プラレール 60 周年 記念。 明星 チャルメラ「プラレール60周年記念 くろネコのにゃーにゃートレイン」プレゼントキャンペーン (11月22日開始)

プラレール60周年記念「ポテトの駅」ゲットまでの道のり。

プラレール 60 周年 記念

プラレールが60周年記念展!鉄道博物館とのコラボで家族全員楽しめる【埼玉】 2019. 親子3代で楽しく学べる内容になっていて、家族全員大満足すること間違いなし!今回だけの特別な展示も多くあるので、夏休みに家族で訪れてみては? 60年の歴史をたどってみよう! プラレールといえば、子どものころにレールや列車をつないで遊んだ人も多いのでは。 あるいは、現在もわが子と一緒に遊んでいるという人もいるかもしれませんね。 プラレールは、大人も子どもも夢中にさせる魅力があり、これからも多くの人を魅了することでしょう。 見どころがたくさんあって、ついつい時間が経つのを忘れてしまうほど。 これは、60周年の記念商品「レールも!車両も!情景も!60周年ベストセレクションセット」に含まれているオリジナル車両で、4段階に及ぶ試作品を見ることができます。 展示が見られるのはこのイベントだけなので、必見ですよ。 プラレールの変遷や、プラレールができるまでの詳しい製造工程を学べます。 身近な新幹線や山手線を、いつもとひと味違った楽しみ方ができるのが、プラレールの一つの魅力と言えそうです。 レールで車両を再現!初展示の大型ジオラマ 期間中、本館1階エントランス付近に「E5系新幹線はやぶさ」の形を、青いレールで再現した幅約3600㎜の大型のプラレールジオラマ「E5系新幹線はやぶさ プラレール車両ジオラマ」が初展示!(写真はイメージ)。 巨大なジオラマに、思わず見入ってしまいそう。 それだけ多くの人々に愛され続けてきた証といえます。 『プラレール60周年記念展「プラレール博物館 ~昭和・平成そして令和へ プラレールの歴史~」』は、時代とともに進化し続けてきたプラレールを見ることができる貴重なチャンスです。 子どもも大人も、きっと目を輝かせるはず。 夏休み、ぜひ一緒に出掛けてみては。 自由研究にも役立ちそうです。 実際のお支払い金額に関しましては、ご利用いただく施設までお問い合わせください。

次の

プラレール60周年 各地の記念イベントを早大鉄研がレポート

プラレール 60 周年 記念

提供 左から300系、700系、N700系(「のぞみダブルセット」「サウンドコントロール700系新幹線セット」より)(筆者撮影) タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」誕生60周年の今年は、記念イベント開催のほか、記念商品も発売されている。 なかでも早稲田大学鉄道研究会「プラレール分科会」が注目するのは、以下の2アイテムだ。 * * * プラレール誕生から60周年を迎えた今年は、様々な記念商品が発売されている。 その中で筆者が注目した2つの商品を紹介する。 以下、あくまでも筆者の主観であることをお許し願いたい。 「ライト付 パパとぼくの300系&N700typeAのぞみダブルセット」(2019年3月発売) この商品、注目すべきは、廃盤商品となっていた300系新幹線がハイパワーライト搭載の新動力ユニットになって復活したということである。 ハイパワーライトとは、今までのライト付き車両よりも明るく点灯するライトを搭載した車両のことである。 N700系にもハイパワーライトが搭載されていて、通常商品と違い「N700スモールA」のロゴのステッカーが貼られている。 N700系のプラレールは様々発売されてきたが、N700系スモールAの車両は限定生産されたものしかなく、とても珍しい。 このセットは2編成両方にハイパワーライトが搭載されているという、とても贅沢な商品であり、60周年にふさわしい商品だと感じられる。 また面白いのは商品の名前である。 「パパとぼくの~」というフレーズがとても印象的だ。 筆者の時代は500系と700系が新幹線のフラッグシップ的存在だった。 500系・700系が栄華を誇った時代は過去のものとなり、現在では16両編成の700系は数を減らして来年度末の引退が決まっている。 このセット名は、今の子供の世代はN700系、その親の世代は300系ということを表している。 なんとも時代の変化を感じる名前である。 過去に発売された東海道新幹線のプラレールの中で筆者がとても気に入っている商品がある。 「サウンドコントロール700系新幹線セット」だ。 プラレールとしては珍しい、リモコン操作できる商品であり、サウンドがとても素晴らしい商品であった。 筆者はこの玩具でよく遊んでいたせいか、700系が好きであり、引退はとても残念である。 「レールでアクション!なるぞ!ひかるぞ!E235系山手線」(2019年3月発売) レールでアクションシリーズは60周年記念商品であり、C62と山手線の二種類がラインナップされているが、今回は山手線E235系を紹介する。 メカ好きな筆者としてはとても興味深い商品であった。 この車両は先頭車両の下に専用のツメがあり、それがレールの凹凸の数を測り、それに合わせたサウンドを鳴らすという仕組みだった。 特殊レールは3種類付いておりいずれも凹凸の数が異なる。 筆者はサウンド付きの山手線ということにも注目していた。 サウンド付きの山手線といえば2004年に発売された、「サウンド・ドア開閉山手線セット」を思い浮かべる人もいるだろう。 こちらはE231系500番台のセットであり、内回り・外回りをスイッチで選べ、山手線全29駅を案内し主要駅では発車メロディが流れるというとても画期的な商品であった。 今回は15年差のこの2つの商品を比較してみたい。 E235系山手線セットは6種類の主要駅を案内し、発車メロディが流れる。 サウンド面においては昔のセットに軍配が上がるだろう。 しかし昔の山手線は、2両目と3両目が配線の通った固定連結器であり、外すことができない。 一方、新しいセットでは1両の車両の中にすべての機能が内蔵されているため増結も容易である。 技術の進歩は、私たち学生が子どもの頃と現在との違いからでも実感できることがよくわかる。 新型の山手線はライト付き、情景に合わせたサウンド、スマートフォンと連携等の機能が入っており、総合的に見るとこの2つの商品の優劣をつけることは難しいのではないか。 最後に、プラレールは未来に向けてどのように変化していくのか、探っていきたい。 まず、子どもたちに人気の「シンカリオン」シリーズの映画化、グッズの販売が挙げられる。 タカラトミーは、ジェイアール東日本企画・小学館集英社プロダクションとともに、シンカリオンシリーズを制作し、アニメとのメディアミックスによって玩具の売り上げに貢献するというビジネスモデルを構築した。 また、再生材料を50%以上使用し、玩具としては最初にエコマーク認定を受けた「エコレール」「エコ橋脚」の開発は、持続可能な社会の実現に向けた取り組みとして取り上げることができる。 レールの色には、環境に配慮していることを視覚的にもアピールする緑が採用され、子どもたちの環境意識向上に寄与しているようだ。

