ライカ q2。 365日ライカ:030 遊べるライカ「ライカQ2」長期使用レビュー|#365leica|note

My Favorite Leica:LEICA Q2(大門美奈) ワイドからクローズアップまで、1台で完結する魅力

ライカ q2

ライカの高級コンパクトデジタルカメラ「 」。 その2019年3月末の発売から、1年が経ちました。 Leica SL, Vario-Elmarit-SL 24-90mm 僕がこのカメラを手にしたのは2019年6月。 仕事で使用しているミラーレス一眼「ライカSL」とバッテリーが共通していることから、仕事用のサブ機として購入しました。 しかし、その高い描写性能や機動性、汎用性から、 当初想定していた用途を遥かに超える活躍を見せてくれています。 Leica SL, Vario-Elmarit-SL 24-90mm この記事では、約1年間の使用を経てのレビューや使用例を、私見たっぷりにご紹介しようと思います。 ライカQ2=「コンパクトじゃない高級コンデジ」 Leica SL, Vario-Elmarit-SL 24-90mm このカメラを一言で紹介するなら「 コンパクトじゃない高級コンデジ」。 レンズの取り外しができない一体型カメラを通例で「コンパクトデジタルカメラ」と呼ぶため、一応コンデジというカテゴリに入っています。 前モデルである初代「ライカQ」は約60万円程度という値段ながらも、その描写性能や取り回しの良さや洗練されたデザインから大評判となり「 最も売れたライカカメラ」と言われるヒット製品となりました。 「ライカQ2」は、そんな初代ライカQのデザインをほぼそのままに、より高解像度なセンサーを搭載し、防塵防滴性能を備えた、アップグレード版です。 では、次の項目からは実際に使って感じた特長を紹介します。 初代ライカQが約60万円程度の値段にも関わらず、なぜヒットしたのか? その理由の一つは、実はコストパフォーマンスにあります。 というのも、ライカQ/Q2が搭載しているレンズは「 ズミルックス f1. その 同等品「ズミルックス M f1. 」を単品で購入すると、なんと約86万円もするのです。 それより安い値段でフルサイズセンサーを搭載したボディーがついてきて、しかもオートフォーカスも使える。 ということで、 ライカQは「高コスパ」と評判になりました。 Leica Q2 そんな評判のレンズ「 ズミルックス f1. 」ですが、実際に使用していても、その描写には惚れ惚れとさせられるものがあります。 Leica Q2 現代レンズらしい解像感に、収差を抑えたすっきりとした描写、28mmながらも歪みの少ない画作り。 Leica Q2 レンズボディ一体型カメラならではのチューニングもあって、 約86万円の「ズミルックス M f1. 」を上回ると評されることもあるくらいです。 Leica Q2 なかでも開放f1. 7(近接時f2. 8)で撮影した写真には、特筆すべき美しさを感じます。 明るいレンズとフルサイズセンサーの組み合わせが作るボケ味は、非常にまろやか。 Leica Q2 まるで 被写体を空気ごと閉じ込めるかのようなクリアかつ色気のある描写で、なんてことない日常の中にある輝きに気づかせてくれる気がします。 であることが物語っているように、このライカQ2は「 アクションカメラのように扱えるライカ」と捉えることだってできます。 Leica Q2 多少の雨や水しぶきなら何の問題もなし。 そのため、どんな天候になるか分からない旅行時は、このライカQ2を1台だけ持って行くのが定番となりました。 Leica Q2 初代ライカQではセンサーにゴミが乗りやすいという問題が報告されていましたが、防塵機能によってそうしたトラブルもありません(ただしファインダーにはゴミが入りました)。 Leica Q2 またQ2から採用された有効4730万画素センサーにより、クロップ耐性も向上。 