スマホアップデートしないとどうなる。 超危険!スマホアプリをアップデートしないことによるデメリット3選

超危険!スマホアプリをアップデートしないことによるデメリット3選

スマホアップデートしないとどうなる

PC管理、セキュリティ対策コラム - Vol. 20 Windows10、アップデートしないとどうなるか知ってますか? Windows10に限らず、WindowsOSのアップデートにはネガティブなイメージがあるのは確かです。 例えば、アップデートが終わらずパソコンが使えない、アップデートしたらソフトや周辺機器が使えなくなってしまうなど、アップデートそのものにまるで「リスク」があるかのように考えてしまう方も少なくありません。 また、企業や組織における情報システムシステムの担当者、またはセキュリティの責任者であれば、アップデートが必須であることは理解していても、それを周囲にまで徹底させていなければ、アップデートをしないことによるリスクが高くなり、結果として被害を受けてしまう可能性もあります。 今回はWindows10のアップデート、Windows10へのアップグレードしないことで起こり得るリスク:被害をご紹介するるとともに、アップデートに対する誤解を解くための考え方や周知徹底すべき事柄についてご紹介します。 セキュリティリスクの増加 セキュリティリスクとはパソコンの脆弱性を悪用した「サイバー攻撃」による被害を意味します。 インターネットに繋がれたパソコンは使用者の意図や知識、経験に関係なく外部からのアクセスが可能です。 もちろん、ただアクセスされるだけでは何の被害もありませんが、OSやシステム、プログラム上に脆弱性があると簡単に乗っ取られてしまいます。 Windowsのアップデートやアップグレードはサイバー攻撃による被害を受けないようにするためにも必須の作業です。 だからこそ、アップデートによってより良いシステム、OSとして更新し続ける作業が必要となります。 パソコンが重い、または起動しなくなるなどの不具合は「いつ・どのタイミングで」起こるかは誰にもわかりません。 なぜなら、使用者のインストールしたソフトウェア、利用しているUSB機器など必ずしも同じではないからです。 公式のサポートを受けられなくなる可能性も マイクロソフトの公式サポートを受けるためには、OSを最新の状態、バージョンにしておく必要があります。 例えばXPや7などサポートや更新が終了したOSを使い続けることで起こった既知の不具合や被害に対して、公式のサポートを受けられないということです。 何らかの理由があってアップデートやアップグレードをしないのであれば、公式のサポートは受けられないという覚悟が必要になります。 なぜ「アップデートしない」という考えを持ってしまうのか そもそも、なぜ「アップデートしない」という考えを持ってしまうのでしょう。 きちんとしたITリテラシーさえあればアップデートしないという選択肢はあり得ません。 しかし、実際にパソコンを使っていると「アップデートしたくない」という気持ちになるのもわかります。 どのような形でアップデートしないという考えになるのか、そしてどのようにその考え方を変えていくべきなのかチェックしてみましょう。 アップデートに時間が掛かってパソコンが使えなくなるから Windowsアップデートは起動時やシャットダウンのタイミングで更新作業が始まることがあります。 すぐにパソコンを使いたい、または早くシャットダウンして帰りたい場合など非常に困ります。 また、Windowsアップデートは「いつ終わるの?」という感覚が拭えないこと、強制的に感じてしまうことからネガティブなイメージを持たれがちです。 しかし、Windowsアップデートでは任意のタイミングで更新作業をすることが可能な場合もありますので、パソコンを使わないタイミングに設定して必ずアップデートするように促しましょう。 企業などの場合であれば管理ソフトを導入することによって更新やアップデートのタイミングをコントロールすることもできます。 