どん二郎。 【衝撃】どん二郎が大人気→日清「ラーメン二郎にコラボ依頼しに行くぞ」→二郎「面倒くせえ! 勝手にやってくれ!」→日清「勝手にやりました」 | バズプラスニュース

ラーメン二郎を自宅で再現!その名も「どん二郎」、ならぬ「きつ二郎」|アシタノ

どん二郎

どん二郎を辛口レビュー! 少し前に流行った「どん二郎」を試してみました。 先に感想をお伝えすると記事のタイトル通り、普通に「どん兵衛」として食べた方が美味しいです。 今まで試してなかった理由は? わざわざ二郎系もどきを作らずとも普通に食べに行けばいいやろ。 という変なこだわりがあったからです。 ただ関西の二郎系を紹介しているブログを運営しているからには、二郎系もどきでもレビューすべきだと思いました。 実際に作ってみた 材料は、• どん兵衛• もやし• 牛脂 です。 チャーシューやニンニク、キャベツはなしです。 牛脂は近くのスーパーで入手しました 無料です。 どん二郎の値段は? 私が試したどん二郎の値段は180円です。 どん兵衛 150円 もやし 30円 牛脂 無料 チャーシューやニンニクを加えたら、高級カップラーメン並の値段になりそうですね。 まずは「どん兵衛」の封を開け、調味料と牛脂を投入します お湯を入れたら5分待ちます 待っている間にもやし1袋をタッパーに入れ、クタクタになるまで電子レンジで温めます 1袋でマシぐらいです 盛り付けをした完成形が以下です。 見た目はそれっぽいですね 味は? スープがどん兵衛特有の醤油とかつおだし風味なので、野菜や脂を加えたところで、どこまでいってもどん兵衛であることに変わりありません。 やっぱり豚骨醤油ベースで、醤油漬けのアブラがないと独特の中毒さは出ないですね。 盛り付けの注意点ですが野菜の水気はよく切らないと味が薄くなり、どん兵衛としても美味しくなくなりますので、ご注意ください。 麺は? 二郎系の麺は太麺のワシワシ食感かモチッとしたツルツル食感のどちらかですが、どん兵衛の麺はワシワシ感の方が強いかもしれません。 カップ麺の中では二郎の麺に一番近いですが、それでも二郎を感じさせる麺ではありません。 普通にどん兵衛として食べるのがベスト 結論は最初にお伝えした通り、どん兵衛として食べるのが一番美味しいです。 自宅で手軽に二郎を味わってみたい気持ちはよく分かりますが、そんな簡単に実現できるなら、お店の前に行列はできません。 どん兵衛を二郎に近づけるには相当手を加える必要があります。 アイデアは面白かったですが、私は二度とどん二郎は試さないです。 お店が閉店している時間帯に二郎を食べたくなったら? 2019年1月からセブンイレブンで販売されている「豚ラーメン」で我慢してください。 1つ550円なのでどん二郎より費用は高くなりますが、味の完成度は上です。 また豚ラーメンについてもレビューします。

