださいますようお願い申し上げます 意味「よく中身を確認して受け取ってくれるようお願い!」• ご検討くださいますようお願い申し上げます 意味「検討してくれるようお願い!」• ご対応くださいますようお願い申し上げます 意味「対応してくれるようお願い!」• ご了承くださいますようお願い申し上げます 意味「納得してくれるようお願い!」 などのようにして使います。 ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。 例文「ご対応いただきますようお願い申し上げます」• 例文「ご対応賜りますようお願い申し上げます」 意味は「対応してもらうようお願いします」 「いただきますよう」は「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」+丁寧語「ますよう」 「賜りますよう」は「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜賜る」+丁寧語「ますよう」 というように敬語にしており、目上のひとや上司・社外取引先につかえるとても丁寧なビジネスフレーズです。 賜る(たまわる)という敬語のほうがよりカチッとした表現になりますので、文書など公式なビジネスシーンではかならず「賜る」を使います。 普段のメールであれば「いただきますよう」でOK。 また「くださいますよう」「いただきますよう・賜りますよう」の違いは後ほど。 例文「ご対応のほどお願い申し上げます」• 例文「ご対応のほどお願い致します」 意味は「対応してくれるようお願いします」、つまり「対応してくれるようお願いします」となります。 ここで「ご対応のほど」の「のほど」は限定を避ける言い方で、意味としては「〜してもらうよう」「〜してくれるよう」と考えることができます。 断定をさけて表現をやわらげるのに用いる語です。 たとえば、• ご査収のほどお願い申し上げます 意味「よく中身を確認して受け取るよう、お願い」• お取り計らいのほどお願い申し上げます 意味「物事をうまく進めてくれるよう、お願い」• ご検討のほどお願い申し上げます 意味「検討してくれるよう、お願い」• ご了承のほどお願い申し上げます 意味「納得してくれるよう、お願い」 などのようにして使います。 ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。 先ほどとおなじく「お願い申し上げます」は 「お願いいたします」「お願い致します」と言い換えできます。 ほんの一例ですが他にもある使い方を例文にまとめておきます。 私、(株)転職にて研究開発をしておりますノマドと申します。 さて、このたび新商品の一部材として貴社製品Aを検討いたしたく、よろしければ下記のとおりサンプルをご手配いただきたく存じます。 (中略) お忙しいところ大変お手数ではございますが、 ご対応ください。 ——————— メール署名 ——————— さて… いかがでしょうか? こんなときに使う「ご対応ください」は相当に微妙であることがわかります。 まぁ上司や社内のコミュニケーションであれば問題はありませんが… 以下のように言い換えすると、より丁寧な印象のビジネスメールになります。 関西大学の関西太郎です。 この度は、次回面接のご案内をいただき、誠にありがとうございます。 さて面接日程の件、こちらでは特に希望する時間はございませんので、日時をご指定いただければ幸いです。 お忙しいところ誠に恐れ入りますがご査収の上、 ご対応ください。 ——————————- メール署名 ——————————- さて… いかがでしょうか? こんなときに使う「ご対応ください」は相当に微妙であることがわかります。 まぁ上司や社内のコミュニケーションであれば問題はありませんが… 以下のように言い換えすると、より丁寧な印象のビジネスメールになります。 どれを使っても丁寧ではありますが使い分けについても考えてみます。 もっとも丁寧なのは「ご対応いただければ幸いです」 いろいろと考えてはみましたがこれまで示した例文はどれも丁寧であり、使い分けする必要性はありません。 強いて言うのであれば「ご対応いただければ幸いです」がもっとも丁寧なお願い・依頼のフレーズ。 これまでと同じようにビジネスメール結び締めとして使います。 「いただく」も同じく「もらう」の謙譲語ではありますが、「賜る」のほうが堅苦しい表現になります。 例文「ご対応賜りますようお願い申し上げます」• 例文「ご対応賜りますようお願い致します」 のようにしてビジネスメールの結びに使うと丁寧ですね。 親しい取引先や上司・社内の目上などに対する普段のビジネスメールで、無駄にかしこまった敬語フレーズを使う必要はありません。 「いただく」vs「くださる」は使い分けする必要なし せっかくですので「ご対応いただきますようお願い」「ご対応くださいますようお願い」の違いを考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い申し上げます」 「ご容赦 いただきますようお願い申し上げます」 「ご了承 くださいますようお願い申し上げます」 「ご了承 いただきますようお願い申し上げます」 「ご検討 くださいますようお願い申し上げます」 「ご検討 いただきますようお願い申し上げます」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「いつも ご利用 くださりありがとうございます」 「いつも ご利用 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。 結び・締めに使うフレーズとしては「くださいますよう」のほうが一般的で、お礼に使うフレーズとしては「いただきありがとう」を使うのが一般的です。 ただし….