ボタンを押すだけで35mm、50mm、75mmの焦点距離を選べるため、28mm単焦点でも幅広いシーンに対応した撮影が行えます。 Leica Q2 ちなみにLightroomであればRAWにもクロップ設定が適用されているため、本当にレンズを切り替えるかのように使えるのも良い点です。 このクロップ適用は残念ながら常用ソフトであるCapture Oneには対応していないので、Q2で撮影した写真だけはLightroomで管理しようかと迷っています。 Leica Q2 そして、 AFによって可能となるのが、片手での撮影。 一人旅ならともかく、誰かと旅行しているときは撮影よりも旅自体を楽しみたいので、ライカQ2はやはり旅行に最適なカメラだと感じます。 Leica Q2 なお、スマートフォンアプリ「ライカFotos」を使えば、Bluetooth経由でライカQ2のWi-FiをONにして写真転送ができるため、 旅先でのインスタグラムストーリーズ等へのSNS投稿もスムーズ。 JPGの画作りも非常に見栄えのする設定となっているので、ほとんど編集要らずなのも嬉しいところですね。 AFとマクロ撮影が実現する「もっとも遊べるライカ」 Leica Q2 M10等のライカを代表するMシステムに対し、ライカQシリーズが誇る2大アドバンテージが、AFとマクロ(近接)撮影です。 普通のカメラでは当たり前の2機能ではありますが、ライカレンズでこの2つが使えるというのは、非常に大きなメリットとなっています。 AFのメリットは先述の通り。 ライカQ2は顔認識や動体認識AFも備えていますが、僕は基本的に中央1点のスポットAFを使用しています。 Leica Q2 そしてなんといってもマクロ撮影。 寄れるというだけで喜んでしまうのはおかしいのですが、ライカレンズで寄れるというのは、やっぱり大きな価値なんです。 Leica Q2 手振れ補正機能と75mmクロップを活用すれば、相当なマクロ撮影も可能。 テーブルフォトはもちろん、仕事での物撮りの際にもディテール表現で重宝しています。 気になる点をいくつか 以上、ライカQ2の気に入っている点を挙げてきましたが、長期使用する中で気になる点もご紹介します。 ・高感度撮影時はノイズ多め ・RAWデータの調整幅が狭め ・動画撮影時にLog撮影ができない ・フィルムモード(JPG設定)を無視した、光学ファインダー風EVF設定が欲しい ・ライカFotosとの接続がやや不安定 ライカQ2についてよく指摘される高感度ノイズ問題ですが、個人的にはあまり高感度撮影しない&ノイズの出方がフィルム風で悪くないため、大きな不満は感じていません。 総じて完成度が高いカメラという印象です。 高いけど高くない、本気で欲しい人にはおすすめしたいカメラ Leica SL, Vario-Elmarit-SL 24-90mm 以前、ギズモード・ジャパンに寄稿した記事の中で、ライカQ2について「反則」という表現を使いました。 スマートフォンのような感覚でライカ品質の写真が量産できてしまうのは、やっぱり反則的だと、今も毎日のように感じています。 Leica Q2 M型ライカの持つ魔法のような魅力とは別物ですが、ライカQ2は実用品として間違いなくQOLを上げてくれるカメラです。 Leica SL, Vario-Elmarit-SL 24-90mm 「レンズ単体で買っても86万円で…」なんて言い訳をしたとしても、決して安い買い物ではありません。 しかし、日常の中で写真を楽しみたいという方にとっては、 それだけの価値はあるカメラだとおすすめしたいと思います。 ちなみに通常よりも安く購入しようと思えば、香港での購入や海外からの仕入れなどのルートもありますので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

