子持ち 結婚式。 【結婚式】新郎、父の甥、初婚。新婦、再婚、子持ち。「死んだのよね…その花嫁さん…その晩に」

バツイチ子持ちの男性と結婚式を挙げるメリットとデメリットは?

子持ち 結婚式

1 考えられるデメリット 初婚なのに、バツイチ子持ちと結婚するとなると、色々と抱える問題はありそうですよね。 反対される親も多いし、自分でも少し不安な面もあると思います。 じゃあ、みんなはどうしてバツイチ子持ちとの結婚に踏み切るのか? 何も考えず結婚するのか? バツイチ子持ちと結婚して後悔しない人の答えは、『デメリットをデメリットじゃなくしてから結婚する』ということです。 どういうことかというと、本来デメリットである事実を、デメリットと思わないところまで理解・覚悟し、自分でちゃんと納得してから結婚に踏み切るのです。 そうすれば、人間って不思議なもので、覚悟していたことや、納得して選んだ道には、不満を抱きにくいようになっています。 デメリットとして考えられているのは、以下のようなこと。 ・自分だけ初めての結婚 ・元妻の存在が気になる ・元妻との子供との面会 ・養育費 ・相続 それぞれのデメリットへの理解・覚悟・納得の仕方をお伝えします。 ・自分だけ初めての結婚 自分は初めての結婚式なのに、 相手は二回目・・。 友達は初めて同士で新鮮な感じで、 羨ましい・・。 そんな気持ちに、 自然となっちゃいますよね。 でも、それは不要な被害妄想です。 結婚とは、家族になり、これからの人生を共に生きていくパートナーとの契約のようなものです。 その長い二人の人生において、結婚式が1回目か2回目かなんて、本当に小さいことです。 結婚式は、二人の結婚をみんなに祝福してもらい、お互いの家族・友人・職場などを披露し合える場で、とてもいいものなので、ちゃんと結婚式をすることをオススメします。 たとえお相手が2回目であろうが、 そんなの関係ありません。 二人の結婚式は初めてなんですから、お相手の過去に縛られすぎないようにしましょう! 結婚式は、自己資金ゼロ円からでも出来ちゃいます。 オススメの結婚式場については、この記事を呼んでもらえば、格安ウェディングから、こだわりウェディングまでのオススメが書いてあります。 それほど、いいものなんです。 回数にこだわっていては、あなたの結婚式を楽しむことが出来ずもったいないので、そんな小さなことは考えなくて良し!です。 元妻とつきあって、結婚して、子供までいて・・妬いちゃう。 やっぱり、女としては、男性を独り占めしたい・・。 出来れば、自分との家族だけであって欲しい・・。 その気持ちも、凄くよくわかります、私も最初はそうでしたから。 でも、よく考えて欲しいんです。 終わってるんですよ、彼らは。 別れているし、正式な手続きを以って他人になっている、失敗作です。 船にたとえると、航海しようとして沈没してるんですよ。 そんな船が羨ましいですか? そんな過去が、気になりますか? そんな失敗に終わった低レベルな女に、ヤキモチ妬きますか? よく考えればわかるけど、正直、気にする価値もありません。 そんなことより、二人でどうやって幸せな家庭をつくっていくかの方が、重要な問題ですよ! ・元妻との子供との面会 あなたとお相手にもし子供が出来たら、あなたとの子供との時間の一部が、元妻の子に奪われてしまう。 親としては、そんな風に思ってしまいますよね、あなたとの子供に全部をささげたいのに・・と。 しかし、子供に罪はないし、 むしろ1番の被害者です。 元妻とお相手の実力不足で、子供は片親になってしまっているんです。 正直、本当にかわいそう。 たとえ元妻の子でも、子供は被害者で、自分の父親のことは好きです。 毎日、父親に会えているあなたとの子と違って、月に1度しか会えない。 そんな少しの時間くらい、可哀相なその子に、父親との時間をあげてもいいと思いませんか? そして、お相手が元妻の子と会っているときは、あなたは人一倍自由に過ごしましょう、そうすれば、その日が楽しみになります! あなたは我慢する必要が無いし、お相手が子供という大きなハンデを背負っているのですから、あなたは自由に我儘に生きましょう! ・養育費 お金の問題は、シビアですよね。 しかし養育費は父親としての責任であり、父親が子供にしてあげることが出来る唯一のことでもあります。 それさえ出来ない、もしくはしない父親な男性なんて、私は絶対に結婚したくありません。 そう考えると、しっかりした人と結婚したな、と思う機会に恵まれます。 マイナスにばかり考えるのはやめて、いかにあなたとあなたの家族が幸せになるかを考えましょう! 元妻が再婚すれば養育費はなくなる可能性だってあります。 こちらが結婚したら、養育費は減額してもらえることも出来ます。 それでも不服なら、 あなたがたくさん稼ぎましょう! 養育費ごときで悩んでたら、子育てし始めたらキリがありませんよ! ・相続 本来なら、自分たちの子供に、全部相続されるのに・・。 そんな気持ちもわからなくは無いですが、そう思うのは、その『本来』の認識が間違っています。 時系列では、元妻の子が先です。 そして、その『本来』というのは、お相手が一般的な初婚だったらの話なので、架空の話です。 しっかり現実を理解し、相続のことも事前に理解できる、大人な女性になってやりましょう! 2 考えられるメリット デメリットがある分、メリットもたくさんあるのがバツイチ子持ち。 メリットはこちら。 そうなると、『幸せな結婚』をするには、お相手とずっと仲良しでいなければなりません。 喧嘩しても、仲直り出来て、相手の良いところも悪いところも全部含めて、やっぱり好きだと思えること。 私は旦那と結婚を決めた時、 それが可能だと思ったので踏み切りました。 『幸せな結婚とは何か?』 そして、今の相手とならその理想を実現することが出来るか? その2点については、 考えておいて損は無いですよ! 結婚して忙しくなると、 色々とブレちゃいますから。 4 私の幸せな夫婦生活 『夫は元気で留守がいい』なんて、主婦はよく言いますが、私は夫が大好きなので反対意見です。 早く帰ってきて欲しいし、二人で入るお風呂の時間も大事にしてるし、夜も抱き合って寝たりします。 日中もたくさんスキンシップするし、子育ての合間をぬって、結構愛し合っています。 夫婦円満の秘訣.

