ポケモンgo ヘルスケア 反映されない。 【ポケモンGO】歩いた距離が反映されないというバグ発生!?週間リワードにも影響が…

いつでも冒険モードの不具合?歩いた距離が反映されないだと…?

ポケモンgo ヘルスケア 反映されない

181. 公式 調査中 相手がシールドを2回以上使う 公式 調査中 スペシャルアタックを同時に打った時、先に発動したトレーナーが、相手の発動の前にポケモンを入れ替えられる 0. 179. 179. 0で解消 Android5や6で、アプリにログインできない不具合が発生しています。 公式発表 公式によれば、アップデート0. 179. 0で解消されたようです。 逆に、相棒がギフトを持ってきてくれた表示が出る前に、すでにギフト欄にギフトが入る不具合もあります。 対処方法 前者は、一定時間経つとギフト欄に反映されます。 この不具合について公式発表はありません。 5切り捨てされる PL〇〇. 5のポケモンを交換すると、交換後に小数点以下が切り捨てられて レベルが下がる不具合が発生しています。 交換画面だけの表示不具合ではなく、 交換でポケモンのレベルが実際に下がってしまうため、ご注意ください。 交換時の画面 PL20. 5のストライクを交換に出した画面。 現在のCPが、交換後の変動幅を超えていることが分かります。 公式ツイートでは「他のバトル方法ではこのバグは発生していない(意訳)」と書かれています。 そのため、ver0. 171. 4で トレーニング(各色リーダー戦)での即降参でハートがもらえなくなりましたが、こちらは 不具合でなく仕様な可能性が高いです。 相棒のおやつ関連の不具合 満腹にしてから1時間経過したあと、 or or を合計2個上げても満腹にならない 対処方法• 2個でなく、 4個ほどあげることで満腹になるようです。 また、おやつをあげる前に一度相棒画面から出て再度入り、その後1個上げると満腹になることがあります。

次の

振り子の距離が加算されない時の対策[ポケモンGO]

ポケモンgo ヘルスケア 反映されない

ポケモンGOアプリを起動していなくても歩数、距離をカウントできる「いつでも冒険モード」の設定方法とPokemon GO Plusとの違い、比較です。 ついにポケモンGOに『いつでも冒険モード』が実装されました。 この いつでも冒険モードは、ポケモンGOアプリの画面が起動した状態じゃなくても歩いた距離、歩数をカウントしてくれるモードです。 タマゴ孵化や相棒と歩いた距離が延びるので、ちょっとでもポケモンGOをプレイするユーザーにはかなり嬉しい機能だと思います。 これまでのポケモンGOの仕様を思いっきり覆す仕様で専用デバイス「Pokemon GO Plus」ともカブりそうな機能となっています。 いつでも冒険モードが使えないユーザーもいる。。 レベル順に順次開放 【お知らせ】新機能「いつでも冒険モード」が、レベル40のトレーナーの皆さんに限りご利用いただけるようになりました! 他のトレーナーの皆さんにも、順次ご利用いただけるよう準備をしております。 どうぞお楽しみにお待ちください! 詳しくはこちら: — Pokemon GO Japan PokemonGOAppJP いつでも冒険モードは、11月2日より利用可能となっています。 ただし、レベル順に順次開放されるといういつもの仕様で記事作成時だとレベル35以上のユーザーが利用できる状態となっていました。 自分のポケモンGOアカウントはレベル36で実際に利用することができました。 ということで「いつでも冒険モード」の初期セットアップ、設定方法と実際に使ってみての電池持ち、愛用しているPokemon GO Plusとのできることの違い、比較を書いてみました。 機能が利用できるようになるとポケモンGOユーザー的にはデメリットはほとんどないと思うので是非。 関連記事: 【ポケモンGO】アプリ画面を開いていなくても歩いた距離がカウントされる「いつでも冒険モード」 タマゴ孵化やタスククリアに最適な機能! いつでも冒険モードは、iOSだとヘルスケア、AndroidだとGoogle FitとポケモンGOを連動することで ポケモンGOの画面が起動していなくても距離をカウントするというものです。 Pokemon GO Plusとのできることの違い、比較 自分はもう長いことPokemon GO Plusを使ってプレイしています。 なので、歩くときはアプリの画面を起動することなくPokemon GO Plusに接続して距離を稼いでいたり、ポケストップやポケモン捕獲をやっていました。 いつでも冒険モードが登場して「これでPokemon GO Plusいらなくなるかな?」と思っていたのですが、実際に使い比べてみると Pokemon GO Plusを持っているのであれば、これまで通り使った方がいいという結論になりました。 要は、いつでも冒険モードでできることはPokemon GO Plusで全部できるということになります。 まぁ3,000円以上するデバイスを別売りで買っているので当たり前といえば当たり前です。 いつでも冒険モードはずっと距離をカウントしてくれるのが便利 いつでも冒険モードの方が便利な点は、 オンにしておけばずっと距離をカウントするという部分です。 (アプリが落ちたりするとカウントは停止すると思いますが、長時間使っていてアプリが落ちていたというパターンはありませんでした) 使っている人はわかると思いますが、Pokemon GO Plusは1時間程度でスマホとの接続(ペアリング)が解除されます。 引き続き使いたい場合は、アプリを起動して再接続する必要があります。 いつでも冒険モードはこれがなくほぼ無限に距離をカウントしてくれます。 いつでも冒険モードとPokemon GO Plusとの併用もOK! ちなみに当たり前かもしれませんが、 いつでも冒険モードをオンにした状態でのPokemon GO Plusの接続も可能です。 やっぱりポケモンGOをプレイするなら持っておいて損はないデバイスです。 最近だと進化版の「モンスターボール Plus」も登場しています。 [関連記事] ・ ・ いつでも冒険モード利用でバッテリー消費が急激に激しくなるということもなかった 最初心配だったのは、バッテリー持ちでした。 なのでスマホの電池持ちには影響あるんだろうなぁと思っていたのですが、 激しいバッテリー消費も特になく利用できたのでビックリしました。 もちろん歩いた距離はちゃんとカウントされていました。 アイテム報酬がもらえる「ウィークリー フィットネスレポート」もある また、いつでも冒険モードの機能をオンにすると自分の運動状況も確認することができるようになり、1週間ごとにフィットネスレポートが届くようになります。 このレポートには距離の目標が設定されており、これを達成すると特別なリワードという形でアイテムをもらうことができます。 「いつでも冒険モード」をオンにする手順。 ヘルスケアの中のポケモンGOをタップします。 表示される項目を全てオンにします。 ポケモンGOアプリの位置情報の利用を「常に許可」に設定 設定のアプリ一覧の中にある「ポケモンGO」をタップします。 これで準備OKです。 中にある「いつでも冒険モード」をオンにします。 その後は、チェックがついた状態になっていればOKです。 中にある「いつでも冒険モード」をオンにします。 「許可」をタップします。 いつでも冒険モードにチェックがついた状態になっていればOKです。 Google Fitと連携しているかの確認方法 Androidの場合、Google FitとポケモンGOが接続されているかを確認することもできます。 ポケモンGOユーザーには嬉しい機能『いつでも冒険モード』ちょっとでもプレイしているトレーナーには利用することをオススメします! Pokemon GO Plusを使っている人もオンを推奨 11月から新たに登場したポケモンGOの『いつでも冒険モード』 こんな感じでオンにしておけば、ポケモンGOアプリの画面を起動していなくても距離がカウントされる嬉しい機能です。 途中にも書いたように自分みたいにPokemon GO Plusを既に利用している人でもオンにしておくことをオススメするモードだと思います。 カテゴリ• usedoorについて• usedoorをフォロー.