今まで使っていたソフトや周辺機器が使えなくなるのが嫌だから 一昔前であれば、OSのアップデートやアップグレードによってソフトや周辺機器が使えなくなることはしばしば起こりました。 もちろん現在でも、古いソフトや周辺機器であれば使えなくなったり、ドライバが対応しない可能性もあるでしょう。 しかし、本来脆弱性や危険性を減じるためのアップデートであるはずなのに、ちょっとした不利益を自分が被るからといってアップデートしないというのは、大局的に見ればやはり本末転倒といわざるをえません。 場合によっては同様の機能を有する別のソフトウェアを探したり、新しい周辺機器を購入することも視野に入れるべきでしょう。 組織内のパソコンを使用者それぞれに管理させるだけでなく、やはり企業単位で集中的に管理することによって、様々なリスクに対するPCやネットワークの強度を高められます。 アップデート自体に「不具合がある」と感じてしまうから アップデートしたらおかしくなった、今までと同じように使えなくなった、という経験が過去にあると、アップデートそのものを不具合とみなしてしまう人もいます。 しかし、パソコンの環境は人それぞれで千差万別です。 公式の更新であるとしても全ての状況に対応できる仕組みというのは難しいものだということを理解しておくべきです。 逆に言えば、アップデートによってデータが失われたり、作業環境が損なわれないよう日頃からバックアップやサブのパソコン、サブ周辺機器などをすぐに使用できるようにしておく、または、繰り返しになりますが企業や組織内のパソコン、スマホやタブレットなどのデバイスであれば、アップデートや更新を一括して管理することをおすすめします。 まとめ:前提として「アップデートしない」という選択肢は無いということを理解しよう 個人の感覚でいうと、スマホやタブレットのアプリやゲームなどは、アップデートによって不具合が起こってしまうことも少なくなく、アップデートしないという選択肢があることも事実です。 しかし、アプリやゲームのアップデートと、会社や組織内で使用するWindows10などのOSのアップデートやアップグレードとを混同すべきではありません。 前提として「必ずアップデートする」という姿勢を持つべきです。 同時に、アップデートによって不具合が起こり得ることを考えながら、大切なデータを失わないようにバックアップや退避をしておくこと、普段から特別な環境を必要とするソフトウェア、または古い周辺機器を使わないようにすることなど心がけてみてください。 Windows10に限らず、OSやソフトウェアの更新やアップグレードについては、それを円滑に行うためのしっかりとした対策を施すべきです。 同時に企業や組織の情報システムの担当者として、IT資産を管理するツールの導入も検討すべきでしょう。 当社ではIT資産管理ソフト「AssetView」を提供しておりますので、アップデートやセキュリティに関する不安、IT資産管理にお悩みであればぜひともご相談、お問い合わせください。 Windows10のアップデート、またはアップグレードに対する誤解を解いて、常に企業や組織内にある全てのパソコンを最新の状態に保つことを忘れないようにしましょう。 Windows10、アップデートしないとどうなるか知ってますか?|IT資産管理ソフトウェア『AssetView(アセットビュー)』 『Windows10、アップデートしないとどうなるか知ってますか?』のページです。 IT資産管理やライセンス管理をご検討ならハンモックの『AssetView』にお任せください。 PC管理の課題を『統合管理』でまとめて解決します。 今すぐ資料DL【無料】 IT資産管理、ログ管理などのIT統合管理ソフトウェア『AssetView』はPCのセキュリティ対策や情報漏洩対策を強化し、業務効率化やPCのライフサイクル管理を支援します。 IT管理スタイルの数だけ、変幻自在。 必要な機能やサービスをオーダーメイド感覚でご提供します。 多彩な機能から必要なもののみを選んで導入することができ、それぞれが安価なためコスト削減を実現します。

