処方箋 有効 期限。 医療事務初心者です教えて下さい処方箋が有効期限切れの場合、再発...

処方箋を預けて、後で取りに来ると言って取りに来ません。何日...

処方箋 有効 期限

以前から私も疑問に思っていたのですが、ぽちさんが教えてくださりました! 処方せんに変更があった場合処方医の訂正印があることが望ましいが、備考欄に疑義照会をした旨がしっかり記載してあれば問題ないとのことでした。 保険情報については訂正印すらいらないそうです。 (ぽちさん 談) ぽちさん、書き込みありがとうございました〜!! 処方せんの有効期限についての質問 Q:処方せん交付日を含め4日以内が有効期限ですが、患者さんの都合で薬局に来たのが5日目だったようで、薬局から、どうしたらよいか連絡がきました。 処方せんは再発行となると自費扱いで、薬も自費扱いになるんでしょうと思いましたが・・・。 なにせ30日分の処方なので、負担が大きいし。 今まで無い事だったので、対処が、わからず困りました。 一旦薬を取ってどこか無くしたのなら、自費扱いの、説明できるのですが・・・ この患者さんの場合適当ではないのかもしれませんが、処方箋の交付日はそのままで処方箋の使用期間を受け取りに行かれた日に入力して、差し替えるというのは駄目でしょうか。 基本的には交付の日を含めて4日間ですが、患者さんの長期の旅行など特殊な事情がある場合は、処方箋の使用期間欄に年月日を記載する事で、当該年月日の当日まで有効となります。 患者さんの都合とはいえ、自費での30日分再投与となると負担が大きいですよね。 この方法はいかがでしょうか。 (回答者 醍醐さん) 慢性疾患的な病気の方で、同じように有効期限が切れた処方箋を薬局に持って行かれ、問い合わせが何度かありました。 全て、『すみません、そのまま処方して下さい。 』の、一言で薬局は処方してくれました。 感冒など、状態が変化する場合は、もう一度処方箋を発行するべきですが、状態が変わらず、担当医の許可があれば、『そのままお願いします。 』と、薬剤師に伝えればよろしいのではないでしょうか。 (回答者 カタカナのタマさん) 以前は、期限の切れた処方せんを持っていっても、調剤薬局から電話がかかり期限の延長を受けてくれたようですが、基金通報に以下の記載があり、できなくなりました。 (ぽちさん情報) Q 使用期間(処方せんの使用期間に欄に記載のない場合)を超えた処方せんについて、処方せんを発行した医師に連絡のうえ、使用期間を延長する旨の了承を得た場合には、この処方せんを調剤することができるのでしょうか。 A 調剤することはできません。 「処方せん使用期間」欄に年月日の記載がなく、交付の日を含めて4日を超えた(使用期間を超えた)処方せんについては、調剤してはならないとされているこ とから、ご質問のように処方せんを発行した医師に確認し、口頭で使用期間の延長の了承を得たとしても同様の扱いとなりますのでご留意ください。 なお、「処方せんの使用期間」を超えた処方せんを持参された患者に対しては、再度、医療機関を受診のうえ、改めて処方せんの交付を受けてから来局していただくよう、受付窓口での対応をお願いいたします。 上記のことは調剤報酬の観点からのもののようですが、医療機関でも同様の扱いをする必要があるということです。 調剤薬局からの問い合わせで使用期間の延長をされていた医療機関では注意が必要です。 (ぽちさん談) ぽちさんが厚生局に問い合わせをしてくださいました! 現在の保険算定上のルールでは「処方せん使用期間欄に年月日の記載がなく、交付の日を含めて4日を超えた (使用期間を超えた)処方せんについては、調剤してはならない」とされています。 この場合、患者は再度医療機関を受診して処方せんの交付を受けなければ保 険薬局にて調剤をうけることが出来ないということになり、保険医療機関では二度「院外処方せん」を交付し実際に行われる調剤は一度という整合性がない状況 となります。 上記事例の二度に渡る院外処方せんの交付について、どこまでが保険診療適応となるのでしょうか。 以下に考えられる対応と疑問点を列記いたします。 (この日の診療について処方せん料のみを自費扱いにした場合、混合診療にあたるのかどうかが疑問。 (自費で交付した処方せんに健康保険情報を記載し保険調剤を受けさせることに問題はないのかが疑問。 この場合、再診料などの扱いも自費となるのか?) やはりと言うか、想像していた通りのご返答をいただきました。 医師会や薬剤師会などを通して働きかけたほうがいいと思います。 」 ということです。 早いとこ、はっきりとした取り決めを出して欲しいですね。 よろしくお願いします。 厚労省さん! (ぽちさん談) 掲示板に書き込まれた対応 処方箋の再交付は患者負担となるとの保団連のQAが出ています。 1回目の交付は保険で扱い、再交付にかかる費用は全額患者負担(自由診療)となると思います。 自由診療ですので、処方せん料だけもらうのか、再診料ももらうのか等は自由ということになります。 調剤薬局は、処方箋の受け取りが1回目なので保険適用にするのではないでしょうか。 (回答者 bobさん) 再発行は、あくまでも初めに発行した日付のままで発行しています。 例えば、Drの判断で事前に有効期限を延ばすことができますよね。 処方箋にその有効期限を記載することで、対応するものと思っていました。 ただし、無駄に期限を延ばすのではなく、厳しく、今日まで・もしくは明日までといった期日を記載する対応はいかがでしょうか。 以前1日だけ期限を延ばして発行したことがありましたが、特に何も問題はありませんでした。 レセプトに期限を延ばした理由も特に記載はしていません。 突合点検を考え、保険診療の発行日を変更するとなると、すでにお渡ししている領収書の日付などもそぐわなくなってきてしまい、面倒が多いので、上記の対応で行うようにしています。 (回答者 bbさん) 調剤薬局側からひとこと。 有効期限云々を記載してある文字はかなり小さいため、患者様は見落としがちです。 再診の方はともかく、初診の方には「ご存じとは思いますが、処方日を含めて4日以内に薬局へ持って行ってください」とお言葉を添えていただくとありがたいです。 お渡しできないため、通院が困難な方,すぐに必要な薬剤が処方されてる方にはとても申し訳なくて。 中にはゴリ押し,逆切れされる患者様もいらっしゃいます。 それでも受付はできないので、受付できないことに対してただひたすら謝るしかないのです。 それと保険に関してですが、当薬局では再発行であっても処方箋に記載された通りの負担割合でお支払頂いてます。 (回答者 大阪だんごさん) 診療点数早見表2014年版の購入ができます。