次の

29歳既婚子持ち、結婚式にピンク着てもいいですか!?

子持ち 結婚式

子持ちの女性と結婚した、初婚男性の方、 気持ちを教えてください。 子持ちの女性と結婚した、初婚男性の方、 気持ちを教えてください。 私は、どうしても他人の子を育てるために働いていくのが嫌で、あきらめてしまいました。。。 いくら好きな人の子供でも旦那と愛して作った他人の子供です。 1人2000万円かかると言われる養育費を他人と作った子供のために払っていく感覚になっていまい、多額な借金を背負う気持ちになりました。 でも、自分が作った子供なら、お金のことなど関係なく、 死に物狂いで働いて幸せになってもらたいと思います。 ようするに自分の子供だけに投資したいという気持ちなのです。。。 情けない話ですが。 また、自分は結婚式も新婚旅行も子作りも、何もしていないのに、 いきなり中学生や小学生と同居して苦しくないのか、悩み苦しみました。 旦那にしてみれば、すべて経験して、今後は私に子供を預けるのは楽だろうなと 考えました。 でも、気持ち的に納得する方法があるようでしたら、 彼女とずっといたいとまだ思ってしまいます。。。 どうか、うまくいった方、気持ちを教えていただけませんか? よろしくお願いいたします。 私は女ですが、あなたの気持ちはよくわかります。 ですが、子持ちで(二人)初婚男性と再婚した身でもあります。 だから、なおの事あなたの気持ちが本当によくわかるのも事実です。 お付き合いから結婚生活までを合わせると、約三年ほど一緒にいます。 本当に不思議な位素敵な父親であり、だんな様です。 正直どうしてなのかはわかりません。 ですが、私のだんな様をみていると 私の子供だから愛おしいと思っているのではないようで 子供達のことを一人一人個々の人間として、好きでいてくれているようです。 私はそういう彼を心から尊敬できますし、本気で大切に、幸せにしたいと常に感謝の気持ちで あふれています。 よく、再婚される男性が口にする言葉で「俺の子供だと思っている」 というセリフがありますが 私のだんな様は一度もそんなことは言いません。 時折口にするのは 「俺の子」のフレーズだけです。 何か心の変化が起きてくれたらと、回答させていただきました。 最初にご質問を拝見してから、回答差し上げようかどうかとても迷いましたが… どうしてもお伝えしたい気持ちがありますので、書かせていただきます。 私の知り合いに、小学生の男の子二人を連れた女性と結婚された方がいます。 その方は初婚でした。 彼は、彼女のことが好きで好きで…彼女が最初の結婚をする前から想っていたんです。 彼女が他の男性と結婚しても、子どもが産まれても、それでも彼女を想い続けていました。 そして今回、彼女が離婚して、はれて彼女と結婚することができました。 ですので、形としては夢が叶い、最高の幸せを手に入れることができたはずなんです。 それでも、見ていて何だか痛々しいです。 その二人の子どもには、初めの頃は「おじさん」と呼ばれていた彼。 今でこそ、家族らしい形が出来上がっていますが…。 彼のブログには、子どもの話ばかり…。 入学式に参列した、子どもの姿がまぶしくて誇らしかった、父親の自覚が云々…。 何だかそれがすごく不自然なんです。 「これぞ父親の姿、本当の父親はこうあるべき!」みたいな強がりが聞こえてくるようで…。 