次の

アップデートとは?ソフトウェア更新しないとどうなる?【とはサーチ】

スマホアップデートしないとどうなる

顔認証が新たに搭載されたりなどの新機能が実装されるケースもあります。 なお、Googleが提供する「Android One」や「Google Pixel」といった機種では、 発売後2・3年間のアップデートが保証されていたりといった安心感があります。 もちろん中には「端末の不具合の修正」のみという小規模のアップデートもありますが、「スマホ本体の動作のフリーズ」や「デジタル時計が正常に表示されない」といった不具合を解消する、結構ありがたい改善であったりします。 Androidを最新OSにアップデートする手順 アップデートには「スマートフォン本体のみで行う」「パソコンに接続して行う」「キャリアのショップでアップデートしてもらう」の3種類があります。 「スマートフォン本体のみ」のアップデートは、「3G」「LTE 4G 」「Wi-Fi」回線のいずれかで行うことができます。 ただし、「3G」「4G」ではパケット通信料がかかってしまうため、 なるべくWi-Fi環境でアップデートしましょう。 スマホ本体でアップデートする場合 まずはスマホ本体のみで行うアップデートを解説していきます。 Androidのスマートフォンであれば、どの端末でもほぼ同じ手順で行うことができます。 「スマートフォン本体のみ」で行うアップデートは、 自動通知から行う方法と、 手動で一から行う方法の2種類があります。 手動で行う場合は、誤って自動通知を削除してしまった場合でも行うことができるので、ここでは一から手動でアップデートする方法をご紹介します。 Androidスマートフォンのアップデートは、本来スマホ本体のみで行う方法しかありません。 しかし、Xperiaシリーズのスマートフォンであれば、microUSBケーブルでパソコンと接続してアップデートすることができます。 Xperiaシリーズのソフトウェアインストールページ パソコン接続はパケット料金が発生しないため、Wi-Fi環境下での更新ができないという方にオススメの手段です。 なお、パソコン接続でアップデートを行う場合は、各メーカーが提供するソフトウェアをインストールする必要があります。 一度インストールすれば、パソコンを起動するたびにインターネットにアクセスし、最新アップデートがあるかどうかの確認をしてくれます。 もし必要な更新がある場合は自動的にソフトウェアをインストールしてくれるので、スマホをパソコンに接続するだけでアップデートすることができます。 ソフトウェアのインストールLINK 端末 メーカー インストール先 Xperiaシリーズ ソニー キャリアのショップでアップデートする場合 「アップデートの方法はわかったけど、どうしても手間でメンドウだ!」 そんなあなたでも、アップデートできるとっておきの方法があります。 実は各キャリアのショップにスマホを直接持っていくと、 店員さんにお使いのスマホをアップデートしてもらうことができるんです。 au、ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイルのいずれかと契約している方であれば、購入した 店舗を問わず、無料でアップデートの対応をしてくれます。 ご利用中のSIMカードは抜かずに、挿したまま店員さんに渡してください。 なお、アップデートが終わるまでには、最低でも1時間以上はかかると思ってください。 ですので、その間に買い物を済ませてしまったり、後日あらためて端末を取りに行くなど、時間に余裕をもっておくと良いです。 Androidが最新OSにアップデートされているかを確認しよう 最新のソフトウェアにアップデートできたかどうかは、 「ビルド番号 ソフトウェアバージョン 」で判断することができます。 ビルド番号とは、 スマホに搭載されているソフトウェアのバージョンを識別するための番号です。 つまり、無事にアップデートができていれば、「ビルド番号」は最新のものに変更されています。 ソフトウェアの最新ビルド番号は、各キャリアの「アップデート情報ページ」で確認することができます。 各キャリアのアップデート情報ページLINK au docomo SoftBank Y! mobile またSIMフリースマートフォンの場合は、各キャリアのニュースリリースページにあるアップデート情報からチェックすることができます。 最新ビルド番号を確認できたら、スマホ本体のビルド番号と一致するかチェックしましょう。 ビルド番号は下記の手順で確認することができます。 アップデートが完了した後であれば、ビルド番号は最新のものになっていますよ。

