マネ もの。 マネパン(MANEPAN)は危険な投資?稼げない?投資家KATOの評価レビュー

マネものの天海祐希・大好き・コサキンが話題

マネ もの

エドゥアール・マネ Edouard Manet 1832-1883 フランス 印象派 印象派の先駆的画家。 筆跡を感じさせる流動的な線と伝統的な形式にとらわれない自由で個性的な色彩を用い、近代の日常、風俗、静物、歴史、肖像、裸婦、風景など様々な画題を描く。 また後に印象派らの画家らとの交友を深めると、自身の表現手法にその技法を取り入れるほか、当時流行していた日本の浮世絵・版画から太く明確な輪郭線描の影響を受けた。 1832年、第二帝政の法務省高官を父、外交官の娘であった母という裕福で恵まれた家庭で生を受ける。 マネの画業は1850年、サロンの第一線で活躍していた画家トマ・クテュールの画塾で7年間に入ることからに始まり、そこでルーヴル美術館などが所蔵する古典的絵画に触れ、それら現代化する表現を会得。 1863年のサロンに出品された『』、1865年のサロンに出品された『』で実践するも、スキャンダラスな問題作として物議を醸す。 またサロン画家や文学者ゾラ、詩人ボードレール、女流画家などとも交友を重ねる。 バティニョール派の画家が1874年からサロンに反発し開催した独自の展覧会(印象派展)への出品を画家も熱心に誘われるも、マネは「サロンこそ世間に問いかける場」との考えから出品を拒み続けた。 なお都会に生まれた画家は洗練された趣味や思想、品の良い振る舞いを身に付けており、外出時は必ずシルクハットを被り正装したという逸話も残されている。 印象派の巨匠エドゥアール・マネ初期の代表作『アプサントを飲む男』。 この頃、パリではアプサントを始めとする度の強い酒による重篤なアルコール依存症が社会問題化しており、本作においても画面中央左部分に描かれるアプサントのほか、地面に転がる酒瓶、男の纏う(洗練された紳士的服装の風刺・揶揄である)古着の黒衣などにマネの社会性や文学性を帯びた絵画的挑戦を強く感じさせる。 なお本作は大多数の批評家が拒絶・拒否したものの、サロン審査に参加していたの画家は擁護していたことが知られている。 印象派の先駆的存在エドゥアール・マネ初期の代表作『老音楽師(辻音楽師)』。 画面の全体的な構成に、『』などフランスの画家の作品からの影響が指摘されている本作は、(おそらく)当時再開発が進んでいたパリ市内サン=ラザール駅裏手にあった取り壊し後の貧民街の殺風景な風景の中に、そこへと集まる老音楽師や浮浪者、大道芸人、屑拾いなどを描いた集団人物図版的風俗画である。 また中央やや左寄り部分に描かれる二人の浮浪者の子供の描写には17世紀セビーリャ派の巨匠作『』や、の大画家作『』などに典拠を得たと考えられている。 登場人物各々が独立し、やや分裂気味に描かれる画面の中に、当時のパリの近代性や社会的変化、そしてそれがより進むであろう未来的予測を見出すことのできる本作には、画家の時代を実直に見つめる鋭い観察眼と、マネのサロン様式にとらわれない、確信犯的かつ野心的な自然主義的写実性が顕著に感じられる。 印象派の巨匠エドゥアール・マネ初期の代表作『テュイルリー公園の音楽祭』。 本作はフランス・パリのテュイルリー公園でおこなわれた音楽祭をモティーフにマネが1862年(1860年とする説も唱えられている)に描いた作品で、マネの写実主義的な思想による絵画表現がより明確に示されている。 本作には画家自身はもとより、家族、友人、知人、同輩などを始めとした、当時の(芸術家や文筆家や評論家などの)文化的なブルジョワ層の人々が描かれている。 左端にはマネ本人の半身が傍観的観察者のように描かれ、その隣にはマネの友人で画家であったステッキを手にするバルロワ卿アルヴェールが、さらに隣には評論家ザカリー・アストリュクが椅子に腰掛ける姿が描かれている。 前景の二人の青帽子の女性は、軍事司令官の妻ルジョーヌ夫人と作曲家オッフェンバックの妻ジャック・オッフェンバック夫人が配され、その背後にはやボードレールを始めとした写実主義者の一行が見える。 また画面中央やや右寄にマネの弟ウジェーヌの姿を配し、その隣には眼鏡をかけた口髭の作曲家オッフェンバックが、そして帽子を上げ挨拶する画家シャルル・モンギノの姿が描かれている。 群集肖像画とも呼べる本作ではマネが現代的な生活を営む現代人の優位を賞賛しており、の巨匠の傑作『』に比較し得る現代性の描写が明示されているのである。 このような意味でも本作はエドゥアール・マネの転換期における重要な作品のひとつと位置付けられている。 印象派の先駆的画家エドゥアール・マネの名を一躍有名にした問題作『草上の昼食』。 本作は三大巨匠のひとりが残したデッサンに基づいて後世の画家マルカントーニオ・ライモンディが制作した銅版画『()』や、ルーヴル美術館が所蔵する巨匠(原筆は)の代表作『』に(構図的)着想や典拠を得て、神話的主題を、そして古典的名画をマネが当時、民衆の間で流行していたセーヌ河畔で過ごす休暇風景に準って現代化し、『水浴(Le bain)』の名で1863年のサロンに出典された作品である。 本作はサロンから拒絶され落選し、落選作品が展示される会場(落選展)で民衆に公開されると、批評家、記者を始めとした来場者の殆どが「堕落した恥ずべき作品」、「批評家をからかい、混乱させるために描いた稚拙で厚かましい作品」と猛烈な批難を浴びせたが、このスキャンダラスな事件はエドゥアール・マネの名を一気にパリ中へ浸透させ、前衛的で伝統に批判的だった若い画家らがマネを先駆者として慕い集うきっかけとなった。 裸体で草上に座り観る者と視線を交わす女はヴィクトリーヌ・ムーランという女性をモデルに、正装するふたりの男は画家の弟であったギュスターヴと後に義弟となるフェルディナン・レーンホフをモデルに描いた本作で、最も重要なのは、『』など伝統的な作品に示されるような、非日常的場面でありながら文学的で芸術性を感じさせる神話的裸体表現の意図とは決定的に異なる、現実の中に描かれる現実の裸体表現にある。 こちらを見つめる裸体の女は、観る者に否が応にも現実世界であることを感じさせ、(当時の者にとっては)強い嫌悪感を抱かせる。 このような挑発的で伝統への挑戦的な行為はマネ芸術の根幹であり、それは後の印象派らの画家たちと通ずる思想や表現でもあった。 なお本作はマネの個展が1867年に開かれた際、現名称である『草上の昼食』と画家自身が変更した。 本作は期最大の巨匠の傑作『』に直接的な構図的着想を得て、選定基準が緩められた1865年のサロンに、当時の娼婦に多く用いられた通称である『オランピア』の名称で出品された作品である。 しかし当時は『』に基づくとは知られていなかった為に、サロンに入選するも、露骨に娼婦を描いた卑猥な作品として1863年の『』以上の大きなスキャンダルと物議を醸した。 しばしば新古典主義の画家で当時最高のアカデミー画家のひとりの代表作『』(『』落選時の入選作品で当時の皇帝ナポレオン3世が購入した)との関連性も指摘される本作は、『』同様、ヴィクトリーヌ・ムーランを娼婦のモデルに、おそらく植民地からの入植者である黒人女性ロールを召使のモデルに描かれれている。 この露骨な裸婦像の、神話的アプローチ以外では認めていなかった当時の裸婦表現の風潮とは明らかに異なる現実過ぎた裸婦表現は、人々に強くエロスと背徳感を抱かせ、混乱させたのである。 さらに近年の研究によって、画家の友人であった詩人ボードレールの『現代生活の画家』中に記される芸術家の娼婦の比較のくだり「芸術家は娼婦と同様、自らの身体やいかなる手法を用いても、観る者の注意を惹きつけなければならない」から、オランピアを画家自らに重ねて描いたとも推測されている(これはオランピアが身に着ける腕輪が、マネの毛髪が入れられた画家の母親の腕輪であることとも関連付けられる)。 またオランピアの肢体が纏う最小限の装飾は、観る者によりこの女性が娼婦であることを印象付け、片足の脱げたサンダルは処女の喪失を表しているとされ、オランピアの足下の黒猫は自由の象徴であり、立てられた尾は高ぶる性欲を意味している(典拠となったでは従順を象徴する犬が描かれている)。 関連: 関連: エドゥアール・マネが手がけた歴史画の代表的な作品のひとつ『キアサージ号とアラバマ号の海戦』。 