楽天 アン リミット 端末。 スマホ端末が1円?!1年間無料プランで話題の「Rakuten UN

楽天モバイル「アンリミット(UN

楽天 アン リミット 端末

Rakuten Mini• Galaxy A7• OPPO Reno A 128GB 2020年5月27日 水 〜楽天ミニ Rakuten Mini 1円キャンペーンが始まりました。 合わせて、「Galaxy A7」も大幅値下げされています。 また、2つのSIMを挿すことができる「OPPO Reno A 128GB」も根強い人気があります。 ここでは、特にオススメの2機種「楽天ミニ Rakuten Mini 」「Garaxy A7」をご紹介します。 楽天ミニ Rakuten Mini 2020年5月27日〜6月17日までの期間限定で、楽天ミニが1円になっています。 楽天モバイルのMNOサービス「Rakuten UN-LIMIT」が始まったのは2020年4月8日ですが、 当初は21,800円 税込 で、5000ポイント還元でした。 それでも十分魅力的な端末でしたが、ついに1円になりました。 今から楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」を始めるなら、この機種が一番オススメです。 小さい端末 ガラケーの折りたたみ・名刺に近いサイズ ですが、おサイフケータイ搭載なのが嬉しく、必要な機能は揃っている印象です。 ウェブサーフィンするには少し小さいかも。 また、 文字入力する際、やはり画面の小ささは感じてしまいます。 これさえ我慢できる方ならメイン端末としても使えそうです。 モバイルルーターとして使ったり、サブ機に使う方も多いようですね。 Garaxy A7が大幅値下げに 6インチの有機ELディスプレイに、トリプルカメラ 広角・超広角・深度 、バッテリー大容量 3500mhA 、7. 5mmと薄くノッチ 切り欠き 無しと高機能な端末になっています。 ただ、 無い機能としては、おサイフケータイ・ワイヤレス充電・防水などはありません。 私はiPhoneXR 液晶 を使っているので、Garaxy A7の有機ELディスプレイを見ると、文字がクッキリ見えるし、動画もきれいに見えるなと感じました。 ただ、有機ELディスプレイなので、文字スクロールが少しにじむ印象を受けました。 iPhoneXやiPhone11などの有機ELディスプレイもにじむように感じるので、これは仕方ないですね。 まとめ 今回ご紹介した「楽天ミニ Rakuten Mini 」「Garaxy A7」は、キャンペーンを使うと実質ほぼ無料で始めることができます。 端末としても使いやすい印象があるので、オススメです。 楽天ミニは、契約事務手数料3300円と端末代1円で、Rakuten LINK利用で合計6300円ポイント還元のキャンペーンが併用できます。 ただし、楽天ミニ1円キャンペーン利用の場合、ご紹介キャンペーンは対象外です。 Garaxy A7は、契約事務手数料3300円と端末代18,700円で、端末ポイント還元15,000ポイント、Rakuten LINK利用で合計6300円ポイント還元のキャンペーン、ご紹介キャンペーン 紹介者3,000ポイント、紹介された方2,000ポイント を併用できます。 詳しいキャンペーンの詳細は、下記の公式サイトをご確認ください。 また、楽天モバイルアンリミットについては、こちらにも詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。