次の

ポケモンGO:「いつでも冒険モード」をオン/オフにする設定方法(ヘルスケア、位置情報)

ポケモンgo ヘルスケア 反映されない

『』のリクエストフォームに寄せられた質問に回答しています。 お寄せいただいた疑問に回答します! AppBank. netに掲載されている『』の記事下部には、疑問点や書いて欲しいネタを読者の皆様からお送りしていただけるよう「」が設置されているのですが、最近以前よりも多くのご意見をいただけるようになりました。 本当にありがとうございます! 定期的にこういった回答記事を用意させていただくので、今後ともぜひよろしくお願いいたします。 Q:本来なら届かないポケストップが届いています。 アイテムもGetできたり、ロケット団とも戦えます。 もし本来なら届いてない距離でポケストップにルアーモジュールを刺したら、ちゃんとモジュールからポケモンは出るのでしょうか。 検証お願いいたします。 A:検証の結果、出ないことが判明しました! 現在の『ポケモンGO』では、在宅プレイ支援の一環として、ポケストップとジムにアクセス可能な距離が本来の2倍に延長されています。 ポケストップへのアクセスが可能なのでルアーモジュールなどのアイテムを使用することも可能なのですが、どうやらモジュールの効果範囲までは延長されていない様子で、非延長状態で届く距離までしか効果が及んでいないようです。 よって、本来届かない距離のポケストップにルアーモジュールを使用するメリットは無いと言えます! Q:進化したポケモンを博士に送ると飴は何個もらえますか? A:進化前進化後に関わらず一律1つです 進化後のポケモンを野生でゲットすると、ほしのすなやアメが通常よりも多くもらえるため勘違いしやすい部分なのですが、進化後のポケモンを博士に送っても、もらえるアメの量は1個となります。 Q:冒険モードはしっかりONになっていて、スマホ電源OFFで30分程度歩いても、全く卵の歩数は変化なし。 なお、スマホの再起動もしたりして一週間いろいろ試したがダメです A:特定端末での不具合もあり得るため一概には言えませんが、『ポケモンGO』を起動しながら移動or端末を動かすと反映されるかもしれません いつでも冒険モードがオンになっているということで、少なくともGPSやヘルスケア関係周りの設定に原因はなさそう。 ですが、実際になんらかの原因で反映されていないということなので、以下をお試しいただければと思います。 『ポケモンGO』のアプリを起動した状態で移動orスマホを動かしてみてください。 室内であっても10〜15分ほどスマホを振れば(ゆっくり目がコツです)反映されるかもしれません。 『ポケモンGO』を最新バージョンにアップデート• いつでも冒険モードを一度オフにして再設定する こちらで解決しなければ、ことをオススメします。 もしここがオフになっていればオンにしてみてください! Q:リモートレイドバトルの距離を伸ばして欲しい。 近くにジムのない地域のためにも A:フレンドを招待できる機能を開発中とのことです! によると、「場所に関係なくフレンドをレイドに招待できるようにする機能も、時間をかけて調整を行う予定」とあります。 おそらく現状のリモートレイドバトルがさらにアップデートされ、フレンドを招待(あるいは招待される)ことが可能になるため、近くにジムがない環境でもレイドバトルに挑戦可能となるようです。

次の