1872年のサロン入選作品である本作に描かれるのは、アメリカで始まった南北戦争会戦から四年後の1864年、フランス北西部、イギリス海峡に突き出すコタンタン半島先端に位置する港湾都市シェルブールの沖で、北部連合の軽巡洋艦キアサージ号が南部連盟の巡洋艦アラバマ号を撃沈する海戦の場面で、一部からは目撃者だったとの証言もあるが、現在ではおそらくマネは本場面を実際に目撃せず、ブーローニュ港に停泊していた時に予め描いていたキアサージ号のデッサンと当時の新聞に掲載された写真を用いて制作されたと考えられている。 本作はマネがサロンへの入選を目指して(目的として)描かれた歴史画であるが(サロンの審査委員会は風俗的な画題より歴史画などに興味を示していた)、うまく描写的誇張を示しながらも、真実性に溢れた表現は当時の著名な小説家兼批評家ジュール・バルベイ・ドールヴィリから「単純で力強い自然と風景の感覚によって表現された、このキアサージ号とアラバマ号の海戦の絵画に私は感情の高揚を覚えた。 あのマネがこのような作品も描けるとは。 構想、表現、どれも素晴らしい。 」と賞賛された。 正方形よりやや縦長の画面に描かれるシェルブール沖の海上を高まる波で荒々しく描き出すことによって、砲撃され撃沈される巡洋艦アラバマ号の迫力をより一層効果的に見せている。 また実際に本海戦を見るため、多数の民衆らが船で海上へ押し寄せていたこともマネは逃さす本作に描写している。 なお本作は後にの有力なパトロンにもなった若き著名な出版事業者ジョルジュ・シャルパンティエが所有していたものの、1888年に画商デュラン=リュエルを介し、米国の美術収集家ジョン・G・ジョンソンに売却された。 印象派の先駆者エドゥアール・マネを代表する宗教画作品『兵士に侮辱されるキリスト(キリストの嘲笑)』。 画面中央には、一際白い肌が強調された荊の冠を着けられた受難者イエスがほぼ裸体で配されいるが、その視線は父なる神の住まう天上へと向けられている。 受難者イエスの周囲にはユダヤ人やローマ兵たちが配され、イエスに侮蔑の言葉や嘲笑を浴びせている。 本作で最も注目すべき点は、各登場人物に注力した扱いと、その表現にある。 背景を黒一色で統一することで人物以外の要素を除外し観る者の視線を登場人物へと集中させている本作の受難者イエスと三人のユダヤ人やローマ兵たちには宗教的な意識は殆ど見出すことができず、まるで当時マネが描いていた肖像画の人物像がそのまま描き込まれているかのような、ある種の近代的生々しさに溢れている。 また構図や構成を観察すると本作には偉大なるの先人の同主題の作品や、の『』の影響が随所に感じられるものの、大胆に画布の上へ乗せられる絵の具や、力強さを感じさせる肉厚の筆触などにはマネの確固たる画家としての個性を存分に感じることができる。 関連: 印象派における先導的存在の画家エドゥアール・マネ屈指の代表作のひとつ『笛吹く少年』。 本作は、ボナパルト朝フランス帝国(フランス第二帝政)衛兵に所属する鼓笛隊の横笛奏者をモデルとして描かれた人物画であるが、画家の様式的発展や、受けた影響を考察する際に欠かせない作品で、マネが賞賛していた17世紀スペイン自然主義的絵画史における最大の巨匠が手がけた人物画『』や、日本の版画の研究・影響が如実に示されている。 マネはの『』から対象(本作では横笛を吹くの少年)と空間のみで構成される単純・簡素化された人物画の表現を、日本の版画からは、対象を正面から捉え描く平面的なアプローチ方法や、強く太い輪郭線を用いて対象と空間を隔離する(アカデミックな絵画様式には見られない)斬新な表現手法、非常に鮮烈な印象を観る者に与える大胆な色彩などを本作で取り入れている。 特に少年が穿くズボン側部の一本の縦縞模様は、そのまま少年の輪郭も形成しており、本作と対峙する者を錯覚させる。 また黒、白、赤、黄、茶、そして少年の肌色と非常に抑えられた本作の色数も、日本の版画から取り入れた重要な特徴であり、本作の注目すべき点のひとつである。 本作はもう一点の作品と共に1866年のサロンに出品され落選したが、画家の良き理解者であり友人であった文学者エミール・ゾラは、簡素で単純ながら、装飾的で極めて空間的調和のとれた作品であると賞賛している。 印象派の先駆者エドゥアール・マネが手がけた歴史画の代表作『皇帝マクシミリアンの処刑』。 ナポレオン3世はアメリカ大陸でのフランスの影響力の拡大する目的で1861年から1863年にメキシコへ軍を侵攻させ、1864年に同地で皇帝マクシミリアンを即位させたが、その関係はマクシミリアンの即位後、わずか1年足らずで悪化し、1867年3月にはナポレオン3世がメキシコへ駐留していたフランス軍を全て撤退させた。 フランス軍によって北へ追い出されていたものの、アメリカの軍事支援を得ていた指導者ベニート・フアレス率いるメキシコ軍はこれを契機にメキシコへ進軍、フランス軍の後ろ盾が無くなったマクシミリアンに退位を迫ったがマクシミリアンがこれを拒否し、1867年6月19日に処刑がおこなわれた(その後フアレスは共和制を復活させた)。 この一連の事件は皇帝ナポレオン3世への責任問題へと発展しただけでなく、皇帝によるフランス第二帝政に対して反感の象徴ともなった。 共和主義者であったマネは本歴史画を制作することで(真意は不明であるが)現実としての表現による絵画的挑戦をおこなったほか、それは官展(サロン)へのアピールも兼ねていた。 本作は事実とは異なる点が多く、銃殺刑の執行者たちはフアレスの正規軍の制服ではなく、フランス軍の制服に類似している(画家の友人ルジョーヌ将軍に頼み、小部隊をモデルとして使用した)。 本作が『』と決定的に異なるのは、人物の動作、姿態的感情にある。 の作品では登場人物は演劇的な激しい感情に溢れているが、本作ではマクシミリアン(と部下であるミゲル・ミラモン将軍、トマス・メヒヤ)や銃殺執行隊はある種醒めた感情表現によって描写され、粛々と刑の執行が進められているようである。 また事実とは異なり、受刑者三人の真ん中にマクシミリアンを配することで、この処刑を受難者イエスに準えたとする解釈もある。 マネの政治的意図が顕著に示される本作は当局により反政府的と見なされたほか、本作を見たエミール・ゾラはナポレオン3世の失政に対して皮肉を込め「マクシミリアンはフランスによって銃殺されたのだ」と述べている。 なお本作以外に本場面を描いた作品が、油彩画3点、リトグラフ1点確認されている。 関連: 関連:/ 関連: 関連: 印象派の先駆者エドゥアール・マネが手がけた肖像画の代表作『エミール・ゾラの肖像』。 また壁にはエミール・ゾラが強く擁護したマネの代表作『』の版画や、マネが賞賛していたの巨匠作『』のエッチング、そして当時マネが強く関心を寄せていた日本趣味的要素として二代目歌川国明による多色刷浮世絵木版画『大鳴門灘右ヱ門』が飾られ、いずれもゾラへと視線を向けているほか、ゾラの背後には江戸時代を代表する絵師を始めとした琳派を思わせる屏風絵が描かれている。 本作ではエミール・ゾラの肖像として作品に名称を付けながらも、マネのゾラに対する興味より、マネが持つ自身の興味(スペイン絵画や日本趣味)を中心に画面を構成させている点から、現在では一般的にゾラの肖像画というよりも、己の関心を描いた静物画的人物画の側面が強い作品であると解釈されている。 関連: 関連: 印象派の先駆者エドゥアール・マネの代表作のひとつ『バルコニー』。 の巨匠で近代絵画の創始者のひとりとして知られるの『』との関連性が指摘される本作は1869年のサロンで展示された作品で、当時は「現代の生活を、ただ描いただけの絵」、「画布に絵具を塗っただけの平面的な絵」として批難を受けた。 本作の登場人物は、一番手前で椅子に座る女性が印象派の女流画家でマネの弟ウジェーヌと結婚した、隣に立つ日傘を持った女性がヴァイオリニストのファニー・クラウス、その後ろのネクタイの紳士は印象派を支持していた風景画家アントワーヌ・ギュメ、奥の部屋の影に溶け込んでるように描かれる帽子の男(給仕)は画家の息子レオン・レーンホフなど、画家の親しい友人や知人をモデルに描かれており、画家とその周辺の者との繋がりを示す作品でもある。 真正面から捉えられる本作の画面構成は部屋の奥行きを、陰影など古典的描写を逸脱した平面的かつ装飾的に描かれる光の描写は衣服や物体の立体感を失わせ、パリ街を傍観し、観る者と視線が交わらない無感情な人物描写は画面の中にある種の緊張感を生み出している。 