ぜんざい。 京都で食べるからこそ至福!京都の“ぜんざい”が美味しいお店厳選7選

コトコト小豆からつくる 本格ぜんざいのレシピ・作り方

ぜんざい

寒さも日に日に増し、いよいよ冬がやってきます。 寒い時こそ食べたくなるスイーツのひとつと言えば、やっぱり「ぜんざい」ですよね。 ほっと温まるぜんざいは冬にこそ美味しく感じられるものです。 ここでは、そんな「ぜんざい」が美味しいお店を、日本が誇る人気の観光地である京都エリアに絞ってご紹介します。 旅行で京都に行った際には是非足を運んでみてください。 当サイト内のおでかけ情報に関して 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。 おでかけの際には公式HPでご確認ください。 また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。 RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。 このまとめ記事の目次.

次の

「ぜんざい」と「おしるこ」の違いって知ってる?

ぜんざい

写真:代表的な関東のぜんざい(粒あんで汁が少ない) 写真:代表的な関西のぜんざい(粒あんで汁が多い) 特徴 ぜんざいとは、小豆に砂糖を加えてやわらかく煮たものに、餅や白玉団子、栗の甘露煮などを入れて食べる和菓子です。 お椀に小豆の煮たものをよそい、その上に焼いた餅や白玉団子、栗の甘露煮をのせて食べるのが一般的です。 おしること見た目がよく似ていることもあり、はっきりした違いがわからない人も多いのですが、おしるこはあんこに水を加えて汁にするものです。 ぜんざいは小豆に砂糖を加えて煮るものなので、材料も作り方も違います。 しかし、地域によってはこしあんで作ることもあり、おしることぜんざいの区別がはっきりしない場合もあります。 ぜんざいの特徴ともいえるのが、「小豆の粒」です。 小豆から弱火でコトコト煮るため、小豆の粒がしっかり残っているのが特徴です。 地域によって汁のあるもの・ないものといった違いがあるのも特徴的です。 砂糖でじっくり煮た小豆にはツヤがあり、白い餅や黄色い栗とのコントラストが美しく、見た人の食欲をそそります。 歴史・由来 ぜんざいの由来は2つあるといわれています。 一つは、出雲地方の「神在(じんざい)餅」からきているという説です。 出雲地方では旧暦の10月に全国の神々が集まり、「神在祭(かみありさい)」という神事が行われており、そこで振舞われたのがこの「神在餅」です。 「神在餅」が出雲地方のずーずー弁で訛って「ずんざい」となり、「ぜんざい」となってやがて京都に伝わったという言い伝えがあります。 そしてもう一つの説は、仏教用語の「善哉(ぜんざい)」から由来しているというものです。 「善哉」は「よきかな」とも読むため、「すばらしい」という意味を持っている言葉です。 かつて、高級品だったこの和菓子を食べた僧侶が、そのおいしさに驚いて「善哉(すごくおいしい)!」と叫んだことから、この和菓子の名前がぜんざいになったという話もあります。 写真:おいしいぜんざい 風味・味 ぜんざいは余計なものを入れず、主に小豆と砂糖だけで作ります。 そのため、甘さの中にも小豆の味をしっかり感じることができます。 鼻に抜ける小豆特有の風味は、自然の材料を使った昔ながらのやさしい味わいとなっています。 煮る時間を調整し、小豆の粒がしっかり残っているものであれば、やわらかくてほくほくした小豆の食感があります。 おしるこのように飲む感覚の和菓子ではなく、噛んで食感を味わう和菓子といったところでしょうか。 ぜんざいは、あっさりとした甘さのものからこってりとした甘さのものまでいろいろあります。 使う砂糖の種類によって甘さも変わるため、好みの甘さのぜんざいを探すのも一つの楽しみになるでしょう。 あったかいぜんざいが一般的ですが、夏には冷たいぜんざいも食されています。 一年中食べることができる和菓子なので、甘いものでお腹を満たしたいという時にぴったりです。 詳しくは製造元に問い合わせてください。 カロリー(概算) 1杯(150g)で、336kcal おすすめのお取り寄せグルメ.

次の

ぜんざいのレシピ

ぜんざい

寒さも日に日に増し、いよいよ冬がやってきます。 寒い時こそ食べたくなるスイーツのひとつと言えば、やっぱり「ぜんざい」ですよね。 ほっと温まるぜんざいは冬にこそ美味しく感じられるものです。 ここでは、そんな「ぜんざい」が美味しいお店を、日本が誇る人気の観光地である京都エリアに絞ってご紹介します。 旅行で京都に行った際には是非足を運んでみてください。 当サイト内のおでかけ情報に関して 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。 おでかけの際には公式HPでご確認ください。 また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。 RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。 このまとめ記事の目次.

次の