ノン フィクション 花子。 お決まりの「この物語は、ノンフィクション。。」

がん闘病の宮川花子&大助密着『ザ・ノンフィクション』で9年ぶり記録

ノン フィクション 花子

2020年3月1日 日 放送 あらすじ 花子と大助 ~余命宣告から夫婦の700日~ 後編 2019年12月。 夫婦漫才コンビ、宮川大助・花子が揃って開いた緊急会見が、世間を賑わせた…「症候性多発性骨髄腫」。 花子(65)が語ったのは、癌の治療中で、復帰の目処は まだ立っていないということだった。 コンビ結成から41年目を迎えた宮川大助・花子。 地位も名誉も幸せも夫婦で手に入れた 二人を、突如襲ったのは、花子の癌。 しかも医師に告げられたのは「余命半年」。 周囲の人たちはおろか、親にも告げず、人知れず癌と闘ってきた花子と、それを支えた夫・大助(70)。 1年8カ月もの闘病を経ての苦渋の会見だった。 順風満帆、おしどり夫婦のイメージがある大助・花子にも、過去には貧しい暮らしや、家庭崩壊の危機、病で命の危険と闘ったこともあった。 様々な困難を乗り越えられたのも、夫婦であり相方である、二人だからこそ。 しかし、意外にも花子は、夫婦で漫才をすることを決して望んではいなかった。 その思いを抱えてのコンビ結成から38年、「夫婦漫才」で紫綬褒章受章の際に、大助に向けて花子が発したのは、「漫才に誘ってくれてありがとう」。 お笑いが好きで、漫才をやりたい大助のために嫌々続けてきた夫婦漫才が、いつしか花子の掛け替えのない人生になっていた。 癌治療と共に、繰り返されたのは、下半身不随になり、動かすことのできない足を引きずってのリハビリ。 花子が過酷なリハビリにも耐えられるのは、大助と共に、また舞台で「センターマイクの前に立ちたい」という願いからだった。 夫婦漫才コンビ、宮川大助・花子が、再び大衆の前で漫才を披露することはできるのか… 花子と大助、夫婦で病と闘った700日に密着した。

次の

がん闘病の宮川花子&大助密着『ザ・ノンフィクション』で9年ぶり記録

ノン フィクション 花子

2020年3月1日 日 放送 あらすじ 花子と大助 ~余命宣告から夫婦の700日~ 後編 2019年12月。 夫婦漫才コンビ、宮川大助・花子が揃って開いた緊急会見が、世間を賑わせた…「症候性多発性骨髄腫」。 花子(65)が語ったのは、癌の治療中で、復帰の目処は まだ立っていないということだった。 コンビ結成から41年目を迎えた宮川大助・花子。 地位も名誉も幸せも夫婦で手に入れた 二人を、突如襲ったのは、花子の癌。 しかも医師に告げられたのは「余命半年」。 周囲の人たちはおろか、親にも告げず、人知れず癌と闘ってきた花子と、それを支えた夫・大助(70)。 1年8カ月もの闘病を経ての苦渋の会見だった。 順風満帆、おしどり夫婦のイメージがある大助・花子にも、過去には貧しい暮らしや、家庭崩壊の危機、病で命の危険と闘ったこともあった。 様々な困難を乗り越えられたのも、夫婦であり相方である、二人だからこそ。 しかし、意外にも花子は、夫婦で漫才をすることを決して望んではいなかった。 その思いを抱えてのコンビ結成から38年、「夫婦漫才」で紫綬褒章受章の際に、大助に向けて花子が発したのは、「漫才に誘ってくれてありがとう」。 お笑いが好きで、漫才をやりたい大助のために嫌々続けてきた夫婦漫才が、いつしか花子の掛け替えのない人生になっていた。 癌治療と共に、繰り返されたのは、下半身不随になり、動かすことのできない足を引きずってのリハビリ。 花子が過酷なリハビリにも耐えられるのは、大助と共に、また舞台で「センターマイクの前に立ちたい」という願いからだった。 夫婦漫才コンビ、宮川大助・花子が、再び大衆の前で漫才を披露することはできるのか… 花子と大助、夫婦で病と闘った700日に密着した。

次の

『ザ・ノンフィクション』18年を共にした愛犬との別れ「花子と先生の18年 ~人生を変えた犬~ 後編」(2020/05/18 16:19)|サイゾーウーマン

ノン フィクション 花子

2020年3月1日 日 放送 あらすじ 花子と大助 ~余命宣告から夫婦の700日~ 後編 2019年12月。 夫婦漫才コンビ、宮川大助・花子が揃って開いた緊急会見が、世間を賑わせた…「症候性多発性骨髄腫」。 花子(65)が語ったのは、癌の治療中で、復帰の目処は まだ立っていないということだった。 コンビ結成から41年目を迎えた宮川大助・花子。 地位も名誉も幸せも夫婦で手に入れた 二人を、突如襲ったのは、花子の癌。 しかも医師に告げられたのは「余命半年」。 周囲の人たちはおろか、親にも告げず、人知れず癌と闘ってきた花子と、それを支えた夫・大助(70)。 1年8カ月もの闘病を経ての苦渋の会見だった。 順風満帆、おしどり夫婦のイメージがある大助・花子にも、過去には貧しい暮らしや、家庭崩壊の危機、病で命の危険と闘ったこともあった。 様々な困難を乗り越えられたのも、夫婦であり相方である、二人だからこそ。 しかし、意外にも花子は、夫婦で漫才をすることを決して望んではいなかった。 その思いを抱えてのコンビ結成から38年、「夫婦漫才」で紫綬褒章受章の際に、大助に向けて花子が発したのは、「漫才に誘ってくれてありがとう」。 お笑いが好きで、漫才をやりたい大助のために嫌々続けてきた夫婦漫才が、いつしか花子の掛け替えのない人生になっていた。 癌治療と共に、繰り返されたのは、下半身不随になり、動かすことのできない足を引きずってのリハビリ。 花子が過酷なリハビリにも耐えられるのは、大助と共に、また舞台で「センターマイクの前に立ちたい」という願いからだった。 夫婦漫才コンビ、宮川大助・花子が、再び大衆の前で漫才を披露することはできるのか… 花子と大助、夫婦で病と闘った700日に密着した。

次の