麻生区 コロナ。 川崎市麻生区コロナ感染の20代男性は誰でシェアハウスや職場、病院はどこ?行動歴や感染経路は?

麻生図書館|川崎市立図書館

麻生区 コロナ

神奈川県川崎市麻生区で新型コロナウイルスの感染者が確認されたとの報道がありました。 麻生区としては初となる感染者です。 神奈川県内でも新型コロナウイルスの感染者が増えてきていますね。 大都市はとくに人口が多いですし、なにより人口密度も高いですから、他の都道府県と比べて感染のリスクが高いのでしょう。 それに満員電車の中で通勤しないといけないって人が多そうですし。 そのため今後も神奈川県で新型コロナウイルスの感染が拡大していく可能性があります。 神奈川県に住んでいる人は十分気をつけてください。 今回神奈川県川崎市麻生区で確認された新型コロナウイルス感染者はいったい誰でどのような経路で感染したのでしょうか? そして現在どこの病院に入院しているのでしょうか? 気になる情報を調査してきました。 川崎市によりますと、新型コロナウイルスの感染が確認されたのは川崎市麻生区に住む20代の会社員の男性です。 男性は今月12日に37度8分の発熱があり、いったん熱は下がったものの、その後も息苦しさが続いたことから、市内の医療機関を受診したところ19日、感染が判明しました。 症状は軽いということです。 男性は川崎市内で知人4人と同居しているほか、いったん熱が下がった今月13日から14日にかけては本人を含め合わせて6人のグループで近隣の自治体に旅行していたということです。 市は濃厚接触者としてこうした人たちについて検査を進めるほか、男性の勤務状況などを確認し、感染の拡大がないか、調べることにしています。 引用: 今回の感染者は知人4人と同居しているとのこと。 同居ということですからおそらくシェアハウスでしょうね。 おそらくこの知人4人も感染者と接触していたためウイルスに感染していると思われます。 早急に検査を行ってほしいですね。 そして感染者は発熱を確認した後旅行をしています。 どこへ旅行したのかはわかりませんが、旅行先でウイルスをまき散らした可能性が高いです。 発熱を確認したなら、まずは新型コロナウイルスをうたがって検査を受けてほしかったですけどね。 危機感が足りてないなと感じます。 新型コロナウイルスに感染した神奈川県川崎市麻生区に住む20代男性会社員の感染経路 今回新型コロナウイルスの感染が確認された神奈川県川崎市麻生区の20代男性はどのような経路で感染したのでしょうか? これが感染者の感染が確認されるまでの流れになります。 3月12日 37度8分の発熱を確認 3月13日~3月14日 旅行 3月15日 息苦しさを感じる 3月17日 医療機関を受診 3月19日 検査の結果、新型コロナウイルス陽性を確認 知人5人と車で旅行したとのことですが、この知人らにもウイルスが感染していることでしょう。 この知人らも早急に検査してほしいですね。 そして他の感染報道を見ていてもそうですが、発熱などの症状が確認されてから外出している人が多い。 今でいえば、発熱などの症状が確認されたら新型コロナウイルスの感染をまず疑うべきでしょう。 感染した状態で外出してウイルスをまき散らしていたら、いつまでたっても感染の拡大を防ぐことができません。 1人1人が意識して行動してほしいものです。 新型コロナウイルスに感染した神奈川県川崎市麻生区に住む20代男性会社員の 受け入れ先 入院先の病院はどこ? 今回感染した川崎市麻生区の20代男性会社員は現在はどこの病院に入院しているのでしょうか? 神奈川県には感染症指定医療機関が、第一種感染症指定医療機関、第二種感染症指定医療機関合わせて8棟の病院があります。 その一覧がこちら。 横浜市立市民病院 川崎市立川崎病院 横須賀市立市民病院 厚木市立病院 藤沢市民病院 神奈川県立足柄上病院 平塚市民病院 神奈川県厚生農業協同組合連合会 相模原協同病院 今回も感染者のプライバシーや入院先のトラブルを防ぐために明確な病院名は公表されていません。 最近は入院していた感染者が回復して退院しているという報道を聞くようになりました。 今回の感染者は20代と若いですし、回復するスピードは早いと思われます。 感染者が少しでも早く完治してくれるといいですね。 神奈川県川崎市麻生区で新型コロナウイルスの感染が確認されたとの報道を聞いた人々の反応 今回神奈川県川崎市麻生区で新型コロナウイルスの感染が確認されたという報道を聞いて、人々からは多くの反応が見られました。 その一部を紹介しましょう。 遂に麻生区にもコロナ感染者が。 20代男性? — 猫 RedBullloe 川崎市麻生区でコロナ💦 やめて〜。 潜伏期間が長いみたいだし4月以降爆発的に感染者が増えるんじゃないか? 4月以降学校が再開になったらどうしよう。 免疫抑制剤飲んでるから感染しないためにも行かせたくない。 なんとしても大切な息子をコロナから守りたい コロナウィルス 麻生区 — momosato momosato4 週末、子どもとしんゆり行こうと思ったのに。 麻生区でコロナ…。 今後も感染が拡大していくことが考えられます。 神奈川県に住んでいる人は十分気をつけてください。