次の

ドケチがRakuten UN

楽天 アン リミット 端末

今ならプラン料金1年間無料 現在、楽天モバイルは「 Rakuten UN-LIMIT提供キャンペーン」として結構ド派手なキャンペーンを行っています。 そのキャンペーンの内容はざっくり以下の感じ。 300万人を対象に1年間プラン料金無料• オンライン契約で3,000ポイントプレゼント• 申し込み時事務手数料を全額ポイント還元 3,300ポイント• 対応端末以外でも大丈夫だった は というものがあって、それが動作保証端末ということでした。 その 以外で契約して動かなくても知らないよっていうラインナップのようですね。 私が利用している端末は、だったので対応端末ではなかったんですが、、、 普通に使えました! 申し込みから設定 私の場合は、楽天モバイルのプラン変更から「 Rakuten UN-LIMIT」へのプラン変更を選択して申し込みを行っただけです。 翌日にはSIMカードが発送されて、その翌日には手元にSIMカードが到着しました。 一応、START GUIDEなるものが一緒に入っていましたが、、、 普通に今の通話SIMを抜いて、新しいSIMカードを入れるだけで使用可能になりましたね。 ちなみに、到着したSIMカードにはSIMを取り出すためのSIMピンが入っていないので注意してください。 とりあえず、私の場合は設定という設定は何も行わずに利用可能になりましたね。 プラン比較 私がこれまで利用していた「 楽天スーパーホーダイ プランS」と今回新たに契約した「 Rakuten UN-LIMIT」の比較をしてみたいと思います。 月額利用料金• 楽天スーパーホーダイ プランS:2,980円• Rakuten UN-LIMIT:2,980円 月額料金はこれまでと同額でしたが、上述したように今なら1年間基本料金が無料になるというキャンペーン中なので、実質「 Rakuten UN-LIMIT」の方がお得になる感じですね。 楽天スーパーホーダイ プランS:2GBまで• Rakuten UN-LIMIT: 無制限!! 「Rakuten UN-LIMIT」はなんと、高速データ通信量が無制限に使えます! これはヤバイ!! ただし、この条件は楽天モバイル回線利用時のみ適用される条件になります。 しかし、我が家は のサイトから楽天モバイル回線が利用できる範囲を調べてみたら、ガッチリ入っていたので無制限で使い放題となります。 東京23区は大体カバーしていた印象ですし、今後カバー範囲を拡大していく計画みたいなので、今は対象外でもそのうち範囲内になるかもしれませんね。 ちなみに、範囲外でもau回線を利用して月5GBまで高速通信が利用できます。 高速通信の枠を使い切っても最大1Mbpsの速度で通信できる点などは と同じ条件になっていますね。 月額利用料金も一緒なので、これは乗り換えた方が断然お得になると判断しました。 国内通話料• 楽天スーパーホーダイ プランS:1回10分まで無料(楽天でんわ利用時)• Rakuten UN-LIMIT: 24時間かけ放題(楽天Link利用時) 通話に専用アプリを使用するという点では一緒ですが、「Rakuten UN-LIMIT」では通話が24時間いつでもかけ放題となります! この値段でかけ放題にパケット使い放題って結構ヤバイですね。 未使用データの繰越• 楽天スーパーホーダイ プランS:翌月まで繰越可• Rakuten UN-LIMIT:繰越不可 未使用分の高速データ通信に関しては「Rakuten UN-LIMIT」は繰越不可となります。 っていうか、そもそも基本的に高速データ通信無制限なので繰り越すとかいう概念がないですよねw 総合的に見ると移行が得 そんなわけで、今回、色々と検討してみて総合的に見ると「Rakuten UN-LIMIT」への移行がめちゃめちゃ得になると思って移行してみました。 設定もなく、SIMを入れ替えただけで移行が完了したので本当に簡単に移行を終えられ、しかもサービス内容がこれまでよりも充実しているので、とりあえず移行して良かったです。 紹介コード 紹介コードを利用するともっとお得に 現在、「Rakuten UN-LIMIT」の契約をお考えの方、以下の紹介コードを利用すると 楽天ポイントが2,000ポイントもらえるので、よりお得に契約することができます。 是非とも紹介コードを利用してください! 紹介コード: 2020050105486 紹介コードは、申し込み時に、以下の入力欄に設定してください。 追記 紹介ポイントについて、6月からルール変更があったようです。 紹介できるのは1楽天モバイルIDにつき5回線までで、 6回線目以降はポイント付与対象外となってしまうようです。 そのため、上記の紹介コードがすでに5回線以上使用されている可能性もあるため、申し込み時にキャンペーン適用対象となるかご確認ください。 結構時間がかかりますが、気長に待ちましょう。 注意点.