次の

処方箋は有効期限がある!処方箋が期限切れになったら再発行できる?

処方箋 有効 期限

1.処方箋の有効期限はいつまで? 一部の病院を除いてほとんどの病院では、処方箋を発行しています。 これらの処方箋の有効期限は、基本的には交付日を含めて4日間となっています。 4日間あれば土日を挟んでもお薬を受け取れること、また、診察から期間が空くと必要な治療薬が変わる可能性があるために有効期限が4日と決まっています。 年末年始やゴールデンウィークなど、長期休みでお薬を受け取ることが難しい場合には医師に事前に相談することができます。 処方箋の有効期限を過ぎてしまうと無効になってしまうので期限が切れないように注意しましょう。 2.処方せんはどこの薬局に持って行ってもいいの? 「保険薬局」、「処方せん受付」という表示をしている薬局であれば全国のどの薬局でも対応ができます。 病院の前の薬局(門前薬局)はいつも混んでいて待ち時間が長いと感じる場合には、家の近くの混んでいない薬局でお薬をもらうということもできます。 しかし、医療用麻薬など一部の特殊な薬剤については取り扱いに許可が必要な薬剤が存在します。 取り扱いができないと言われた場合は付近の取り扱い可能な薬局を教えてもらうことも可能ですが、事前に医師、薬剤師に確認するのがよいでしょう。 3.こんな時は病院に処方箋を再発行してもらう 3-1. 処方せんの期限が過ぎた時 処方箋の有効期限が過ぎた場合は無効となり、薬局に持参しても薬をもらうことが出来ません。 薬が必要な場合はもう一度受診した病院に行って処方箋を再発行してもらう必要があります。 処方箋を再発行してもらう場合には、自費での再発行料がかかり、期間が経過しているとあらためて診察が必要となる場合もあります。 処方箋をもらったら、すぐに薬局に持っていきましょう。 3-2. 処方せんを失くした時 処方箋を失くした場合にも薬局でお薬をもらうことが出来ません。 薬局は処方箋なしには患者さんにお薬を渡すことは法律で禁じられているからです。 処方箋を失くしたことに気づいた場合は、病院で処方箋を再発行してもらいましょう。 自費での再発行料、また期間が経過しているとあらためて診察を受ける必要があります。 また薬局でもらったお薬を失くした場合にも、処方箋を再発行してもらう必要があります。 薬の紛失の場合も保険が効かないので、薬局での薬代も自費で払う必要があります。 処方箋も薬も失くさないように気をつけましょう。 3-3. 薬局に持って行く前に必要な薬が出ていないことに気づいた時 継続的に服用している薬など、本来、必要な薬剤が処方箋に記載されていない場合は病院で医師に事情を説明することで処方箋を再発行してもらうことが出来ます。 必要な薬剤がないからと自分で処方箋に薬剤名を書いたり、書き換えたりすると処方箋が無効になってしまうので処方箋には何も書かないようにしましょう。 薬局で事情を説明してから、薬剤師が医師に問い合わせることで、該当の薬剤を追加してもらえる場合もありますが、再度受診するように指示を受けることもあります。 そのため、途中で気づいた場合には病院に事情を説明したほうが良いでしょう。 4.すぐに薬をもらうことが出来ない場合にできること 4-1. 処方箋を渡して後で取りに行く 処方箋を薬局に持参しても、時間帯によってはかなり混んでいることも多いです。 忙しくて長時間薬局で待つことができない場合や、待っている間に買い物に行きたいと感じた時は、薬局で処方箋を受付してから後で取りに行くことも可能です。 薬局によって混んでいる時間、空いている時間は違いますが準備ができているとスムーズに薬を受け取ることができます。 4-2. 処方箋画像を事前に薬局に送っておく 薬局によって処方箋画像を送ることによって先にお薬を調剤してくれる場合があります。 