次の

ライカQ2が魅力的な理由!もはやフルサイズコンデジQ2はメイン機の風格がある

ライカ q2

RX1RM2が国産ライバル機種ですよね 当初、さすがにQ2はコンデジとしては高過ぎるかな? カメラとして非常識な価格帯だから家族に申し訳ない。 みたいな気持ちがありました。 Q2は欲しいが、国産でも代わりがあるんじゃないか? そこで購入したのがソニーRX1RM2でした。 この二台、スペック的に、ほぼほぼ同じ。 (ぱっと見に違うスペックは画角が違う程度)• デザインも大雑把に言えば、ほぼ同じ傾向• 価格帯も尋常ではない点で普通は手を出さないのも二台とも• ソニーが国産であることから修理とか安心かも?• 田舎でも実機を触れる事が出来るのはRX1RM2のみ。 ライカQ2は実機を見る事すら出来ないから本当に価格ほど良いか確認不可能• Q2の自動車的な価格では、実機を見ずに、触れずに、買うことは出来ないがRX1RM2は一応本物を見て触れてテスト撮影してから買える• Q2はレビュー、クチコミも極端に少ないので、実際に買った後に後悔しないと言う保証がない• もしかして実際はRX1RM2と同じかもしれないのに、差額が30万円くらいする損する感?• Q2買うとバッテリーも充電器も全てが単品2万円くらいするのでRX1RM2より高額になる そんな事を考えて最初はRX1RM2を買っていました。 そして、購入当初はこれで正解だったと思うだけの素晴らしい性能と質感の高いボディーのRX1RM2です。 しかし、一年後になると、、、、 詳しくは、途中で発売されてRICOH GR3まで買いましたが、最終的にはライカQ2も買う羽目になりました。 私の場合は最初からLeica Q2買う事が一番経済的でした。 そう思う経緯を何回かに分けて書きます。 結果Q2もゲットしてRX1RM2比較スタート RX1RM2とQ2 見た目は兄弟 左はソニーRX1RM2 右はライカQ2 見た通りで多少サイズ感が違うけど、カメラに興味がない人に見せたら同じに見えそうな兄弟分です。 軍幹部はシンプルでダイヤルが二つ• シャッターボタンと電源スイッチ• 高級感のあるブラック塗装• 単焦点レンズ搭載ボディー• 絞りリング付きレンズ• マクロモード付きレンズ• どことなくレトロ感漂う点も一緒 見た目は大雑把に引き分け 見た目を比べたら、どちらも高級感ある素晴らしい外装とデザインで遜色ない。 両機種とも素晴らしい作りです。 RX1RM2は今時珍しい日本国内生産。 Q2もドイツ生産 どちらも明らかに疑う余地も無く、最高級コンパクトデジタルカメラ。 コンデジに限らず一眼レス、ミラーレス一眼も含めても、トップレベルの高級カメラです。 Q2に至っては、ニコンやキャノンのプロ御用達の一眼レフボディーより高い。 だからQ2も、RX1RM2も、数万円から10万円クラスのカメラとは比較にならないほど美しい造りの良さだと思いました。 外見は引き分け だと私は思います。 塗装の素晴らしい点は、RX1RM2も負けてません。 良くあるデジカメの単なるブラック塗装ではなく、何というか昔のカメラのブラック塗装みたいな艶やかな厚みのある感じがRX1RM2でした。 レンズも二台とも、金属感のある気持ち良い触感。 ピントリング、絞りリングの操作性もキチンとしてます。 見た目は価格相応な素晴らしい点では引き分だと思います。 次回は操作性を比較します 参考リンク 私はQ2をヨドバシから購入したので、下記のお店は知らないのですが、今現在、本当に在庫ありなら急ぎの人には朗報かもです。 くれぐれも、高額商品ですし、購入の判断はご自身の責任と調査の上でお願いしますね。 ライカQ2 Leica Q2は欲しいと思っても数ヶ月待ちが当たり前なので、在庫がある時には即買いですよね。 このリンクを貼った時点では在庫1となってますが、私がこのお店を知っている訳ではなく、たまたま見てのリンクなので、トラブルなどの責任は一切負いません。 その点よろしくお願いします。 私がライカQ2を気に入った、使い易い、と言ったところで比較対象になった実際に購入して使って来たカメラはどんなのか? とても大事だと思いますので、思い出した時に徐々にカメラ名を書いて行きます。 EPSON CP-100• FUJIFILM FinePix1200• OLYMPUS CAMEDIA C-2100 Ultra Zoom• FUJIFILM FinePix4900Z• FUJIFILM F810• Canon PowerShot G7• Nikon D80• Nikon D7000• Nikon D7100• Nikon D600• FUJIFILM X-100• OLYMPUS E-P3• Nikon D810• OLYMPUS E-M1• SONY RX100MK5• SONY RX1RM2• RICOH GR• RICOH GR3 その他、もっともっと多数あるんですが、思い出せた部分で書いてます。 使った事があるフィルムカメラ フィルムカメラの全盛期は、私が子供から中学高校生の時代、そして大学まで。 社会人になった時はまだフィルムカメラ時代ではありましたが、半分電子化が進んでオートフォーカスも出て来て、フィルムもコンパクトなカートリッジになって巻き戻しも出来るようになったり。 そんな若い頃の話なので、部活で借りたカメラや友人の借りたカメラなども含まれているんですが、とにかくシャッターを切った、実際に撮影した経験のあるカメラを思い出したら書いてます。 Konica C35 FE ぴっかりコニカ• PENTAX MX• PENTAX ME• Canon オートボーイクオーツデート• Canon EOS IXE• OLYMPUS OM1• Canon F1 最近のコメント• に より• に ぽんこつ より• に より• に より• に より 最近の投稿•

次の

【保存版】憧れのカメラ「ライカ」の魅力とおすすめモデル6選!知ればきっと欲しくなる!!