このような手法はマネの絵画における空間構成の疑念と、アカデミックで伝統的な絵画芸術に対する挑戦の表れであり、画家の絵画的思想の特長を良く示す作例のひとつとしても重要視されている。 関連: 印象派の先駆者エドゥアール・マネが手がけた肖像画の代表作『すみれのブーケをつけたベルト・モリゾの肖像』。 『黒い帽子のベルト・モリゾ』とも呼ばれる本作に描かれるのは、マネの良き友人かつ師弟関係にあり、画家の弟ウジェーヌと結婚した印象派を代表する女流画家の単身像で、画家独特の大ぶりな筆触や平面的な画面展開、抑えられた落ち着きのある色彩などが大きな特徴である。 がルーヴル美術館で模写をおこなっていた時に、画家の友人から同氏を紹介されて以来、マネとは親密な交友関係を持つに至り、画家の代表作『』を始め、幾度もをモデルとして作品を手がけている(ただし弟ウジェーヌとの結婚後はをモデルとした作品は描かれていない)。 本作はマネが1872年にの肖像を描いた4点の作品の中の1点であり、観る者と対峙し、こちらを見つめるの魅力的な表情の描写は見事の一言である。 またの衣服と帽子の黒色は画面の中で圧倒的な存在感を示しているが、この黒色と背景に用いられた灰色が画面の大部分を占めることによって、本作中の色味、つまりの顔や頭髪に用いられた明瞭な茶色や肌色、すみれのブーケの控えめな青色が、より洗練された印象を観る者に与えるのである。 なお本作は画家の死後、画商であり批評家であったテオドール・デュレが所蔵していたものの、1893年にマネの子孫が買い取り、1998年にオルセー美術館に入った。 印象派の先駆者エドゥアール・マネ作『鉄道』。 1874年のサロンへ出品された本作に描かれるのは、マネの問題作にして代表作である『』や『』のモデルを務めたヴィクトリーヌ・ムーランと、友人の画家(マネの隣人でもあった)アルフォンス・イルシュの娘を配される人物のモデルに、急速に近代化が進められるパリ市内ヨーロッパ橋近傍の鉄道のある風景である。 本作の名称に『鉄道』と付けられているも、そこに機関車など具体的にそれを表すものは描かれておらず、鉄格子を境に画面後景を支配する真っ白な煙と右端で僅かに見えるヨーロッパ橋(サン・ラザール駅の鉄橋)のみがそれを表す要素として描かれている。 これらにより公開当時は批評家たちや一般の者から数多くの批判を受けることになったものの、煙によって隠れる鉄道によって表現された近代的都市風景の描写は、今なお観る者に新鮮な印象を与えるのである。 また無関心な表情を浮かべる(隣の子供にも全く関心を示さない)ヴィクトリーヌ・ムーランの虚空な眼差しと、鉄格子に手をかけ煙の向こうの蒸気機関車を見つめる子供の後姿の対照性は、画家が数多く手がけた人物画においても特に白眉な出来栄えである。 エドゥアール・マネ作『オペラ座の仮面舞踏会』。 本作に配されるシルクハットを被る男たちの群集構図には、画家が1865年に訪れたスペインで見た最大の画家屈指の代表作『』からの影響が一部の研究者や美術史家から指摘されている。 この男たちを始め、画面左端の赤と緑の人形の格好をした男など本作中には画家の友人や知人などが多数描かれているほか、画面右端から二番目の正面を向く男として画家自身の姿が描き込まれている。 本作のような風俗的主題を扱った作品の中にも画家の鋭い現実への洞察や、聖書や神話など正統的な主題への皮肉が示されている。 例えば『』での聖人や教会を支えた有力者たちの集団は、当時のパリの現代化を支えた上流階級の人々と仮装した娼婦たちの姿に変え描かれていると解釈できる。 また絵画としての色彩構成も黒色の衣服に身を包む男たちが画面の大部分を占める本作の中にアクセント的な差し色として、娼婦らや人形の格好をした男や画面上部に下半身のみ描かれるの女性の脚の赤色や緑色、水平に描かれる2階部分の床や垂直に描かれる2本の大理石の柱の白色が用いられるなど非常に完成度が高い。 関連: 印象派の先駆的存在である画家エドゥアール・マネの代表作『アルジャントゥイユ』。 風刺画なども残されるよう、サロン出品時、本作は批評家や観衆から嘲笑され続けたことが知られているが、本作の表現や辛辣な観察眼で描写される俗物的な画題選定は特に注目に値する。 未婚の男女間の集いの場としても名高かったアルジャントゥイユの舟遊び場で横縞の衣服を着た男が一人の女に寄り添いボート遊びを誘っている。 しかし女は他のマネの作品同様、無関心な表情を浮かべている。 男はボート遊びの後の(肉体的)快楽を期待し女を誘っているが、女なそんな男の安易な思惑を見越しているかのような態度である。 本作には舟遊び場での男と女、それぞれの狙いや考えが画家の辛辣な観察眼によって鋭く描写されている。 また平面性を強調した二次元的な画面構成に大ぶりの筆触によって描写される登場人物や船、水面などの構成要素の表現は当時のマネの表現様式を考察する上でも、優れた一例である。 印象派の先駆者エドゥアール・マネ作『船遊び』。 ボート遊びとも呼ばれ、制作年は1874年であるも、1879年のサロンに出品された本作に描かれるのは、印象主義の典型的な画題のひとつであった、余暇をセーヌ川で舟遊びを楽しむ人々の近代的な日常場面で、水平線を描かず場面と対象のみを切り取ったかのような日本の版画的な構図と構成が大きな特徴のひとつである。 本作に描かれる人物のモデルについては諸説唱えられているものの、男性はルドルフ・レーンホフもしくはバルビエ男爵と、女性は印象派の画家の最初の妻であるカミーユ・モネとする説が一般的である。 男女と彼らが乗る船は柔らかな陽光を浴び、輝きを帯びながら画面内へ大胆に配されている。 特に(おそらく)カミーユ・モネが身に着ける衣服の縦縞模様の荒々しい筆触は、光の表現において印象的な効果を生み出している。 また青々としたセーヌ川水面は、反射する陽光によって多様な色彩的表情を見せているほか、繊細で鮮やかな色彩描写は自然と観る者の視線を傾けさせるのに成功している。 印象派の先駆者エドゥアール・マネが手がけた風景画の代表的な作例のひとつ『ヴェネツィアの大運河』。 ゴンドラ上からの視点で制作されている本作の画面中央から右部にかけて配される、青色と白色で捩れた模様が施された彩色パリーナ(ゴンドラ会社の目印ともなっているゴンドラを岸に繋げるための杭)は、際立った存在感を放ち、またパリーナの奥の遠景にはサンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂が見える。 本作の特異な構図やスケッチ的な描写による画面左部分の建物も特筆に値するが、本作において最も注目すべき点はカナル・グランデ(大運河)の水面の表現にある。 水面に映るパリーナや建物の影は大ぶりで混ざり合わない配色による描写方法によって表現されており、その筆触はなど印象派の画家らの手法を連想させる。 これはマネが自己の表現様式に印象主義的の影響を受けて取り入れたものであり、画家の表現・描写様式的な変化が示された典型的な例のひとつである。 なおマネ自身はこのヴェネツィア滞在を「退屈であった」と述べたことが伝えられている。 印象派の先駆的エドゥアール・マネの代表的な作例のひとつ『胸をはだけたブロンドの娘』。 画家随一の問題作として名高い『』以降に制作された7点の裸婦作品の中の1点である本作は、胸部がはだけた女性の半身像を画題に手がけられた作品で、モデルに関しては現在も不明とされており今後の調査や研究が期待されている。 画面中央に描かれる芥子の花飾りの付いた麦藁帽子を被る娘は、やや虚ろにすら感じさせる空虚な表情を浮かべながらぼんやりと画面左側を向いている。 その顔には緊張の色はもとより、他のマネの作品に見られた女性の自意識の本質と生命感が全く感じられない。 これは頭痛や脚の痺れなど体調に変化の兆しが見え始めたマネが、己の行く末を想う複雑な心境が投影されているとも推測することができる。 一方、画面下部の半分以上を占める娘の豊潤な姿態や、明確に輪郭線を引いた肌蹴た胸部の柔らかな曲線には女性としての見事な官能性や画家としての絵画に対する挑戦性を見出すことができる。 さらに本作で最も注目すべき点は表現そのものにもある。 本作は油彩を用いながらも、別の素材として松精油(テレビン油)を混合させていることが知られており、その薄塗り的効果はあたかも水彩のような表情を生み出している。 