次の

「ご丁寧なご対応」って変ですか?

ご丁寧なご対応 ビジネス

「ご対応ください」は上司・目上に失礼? ビジネスメールに使えるもっと丁寧な敬語ってなに? とご心配のあなたへ。 「ご対応ください」は目上に失礼とまでは言わないものの、親しい取引先や上司および社内のコミュニケーションにつかえる程度の丁寧レベル。 つかっても失礼ということでは無いのですが…ビジネス文書・メールや初対面の相手など気をつかうべきシーンではより丁寧な敬語に言い換えすると好感度UPします。 より丁寧な言い換えにはたとえば、• 【例文】ご対応いただきたく存じます• 【例文】ご対応いただければ幸いです• くわしい解説は本文にて。 それでは、 「ご対応ください」の意味、目上につかえるより丁寧な言い換え敬語、ビジネスシーンでの使い方(電話・メール・手紙・文書・社内上司・社外取引先・目上・就活・転職)、メール例文を紹介します。 この記事の目次• 意味・敬語の解説 「ご対応ください」は「対応してほしい」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 「ご対応ください」の意味は「対応してくれ」 「ご対応」に「ください」をつなげて「ご対応ください」としたときの意味は… 「対応してほしい」 「対応してくれ」 このように解釈できます。 ここで「ご対応」の「ご」は尊敬語となります。 尊敬語をつかっているため自分の行為ではなく、相手に「対応してくれ!」「対応してほしい!」という意味になります。 使い方は文字どおり上司や目上・取引先になにかしら対応してほしいときのビジネスシーンで使われます。 「ご対応ください」の敬語の種類 「ご対応ください」を敬語としてみていくと…以下のようになりたちます。 もとになる単語「対応」に尊敬語「お・ご」で 「ご対応」• さらに「くれる」の尊敬語「くださる」で 「ご対応くださる」• さらに命令形にして 「ご対応ください」 このようにして元になる語「対応」を敬語にしています。 つまり敬語としては何もおかしいところはありません。 間違いではなく正しい敬語です。 ちなみに敬語「お(ご)」は… 「自分がご対応する」のであれば謙譲語としての使い方。 上司・目上・取引先などの「相手がご対応くださる」のであれば尊敬語としての使い方。 相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。 自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。 なぜ目上に敬語「ご対応ください」はイマイチなの? ここまでの解説で「ご対応ください」が正しい敬語であることがわかりました。 つづいて、 なぜ目上や上司・ビジネスメールに敬語「ご対応ください」はイマイチなのか? という点について簡単に解説しておきます。 「ご対応ください」の「ください」という敬語が問題 「ご対応」というフレーズ自体はビジネスシーンで使える日本語です。 ところが問題は「ご対応ください」の「ください」の部分にあり。 なぜなら「ください」は敬語ではあるものの、結局のところ命令形であるために強い口調となるから。 ビジネスシーンにおいては社内メールや親しい取引先への社外メール、あるいは会話シーンに使える丁寧レベル。 ただし使っても失礼にはあたりません。 もっと丁寧な敬語フレーズがあるよ、ということです。 ビジネスメールには堅苦しい敬語がオススメ ビジネス会話であれば「ご対応ください」としてもよいでしょう。 あるいは… 親しい取引先・社内の目上・上司などあまり気づかいし過ぎする必要の無い相手にもOK ただし、ビジネスメールにおいてはより堅苦しい敬語フレーズが好まれます。 なぜならメールは会話と違い、態度で敬意をしめすことができないから。 メールにおいては丁寧な敬語フレーズを使うことが上司や目上のひとにたいする最大限の配慮なのです。 とくに、 あまり親睦のない取引先への社外メールや、きびしい上司・目上へのビジネスメールには言い換えするほうが無難です。 相手に「対応してほしい」つまり何かしらのお願い・依頼ビジネスメールに使うフレーズですので、より丁寧な文章を心がけたいものです。 何か対応してほしいときには「お取り計らい」が一般的 申し訳ありませんが、これまでの解説をすべてくつがえします。 じつは… ビジネスシーンで目上や上司・取引先に何かしらの対応をしてほしいときには「ご対応」ではなく「お取り計らい」を使うのが一般的です。 お取り計らいの意味は「物事をうまく処理すること」 お取り計らい(読み:おとりはからい)のもとになる単語は「取り計らい」であり、意味は「物事をうまく処理すること」 「取り計らい」に尊敬語or謙譲語「お・ご」を使うと「お取り計らい」という敬語の完成。 「お・ご」は使い方によって謙譲語or尊敬語なのかが変わります。 で「お取り計らいください」だと意味は… 「うまく処理してくれ」のように解釈できます。 使い方は上司や取引先に何かしらの依頼・お願いをするビジネスシーンで使われます。 