本当の父親ならしなくても良い、「無理」をいっぱいしているのが伝わってきます。 ちなみに、彼は施設長という立場で、相続の問題などが発生すると難しいからなのか、 二人の間に子どもを作ることはあきらめてしまわれたそうです。 船越英一郎さんは、確かに素晴らしい父親だと思います。 相手の連れ子(しかも奥さまがいるのに浮気をして、結果離婚して出て行った父親の子)を 船越家の長男として迎え入れ、奥さま抜きで子どもと二人で旅行したり、本当の父親のように叱ったり…。 …でも、私の母親は、彼を見る度につぶやきます。 「この人も、これだけ子どもに愛情を持てるなら、本当は自分の血を分けた子どもが欲しかったろうに…」 それは、彼だけに限らず、彼の親にも当てはまることだと思います。 (だからこそ、彼は父親から絶縁されてしまったのでしょう…) あなたのご両親は健在ですか?そしてお孫さんの顔を見たがっていませんか? あなたの彼女さんは、結婚したとして、お二人の子どもを作ることに同意されていますか? もし同意されていて、お二人の間にお子さまが誕生されたとしても、 上に述べられたあなたのお気持ちをくみ取ります限り、 相手のお子さまとあなたのお子さまに対して平等に接せられるのは非常に困難だと思います。 そして、子どもは幼いながらに敏感です。 あなたのジレンマや葛藤は、どれだけ隠しても子どもには伝わってしまうものです。 一層、あなたとお子さまの間に深い溝を作ってしまう可能性が否めません。 ましてや、小学生や中学生で、最近まで実の父親と暮らしていたのでしたら、 その存在はとても大きく、簡単に消せるものではありません。 何かの拍子に、あなたと実の父親との比較をしてしまうこともあるでしょう。 あなたはとても素直で誠実な方です。 後先考えず、「お前の子どもなんだから、俺の子どもも同然!本当の父親のように頑張る!」 と感情だけで動かれて、結婚されて、「こんなはずじゃなかった…」というパターンが多いのが 今の世の中だと思います。 あなたは情けないとご自分で述べられていますが、決してそんなことはありません。 ご質問の文面を読む限り、あなたはご自分の家族にとても責任を持てる方だと思います。 そしてその責任を果たせる方だとも思います。 その責任を全うして、父親として、一家の長として胸を張って生きることに喜びを感じられると思います。 できれば、同じスタートラインに立てる方と一緒に歩き始めることが、 あなたの場合向かれているような気がします。 今のお気持ちのまま、お子さまを迎え入れることは、あなたにとっても、お子さまにとっても、 相手の女性の方にとっても、とても辛い道のりの始まりになるように思えてならないのです。 本当に情けないですがそんな人はたくさんいます。 連れ子を守ることが出来る人だけが親になる資格があります。 愛は一時です。 けんかをした時に必ず出てきます。 子供のことが....。 その方の子供の為にあなたは早く彼女をあきらめてください。 そんな気持ちで結婚しても子供がかわいそうです。 あなた方は大人だしあとは年老いていくだけですが子供には未来があります。 本当の親でもない人に気を使いながらそれもそんな気持ちでいる人といっしょにすんでそのうち自分の子が出来たらもっと肩身の狭い思いをしながら生活していく。 あなたが子供の立場になればそんなの嫌でしょう? だから子供も一緒に幸せにしてあげれる男性でないとこの親子の結婚の意味はないのです。