処方箋を持っていく薬局に、どんなサービスがあるかどうか事前に確認してみましょう。 病院からFaxで処方箋を薬局に送ってもらう 病院で処方箋をもらった時に病院の受付に行く予定の薬局に処方箋のFaxを送ってもらうこともできます。 紹介した 2 3 には注意点があります。 処方箋の画像やFaxを送ったからといって、処方箋原本を持っていかないと薬を受け取ることができません。 画像やFaxは、コピーを送ったに過ぎないため処方箋を受付したことにならないからです。 そのため、処方箋原本を4日以内に薬局に持っていかないと期限切れで処方箋が無効になってしまうのは変わりません。 忘れないように注意が必要です。 5.門前薬局と近所のかかりつけ薬局のメリット、デメリット 薬局は全国に6万近く存在していて病院の前に薬局があることが多いです。 住んでいる家の近くにも薬局があるのではないでしょうか 処方箋は保険薬局であれば、どこでも受付することができるので、病院の前の薬局(門前薬局)以外にも近所の薬局で薬を受け取ることもできます。 複数の病院で処方箋をもらった時も近所の決まった薬局で薬を受け取れるので、特定のかかりつけ薬局を決めておくこともできます。 5-1. 門前薬局 ・メリット 目の前の病院から処方箋を受付することが多いため、処方箋に記載している薬剤を備蓄している可能性も高いです。 門前薬局が空いている場合にはすぐに薬を受け取ることもできます。 医薬品は膨大な種類が存在しているため、全ての医薬品を備蓄することは不可能です。 薬局に在庫していない医薬品が処方されている場合は取り寄せる必要があります。 門前の薬局でも備蓄していない可能性もゼロではないので、気になる場合は処方箋を持っていた時に薬局のスタッフに質問してみましょう。 ・デメリット 規模の大きい病院の場合だと、時間帯によって門前薬局はかなり混んでいることもあります。 住んでいるところから遠い場合には、待ち時間に一度帰ることも難しいでしょう。 また、複数の病院に受診している場合では、薬局もそれぞれ異なるため、薬の飲み合わせを確認する手段がお薬手帳に限られます。 お薬手帳を忘れた場合には飲み合わせの確認することができないため、お薬手帳を忘れないように気を付けましょう。 5-2. 近所のかかりつけ薬局 ・メリット 近所の薬局を選んだ場合には、事前に処方箋を渡し、準備をしてもらってから後で取りに行くことができます。 事前に処方箋画像やFaxを送ることも同様です。 また、一つの薬局で処方箋受付をしている場合は、お薬の飲み合わせもすぐに確認できるので、万が一お薬手帳を忘れても安全にお薬を使用することができます。 ・デメリット 薬局に在庫できる種類も限りがあるため、初めて持って行く病院の処方箋の場合には在庫していない場合があります。 取り寄せるのに時間がかかるので後日取りに行く事もあるので近所でかかりつけ薬局を見つける方がいいでしょう。 継続的にお薬をもらう場合にはそのことを薬局に伝えて、取り置きできるか相談してみてください。 次回以降はスムーズにお薬を受け取ることが可能になります。 6.終わりに 処方箋には発行日も合わせて4日間の有効期限があります。 有効期限が過ぎると無効になってしまうので、せっかく薬局に持参しても薬を受け取ることができないので注意していきましょう。 薬局に事前に画像やFaxで送ったり、事前に処方箋を渡したりすることで、待ち時間を減らすこともできますし、近所の薬局の場合には取りに行く負担も減ります。 保険薬局であれば、どの病院の処方箋も受付できるので信頼できるかかりつけ薬局を見つけてみてください。

次の

医療事務初心者です教えて下さい処方箋が有効期限切れの場合、再発...