次の

楽天モバイルUN

楽天 アン リミット 端末

楽天が「アンリミット」を打ち出す理由を考察する 満を持して、楽天が携帯キャリアに参入します。 NTTドコモ、au、ソフトバンクに並ぶわけですね。 市場としては寡占市場&レッドオーシャンであることは明らか。 そんな環境に入っていくのだからインパクトが必要。 なんでインパクトが必要か?単純明快、 ユーザーに「楽天に切り替える理由」が提供できないと事業として成立しないから。 そんな状況の、最後発の楽天が打ち出した作戦がこの『Rakuten UN-LIMIT』なのだ。 楽天アンリミットの特徴 ユーザーに対して楽天に切り替えるよう促すことを目的としたプランなので、結構衝撃的な内容なのですが、そんな中で、わたしが注目する「楽天アンリミット」の魅力&特徴は以下の3つです。 イノベーションと呼んでもいいレベルのものだと思いました。 破壊的。 楽天アンリミットに申し込んだ理由(ドケチが魅力を感じたポイント) やっぱりデータ使い放題に一番魅力を感じました。 使い放題になったらたぶん、 生活が変わります。 外出先でデータ容量を気にしなくてよくなることで、行動に制限がかからなくなるであろうことが最大のメリットです。 電車内で動画見まくったり、ゲームのアップデートしたり、カフェでノートパソコンデザリングして仕事したりすることに対する、データ容量とお金の制限がなくなります。 間違いなく行動力があがるでしょう。 今現在、マイネオ(MONV)を利用しているのでキャリア回線になることによる通信速度の改善が期待できることも魅力。 データ容量無制限を最大限活かそうとするならば、回線速度は超重要。 うまくいけば今よりも全体的なレベルアップが見込めます!乗るしかない、このビックウェーブに!って感じです。 楽天アンリミット専用端末問題(今回リスクをとって挑戦するポイント) 2020年3月7日時点、楽天アンリミットは自社で販売する11種類の端末のみ、動作保証をしています。 わたしは新たに端末を買う気はありません。 今の端末で勝負してみます。 動作が保証されている端末を買わない理由 おそらく、ほぼ間違いなくしばらくしたら5G対応端末が山ほどリリースされるだろうと予想しています。 端末買い換えるなら、そのタイミングで端末を買い替えたいことが理由です。 こういう先読みをしているので、選択肢が少ない今、あえて端末を買うという判断をしないということです。 1年間の無料期間を有効に活用する戦略(名古屋の生活で楽天回線を活かせるか?) 素晴らしいプロモーションだと思います。 話題性十分でしょう。 今回の1年間利用料金無料キャンペーンにMNP(ナンバーポータビリティ)を含めないというのは、そういうことなのでしょう。 オープンベータテストというか、無料期間に確認してね!という意図を感じます。 それに乗っかって、戦略を立てました。 無料期間に今のスマホ、楽天アンリミットのSIMに差し替えて日常生活で使って、楽天回線の範囲内で使いこなせるか検証します。 一時的に電話番号変わりますが、実情として自分の電話番号を使う機会って月に何回も無いのでSIMカード差し替えて1~2週間試しても問題ないんじゃないかな?と判断しています。 大丈夫!って判断できたらMNP利用してメイン回線を楽天アンリミットに移行します。 ということで、戦略上、1年もの無料期間を必要としません。 というか、おそらくこういう人多いんじゃないかと思います。 楽天もたぶんこれ系の動きを想定していると思います。 だから、300万人という限定になってるんだかなっていないんだか、事実上応募者全員じゃないか?みたいな数字を出せるのではないかと思います。 もらえるポイントでリスクをケア(SIMロック解除と最悪のリスク) 今回のキャンペーンで楽天ポイントが合計6,300ポイントもらえます。 このうち3,300ポイントは先払いする事務手数料3,300円と相殺されるので、実質無料で契約できる&3,000ポイントプレゼントですね。 わたしはこの3,000ポイントを今使っているスマホのシムロックを解除する原資に充てます。 