この他素材との混合的描写手法は晩年期の画家の作品の大きな特徴であり、その中でも本作は秀逸な出来栄えを示している。 他にも若い娘の黄色味を帯びた肌色や麦藁帽子に装飾される赤々とした芥子の花と、背景に使用されるややくすみを帯びた緑色との色彩の対比などに画家の創意と才能を感じることができる。 印象派の先駆的存在である画家エドゥアール・マネが晩年に手がけた肖像画的作品の代表作『温室にて』。 本作に描かれる人物は画家と親交のあった知人のジュール・ギュメ夫妻で、後期から晩年期にかけての画家の作品に見られる特徴が良く示されている。 モデルであるジュール・ギュメは高級地であるフォブール・サン・トレノ街で流行のドレスショップを営み、妻のギュメ婦人は画家の数少ない社交界に繋がりのある女性の友人であった。 柵の向こう側から身を乗り出すジュール・ギュメは妻の方へ視線を向けているが、妻ギュメ婦人は無関心に視線を(自身の)正面へと向けている。 この頃(1870年代以降)に制作された画家の作品に多く見られる、このような女性の無関心な態度は、上流階級の女性個々の自意識の本質的な表れであるとの指摘がされている。 1878年の9月から翌1879年2月までの期間に制作されたことが判明している本作の温室内に茂る異国情緒に溢れた植物による圧迫的空間構成や、画面ほぼ中央で接近する互いの手の指にはめられるそれぞれの結婚指輪、夫妻のわざとらしさやぎこちなさの残る姿態の表現、鮮やかで鮮明な色彩の描写なども注目すべき点として挙げられる。 なお本作が画家自身が国家に買い上げを要望するも叶わず、後にベルリンの裕福なコレクターたちによって購入された。 エドゥアール・マネ最晩年の傑作『フォリー=ベルジェール劇場のバー』。 画家が死の前年に完成させた、最後のサロン出典作でもある、この類稀な傑作に描かれるのは、当時流行に敏感な人々が挙って集ったパリで最も華やかな社交場のひとつであったフォリー=ベルジェール劇場のバーと、シュゾンという女性をモデルにした給仕の姿である。 画家はこの頃(おそらく梅毒によって)左足が壊疽しかけており、激痛に耐えながらもフォリー=ベルジェール劇場に通い習作を描くも、痛みが増し、歩けないほどまでに悪化すると、アトリエに同劇場のバーのセットを組み、そこにモデルを立たせ本作を完成させたことが知られている。 女給仕シュゾンの背後の情景は鏡に映ったフォリー=ベルジェール劇場で繰り広げられる様々な情景であり、画面右部分で紳士(モデルは画家のガストン・ラトゥーシュ又はアンリ・デュプレ)と会話する女は給仕本人の鏡に映る後姿である。 中央では給仕を真正面から捉え描き、右部の鏡に映る後姿は紳士と共に角度をつけて描かれている点などから、本作では現実ではありえない構図的・空間的矛盾が生じており、発表当時は辛辣な酷評を受けたものの、平面的でありながら空間を感じさせる絵画的な空間構成や、給仕の魅惑的とも虚無的とも受け取ることのできる独特な表情は、観る者をフォリー=ベルジェール劇場の世界へと惹き込む。 パリという都会の中で興じられる社会的娯楽を的確に捉え、そのまま切り取ったかのような本作では技法的にも、大胆に筆跡を残す振動的な筆さばきや色彩など特筆すべき点が多々存在し、中でも画面前面に描かれる食前酒など様々な酒瓶、オレンジや花が入るクリスタルのグラスなどの静物は秀逸の出来栄えを示している。 印象派の先駆的存在であった画家エドゥアール・マネが最晩年に手がけた静物画の代表作『ガラス花瓶の中のカーネーションとクレマティス(クレマチス)』。 画面のほぼ中央に配されるやや背の高い台形型のガラス花瓶に、葉のついたままの大きく花開いたクレマティスがガラス口付近に活けられており、さらにその背後にはカーネーションが数本配されている。 日本美術の影響を感じさせる飾り気の無い簡素な配置ながら、クレマティスとカーネーションの構成的なバランスや絶妙な配色、そして画面の中に躍動感をもたらしている左右のクレマティスの葉の展開は特に優れた出来栄えである。 さらに花が活けられたガラス花瓶の中で、水を通り微妙に変化する光の描写や質感表現は、闊達で力強さを感じさせる筆触の効果も手伝い非常に表情豊かに描かれている。 最晩年期(1880年代)のマネは体調を著しく悪化させ大作を手がけることは困難な状況にあり、その為、室内に飾られていた花を描くことが多くなっていた。

次の

マネコンとはそもそも何なのか

マネ もの

マネコンの名前の由来や概要について マネコンという名前、どういう意味なのかと思ったことはありませんか?何かの略なんだろうな…と漠然ながら思っていたあなた、正解です!実はマネコンとは 「マネーコンテスト」の略 なんです! 「マネーコンテストの略でマネコンね…っていうかそもそもマネーコンテストって何じゃらホイ?」と思いますよね。 当然です。 それでは次にマネーコンテストとは何かについて説明したいと思います。 マネーコンテストとは マネーコンテストとは後述する 「副業審査委員会」が発刊している電子機関誌、およびその購読会員のコミュニティのことです。 毎年、個人で取り組める副業のNo. 1を決めて発刊されています。 副業審査委員会とは 副業審査委員会とは、その年に流行ったネットビジネスや投資を、個人で取り組めるものを中心として洗い出し、初心者が取り組んで最も稼ぎやすい副業のNo. 1を決める委員会です。 副業審査委員会のメンバー 副業審査委員会を構成するメンバーは、インターネットで行う副業や投資情報に精通する情報業界大手のプロたちです。 個人で集められる情報には限界がありますが、彼らはその道のプロ。 しかも複数の業界から集まっているため、多種多様の情報の中から優れたものを選出できるわけですね。 コンテストはどのような決め方で決まるのか 副業審査委員会は、自社で1000人規模の副業コミュニティを抱えています。 その中から実績者の声・数などをサンプルデータとして収集。 そのデータを元に1位を決めています。 実際のデータから決めているため、机上の空論などではない本物の稼げる案件が見いだせるというわけです。 電子による情報の早さとコンシェルジュサービス いかがでしたでしょうか。 マネコンがプロたちによる信頼できるデータに基づく、稼げる案件を提示してくれるものだということがお分かりいただけましたか。 またマネコンは 「電子機関誌」であるため、紙媒体にはない 「情報の早さ」が特徴です。 「なう」な稼げる情報を 「賞味期限切れになる前に」届けてくれるのですから、最強と言われるのも頷けるのではないでしょうか。 またその情報を100%活かせるようにしてくれるのが、別ページでも説明するコンシェルジュサービスです。 このサービスによって 「マンツーマンで」 「親切丁寧に、分かりやすく」情報を伝えてくれるので、常に自分が稼げる情報を維持してくれるというわけです。

次の

マネパン(MANEPAN)は危険な投資?稼げない?投資家KATOの評価レビュー

マネ もの

コサキン・天海の 超発掘! ものまねバラエティー マネもの』(こさきん・あまみのちょうはっくつ! ものまねばらえてぃー まねもの)は、でからまで及びから不定期放送されているである。 (・)との。 通称『 マネもの』。 概要 [ ]• コサキンの2人がモノマネ大好き女優の天海祐希に、今一番気になっている「」( マネもの)のVTRをそれぞれベスト3形式で紹介する番組。 新しい人材を発掘して紹介することにこだわっていく。 中にはお笑い芸人、ものまねタレントではない者も出演している。 司会 [ ]• (・)• 回数 放送日 放送時間() 視聴率 備考 第1回 () 13:30 - 15:00 04. BEST3• (『』より とのケンカの仲裁に入る博役・)• (作品の中でを異常に欲しがるの)• (『』より 社長役・からの電話を間違い電話と勘違いする部長役・) わりと新しい映画の名場面BEST3• (海外映画でよくある カップルがケンカ中にだいたい頭上を巨大隕石が通過する場面)• (『』より 独特の作戦で敵を油断させるのぼう様役・)• (『』より 現代に来て初めて飲んだビールに驚きのあまり声が裏返るルシウス役・) 選手より目立ってしまう解説者BEST3• (の解説を奪い取るゴルフ解説の)- スタジオトークにも出演。 (誰も知らない選手のミニ情報を教えてくれる)• (の選手の解説をしているがついつい自慢話になってしまう) ひとクセある人気司会者BEST3• 赤枝卓()(アイドルの話にまったく興味がない())• (女性ゲストには優しいが男性ゲストには適当にあしらう())• (『』でどんなところにカメラがあっても必ず見つける) 2秒ならそっくりBEST3• () 65点モノマネBEST3• ゆず姉()(妹・浅田真央の活躍を自分のことのように喜ぶ姉・)• 坂本隆行()(『』)• (結婚してから何かを悟ったかのように落ち着いた) 誰も取り上げなかった芸人BEST3• 兼光貴史()(もしも()、、、()が鍋を囲んだら)• ジョー()(地方営業で地元の司会者に雑にいじられるも丁寧にツッコミ返す())• (漫才のツッコミが長くて説明みたいになってる井口浩之()) スポーツ選手のそんなとこやるのBEST3• (人が良すぎる為、自分の事よりもチームメイトの事を褒める選手のヒーローインタビュー)• (しゃべり方に特徴がありすぎて最後の一言しか聞き取れないのマイクパフォーマンス)• (からの)• (からの)• (からの) ビックリ発言モノマネBEST3• ()(『』のインタビューで建築を語るが元も子もないことを言う)• (『』グランド・フィナーレより さんへの感謝のスピーチで感極まって芸人のギャグみたいになってしまった)• (難しいパットをモノマネで打つが入らず最後は開き直る関根勤) 90年代歌い出しそっくりBEST3• あゆ()(センターで歌うときは笑顔だけどサイドに回ったときは表情が変わる ・)• (予選にてロボットが全く動かないまま敗れてしまったBのインタビュー)• (1日3回同じ人とすれ違った時の挨拶)• (ダーツバー店員の拍手の仕方) 新発想モノマネBEST3• 中村愛(何でもないVTRにもリアクションを決めるモンスター )• (料金を払った途端、急にそっけなくなる にある駐車場自動精算機の音声ガイダンス)• (の事務所別ポーズ) 古今東西ナレーションBEST3• 佐橋大輔()(『』で今では使えない言葉をピー音で消してしまった為内容が全くわからなくなった、による次週予告)• 植山由美子()(夜中によくやっているのドキュメント番組から聞こえてきた意味のわからないナレーション)• (のナレーションによる『』) Liveでの客あおりBEST3• (())• 中村愛(())- スタジオトークにも出演。 ヒットパレードBEST3• (ファンサービスが過剰すぎる)• (下町のトレンディ )• (の) ものまねアラジンBEST3• (浪速の)• (浪速のイケメン )• (浪速のイケメン ) マネものヒーローサスペンスドラマ「クローン7」• 出演:小堺一機、関根勤、おおともりゅうじ、むらせ、佐竹正史()、ジャン(ギャルソン)、、古賀シュウ、(ナレーター) こんなところにBEST3• ミラクルひかる(に草間彌生)• ミラクルひかる(に草間彌生)• ミラクルひかる(に草間彌生) 劇的! ミラクルメイクBEST3• むらせ(E-girls・Ami)• やす(ずん)() 真似メイク担当: 「顔は似てるけど…」BEST3• 桑原和也()()• (()) ネットが荒れるぞBEST3• (本当にバタフライになった)• (『』で滑舌の悪さを独特な動きでごまかす)• (の声真似七変化) コーナーオープニング出演:(()の真似) 第2回 [ ] 2秒ならそっくりBEST3【小堺】• お姉ちゃん()()• はるちゃん(鈴木明子 2013 世界選手権編) 誰もが知っているあの名場面BEST3【関根】• (『』で変な強がりを言う)• (で自白する)• (撃たれた後、瀕死の重傷を負いながらも五段という経歴が裏目に出てしまった) フジテレビの番組BEST3【小堺】• まちゅ(『』で興味のない話とある話での差がありすぎる中川翔子)• (松本人志(ダウンタウン)・・の物真似で ひとり『』)• (『』) 本人より似てるBEST3【関根】• ショウショウ(漫才の前半に全力を出しすぎて最後の挨拶が雑になる)• 兼光貴史(プラスマイナス)(()、オール巨人、田村裕(麒麟)、、、大木こだま、久保田かずのぶ()による楽屋での挨拶いろいろ)• なだぎ武(独特な相づちを打ちながらも素になったときは普通に笑う()) わけあって封印したモノマネBEST3【小堺】• ミラクルひかる(お祭りでまったくウケなくて封印した 『』)• 山本高広(営業で子どもにまったくウケないので封印した 『』のザコキャラが死ぬ前に言う一言)• (テレビからのオファーがなくて封印した 周囲のどんな音にも無反応だがにだけ反応する) 本人を見たくなるBEST3【関根】• 横澤夏子(阿佐谷ダーツバーの店員 その後)• (釣りのリポートがなんかに聞こえるのゲスト)• ジャガーズ(水を使った演出の時にを完璧にサポートするジャニーズJr. ) 炎上! 歌モノマネBEST3【小堺】• (『』でサビ直前に絶頂を迎える)• 中村愛(『』でなぜかを食べているように見える())• () 『マリアンヌ』での歌詞を噛み締めながら歌う) 擬音モノマネBEST3【関根】• あらぽん()(車のの音)• (から漏れて聴こえて来る音楽)• (どうしてもが掛かると聞こえてしまう のエンジン音) 見ようによってはBEST3【小堺】• イズミ()(右斜横から見ると)• (上を向いて正面から見れば())• あしべ(笑えばすぐに()) フジテレビアナウンサーBEST3【関根】• (サッカーの実況で自分のネタを放り込もうとするアナ)• アナ(普段の会話では「それこそ」と「とはいえ」を連発するアナ) 視聴者頼みBEST3【小堺】• ゆず姉(姫くり)()• 松丸大祐()• 黒川忠文()() ハイテンションBEST3【関根】• ()(バイブレーションの呼び込み)• (轢かれた)• 花香よしあき(子役に厳しい演技指導をするが犬の散歩の時間はしっかり守る) コーナーオープニング出演:(ひとり『』) 第3回 [ ] 報道・ドキュメンタリーBEST3【小堺】• 中村愛(スタジオからの問いかけに丁寧に対応しすぎてなかなか天気予報に入れない)• (大会で自由すぎるレポートをする)• Gたかし(『続・なんでもできる 元気があれば』の中でディレクターの無茶ブリにまさかの対応をする) バラエティ番組BEST3【関根】• (『』で急に同居人の話をしだす)• 原口あきまさ(『』でさんと評論家の先生(、、、)の絶妙な掛け合い)• エハラマサヒロ(『』でゲストがサイコロを振る時に『何が出るかな』の掛け声をちょっとサボる小堺一機) ちょっと前のアイドルBEST3【小堺】• 中村愛(右手を持て余して変な動きに見える『』)• うをとも(何をいっても古臭く聞こえる)• (間奏で思い通りにならない『』) 刑事ドラマBEST3【関根】• (昭和の匂いが抜けきらない『』)• (思わぬ所から事件解決の糸口を掴む) 外国人BEST3【小堺】• 石井てる美(演説会場で知り合いを見つけすぎてなかなか演説台に辿り着かない)• (『』の最後の方の)• () 働く人BEST3【関根】• 横澤夏子(でを配る人)• みやぞん(ANZEN漫才)(迅速に事故処理をする)• 金沢まさえ()(口説かれた時ののママ) 実力派によるわけあって封印したモノマネBEST3【小堺】• 原口あきまさ(まだあった やっぱりお金にはすばやく反応する岸部四郎)• みかん(が飛んできて封印した 全力すぎる)• (みんなに分かってもらえないので封印した ) いつもモノマネされる側の大物芸能人本人による逆モノマネBEST3【関根】• (瀬川瑛子のモノマネをする)• (北斗晶のモノマネをするエハラマサヒロ)• (千葉真一のモノマネをする関根勤) 先にやった者勝ちBEST3【小堺】• 人妻にゃんこ(セクシー女優による大ヒットトレーニング動画)• 金沢まさえ(うみのいえ)(日本のファンに向けた新年メッセージ動画で肝心な部分をで喋ってしまい何が言いたいのか分からない)• ()(高揚してきてサプライズがどうでもよくなる 女性向け) 2秒ならソックリBEST3【関根】• 石橋俊春()(王 )• (())• (上田晋也(くりぃむしちゅー)) フジテレビの番組BEST3【小堺】• (『』の・)• (『』で部下を説教する最中なぜかが入ってくる)• ガリベンズ矢野(延々と流れるせせらぎの映像を面白くしようとツッコむ上田晋也(くりぃむしちゅー))• むらせ(可愛い動物の映像を観ている時の 