次の

世界一美味しい「どん二郎」の作り方 誰も思いつかなかった激ウマ! B級フードレシピ

どん二郎

どん二郎 マシマシの素 どん二郎(どんじろう)とは、日清食品のカップ麺「日清のどん兵衛 きつねうどん」をラーメン二郎風にアレンジしたもので、考案者は『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』の著者・野島慎一郎氏。 「ラーメン二郎」の看板と同じ配色にデザインされたパッケージに身を包み、なんの前触れもなく2019年10月8日に現れた、セブンイレブン限定商品「日清のどん兵衛 マシマシ篇 ガチ豚ニンニク」が記憶に新しいところ。 それはニンニクマシマシのコンセプトに恥じない大量の粒ニンニクで、まさに世間をアッと驚かせましたが、それも思えば序章だったのかもしれません。 明らかに「どん二郎」を模した製品なのに、考案者をはじめ『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』を出版した宝島社の関係者も寝耳に水の出来事でした。 「日清のどん兵衛 マシマシ篇 ガチ豚ニンニク」という商品名やパッケージに「二郎」の文字はないものの、2019年6月11日に日清食品が「どん二郎」という商標を特許庁に出願していたことが後に発覚(出願番号2019-74653)。 さらに「どん二郎を商品化」というタイトルの企画書(レシピ本の写真入り)が見つかるなど、まったく無関係とは言えない状態に—— そんなこんなで一時期、野島氏と日清食品の間には溝が生まれていたのですが、どん兵衛のマーケティング部が「ぜひ一度ご挨拶をさせていただきたい」と野島氏を呼び出して、1時間に及ぶ対談を経た結果、大事になることなく両者は無事に和解。 その際に行われた話し合いがあったからこそ、「マシマシの素」の正式な開発に繋がりました。 上記パッケージの写真は調理例なので、豚(ぶた)や半熟煮卵が出てくるわけではないのですが、もし例の味が再現できたら革命といっても過言ではありません。 それに、今度こそ日清食品株式会社と元祖どん二郎の考案者が手を取り合った正式なコラボ。 完成した「マシマシの素」は、2019年11月11日(月)のAM10時より、日清食品グループの公式オンラインストアにて、「日清のどん兵衛 きつねうどん」を2つ購入すると1袋もらえる「非売品」としてリリースされました。 ええ、物の見事に初回3,000袋すべて当日に完売ですよ。 しかし! まだ諦めてはいけません。 アレンジに必要なもの アレンジに必要なものは、「日清のどん兵衛 きつねうどん」「マシマシの素」「もやし」の3点セットが基本。 せっかくなので、今回は3つのどん兵衛〔西日本向け(E)、液体つゆ仕上げ、東日本向け(E)〕を用意しました。 裏面に記載されている製造所の欄を見ると、「池田糖化工業株式会社」と表示されています。 社名の下に表示されている住所は、池田糖化工業の手城工場(日本リコス株式会社)の所在地。 「日本リコス」は甘味料事業及び包装事業、野菜加工を主な事業内容としている企業で、特に天然甘味料(ステビア・甘草)に精通しています。 基本は代表者名しか記載されませんが、こうやって様々な分野のプロが製造に携わっているわけですね。 マシマシの素は中身の豚脂が凝固しているので、待っている間にフタの上で温めます。 