ビジネスメール例文 ついでに「お取り計らい」の使い方を例文でザクっと紹介しておきます。 例文「お取り計らい くださいますようお願い致します」 意味は「うまく進めてくれるようお願いします」• 例文「お取り計らい のほどお願い致します」 意味は「うまく進めてくれるようお願いします」• 例文「お取り計らい 頂きますようお願い致します」 意味は「うまく進めてもらえるようお願いします」• ここからは、 じゃあどういう風に言い換えすれば丁寧な敬語になるの? という点についてみていきます。 例文「お取り計らい くださいますようお願い致します」 意味は「うまく進めてくれるようお願いします」• 例文「お取り計らい のほどお願い致します」 意味は「うまく進めてくれるようお願いします」• 例文「お取り計らい 頂きますようお願い致します」 意味は「うまく進めてもらえるようお願いします」• 例文「ご対応いただければと存じます」 意味は『対応してもらえたらと思います』 「~してもらえたらと思う」としているため相手に強制しない、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 「いただければ」は「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」+仮定の「れば」 「存じます」は「思う」の謙譲語「存じる」+丁寧語「ます」 「~いただければと存じます」という敬語フレーズはお願い・依頼のビジネスメールでよく使います。 以下の例文もご参考にどうぞ。 例文『ご連絡(を)いただければと存じます』• 例文『ご対応(を)いただければと存じます』• 例文『ご了承(を)いただければと存じます』• 例文『ご検討(を)いただければと存じます』• ビジネス敬語としては「ご回答いただく」という使い方をするのが一般的です。 「いただきたく」は「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」+願望の「~たい」 「存じます」は「思う」の謙譲語「存じる」+丁寧語「ます」 というように敬語にしており、目上のひとや上司・社外取引先につかえるとても丁寧なビジネスフレーズです。 「~いただきたく存じます」という敬語フレーズはお願い・依頼のビジネスメールでよく使います。 以下の例文もご参考にどうぞ。 例文『ご連絡いただきたく存じます』• 例文『ご対応いただきたく存じます』• 例文『ご了承いただきたく存じます』• 例文『ご検討いただきたく存じます』• 例文「ご対応いただければ幸いです」 意味は『対応してもらえたら嬉しいなぁ、幸せだなぁ』、つまり「対応してもらえたら嬉しいです」 相手に強制しない、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズですね。 「いただければ」は「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」+仮定の「~れば」 「幸いです」は「幸い」+丁寧語「です」 というように敬語にしており、目上のひとや上司・社外取引先につかえるとても丁寧なビジネスフレーズです。 「~いただければ幸いです」という敬語フレーズはお願い・依頼のビジネスメールでよく使います。 以下の例文もご参考にどうぞ。 例文『ご連絡いただければ幸いです』• 例文『ご対応いただければ幸いです』• 例文『ご了承いただければ幸いです』• 例文『ご検討いただければ幸いです』• 例文「ご対応くださいますようお願い申し上げます」• 例文「ご対応くださいますようお願い致します」 意味は「対応してくれるようお願いします」 「ご対応くださいますよう」の「くださいますよう」の敬語はややこしいため、くわしく解説しておきます。 「くれる」の尊敬語「くださる」の命令形• 丁寧語「ます」• ように 上記のようにして敬語にしています。 「ください」単体としての意味は「〜してくれ」「〜して欲しい」の丁寧な言いまわしと考えることができます。 が、 「ください」は敬語ではあるものの、結局のところ命令形であるために強い口調となります。 そこで「ますようにお願い」と続けることで「お願い」とすり替え、やんわ〜りとした表現にしています。 とても丁寧な敬語フレーズと言えますね。 たとえば、• ご査収くださいますようお願い申し上げます 意味「よく中身を確認して受け取ってくれるようお願い!」• ご検討くださいますようお願い申し上げます 意味「検討してくれるようお願い!」• ご対応くださいますようお願い申し上げます 意味「対応してくれるようお願い!」• ご了承くださいますようお願い申し上げます 意味「納得してくれるようお願い!」 などのようにして使います。 ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。 