次の

「コロナ」(川崎市麻生区

麻生区 コロナ

コロナの時代 混迷の1カ月/デザイン・加藤啓太郎 軒並みシャッター、消えた人影 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が延長された7日の東京・新宿。 超高層ビルが立ち並び、百貨店やネオン街が人々を引きつけてきた街には、まるで別の場所のような静けさが漂っていた。 商業施設は軒並みシャッターを下ろし、多くの飲食店の店先には「臨時休業」の紙が貼られたまま。 この日から営業を再開する動きも一部でみられたが、「6日まで」という休業期間を示す文字の上に赤線を引き、「収束するまで」と書く店もあった。 路地裏には、空き缶やごみが重なっていた。 地元の人によると、東京都の要請に応じて多くの飲食店が休業し、店周辺を掃除する人も減ったためという。 「ずっと休んでいるのが不安になった」と、この日から居酒屋を再開することにした佐藤豊さん(52)はこうこぼした。 「いつも輝いていた新宿が、よどんでいるように見えるね」 NTTドコモのデータによると、6日の新宿駅周辺の人出は昨年の大型連休と比べて8割減。 大阪・梅田や福岡・天神といった国内有数の繁華街も8~9割ほど減り、にぎわいが戻る見通しは、いまも見えない。 店舗の看板に明かりがついた歌舞伎町一番街。 都内の派遣会社に所属する川崎市の女性(60)は連休が明けても仕事がなく、自宅アパートで一人、不安で胸が押し潰されそうな日々を過ごしている。 家庭用品のメーカーから業務委託を受け、全国に出張して製品の展示会やショールームの運営にあたってきた。 月収の平均は13万円ほど。 しかし2月末、メーカーが入るビルで新型コロナの感染者が確認された。 出張は禁止され、展示会もキャンセルが相次いだ。 3月の収入は2万円。 4月はゼロになった。 今後について派遣会社からは、「自力で切り抜けてほしい」と言われるだけだった。 メーカーの担当者からは「5月から出社してもらって、また考えましょう」と説明されていたが、宣言が延長されたことで、5月中に仕事が入る見込みもなくなった。 家賃6万円と食費、光熱費……。 4月は8万円ほどでやりくりした。 それでも8千円だけ、友人から借りた。 4月7日、「減収世帯への30万円給付」という支援策が閣議決定され、期待をつないだが、ラジオから流れるニュースで「国民に一律10万円給付」と変更されたことを知った。 一人暮らしの女性の手から、もらえると思った20万円がすり抜けていった。 10万円すら、いつ手元に届くかは分からない。 宣言の延長は「感染の拡大を止めるため」と理解しているつもりだ。 それでも、やるせなさが募る。 「政府は給付や融資の対応を『すぐにやる』と言うけれど、約束がころころ変わる。 少しの遅れが、こちらには命取りなんです」 沈んだアベノミクス 悩み続けた首相 緊急事態宣言を決断した安倍晋三首相はこの間、揺れ続けてきた。 「やむをえない。 これから先の….

次の

市内コロナ 感染者増、第2波阻止へ 研究所「PCR拡充も一因」

麻生区 コロナ

コロナの時代 混迷の1カ月/デザイン・加藤啓太郎 軒並みシャッター、消えた人影 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が延長された7日の東京・新宿。 超高層ビルが立ち並び、百貨店やネオン街が人々を引きつけてきた街には、まるで別の場所のような静けさが漂っていた。 商業施設は軒並みシャッターを下ろし、多くの飲食店の店先には「臨時休業」の紙が貼られたまま。 この日から営業を再開する動きも一部でみられたが、「6日まで」という休業期間を示す文字の上に赤線を引き、「収束するまで」と書く店もあった。 路地裏には、空き缶やごみが重なっていた。 地元の人によると、東京都の要請に応じて多くの飲食店が休業し、店周辺を掃除する人も減ったためという。 「ずっと休んでいるのが不安になった」と、この日から居酒屋を再開することにした佐藤豊さん(52)はこうこぼした。 「いつも輝いていた新宿が、よどんでいるように見えるね」 NTTドコモのデータによると、6日の新宿駅周辺の人出は昨年の大型連休と比べて8割減。 大阪・梅田や福岡・天神といった国内有数の繁華街も8~9割ほど減り、にぎわいが戻る見通しは、いまも見えない。 店舗の看板に明かりがついた歌舞伎町一番街。 都内の派遣会社に所属する川崎市の女性(60)は連休が明けても仕事がなく、自宅アパートで一人、不安で胸が押し潰されそうな日々を過ごしている。 家庭用品のメーカーから業務委託を受け、全国に出張して製品の展示会やショールームの運営にあたってきた。 月収の平均は13万円ほど。 しかし2月末、メーカーが入るビルで新型コロナの感染者が確認された。 出張は禁止され、展示会もキャンセルが相次いだ。 3月の収入は2万円。 4月はゼロになった。 今後について派遣会社からは、「自力で切り抜けてほしい」と言われるだけだった。 メーカーの担当者からは「5月から出社してもらって、また考えましょう」と説明されていたが、宣言が延長されたことで、5月中に仕事が入る見込みもなくなった。 家賃6万円と食費、光熱費……。 4月は8万円ほどでやりくりした。 それでも8千円だけ、友人から借りた。 4月7日、「減収世帯への30万円給付」という支援策が閣議決定され、期待をつないだが、ラジオから流れるニュースで「国民に一律10万円給付」と変更されたことを知った。 一人暮らしの女性の手から、もらえると思った20万円がすり抜けていった。 10万円すら、いつ手元に届くかは分からない。 宣言の延長は「感染の拡大を止めるため」と理解しているつもりだ。 それでも、やるせなさが募る。 「政府は給付や融資の対応を『すぐにやる』と言うけれど、約束がころころ変わる。 少しの遅れが、こちらには命取りなんです」 沈んだアベノミクス 悩み続けた首相 緊急事態宣言を決断した安倍晋三首相はこの間、揺れ続けてきた。 「やむをえない。 これから先の….

次の