上記画像についての詳細が気になる方は、関連記事「」をご覧ください。 では、参ります。 栄養成分表示:1食(28g)当たり カロリー:120kcal たん白質:2. 0g 脂 質:11. 6g 炭水化物:1. 9g 食塩相当量:2. ご購入・お召し上がりの前には、お手元の製品に記載されている情報を必ずご確認ください。 なお、上記の栄養成分表示は「マシマシの素」1袋あたりの数値です。 本来「どん二郎」には豚脂(ラード)の代わりに牛脂を使うのですが、「マシマシの素」に牛由来の原料は使われていません。 天地返しを行うことでヤサイの旨味がスープ全体に広がるだけでなく、マシマシの素に吹き込まれた「二郎」の息吹が解放され、いつもの和風つゆが完全に別のベクトルに飛ばされます。 もちろん麺はオーション(強力粉)で打った二郎麺ではなく「うどん」ですが、10分どん兵衛が話題になっただけのことはあって伸びにくく、マシマシの素に含まれるカラメ(醤油)で味も濃くなるけれど、もやし1袋分の水分が計算されている程よい塩梅。 もともと西のどん兵衛は醤油の風味が控えめということもあり、マシマシの素が伸び伸びと幅を利かせていました。 引き続き熱湯は内側の線ぴったりを狙い、もやしは1袋250gすべてトッピングしているのですが、上記のように意外とあふれません。 なんというか新境地ですよ、二郎臭い油揚げ。 ただ、この存在も「どん兵衛」のアイデンティティを象徴する上で大切なアイテムですし、豚はなくとも1枚でっかい揚げがある頼もしさ。 もちろんスープの味は東日本向けと西日本向けでは別物で、マシマシの素がノビノビとしていた西日本版とは裏腹に、東日本版は醤油のキレが圧倒的に強く、さらに明白な違いを見せていたのが「かつお」の存在感。 それに、もっとも甘さを感じたのも液体つゆ仕上げで、本格的かつジャンク度も高かったです。 ただ、これを土台にする場合は熱湯の量に気を付けてください。 粉末スープの「きつねうどん」に必要なお湯の目安量は410ml、対して「液体つゆ仕上げ」は390mlと少なめに設定してある(つまり「カレーうどん」と同じ容器で微妙にサイズが小さい)ので、野菜の量は同じでもギリギリまでスープが迫り上がってきます。 したがって「液体つゆ仕上げ」を使ってアレンジする場合、ちょっと熱湯は少なめに入れるのがコツ。 それから「マシマシの素」に入っているアブラの90%以上は融解した動物油脂(ラード)でしたが、実は写真のように背脂の粒もチラホラと入っているので、ぜひ見逃さないでください。 それにしても「マシマシの素」——これ、ちょっと本気でヤバいですよ。 もし本気で豚(ぶた)や背脂を自分で用意するとなった場合、ほぼ確実に原価割れ(どん兵衛の本体価格をオーバー)することになりますけど、「マシマシの素」を使えばフルカスタマイズ後の味が楽しめます。 今回「北のどん兵衛」を除く3種類のどん兵衛で試し、どれも甲乙付け難い個性と変化を見せてくれましたが、あえていえば「マシマシの素」による味変効果が最大限に楽しめた「西日本向け」がベストマリアージュ。 もし謎肉の素よろしく4袋セット税込540円で限定販売したら飛ぶように売れると思いますし、再配布も含め、もっともっと多くの方に届けるべき価値のある企画だと感じました。 日清食品の公式ネット通販サイト限定なので、会員登録しないと注文できないのですが、興味のある方は上記の特設サイトをチェックしてください。

