伊藤忠 紙 パルプ。 伊藤忠紙パルプの年収・給料・給与・賞与(ボーナス)の一覧

住生活カンパニー|事業紹介|伊藤忠商事株式会社

伊藤忠 紙 パルプ

1972年1月 伊藤忠商事(株)紙パルプ部の紙の国内向け販売部門を分離して、伊藤忠紙パルプ販売(株)を設立する。 1985年6月 日本ペーパーサービス(株)を設立する。 1988年1月 伊藤忠紙パルプ販売(株)の印刷・情報用紙部より分離し、資本金20百万円で(株)シーアイ・オフィス・サプライを設立する。 1990年4月 大阪営業所開設。 2000年8月 ISO14001認証取得。 2001年2月 資本金80百万円に増資。 2001年3月 資本金160百万円に増資。 2003年4月 伊藤忠紙パルプ(株)より業務移管を受けオンデマンドプリント事業部と統合。 2006年6月 資本金を360百万円に増資。 2006年7月 資本金を60百万円に減少。 2007年3月 (株)キングコーポレーションと資本提携。 2007年4月 現社名に変更。 現住所に本社移転。 2012年8月 日本ペーパーサービス(株)と合併。

次の

《激安》コピー用紙 「ブランコ (高白色マルチコピー用紙)」

伊藤忠 紙 パルプ

伊藤忠商事 住生活・情報カンパニー 紙パルプ部 山内 務さん そのときは役員の説得に失敗したが、山内は同僚にこっそりこう話した。 「調べたんだけどさ、風呂屋に富士山の絵を描けるのは、日本に2人しかいないんだぜ」 伊藤忠は2011年度連結決算で過去最高となる3005億円の純利益を計上した。 背景には資源高の追い風と、繊維や生活資材などの「非資源部門」の好調がある。 山内は12年4月に約500億円の投資案件をまとめた。 一貫して歩んできた「非資源」の紙パルプでは過去最大の案件である。 投資先は世界最大級の針葉樹パルプメーカー、フィンランドのメッツァファイバー社(以下メッツファイ)だ。 発行済み株式の24. 9%を取得し、パルプトレーダーとして世界トップの地位を盤石にした。 伊藤忠の紙パルプ事業での大きな転機は、01年、ブラジルのセニブラ社への120億円の資本参加だった。 狙いのひとつは欧州市場。 山内もセニブラのパルプを引っ提げ、欧州市場の攻略に臨んだ。 ただ、欧州市場の攻略にはセニブラのパルプだけでは難しい。 山内は1970年代から脈々と受け継がれてきたメッツファイとの関係に着目。 04年には戦略的な提携を結ぶことに成功する。 山内とメッツファイとの本格的な関わりは、これが端緒となった。 山内は提携が成立した時点から「将来は資本参加する」とチームスタッフに明言する。 「トレードだけではだめだ。 枠をつくらないと脱皮できない」 山内は資本参加という絵空事を描き、周囲を鼓舞した。 同時に、メッツファイ側にも資本参加を主張し続けた。 しかし、それから7年間、山内の言葉は聞き流された。 山内はこう語る。 「フィンランドは538万人の小国だからか、変化を嫌う保守的な国柄です。 東北人のように、よそ者への警戒心も強い」.

次の

伊藤忠グループキャリアガイド2020|伊藤忠紙パルプ株式会社|日経ビジネス電子版 SPECIAL

伊藤忠 紙 パルプ

伊藤忠商事 住生活・情報カンパニー 紙パルプ部 山内 務さん そのときは役員の説得に失敗したが、山内は同僚にこっそりこう話した。 「調べたんだけどさ、風呂屋に富士山の絵を描けるのは、日本に2人しかいないんだぜ」 伊藤忠は2011年度連結決算で過去最高となる3005億円の純利益を計上した。 背景には資源高の追い風と、繊維や生活資材などの「非資源部門」の好調がある。 山内は12年4月に約500億円の投資案件をまとめた。 一貫して歩んできた「非資源」の紙パルプでは過去最大の案件である。 投資先は世界最大級の針葉樹パルプメーカー、フィンランドのメッツァファイバー社(以下メッツファイ)だ。 発行済み株式の24. 9%を取得し、パルプトレーダーとして世界トップの地位を盤石にした。 伊藤忠の紙パルプ事業での大きな転機は、01年、ブラジルのセニブラ社への120億円の資本参加だった。 狙いのひとつは欧州市場。 山内もセニブラのパルプを引っ提げ、欧州市場の攻略に臨んだ。 ただ、欧州市場の攻略にはセニブラのパルプだけでは難しい。 山内は1970年代から脈々と受け継がれてきたメッツファイとの関係に着目。 04年には戦略的な提携を結ぶことに成功する。 山内とメッツファイとの本格的な関わりは、これが端緒となった。 山内は提携が成立した時点から「将来は資本参加する」とチームスタッフに明言する。 「トレードだけではだめだ。 枠をつくらないと脱皮できない」 山内は資本参加という絵空事を描き、周囲を鼓舞した。 同時に、メッツファイ側にも資本参加を主張し続けた。 しかし、それから7年間、山内の言葉は聞き流された。 山内はこう語る。 「フィンランドは538万人の小国だからか、変化を嫌う保守的な国柄です。 東北人のように、よそ者への警戒心も強い」.

次の