次の

タカラトミー「プラレール」が60周年!その歴史を振り返る|@DIME アットダイム

プラレール 60 周年 記念

提供 左から300系、700系、N700系(「のぞみダブルセット」「サウンドコントロール700系新幹線セット」より)(筆者撮影) タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」誕生60周年の今年は、記念イベント開催のほか、記念商品も発売されている。 なかでも早稲田大学鉄道研究会「プラレール分科会」が注目するのは、以下の2アイテムだ。 * * * プラレール誕生から60周年を迎えた今年は、様々な記念商品が発売されている。 その中で筆者が注目した2つの商品を紹介する。 以下、あくまでも筆者の主観であることをお許し願いたい。 「ライト付 パパとぼくの300系&N700typeAのぞみダブルセット」(2019年3月発売) この商品、注目すべきは、廃盤商品となっていた300系新幹線がハイパワーライト搭載の新動力ユニットになって復活したということである。 ハイパワーライトとは、今までのライト付き車両よりも明るく点灯するライトを搭載した車両のことである。 N700系にもハイパワーライトが搭載されていて、通常商品と違い「N700スモールA」のロゴのステッカーが貼られている。 N700系のプラレールは様々発売されてきたが、N700系スモールAの車両は限定生産されたものしかなく、とても珍しい。 このセットは2編成両方にハイパワーライトが搭載されているという、とても贅沢な商品であり、60周年にふさわしい商品だと感じられる。 また面白いのは商品の名前である。 「パパとぼくの~」というフレーズがとても印象的だ。 筆者の時代は500系と700系が新幹線のフラッグシップ的存在だった。 500系・700系が栄華を誇った時代は過去のものとなり、現在では16両編成の700系は数を減らして来年度末の引退が決まっている。 このセット名は、今の子供の世代はN700系、その親の世代は300系ということを表している。 なんとも時代の変化を感じる名前である。 過去に発売された東海道新幹線のプラレールの中で筆者がとても気に入っている商品がある。 「サウンドコントロール700系新幹線セット」だ。 プラレールとしては珍しい、リモコン操作できる商品であり、サウンドがとても素晴らしい商品であった。 筆者はこの玩具でよく遊んでいたせいか、700系が好きであり、引退はとても残念である。 「レールでアクション!なるぞ!ひかるぞ!E235系山手線」(2019年3月発売) レールでアクションシリーズは60周年記念商品であり、C62と山手線の二種類がラインナップされているが、今回は山手線E235系を紹介する。 メカ好きな筆者としてはとても興味深い商品であった。 この車両は先頭車両の下に専用のツメがあり、それがレールの凹凸の数を測り、それに合わせたサウンドを鳴らすという仕組みだった。 特殊レールは3種類付いておりいずれも凹凸の数が異なる。 筆者はサウンド付きの山手線ということにも注目していた。 サウンド付きの山手線といえば2004年に発売された、「サウンド・ドア開閉山手線セット」を思い浮かべる人もいるだろう。 こちらはE231系500番台のセットであり、内回り・外回りをスイッチで選べ、山手線全29駅を案内し主要駅では発車メロディが流れるというとても画期的な商品であった。 今回は15年差のこの2つの商品を比較してみたい。 E235系山手線セットは6種類の主要駅を案内し、発車メロディが流れる。 サウンド面においては昔のセットに軍配が上がるだろう。 しかし昔の山手線は、2両目と3両目が配線の通った固定連結器であり、外すことができない。 一方、新しいセットでは1両の車両の中にすべての機能が内蔵されているため増結も容易である。 技術の進歩は、私たち学生が子どもの頃と現在との違いからでも実感できることがよくわかる。 新型の山手線はライト付き、情景に合わせたサウンド、スマートフォンと連携等の機能が入っており、総合的に見るとこの2つの商品の優劣をつけることは難しいのではないか。 最後に、プラレールは未来に向けてどのように変化していくのか、探っていきたい。 まず、子どもたちに人気の「シンカリオン」シリーズの映画化、グッズの販売が挙げられる。 タカラトミーは、ジェイアール東日本企画・小学館集英社プロダクションとともに、シンカリオンシリーズを制作し、アニメとのメディアミックスによって玩具の売り上げに貢献するというビジネスモデルを構築した。 また、再生材料を50%以上使用し、玩具としては最初にエコマーク認定を受けた「エコレール」「エコ橋脚」の開発は、持続可能な社会の実現に向けた取り組みとして取り上げることができる。 レールの色には、環境に配慮していることを視覚的にもアピールする緑が採用され、子どもたちの環境意識向上に寄与しているようだ。

次の