次の

【どん二郎】噂の「ラーメン二郎をどん兵衛」で作ってみた<作り方>

どん二郎

どん二郎 マシマシの素 どん二郎(どんじろう)とは、日清食品のカップ麺「日清のどん兵衛 きつねうどん」をラーメン二郎風にアレンジしたもので、考案者は『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』の著者・野島慎一郎氏。 「ラーメン二郎」の看板と同じ配色にデザインされたパッケージに身を包み、なんの前触れもなく2019年10月8日に現れた、セブンイレブン限定商品「日清のどん兵衛 マシマシ篇 ガチ豚ニンニク」が記憶に新しいところ。 それはニンニクマシマシのコンセプトに恥じない大量の粒ニンニクで、まさに世間をアッと驚かせましたが、それも思えば序章だったのかもしれません。 明らかに「どん二郎」を模した製品なのに、考案者をはじめ『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』を出版した宝島社の関係者も寝耳に水の出来事でした。 「日清のどん兵衛 マシマシ篇 ガチ豚ニンニク」という商品名やパッケージに「二郎」の文字はないものの、2019年6月11日に日清食品が「どん二郎」という商標を特許庁に出願していたことが後に発覚(出願番号2019-74653)。 さらに「どん二郎を商品化」というタイトルの企画書(レシピ本の写真入り)が見つかるなど、まったく無関係とは言えない状態に—— そんなこんなで一時期、野島氏と日清食品の間には溝が生まれていたのですが、どん兵衛のマーケティング部が「ぜひ一度ご挨拶をさせていただきたい」と野島氏を呼び出して、1時間に及ぶ対談を経た結果、大事になることなく両者は無事に和解。 その際に行われた話し合いがあったからこそ、「マシマシの素」の正式な開発に繋がりました。 上記パッケージの写真は調理例なので、豚(ぶた)や半熟煮卵が出てくるわけではないのですが、もし例の味が再現できたら革命といっても過言ではありません。 それに、今度こそ日清食品株式会社と元祖どん二郎の考案者が手を取り合った正式なコラボ。 完成した「マシマシの素」は、2019年11月11日(月)のAM10時より、日清食品グループの公式オンラインストアにて、「日清のどん兵衛 きつねうどん」を2つ購入すると1袋もらえる「非売品」としてリリースされました。 ええ、物の見事に初回3,000袋すべて当日に完売ですよ。 しかし! まだ諦めてはいけません。 アレンジに必要なもの アレンジに必要なものは、「日清のどん兵衛 きつねうどん」「マシマシの素」「もやし」の3点セットが基本。 せっかくなので、今回は3つのどん兵衛〔西日本向け(E)、液体つゆ仕上げ、東日本向け(E)〕を用意しました。 裏面に記載されている製造所の欄を見ると、「池田糖化工業株式会社」と表示されています。 社名の下に表示されている住所は、池田糖化工業の手城工場(日本リコス株式会社)の所在地。 「日本リコス」は甘味料事業及び包装事業、野菜加工を主な事業内容としている企業で、特に天然甘味料(ステビア・甘草)に精通しています。 基本は代表者名しか記載されませんが、こうやって様々な分野のプロが製造に携わっているわけですね。 マシマシの素は中身の豚脂が凝固しているので、待っている間にフタの上で温めます。 上記画像についての詳細が気になる方は、関連記事「」をご覧ください。 では、参ります。 栄養成分表示:1食(28g)当たり カロリー:120kcal たん白質:2. 0g 脂 質:11. 6g 炭水化物:1. 9g 食塩相当量:2. ご購入・お召し上がりの前には、お手元の製品に記載されている情報を必ずご確認ください。 なお、上記の栄養成分表示は「マシマシの素」1袋あたりの数値です。 本来「どん二郎」には豚脂(ラード)の代わりに牛脂を使うのですが、「マシマシの素」に牛由来の原料は使われていません。 天地返しを行うことでヤサイの旨味がスープ全体に広がるだけでなく、マシマシの素に吹き込まれた「二郎」の息吹が解放され、いつもの和風つゆが完全に別のベクトルに飛ばされます。 もちろん麺はオーション(強力粉)で打った二郎麺ではなく「うどん」ですが、10分どん兵衛が話題になっただけのことはあって伸びにくく、マシマシの素に含まれるカラメ(醤油)で味も濃くなるけれど、もやし1袋分の水分が計算されている程よい塩梅。 もともと西のどん兵衛は醤油の風味が控えめということもあり、マシマシの素が伸び伸びと幅を利かせていました。 引き続き熱湯は内側の線ぴったりを狙い、もやしは1袋250gすべてトッピングしているのですが、上記のように意外とあふれません。 なんというか新境地ですよ、二郎臭い油揚げ。 ただ、この存在も「どん兵衛」のアイデンティティを象徴する上で大切なアイテムですし、豚はなくとも1枚でっかい揚げがある頼もしさ。 もちろんスープの味は東日本向けと西日本向けでは別物で、マシマシの素がノビノビとしていた西日本版とは裏腹に、東日本版は醤油のキレが圧倒的に強く、さらに明白な違いを見せていたのが「かつお」の存在感。 それに、もっとも甘さを感じたのも液体つゆ仕上げで、本格的かつジャンク度も高かったです。 ただ、これを土台にする場合は熱湯の量に気を付けてください。 粉末スープの「きつねうどん」に必要なお湯の目安量は410ml、対して「液体つゆ仕上げ」は390mlと少なめに設定してある(つまり「カレーうどん」と同じ容器で微妙にサイズが小さい)ので、野菜の量は同じでもギリギリまでスープが迫り上がってきます。 したがって「液体つゆ仕上げ」を使ってアレンジする場合、ちょっと熱湯は少なめに入れるのがコツ。 それから「マシマシの素」に入っているアブラの90%以上は融解した動物油脂(ラード)でしたが、実は写真のように背脂の粒もチラホラと入っているので、ぜひ見逃さないでください。 それにしても「マシマシの素」——これ、ちょっと本気でヤバいですよ。 もし本気で豚(ぶた)や背脂を自分で用意するとなった場合、ほぼ確実に原価割れ(どん兵衛の本体価格をオーバー)することになりますけど、「マシマシの素」を使えばフルカスタマイズ後の味が楽しめます。 今回「北のどん兵衛」を除く3種類のどん兵衛で試し、どれも甲乙付け難い個性と変化を見せてくれましたが、あえていえば「マシマシの素」による味変効果が最大限に楽しめた「西日本向け」がベストマリアージュ。 もし謎肉の素よろしく4袋セット税込540円で限定販売したら飛ぶように売れると思いますし、再配布も含め、もっともっと多くの方に届けるべき価値のある企画だと感じました。 日清食品の公式ネット通販サイト限定なので、会員登録しないと注文できないのですが、興味のある方は上記の特設サイトをチェックしてください。

次の