次の

ファミリーウェディング・パパママ婚とは? ~実例・費用・式場の選び方~|マイナビウエディング

子持ち 結婚式

バツイチ子持ち女性との結婚を行う上での注意点とは? バツイチ子持ち女性と結婚する心構え バツイチ子持ち女性と結婚を考えている男性の方は、相手に子供がいることを熟慮する必要があります。 同じバツイチでも、子持ちと子なしでは大違いです。 最近は結婚相談所や婚活サイトの影響もあり、バツイチ女の方の人気が高まってきました。 結婚していた経験があるので、初婚の方と比較して落ち着いた雰囲気の方が多いです。 分相応をよく知っており、パートナーの男性に高望みしないこと、結婚生活の現実を知っていること、などが人気の理由です。 男性のよいところを探すのも得意で、スペックだけで判断せず、内面もよく見てくれるのです。 初婚女性と婚活する男の方は、 相手女性の結婚したいオーラに疲れてしまうこともあるでしょう。 内面ではなく、スペックだけで判断されているような気持ちになる男性も多いのです。 バツイチ女性の場合、結婚に関しては冷静であり、それも男性にとって付き合いやすい理由の一つなのです。 しかし、子持ち女性となると事情は変わってきます。 どんなに相手女性のことが好きでも、子どもが嫌いという時点で結婚はありえません。 そのような男性は、はじめから恋愛以上は無理と認識しておく必要あります。 勢いで結婚しても、子ども嫌いが急に直るわけではありません。 たまに遊びに行って子どもと会うのと、毎日顔を合わせるのとでは訳が違います。 子持ち女の方との結婚は、女性以上に男性にとって覚悟が必要なのです。 もし、心の中で少しでもダメだという気持ちがあれば、結婚生活を送るのは難しいでしょう。 相手をよく見極めずに結婚して、すぐに離婚に至るのは好ましくありません。 バツイチの婚活は今や当たり前ですが、バツニ、バツサンとバツが増えるにつれて、相手探しは難しくなるのが現状です。 これは女性だけでなく、男性にも言えることです。 結婚後のデメリットも想定しておく 離婚の原因というのは、意外と些細なものが多いのです。 些細な不満が積み重なって爆発して、相方が家を出てしまうというケースは実によくあります。 初婚の方は、結婚に理想生活を抱くものです。 楽しい未来、夢の実現などをイメージして一緒になるわけですが、しばらく生活すると理想と現実のギャップに悩まされます。 「こんなはずではなかった」という気持ちが積み重なってストレスとなり、やがて爆発してしまうのです。 バツイチ子持ち女性と付き合う男性は、結婚後のデメリットをよく想定しておきましょう。 もちろん、メリットがあることが必須条件ですが、気持ちが高ぶっているとデメリットを見ることを忘れてしまいます。 最初に考慮したいのは、子どもを養うだけの十分な経済力、そして家族全員を養っていく覚悟があるかどうかです。 自分の子どもができたとき、パートナーの連れ子を同じように愛せるでしょうか?また、恋人感覚で毎日を送るのも難しくなります。 子どもの目を意識する必要がありますし、時間的な制限も受けるはずです。 自分とパートナーだけでなく、常に子どもを意識する必要があります。 最初からデメリットを考えるのは建設的ではないと思われるかもしれませんが、何も考えずに結婚するほうが無責任なのです。 結婚ばかりを意識するのではなく、「離婚しないこと」についてもよく考えてみましょう。 すべてを受け入れる覚悟があるならば、あとは子持ちであることを意識しすぎず、普通に接するのが好ましいです。 お金や子どもの話ばかりするのではなく、グルメ、旅行、趣味など、互いの価値観を共有できる会話を意識したいものです。 結婚を決めるのは男性側なので、成功しても失敗しても自身に責任があると認識したいものです。 恋愛や遊びだけが目的ならば、女性に過度の期待は持たせないようにしましょう。 あらかじめ「結婚する気はない」と伝えておくことが大切です。 何度も会って関係を深めていく 年上バツイチ子持ち女性との結婚では、バツイチ同士のほうが話は進みやすいです。 お互いに再婚であり、結婚に対して冷静な目を持っています。 結婚に対して焦ることがなく、再婚相手をよく知ってから再婚を検討するという方が多いです。 双方に子どもがいるなら、なおさら相手の状況を理解しやすいでしょう。 男性が初婚の場合は、「自分の子どもを産むことができるか?」「結婚式を前向きに考えてくれるか?」を女性側に確認しましょう。 子持ちの再婚女性を結婚相手として選ぶ男性は、少なからず子どもに興味があるでしょう。 子ども好きな男性ほど、血の繋がった子どもが欲しくなるものです。 結婚式については、男性の意見が尊重されるべきです。 女性は結婚式を経験しているけど、男性は未経験だからです。 男性の両親が結婚式を熱望してくることもめずらしくありません。 もし女性が「自分は結婚式を挙げたので、2回目はやりたくない」と言ってきたら、男性への配慮が不足しています。 結婚後の生活で振り回される可能性が高いので、もう一度よく考え直すべきでしょう。 自分のことしか考えない人は、言葉の端々にそれが現れるものです。 言葉に出して発するセリフというのは、本音が多く混じっています。 相手のことをよく知るためにも、 何度も会って会話を重ねてみましょう。 慣れ親しんだ関係になるほど、本音は出やすいのです。 本音を出せないような相手なら、それ以上の関係にはなれません。 結婚相談所や婚活サイトを利用するときも、データマッチングだけで相手を決めるのではなく、デートに重点を置きましょう。 大人数制のパーティーよりも、1対1のデート形式のほうがいいです。 最初は相手がバツイチ子持ちであることを意識せず、普通に接してみるといいです。 本音で話せる関係になったならば、互いに相手を意識しているはずです。 初対面から結婚を意識する必要はありません。 相手に好意を持たずに、籍を入れる方などいないでしょう。 「この女性と一緒に生活したい」と本気で思えるようになったら、今後のことについて話し合っていけばいいのです。 急いだり焦ったりして決めても、いい結果になることはまずありません。

次の