処方箋 有効 期限

処方箋の有効期限って? 処方箋には有効期限があり、その期限が過ぎるまでに調剤薬局に提出して、薬の処方をしてもらう必要があります。 有効期限は薬局が受け付けることができる期限で、処方箋に記載されています。 その期限は症状によっても違います。 処方箋の交付年月日の横あたりに、処方箋の使用期限と書かれています。 ここに日にちの記入がない場合は、処方箋が交付された年月日より4日以内が有効期限となります。 これは交付された日にちを含むため、4月1日に交付された場合は、4月4日までに提出する必要があります。 4日以内には休日や祝日も含まれます。 処方箋の有効期限は、その時の病状によって薬が出されているので、期限を過ぎると病状の変化で処方される薬が変わる可能性があるので設定されています。 そのため 期限が過ぎたものは、原則として調剤薬局で受け付けることはできません。 処方箋の期限が切れたらどうしたら良いの? 処方箋の有効期限が切れた場合は、 原則として調剤薬局での受け付けはできなくなります。 もしも有効期限が切れたならば、病院を受診して再発行してもらう必要があります。 しかし 病院で再発行してもらう場合は保険が適応されず、全額自己負担となります。 保険の適応により1~3割の料金で手に入る薬が、全額負担となるので結構な額になります。 これは紛失をした場合も同じなので注意しましょう。 再発行する場合に全額自己負担となるのは、処方した薬を悪用される可能性があるためです。 再発行がいくらでもできれば、悪用されて薬を大量に手に入れて売買されることが想定されます。 それを防ぐためにも、再発行には保険が適応されません。 しかし、火事や災害などでどうしようもない場合は、保険を適応して再発行してもらえることもあります。 その場合は、交付してもらった医療機関で相談しましょう。 悪意がないと判断されれば安い料金で再交付してもらえる可能性もあります。 期限の延長って出来ないの? 処方箋の有効期限の延長は原則として禁止されています。 薬局側が、医師に期限の延長や指示を確認することは違法であり、国によって厳しい取締りがあります。 当然処方箋を改ざんすることも違法行為です。 昔は、1~2日くらいは融通をきかせてくれる場合もありましたが、現在は厳しい取り決めがあり、融通をきかせてもらうということは、医師や薬局が危ない立場に立たされることになります。 期限の延長はできませんが、 調剤薬局に処方箋の提出さえしてしまえば、受け取りに行くのは多少遅れても大丈夫です。 忙しい場合でも、処方箋だけは期限内に提出して、受け取りが遅れることを薬局に伝えておくといいでしょう。 薬局が混んでいる場合も、先に処方箋だけを預けて後で取りに来ることが可能です。 また、病院に再度かかって、新しい処方箋を出してもらえば、再発行による全額自己負担にはならないので、この方法を取ることも可能です。 しかしできるだけ有効期限内に処方箋は提出するようにしましょう。 期限内に薬の受け取りができなさそうな時はどうする? 有効期限内に処方箋を提出して、薬の受け取りができない場合は、あらかじめ医師にそのことを使えましょう。 事前に伝えておけば、病状によっては処方箋の有効期限を長く設定してくれる場合もあります。 しかし病状は変化する場合があるのでなるべく早い時期に受け取りに行きましょう。 最近はFAXや処方箋のネットでの受け付けも行っており、受け取りまでの時間を短縮することが可能です。 忙しい場合はこれらのサービスを利用して薬の受け取りの時間を短縮するようにしましょう。 FAXなどで事前に調剤薬局に処方箋の内容を送っておけば、薬の受け取りまでがスムーズになります。 しかしあくまでその内容を伝えるだけなので、処方箋の原本は有効期限内に調剤薬局に提出する必要があります。 また処方箋のネットによる受け付けは、処方箋をスマホなどで撮影して、メールで送信して薬の調剤が終わったら連絡が来る仕組みなので、時間短縮だけでなく、感染症の防止などにも有効なサービスです。 症状回復のためにも早めの受取を 処方箋は有効期限内に調剤薬局に提出しなければ、薬を出してもらうことができなくなります。 有効期限切れにより処方箋を病院に再発行してもらうには、時間もお金もかかります。 できるだけ処方箋は期限内に薬局に提出するようにしましょう。 少しの期間でも病状は悪化する場合があるので、その時に合った薬の服用が大事です。 処方箋によって受診時の体調の治療のための薬を処方してもらえるので、すみやかに適切な薬の服用を行うようにしましょう。

次の