ただ、先に述べた通り今スマホを買い替えたくありません。 とはいえ、リスクの最大値が6,600円損するくらいのもの。 全容が見えているので、チャレンジコストとして考えればまぁOKと判断しました。 楽しいですし。 端末について勝算がある理由 色々調べていると、 「SIMロックフリーの端末なら何でもOKという勘違いが多い」という「なにっ」と思う記述を見かけましたので、SIMロック解除についても調べなおしてみました。 携帯通信事業者、NTTドコモやau、ソフトバンクなどには事業者番号というのが割り振られており、 たとえばNTTドコモで購入した「SIMロックされている端末」はNTTドコモの事業者番号のSIMしか使えない状態ということ。 このロックを解除するのがSIMロック解除。 これをやると、NTTドコモで買った端末でもauやソフトバンクのSIMカードが使えるようになる。 だから、楽天モバイル、楽天の事業者番号のSIMカードを使う場合、SIMフリーの端末が必要になるという理屈。 じゃあSIMフリーになった端末ならどこの通信事業者のサービスでも利用可能か?というとそういう話にならないのが難しいところ。 スマホ端末は電波をつかんで通信を行う仕組みであり、 通信事業者が提供するバンド(周波帯)が掴める、利用できる端末じゃないと理論上通信ができない。 SIMカードを認識することと、電波を掴むことは別なのだ。 SIMフリーの端末にちゃんと生きてるSIMカードさしても使えないのはこれが原因。 4Gに対応していない、3G時代の古い端末に、最新の4Gの電波しか掴まないSIMカードさしても、認識はするが電波つかめないイメージ。 つまり、 関門は最低でも2つあるということ。 そこで勝算の話。 わたしが使っている端末、au版のXperia XZ1なんですよ。 楽天回線のバンド(周波帯)がなんなのかわからない怖さはありますが、楽天がローミングで組んでる相手がauなので、auの端末ならいけるんじゃないかなーと。 現時点の楽天が端末絞ってる理由って、ローミング先がマニアックなバンド使っているauだからなんじゃないかという読みです。 まだ楽天回線自体のカバー率が大都市圏のみと低いことから、どうしてもややマニアックなauVoLTEにローミングでつながる機会が多い・可能性が高い。 そうなると、楽天回線に対応している端末でも、auVoLTE回線に対応していない端末だと、結果「つながらないというクレームになってしまうから」という読み。 怖いのがXperia XZ1って新しい機種じゃないので、最新のバンド(楽天が新規で取得する可能性のあるプラチナバンドとか)使われていると対応できない可能性と、電波掴めても楽天リンクアプリが対応していない可能性。 けど、公式対応が表明されているXperia Aceに搭載されているandroidのバージョンが「9」、Xperia XZ1のandroidバージョンも「9」。 楽天オリジナル端末ラインナップの少なさから、端末料金で稼ぐビジネスモデルとは思えないので、そう考えるとなるべく既存の端末を使えるようにしてユーザーを増やしたいはず。 だから、たぶん行けるんじゃないか?と判断した理由(ワケ)です。 楽天で購入 おまけ UN-LIMITに楽天の本気をみた 1年間無料。 契約期間の縛りなし。 事務手数料もポイントバックで実質無料、さらに追加で3,000ポイントプレゼント。 利用者側がリスクと思う内容をごとごとくつぶしに来ているように感じます。 ユーザーの失敗を最小限にしてやるそ!という意思を感じます。 そのうえで価格破壊までしに来ています。 やらなきゃ損レベルで、やらない理由を完全につぶしに来ています。 おそらく、この事業は数年くらい赤字でしょう。 1年間の無料期間も月2GBのauローミングがあるってことは、ライバル会社にお金を払うってことです。 これは、そこまでしてでもやってやる、絶対にビジネスとして成功させる、ビジネスの柱にしてやる、 何よりも、世の中を変えてやる!って意思があるということです。 じゃなきゃ、こんな投資はしません。 そうじゃなきゃ、こんな価格設定はしません。 こういう前のめりな姿勢、大好きです。

次の