ライカ q2

美しいフォルム!「ライカだから機能不足を我慢」の時代は終わった ライカQ2が発売された。 は、冒頭、Q2を「パーフェクトを追求」と銘打っている。 何のことだろうかと思ったが、今回、当ブログを書き進めるうちに、その意味が分かったように思う。 初代のライカQは2015年6月に発売された。 大口径の明るいズミルックス f1. とフルサイズ35㎜のCMOSセンサーを搭載。 ライカの明るいレンズを使ってオートフォーカスで撮影できるフルサイズコンデジという、斬新で意欲的なカメラだっただけに、発売当初から、私は気になっていた。 そして、この3月発売された2代目・Q2は、さらに磨きをかけ、フルサイズコンデジの完成形と言っていいほどの高スペックで登場した。 撮像素子には、 有効4730万画素の35mmフルサイズセンサー採用。 最高ISO感度50000の高感度撮影も可能。 焦点距離は28mmに加え、ボタン操作一つで 35mm、50mm、75mmの撮影範囲を示すブライトフレームを液晶モニターにデジタル表示。 新開発の高精細368万ドットの 有機EL電子ビューファインダー。 オートフォーカスは0. 15秒未満でシャープなピント合わせが可能。 Bluetoothに対応。 アプリ「ライカFOTOS」にも対応し、Wi-Fi機能と組み合わせて、SNSに静止画や動画のアップロードや、スマホから各種設定変更やリモート撮影が可能。 初の防塵防滴。 スペックを見ると、必要にして十分だ。 撮像素子に4730万画素のフルサイズセンサーを採用し、細部まで鮮明な静止画や4K動画が撮影できるようになった。 さらに、最高ISO感度50000までの高感度撮影も可能だ。 デジタルズームでフレームを28㎜から75㎜まで表示できる。 防塵防滴の保護シーリングを纏い、Bluetooth LE(Bluetooth Low Energy)を経由して、スマホと常時接続も可能だ。 まさに、いまどきの先端デジタルカメラに勝るとも劣らないスペックだ。 Q2は高画素化によって最大75mmの焦点距離をカバー 私が最も注目したのはセンサーの画素数拡大だ。 ライカQシリーズは、単焦点レンズのために、デジタルズームで画角を変更する方式だ。 しかし、初代Qは2420万画素のため、クロップで可能な焦点距離の範囲は28〜50㎜にとどまった。 今回、Q2は2420万画素から4730万画素に大幅拡大したことにより、 70㎜まで拡大することが可能になった。 単焦点レンズでも28〜75㎜の撮影ができるのならば、より一層、実用的なカメラとなる。 発売前、これだけ高画素機になると、手ぶれ補正の有無を心配する人もいたが、もちろん 手ぶれ補正(光学式)は搭載されている。 デジタルズームでクロップされた際の画素数を比べたのが下記の表だ。 また、アイセンサーによる背面モニターとの表示切り換えスピードは認識できないレベルにまで速くなり、アイピース光学系の一新により、倍率は0. 7倍から0. 76倍に向上したという。 leica-camera. まず、レンズ交換なしで28㎜から75㎜まで使えるフルサイズコンデジになったことで、魅力が増したのは間違いない。 カメラは外に持ち出されてなんぼの機材。 レンズ交換不要なだけに、一層持ち出したくなるコンデジになったのではないだろうか。 実際、私自身、ちょっとした外出する際に持ち出すカメラは、ライカC-Luxの出番がめっきり増えた。 少なくともM10ではない。 ソニーRX100M5もツァイスの明るいレンズを搭載した優れた高級コンデジだが、サイズが小さすぎて、ライカC-Luxくらいのサイズ感が気に入っている。 Q2のような高機能・高性能なコンデジは、所有欲を満たすだけでなく使用回数も増えそうな機種なので、私は買いたいと思う。 もうひとつ、ライカQシリーズの魅力は、超高級な単焦点レンズ「ズミルックス f1. 」を搭載しているという点だ。 レンズ単体では発売されているズミルックスはF1. 7ではなくF1. 4という、より明るい「ズミルックス f1. 」だが、現在、市場価格が約80万円である。 かりに、F1. 7のズミルックス28㎜が存在していれば、もう少し安いとは思う。 しかし、Q2がスペック通りなら、現在の実勢価格65万円前後は、ライカファンなら「決して高くはない」と思うのではないかと思う。 実のところ、私も「ライカQ2は意外に安いのかもしれない」と思った1人である。 しかし、ライカに興味がない人から見ると、「コンデジに65万円も払うのは頭がおかしい」と思うだろう。 その通りである。 私は、もうすっかり、おかしいのかもしれない。 しかし、この価格を安いと感じさせるライカは恐ろしいブランドだと思う。 私はM10を手にして、まだ日が浅いので、もう少し、ほとぼりが冷めたら、Q2の購入計画を練りたいと考えている。 でなければ、私は妻にクロップされてしまいそうだからだ。 最後にライカQ2のような高級カメラを買うなら、カメラ専門店の やカメラのミツバ 、 が安心だ。

次の