陽気なくんと虚ろなくん)• (公園のカップルの映像を観て思わず過去のことを暴露してしまう) 芸人BEST3【小堺】• なだぎ武(2014決勝の時の川谷修士())• ショウショウ(なぜかオチのところで二人で驚く)• ラジバンダリ西井(特番に出演していつもよりもリアクションが大きくなってしまう) ジャニーズBEST3【関根】• (『』)• ジャン()(ののの名前を聞いたとたんテンションが上がった)• ジャガーズ(のコンサートでやっぱり完璧なフォローをするジャニーズJr. ) ただやってみたかった映画BEST3【小堺】• (『』)• ホリ(わざわざ今、自分の思っていることを子分に伝える『』の) 時代を彩った名曲BEST3【関根】• エハラマサヒロ(歌い出しを目一杯タメるがすぐに帳尻を合わせるテクニックを持つ『』)• 植山由美子(天然もろこし)(『』の時のマイクの雰囲気)• (カラオケスナックにて『』を歌うが、出てくる歌詞を全部歌ってしまう) オーディションではウケたんだけど…BEST3【小堺】• いけや賢二()(あ〜分かる分かる野球選手モノマネ 痛烈なヒットを打った選手といつも同じバットの捨て方をする元 選手のバットの捨て方)• 花香よしあき(スタッフウケ狙い? の偉い人 気合が入りすぎて怒っている様に聞こえてしまう川岸専務)• 兄者()(本人は至って真面目なんですが で「ホタテが」とクレームを入れるが、四股名にしか聞こえない) 女優BEST3【関根】• 響乃じゅん子(深夜番組で中学時代のとんでもない告白をする)• ミラクルひかる(ディナーショーのMCで着地点が見えなくなる)• ()(『』より 何でもないセリフでも深みが出てしまう) 大好きが故にこうなったBEST3【小堺】• (セリフの後半に行く程、感情が高まっていく)• あゆ(かりすま〜ず)(センターカメラから絶対に目線をはずさない E-girls・Ami)• 高田紗千子()(視聴者が全く感情移入出来ない話をする) ちょっと前のニュースBEST3【関根】• 古賀シュウ(断髪式で花束贈呈の時、普段の癖が出てしまった)• キンタロー。 (深夜ので流れてきたの子供たち)• (のニュース) 声優BEST3【小堺】• 寺岡光盛(『』の吹き替え との違い)• エハラマサヒロ(なぜかの時だけテンションが下がる)• 佐橋大輔(ガンリキ)(本番で勢い余って完全にネタをバラしてしまう『あしたのジョー』ナレーションの) ちょっとだけ聞き取りづらいBEST3【関根】• (『』より エルサ役・松たか子を必死に説得するアナ役・)• 島山ノブヨシ()(のレポートをする)• (ダイエットを語る) が朗読させてみたい人BEST3【小堺】• スーパーリアルBEST3【関根】• ミラクルひかる(を歌う『』)• ホリ(の振り向き方)• 西尾季隆(X-GUN)(レコードの『』) 他局のドラマBEST3【小堺】• あしべ(役・を慌ててたしなめる北尚明役・)• (『』で一夜を共にした相手と翌日会社でバッタリ会い動揺しまくる青石花笑役・綾瀬はるか) クイズ番組BEST3【関根】• エハラマサヒロ(クイズ番組で答える時に最後ちょっとした保険をかける)• 加藤誉子(正解が絶対分かっているのに分かっていないフリをして正解する)• コージー冨田(『』で誰よりも先に正解を言いたい) 今をときめく役者BEST3【小堺】• (『』の)• (子役時代『』のオーディションでの)• 渡邊孝平()(『』の) ・2015年一押しモノマネBEST3【関根】• で日本に買い物に来ている中国人女性()と男性通訳()• の(剛)• 地方の 目を細めて見たら何とかいけるBEST3【小堺】• 佐竹正史(ビスケッティ)()• 永田佑輝()()• (台風中継でさんに気を遣いすぎてなかなかレポート出来ないアナ)• 遼河はるひ(『』でお便りを淡々と読む)• 山﨑夕貴アナ(先輩アナを褒めちぎるアナ) ラジオBEST3【小堺】• タブレット純(『』より アナとアナと)• 古賀シュウ(ニュース速報が急に入り最後が不謹慎に聞こえてしまう 『』)• とくこ(何が言いたいのか分からないまま始まってしまった 『と少し夜更かし』) 擬音BEST3【関根】• 石出奈々子(沸騰する)• 吉田トム()(ののどごし)• 禅(の) コーナーオープニング出演:西山(・とテーマの真似) 第4回 [ ] 芸人BEST3【小堺】• ホリ(・・()・()の物真似で ひとり『』)• ジャン(ギャルソン)(なんやかんや言っても結局の事を愛している)• シンディー(実はカンペに忠実な) 見たことのあるドキュメンタリー番組BEST3【関根】• (に気を遣いすぎる())• ミラクルひかる(のリハーサルに密着される夏木マリ)• ()(ディレクターの求めていた答えとは全く違う事を言う ) 今もっとも旬な人BEST3【小堺】• 中村愛()• キンタロー。 (『』の)• (でにキレる) 一般人BEST3【関根】• 紺野ぶるま(で渋谷に通勤している)• 大浜真介()(で延長に入り気合を入れるが最後はちょいちょい優しいファンのおっさん)• 横澤夏子(毎年になると怖がる女) カラオケの風景BEST3【小堺】• 西尾季隆(X-GUN)(『』を歌う)• ゆうぞう(抜群の歌唱力を誇るのに余計な事をしてカラオケ番組では高得点が出ない『』)• ユリオカ超特Q(『』を歌うが、出てくる歌詞を全部歌ってしまう藤波辰爾) 話題の番組BEST3【関根】• JP(()・()・()・・()の物真似で ひとり『』)• Gたかし&シンディー(『』(・安藤優子)の番組が始まる直前の)• (『』より 有名選手がすごく簡単な所で失敗してしまった時のリプレイの雰囲気) 藤原紀香 名言BEST3【小堺】• 友近(体型を気にしている女性に対する名言)• 友近(どうしても自分を取り繕ってしまう女性に対する名言)• 友近(自分の陰口を言われて悩んでいる女性に対する名言) 他では見られないマニアックなコロッケBEST3【関根】• コロッケ(の所に歩こうとする)• コロッケ(何もない所でつまづく)• コロッケ(の) 文学・漫画BEST3【小堺】• 伊藤広大()(アニメ『』より の王道チンチロリンの出目を雑に説明するナレーション)• (漫画『』より それだけ知っていれば最初から気づくはずの知識量を持つ脇役)• ミラクルひかる(『』より 授業中の) 女優・俳優BEST3【関根】• 加藤誉子(いつもは明るいがふとした瞬間に暗い過去を感じさせる名脇役)• なだぎ武(『』で作戦決行の決断をする古賀勝役・)• 原口あきまさ(を見る岸部四郎) 最新ヒット曲BEST3【小堺】• エハラマサヒロ(『』大会で『』を歌う)• (暗転をきっかけに完璧なステージコンディションを作るコンサートスタッフ)• きくりん(『』) アマチュアスポーツBEST3【関根】• ()(親指殺しという技をレクチャーする会長 遠藤光男)• 葛西翔也()(の独特な挙手)• しあつ野郎(試合開始早々踊っている様にしか見えない・長尾翔太) インタビューBEST3【小堺】• (記者会見の安藤忠雄)• うをとも(の昔の浮気謝罪会見を見て十数年分の怒りをぶちまける)• Gたかし(国会議員会館でありえない挙動をしながらインタビューに答えるアントニオ猪木) 今どきの若者には分からないドラマBEST3【関根】• 寺岡光盛(『刑事コロンボ』の吹き替え 小池朝雄と石田太郎の違い 解決編)• TOMO(『金八先生』より 三者面談に来たの姉・)• 佐橋大輔(ガンリキ)(やってる事と言ってる事が完全に間違っている『西部警察』大門役・渡哲也) 2015年もっとも輝いている女性BEST3【小堺】• 中村愛(思ったことをおかまい無しに口にするのグルメレポート)• まちゅ(だんだん自信が無くなっていく)• (自分のモノマネをされて嬉しいのにダメ出しをする天海祐希) 他ではなかなかやらせてもらえないBEST3【関根】• 伊達さん(大人のカフェ)(人とぶつかる)• 原口あきまさ&(ホテルでの一夜を語る) ラジオBEST3【小堺】• まぁこ(曲紹介で「でした」を意識しすぎているの)• (『』より 本日のメールテーマを明らかに考えていなかった)• シンディー(英語の発音が飛び抜けている『オーディオチャンネル』のナレーション ) クイズ番組BEST3【関根】• シンディー(クイズ番組で答えている途中に他の事が気になってしまう)• (『』決勝でよく見る私立の控えめなガッツポーズ)• 高田紗千子(梅小鉢)(答えただけなのに低音ボイスと目力のせいで怖く聞こえてしまう) 人気スポーツBEST3【小堺】• (野球を知らない人にも「この人限界だな」と分かる元阪神 )• 吉田圭佑()(キックの時だけ、どうしても変な声が出てしまうMAX王者 )• 響乃じゅん子(アナウンスが独特すぎるの ) 営業ネタBEST3【関根】• 長浜之人()(コンサートで歌よりも客との絡みがメインになりすぎてしまう)• 古賀シュウ(ベタなボケで笑いをとろうとするものまねパブのMC)• ショウショウ(いつもハチャメチャだが漫才のお辞儀だけは真面目になる()) 小堺一機と関根勤の最新ものまね• 小堺一機(『』番組終了間際、感情に任せて絶対に入らない量のコメントを言おうとするが案の定入らずディレクターのせいにするも最後は超個人的な事を言ってしめる)• 関根勤(街中でいつもオドオドしている) 第5回 [ ] インタビューBEST3【小堺】• Gたかし(『情熱大陸』の中居正広)• (のコンサートに来た客)• (買い物をする)• キンタロー。 (海外へ行くカリスマトレーナー• ホリ(の武田鉄矢) 司会者BEST3【小堺】• (『』の)• 』とかけ合いをする坂上忍)• 原口あきまさ(再現VTRのとそれを見る明石家さんま) 日常の風景BEST3【関根】• パニーニ(狭い道でを差してすれ違う人)• (前のにミドルを入れる人)• (『』の)• 加藤誉子&あしべ(で片平なぎさとのよくあるエンディングシーン) 映画BEST3【関根】• 寺岡光盛(『刑事コロンボ』の吹き替え 小池朝雄と石田太郎の違い 逆転編)• 三戸キャップ()(アメリカのアニメ映画に出てくる、落ちそうで落ちない皿)• (『』で3階から落ちてきたジャッキー・チェンと吹き替えをする) 突然泣く人BEST3【小堺】• JP()• 横澤夏子(を見せたがる女)• シンディー(を語る) 高周波BEST3【関根】• (ファイナリーツアー最終日に最後の挨拶をする)• ( のストライク)• ()(『』の最初のところ) 45度なら似ているBEST3【小堺】• しょーり()()• とりひこ()() こういう風に聞こえてるBEST3【関根】• (松本伊代『』)• ホリ(酒ヤケで語尾が消える)• とくこ(乗り換えが多すぎて段々テンションが高くなっていくの到着アナウンス) 地味BEST3【小堺】• エハラマサヒロ(がの奥に詰まってる人)• 山本高広(の呼吸音)• (の) 一般人BEST3【関根】• (さえない主人公をが演じるを見ている、本当にさえない人)• エハラマサヒロ(38歳 独身男性) 笑い方BEST3【小堺】• 星ノこてつ。 ()(ハマった時のマツコ・デラックス)• 中村愛(冷めるのが早い横澤夏子)• (地を這うような音で笑い上げる) 営業鉄板ネタBEST3【関根】• 大納言光子(24時過ぎたら鉄板 ののかぶり方)• 友近(で説法する)• ゆうぞう(営業一筋の名司会者 ) 全力ものまねBEST3【小堺】• コロッケ(全力でを食べる)• (のが家に着いて倒れるまで)• とくこ(で「」と連結する「」) 気持ち聞き取りづらいBEST3【関根】• 神奈月(生放送の討論番組でについて語る前田日明)• ユリオカ超特Q(ありえない所でまさかのかみ方をする藤波辰爾)• (が寝起きで「取ってくれよ」と言うところ) テレビ番組BEST3【小堺】• パニーニ(NHKロボコンより ルールはわからないがなぜか会場がわく瞬間)• キンタロー。 (主演『』の冒頭部分)• レイザーラモンRG(レイザーラモン)(『』でを朗読する) ヒット曲BEST3【関根】• ミラクルひかる&みかん(『』を歌うキレキレのと英語の歌詞を日本語で読む)• (『』のオープニングで曲紹介が間に合わない中森明菜)• コータロー()(『』に全く流されない) 2秒ならそっくりBEST3【小堺】• (の寝顔)• 大納言光子(時代の)• かーしゃ()(若い時のの目) スポーツBEST3【関根】• DH億(低めのボールをライトへホームランを打った時、漢字の「」みたいになる )• (バレないように反則技ばかり出してくるの選手)• 横澤夏子(ワザとガーターを出す女) 漫才師BEST3【小堺】• (見てる者が心配してしまう位、旦那さんに腕を引っ張られて劇場を後にする) そんなワケないだろBEST3【関根】• (語尾の子音が強すぎるの子役)• コロッケ(阿部寛とくしゃみをする阿部寛) 実際に入ってたリアルBEST3【小堺】• 原口あきまさ(())• レイザーラモンRG(レイザーラモン)(だんだん悲しくなっていく)• あしべ(あまりに一方的な()) 働く人BEST3【関根】• 中川家(リフォームの山下)• 松下シュート()(カッコつけてるのトレーナー)• 友近&(勝負の結果がよくわからないのケンカ) BEST3【小堺】• みかん(加速するアンミカ)• とくこ(ショッピングチャンネルで300種類の黒を説明するアンミカ)• 加藤誉子(の満ち欠けによってお肌の手入れ方法を変えるアンミカ) BEST3【関根】• 小出真保(のファンへの衝撃告白)• 江戸川キャデラック(での大会の風景)• 中川家(ロケバス)• 丸山礼(スタッフとタレントの対応に差がありすぎるテレビ局のさん)• まぁこ(「」だけで全てをこなすベテランアシスタントプロデューサーの挨拶) CM直前BEST3【関根】• シンディー(自分のアクションで残り3秒をきっちりカウントする横澤夏子)• 友近(尺読みが甘すぎて尺をもてあます中継レポーター)• 山本高広(『』で強引にCMに行く) 遠目ならいけるBEST3【小堺】• クロヤナギ(江戸川キャデラック)(ヒロミ)• (『』)• ガリベンズ矢野() クラスの人気者が教室の後ろでやるものまねBEST3【関根】• NOモーション。 (『北斗の拳』より 対)• ユリオカ超特Q(藤波と天龍が演じる『』のエンディングシーン)• (『』のキャラになった沢口靖子) 世界レベルのスポーツBEST3【小堺】• せいゆう()()• はつを()(をやっちゃうんじゃないかと思ってしまうオーストラリア代表ピッチャー )• 中川家(の劇団にありそうなポスター)• エハラマサヒロ(昔はモテたと言い張る母親の)• () BEST3【小堺】• きくりん(YouTubeで話題になった ひどすぎる子供の)• レイザーラモンRG(レイザーラモン)(YouTubeでも発言が過激すぎて途中から壮大な音楽がかぶさる前田日明)• 響乃じゅん子(YouTubeの文字だけの画面で流れてくる自動音声) 輝いている女性BEST3【関根】• みかん(天海祐希がお笑いを見ていてハマった時とハマらなかった時の違い)• JP(『』に出演している国会議員役の)• ミラクルひかる(MXテレビ『』にて編集できない状況で下ネタをぶっこんでくる) 小堺一機と関根勤の最新ものまね• 小堺一機(全く何を言っているか分からないが自社製品だけはきっちり言える をしている阿部寛)• 関根勤(バラエティ番組で動体視力テストをする)• 小堺一機&関根勤(収録後 廊下ですれ違う阿部寛と北村総一朗) 第6回 [ ] 今 最も旬な人BEST3【小堺】• 中村愛(尋問のように詰めよる)• 」の回) テレビ番組BEST3【関根】• 小出真保(ザ・ノンフィクション『借金で傾いたお店を切り盛りする46歳 女性』)• みかん(『』で親から教わった人としての生き方を語る)• レイザーラモンRG(『』のエンディングで流れる女性のコーラス) 語り継ぎたい昭和のリアクションBEST3【小堺】• ホリ(小林幸子のそっくりさんが男だと分かった時の武田鉄矢)• 山本高広(インスタライブで絵本を朗読する)• 友近(昭和初期のを舞台にしたのヒロインが後に大流行となる台詞を発した瞬間) よみがえる名曲BEST3【関根】• JP(『』を歌う)• ヤジマリー。 ()(大技を決めそうで絶対に決めない) NHKの番組BEST3【小堺】• ガリベンズ矢野(クイズの2択問題で迷う伊集院光)• きくりん(NHK『』では信じられないほどテンションが高い中井貴一)• (『』で個性的なコメントをする) アジアの外国人BEST3【関根】• (韓国のにいる アイドルか一般人か分からない人)• (屋店員の「」の言い方)• 神奈月(でダントツの人気を誇る・のファン) 一般人・編BEST3【小堺】• 準特急久保田(になると野球場のに現れるおじさん)• ()(38歳 独身男性)• 俵山俊()(時代の波に巻き込まれていく好青年) 一般人・編BEST3【関根】• エハラマサヒロ(『のど自慢』大会でAKB48『恋するフォーチュンクッキー』を歌う中国人)• (のCM)• 佐橋大輔(ガンリキ)(さんが120歳でに載った時に「長生きの秘訣は何ですか? 」と聞かれた時のインタビュー) 時代を駆け抜けたレジェンド芸人BEST3【小堺】• シンディー(実はカンペに忠実な林家パー子)• (テレビ局でさんと会った時の)• オキシジェン(見てる者が心配してしまう位、旦那さんに腕を引っ張られて劇場を後にする内海桂子) 時代を彩る女優BEST3【関根】• キンタロー。 (芝居となると自分の感情のコントロールが出来なくなる)• (シリアスなシーンで「徹底的に調べないと」とつぶやく)• 友近(追いつめられて大胆な提案をする犯人役・) ドキュメンタリーBEST3【小堺】• Gたかし(『続・なんでもできる 元気があれば』の中でディレクターの無茶ブリにまさかの対応をするアントニオ猪木)• 加賀成一(大人のカフェ)(ディレクターの求めていた答えとは全く違う事を言う中日ドラゴンズ 山本昌)• むらせ(()が必ずやる謎のピース)• ガリベンズ矢野()• (社長 ) 1人でBEST3【小堺】• JP(松本人志(ダウンタウン)・東野幸治・小籔千豊の物真似で ひとり『ワイドナショー』)• 原口あきまさ(明石家さんま・ほいけんたの物真似で ひとり『』)• ホリ(雨上がり決死隊・出川哲朗・山崎弘也(アンタッチャブル)・堀内健(ネプチューン)の物真似で ひとり『アメトーーク! 』) ビッグアーティストBEST3【関根】• ミラクルひかる(コンテンポラリーダンスのリハーサルに密着される夏木マリ)• エハラマサヒロ(ラジオでについて語る)• 伊達さん(大人のカフェ)(人とぶつかる山下達郎) リアル完コピ芸人BEST3【小堺】• オキシジェン(コンビ間でオチが全く定まっていなかった芸歴60年 師匠)• 中川家(きっかけがなかなか決まらないコントライブのリハーサル) BEST3【関根】• 古谷敦宏()(客が取れず全然やる気のない昼間の歌舞伎町の)• メルヘン須長(歌舞伎町で流れているテープの声)• ハギノ・リザードマン(ローズヒップファニーファニー)(チラシを配るときの声がに聞こえる居酒屋の店員) グレイテストヒッツBEST3【小堺】• ミラクルひかる(ジャズを歌う八代亜紀『YOU'D BE SO NICE TO COME HOME TO』)• エハラマサヒロ(歌い出しを目一杯タメるがすぐに帳尻を合わせるテクニックを持つ松崎しげる『愛のメモリー』)• ユリオカ超特Q(カラオケスナックにて郷ひろみ『男の子女の子』を歌うが、出てくる歌詞を全部歌ってしまう藤波辰爾) CM直前BEST3【関根】• シンディー(自分のアクションで残り3秒をきっちりカウントする横澤夏子)• 友近(尺読みが甘すぎて尺をもてあます中継レポーター)• 山本高広(『朝まで生テレビ! 』で強引にCMに行く田原総一朗) 本人にはこういう風に聞こえているBEST3【小堺】• KONOMI(松本伊代『センチメンタル・ジャーニー』)• ホリ(酒ヤケで語尾が消えるはるな愛)• とくこ(乗り換えが多すぎて段々テンションが高くなっていく総武線新宿駅の到着アナウンス) 名作BEST3【関根】• 加藤誉子(思わぬ所から事件の糸口を掴む片平なぎさ)• (洋画でよく見る「いや お前が言ったんだろ! 」とツッコミたくなるシーン)• コロッケ(『ジュラシック・ワールド』のティラノサウルス) 気持ち聞き取りづらいBEST3【小堺】• 神奈月(生放送の討論番組で地球温暖化について語る前田日明)• 森田まりこ(『アナと雪の女王』より エルサ役・松たか子を必死に説得するアナ役・神田沙也加)• ユリオカ超特Q(プロレスの取材と一般の取材とで滑舌を使い分ける天龍源一郎) 耳をすませばBEST3【関根】• (を噛じる音)• (電源を落とす瞬間のクリーナー)• (『カリオストロの城』より 目にも止まらない早業でを披露する) 楽器BEST3【小堺】• エハラマサヒロ(バーの店員が休憩中にサプライズ用のを練習する風景)• ナナちゃん(間奏で思い通りにならない森高千里『渡良瀬橋』)• レイザーラモンRG(THE 虎舞竜『ロード』の最初のところ) 女性アナウンスBEST3【関根】• 響乃じゅん子(の男の心をくすぐり続ける舌足らずな萌えボイス の金子さん)• そのこ(途中からセクシーすぎてよからぬ妄想をかきたてられる新幹線「」のアナウンス)• 響乃じゅん子(田舎でたまに流れる町内放送) んなわけないだろBEST3【小堺】• 植山由美子(天然もろこし)(稲垣潤一『クリスマスキャロルが流れる頃には』のマイクの雰囲気)• メルヘン須長(『ストリートファイター』のキャラになった沢口靖子) トップアスリートBEST3【関根】• 古賀シュウ(天才少女ゴルファー・ 5歳)• 神奈月(でプロ野球復帰について語る)• めっちゃ(安美錦が寝起きで「今日あいてんの? 」と付き人に聞くところ) 雲の上対談 [ ] 小堺・関根が亡くなった有名人に扮し、その物真似による対談で送るコーナー。 司会はの物真似の(第2回まで)。 第1回は小堺が、関根がを演じた。 第2回は小堺が、関根がを演じた。 第3回は小堺が、関根がを演じた。 (出典: 主なスタッフ [ ]• ナレーター:(第1回)、(第2回・第3回)、(フジテレビアナウンサー、第2回)• 構成:金森直哉、渡辺健久、• SW:岩田一己• カメラ:小出豊、小川利行• 音声:奈良岡純一• VE:高橋正直• 照明:小林直貴• 美術デザイン:棈木陽次• 美術プロデューサー:副島翔太郎• 美術進行:服部孝志• 大道具:新屋貴之• 装飾:菊池誠• 電飾:斎藤誠二• アクリル装飾:國母淳一• 特殊効果:鈴木希望• 衣装:成田咲良• 持道具:後藤綾• メイク:大高里絵、大友麻衣子• かつら:俵木和美• CG:新井元樹• 編集:林奈織• 音響効果;• MA;安達健太郎• TK:楮本眞澄• 技術協力:、、、• デスク:波多野有香• AD:坂本融治(クリエイターズボックス)(第3回-)、山田亮介()(第4回)、林寛隆()(第4回)• 制作進行:渡邊幸子• プロデューサー:高橋味楓()、中村由紀()• チーフプロデューサー・演出:渡邊俊介(フジテレビ)• 制作協力:、• 制作著作: 過去のスタッフ [ ]• 構成:藤沢めぐみ、大山敏(第1回のみ)• チーフプロデューサー:(第1回のみ)• プロデューサー:安藤厚司 (、第1回のみ)、金井尚史(第1回のみ)• ディレクター:、庄司裕暁(FCC、第1回のみ)、塩原大介(、第1回のみ)• 2014年6月14日. 2015年3月17日閲覧。 ワイヤーアクション 2014年6月14日. 2015年3月17日閲覧。 ワイヤーアクション 2014年6月14日. 2015年3月17日閲覧。 ワイヤーアクション 2014年9月27日. 2015年3月17日閲覧。 ワイヤーアクション 2014年9月27日. 2015年3月17日閲覧。 ワイヤーアクション 2015年3月26日. 2015年10月9日閲覧。 関連番組 [ ]• - 同局で毎年年末に1回放送されているものまね番組。 司会は、、、。 (2014年12月12日現在)• - 同局で毎年2〜3回不定期放送されているものまね番組。 白組司会は今田耕司、西山喜久恵。 紅組司会は東野幸治、。 (2014年4月13日現在)• - 当番組で司会を務めていた小堺一機がメイン司会を務めていたバラエティ番組。 同局で毎週平日13:00 - 13:30(末期は12:55 - 13:25)に放送されていた。 なお、上記番組はいずれも本番組と同じく渡邊俊介がチーフプロデューサーを務めている。 - 「ものまねメドレー選手権」にて天海祐希が審査員、コサキンが出場者として出演したことがある。 また「」では関根が審査員を務め、小堺が出場したことがある。 そして両コーナーとも当番組出演者が多数出場。 外部リンク [ ]• - フジテレビによる番組公式サイト.

次の