行き違い で ご 連絡 を 頂い て おり まし たら ご 容赦 ください。 「ご容赦ください」の読みと意味と使い方を例文付きで紹介!類語や英語も

【返信が来ない!】催促メールの書き方とケース別の例文をまとめて解説

行き違い で ご 連絡 を 頂い て おり まし たら ご 容赦 ください

メールで請求書の送付を依頼する際には、もしかしたら、そのメールを送るくらいのタイミングで相手方が請求書を発送してくれているパターンや、実は送付の連絡をしていないだけですでに相手方が請求書を送付している場合、あるいはメールを見ていない内に請求書を発送している場合等が考えられます。 だから、行き違いという言葉を使い、それを表現するのです。 「本メールと行き違いになっている場合」または「行き違いで」と使う では、行き違いという言葉を実際にメールの中に盛り込む際には、どのようにして盛り込んでいけば良いでしょう。 請求書の送付を依頼するメールに、行き違いという言葉を盛り込む際には、「本メールと行き違いになっている場合」や、「本メールと行き違いで」などと盛り込みます。 では、次にご容赦とは、はどんな風に使うのでしょうか? ご容赦は「許してください」という意味 まずご容赦ですが、「許してください」という意味です。 つまり、請求書の送付を依頼するメールを送ってしまったけれども、行き違いで請求書を発送してくれていたら申し訳ありませんというふうな文面の中で、申し訳ないという言葉を使うのもあまり適切ではないので、代わりにご容赦という言葉を使って行きます。 なにとぞご容赦くださいとして使う事が多い ご容赦とは、すごく丁寧な表現になります。 当然実際の請求書の送付を依頼するメールの文面の中でも、ご容赦くださいと言う形で丁寧に使う事が多いです。 そして、ご容赦くださいを使う際には、一緒に「なにとぞ」の言葉がつくことが多いので、結果的に、なにとぞご容赦くださいという形でいわれることが多いです。 行き違いとご容赦を使用したメール送付での文例 では、最後に、請求書の送付を依頼する際に、実際に行き違いと、ご容赦を使用したメールの例を見ていきましょう。 そのような例としては、「なお本メールと行き違いで、請求のご送付を頂いている際には、なにとぞご容赦ください」という例が挙げられます。 この文面の前には当然、まだ請求書をもらってないので連絡させてもらった事を入れていきます。 行き違いもご容赦も一般的に使われている言葉 行き違いも、ご容赦も、上記の例やここまでの本文から示すように、決して使うのが難しい言葉ではありません。 これらのように、メールと行き違いという事を表現しつつ、なにとぞご容赦くださいというかたちにしつつ使っていけば問題ありません。 これらの言葉は、ごくごく一般的に使われる言葉たちなのですから。 相手に「行き違い」「ご容赦」を使う際は前後につく文を意識して正しく使おう 以上、請求書の送付をメールで依頼する際の「行き違い」「ご容赦」の使い方のご紹介でした。 行き違いもご容赦もその前後につく文をしっかり意識して使えば問題ありません。 なにとぞご了承くださいや、メールと行き違いでという事をしっかり盛り込んで、正しい日本語メールを送って行ってください。 そして、失礼のないようにしていきましょう。

次の

「催促メール」の書き方!上司や見積もり催促のビジネス例文も

行き違い で ご 連絡 を 頂い て おり まし たら ご 容赦 ください

何卒ご容赦ください、という表現の類義語に、「許してください」「ご寛恕(ごかんじょ)」「勘弁」という言葉があります。 その他の使い方に、「ご容赦願います」というものもあります。 使用するときと場合によって、まったくその使い方は変わってくるものです。 「どうかご勘弁ください」などの表現は、あまりことわりの言葉としての使い方はしません。 「何卒ご容赦ください」という言葉は先に自分の非礼を詫びる際などに用いられます。 このように、「何卒ご容赦」という言葉の使い方を知ることによって、「お忙しい折のご連絡ではございますが、何卒ご容赦くださいませ」など相手や取引先ととても気持ちよくコミュニケーションを行うことができます。 この言葉の使い方が綺麗にはまると相手に良い印象を与えるでしょう。 そのほかの様々な表現も状況にあわせて使うなど、交流のなかでしっかりと言葉を選び、より良い関係を築いていきたいものです。 ・こちらは関係者以外立ち入り禁止となっております。 お引取りいただけますようどうかご了承下さい。 ・審査の結果、こちらの意向にそぐわない場合に、お断りする可能性もありますのでご了承ください。 ・お返事にお時間を頂く場合がございます、ご了承下さい。 宜しくお願い致します。 ・契約内容に付いては予告無く変更される場合があります。 あらかじめご了承下さいませ。 ・こちらの記事は一切の転載、改変不可となっております。 どうかご了承下さい。 「ご了承願います」 ・GW期間中は運休となりました。 ご利用予定の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、予めご了承願います。 ・道路状況により到着が遅くなってしまう場合がありますことをご了承願います。 ・明日、街頭演説を行う予定です。 事情により変更する可能性もございます。 予めご了承願います。 ・また試験等もあるため、8月までのイベント出演が少なくなること、ご了承願います。 ご理解、ご了承のほどよろしくお願い致します。 ・現在、システムの不具合を調査中です。 今暫くお待ち下さいますと幸いです。 ご了承のほど宜しくお願い致します。 ・9日月曜日と17日火曜日は臨時でお休みを頂きます。 誠に恐れ入りますが何卒ご了承のほどお願い申し上げます。 ・急遽、予定を変更させて頂くことになりました。 ご迷惑をお掛けして大変申し訳ございませんが、何卒ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。 ・館内メンテナンスのため休館とさせていただきます。 お客様には大変ご迷惑をお掛けしますが、ご了承のほどよろしくお願い致します。

次の

本気謝罪に使うと大問題!「ご容赦ください」の覚えておきたい使い方【今さら聞けない大人の敬語講座vol.8】

行き違い で ご 連絡 を 頂い て おり まし たら ご 容赦 ください

=未払い残高がございますので、ご連絡申し上げます。 * past due: 支払い期日を過ぎた =貴社の…月度分の勘定が決済されておりませんので、ご連絡申し上げます。 [数字] sent to you on [日付]. [数字] is [数字] days overdue. =当社の記録によると、請求書第…号に対する…ドルのお支払いが期限を…日過ぎております。 * overdue: 期限切れの、未払いの *「記録によると」は Our records show that... もよく用いられる。 =記録を調べてみましたら、本請求書は…月…日現在、いまだ未決済となっております。 =取引銀行に当たってみたところ、当社…月…日付請求書の…円がまだ未払いでございます。 =当社…月…日付請求書第…号の…ドルが…日以上お支払い期限を過ぎております ことをお知らせします。 …月…日現在、当社への未払い額[残高]が…米ドルございます。 =同封した請求書の…米ドルのお支払いをお忘れではないでしょうか。 =貴社の記録をご確認の上、早急にお支払い手続きをお取りいただければ幸いです。 =できるだけ早く…円をご送金くださいますようお願い申し上げます。 =下記の銀行口座に至急、電信為替でご送金くださいますようお願い申し上げます。 =この件に関し至急対処していただきますようお願い申し上げます。 =この催促状がお支払いと行き違いになった場合には、ご容赦ください。 =何か特別なご事情でお支払いを保留されているのかどうかをお知らせください。

次の