例文「ご対応いただきますようお願い申し上げます」• 例文「ご対応賜りますようお願い申し上げます」 意味は「対応してもらうようお願いします」 「いただきますよう」は「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」+丁寧語「ますよう」 「賜りますよう」は「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜賜る」+丁寧語「ますよう」 というように敬語にしており、目上のひとや上司・社外取引先につかえるとても丁寧なビジネスフレーズです。 賜る(たまわる)という敬語のほうがよりカチッとした表現になりますので、文書など公式なビジネスシーンではかならず「賜る」を使います。 普段のメールであれば「いただきますよう」でOK。 また「くださいますよう」「いただきますよう・賜りますよう」の違いは後ほど。 例文「ご対応のほどお願い申し上げます」• 例文「ご対応のほどお願い致します」 意味は「対応してくれるようお願いします」、つまり「対応してくれるようお願いします」となります。 ここで「ご対応のほど」の「のほど」は限定を避ける言い方で、意味としては「〜してもらうよう」「〜してくれるよう」と考えることができます。 断定をさけて表現をやわらげるのに用いる語です。 たとえば、• ご査収のほどお願い申し上げます 意味「よく中身を確認して受け取るよう、お願い」• お取り計らいのほどお願い申し上げます 意味「物事をうまく進めてくれるよう、お願い」• ご検討のほどお願い申し上げます 意味「検討してくれるよう、お願い」• ご了承のほどお願い申し上げます 意味「納得してくれるよう、お願い」 などのようにして使います。 ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。 先ほどとおなじく「お願い申し上げます」は 「お願いいたします」「お願い致します」と言い換えできます。 ほんの一例ですが他にもある使い方を例文にまとめておきます。 私、(株)転職にて研究開発をしておりますノマドと申します。 さて、このたび新商品の一部材として貴社製品Aを検討いたしたく、よろしければ下記のとおりサンプルをご手配いただきたく存じます。 (中略) お忙しいところ大変お手数ではございますが、 ご対応ください。 ——————— メール署名 ——————— さて… いかがでしょうか? こんなときに使う「ご対応ください」は相当に微妙であることがわかります。 まぁ上司や社内のコミュニケーションであれば問題はありませんが… 以下のように言い換えすると、より丁寧な印象のビジネスメールになります。 関西大学の関西太郎です。 この度は、次回面接のご案内をいただき、誠にありがとうございます。 さて面接日程の件、こちらでは特に希望する時間はございませんので、日時をご指定いただければ幸いです。 お忙しいところ誠に恐れ入りますがご査収の上、 ご対応ください。 ——————————- メール署名 ——————————- さて… いかがでしょうか? こんなときに使う「ご対応ください」は相当に微妙であることがわかります。 まぁ上司や社内のコミュニケーションであれば問題はありませんが… 以下のように言い換えすると、より丁寧な印象のビジネスメールになります。 どれを使っても丁寧ではありますが使い分けについても考えてみます。 もっとも丁寧なのは「ご対応いただければ幸いです」 いろいろと考えてはみましたがこれまで示した例文はどれも丁寧であり、使い分けする必要性はありません。 強いて言うのであれば「ご対応いただければ幸いです」がもっとも丁寧なお願い・依頼のフレーズ。 これまでと同じようにビジネスメール結び締めとして使います。 「いただく」も同じく「もらう」の謙譲語ではありますが、「賜る」のほうが堅苦しい表現になります。 例文「ご対応賜りますようお願い申し上げます」• 例文「ご対応賜りますようお願い致します」 のようにしてビジネスメールの結びに使うと丁寧ですね。 親しい取引先や上司・社内の目上などに対する普段のビジネスメールで、無駄にかしこまった敬語フレーズを使う必要はありません。 「いただく」vs「くださる」は使い分けする必要なし せっかくですので「ご対応いただきますようお願い」「ご対応くださいますようお願い」の違いを考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い申し上げます」 「ご容赦 いただきますようお願い申し上げます」 「ご了承 くださいますようお願い申し上げます」 「ご了承 いただきますようお願い申し上げます」 「ご検討 くださいますようお願い申し上げます」 「ご検討 いただきますようお願い申し上げます」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「いつも ご利用 くださりありがとうございます」 「いつも ご利用 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。 結び・締めに使うフレーズとしては「くださいますよう」のほうが一般的で、お礼に使うフレーズとしては「いただきありがとう」を使うのが一般的です。 ただし….

次の