次の

Androidのソフトウェア更新って必要?アップデートする方法と注意点

スマホアップデートしないとどうなる

iPhoneアップデートしないとどうなるの? iPhoneを最新iOSにアップデートしないと、以下のようなことが起きる可能性があります。 内部データの破損• 個人情報の流出• 新機能が使えなくなる• 動きが遅くなるなど快適な操作ができなくなる• セキュリティホール(ソフトウェアの欠陥)を狙って攻撃される 見るからに悪いことばかりですよね。 アップデートとは「新機能の追加とバグ等の修正による性能の向上」を意味しています。 そのためアップデートしないということは新機能も追加されず、性能も向上しないということなんです。 アップデートのメリット、デメリット アップデートのメリットは、新機能が使えるようになることと、バグや不具合解消によりセキュリティが強化されることです。 一方で、このメリットが裏目に出ることもあります。 以下、iPhoneアップデートのメリットとデメリットについて詳しく書いていきます。 アップデートの、メリット、アップデートした方がいい理由 アップデートのメリットは主に以下の2つです。 新機能の追加 アップデートのメリット1つめは新機能の追加です。 今までにない機能の追加で使いやすさや利便性が向上します。 最近ではiOS10. 2アップデートでスクリーンショットのオンオフ機能が追加となりました。 スクリーンショットの音が大きすぎて人前で撮るのを躊躇してしまうという声がたくさん上がっていただけに、iPhoneユーザーたちにとっては嬉しいアップデートだったようです。 セキュリティホールの強化 2つめのメリットはバグや不具合の解消によってセキュリティが強化されることです。 操作方法の変更による使用感の変化 まず1つめはアップデートにより操作方法が変更になると、使い方がわからなくなる、今までよりも使いにくくなるということです。 特に女性や年配の方など、iPhoneの操作に自信のない方がこの理由でアップデートをしていないようです。 アプリへの影響 2つめはアプリに不具合が出る可能性があるということです。 最新のiOSに対応しきれず、アプリが開かなくなったり、フリーズしたりといった不具合が出る場合があるようです。 iPhone自体の動作が遅くなる 3つめはアップデートしたことにより、iPhoneの動作が遅くなるという理由です。 機種が古い場合、処理能力が追い付かず遅くなる場合があります。 ここまできたら買い替えを検討してもいい時期かもしれませんね。 上記3つのデメリットはあるにせよ、データの破損や個人情報流出の危険を回避するためにもアップデートは行うべきです。 アプリに不具合が出るデメリットに関しては、すでにアップデートした人の口コミを事前に調べておくなどの対応をしましょう。 たいていのアプリは最新iOSに対応するようアップデートしますので、アプリ側がしっかりと対応してからiOSアップデートするのが良いでしょう。 アップデートの通知を消す方法 アップデートの通知を消す方法は以下の通りです。 まず設定アプリから一般(スクロールして2ページ目上部)を選択します。 すると、iOSのバージョンが出てきますので選択し、「アップデートを削除」を押します。 これでアップデートの通知が配信されなくなります。 アップデートの通知は「後で通知」を選択すると一度は通知が消えますが、その後何度も通知が来てしまいます。 アップデートしたくない方にとっては少々厄介な通知ですよね。 通知が煩わしい方は上記の方法をお試しください。 なお、お使いのiPhoneが最新バージョンのときはストレージ画面でiOSが表示されません。 ソフトウェアアップデートの通知が配信されている場合のみ使える方法となりますので、次回はアップデートしたくないと思っている方は試してみてみてください。 アプリの自動アップデートのオン、オフの方法 iPhoneアプリは自動でアップデートするかどうかの設定ができるようになっています。 以下、設定方法です。 ここの自動ダウンロードのアップデート項目がオン(緑色の状態)になっていると、アプリの自動アップデートが行われます。 オフにすると、自動でアップデートは行われません。 オフにしているときに、アップデートしたいアプリがある場合はApp Storeのアップデートタブから行うことが可能です。 まとめ iPhoneのアップデートをしないと• 内部データの破損• 個人情報の流出• 新機能が使えなくなる• 動きがおそくなるなど快適な操作ができなくなる• セキュリティホール(ソフトウェアの欠陥)を狙って攻撃される• アップデートのメリットは新機能の追加、セキュリティの強化• アップデートのデメリットは使用感や動作速度の変化、アプリへの影響• アップデート通知オフは可能• アプリの自動アップデートも設定可能 デメリットもあるソフトウェアアップデートですが、データ破損やスパム被害等、アップデートしないことのリスクは大きいと思われます。 アップデートを行うときは必ずバックアップを取り、すでにアップデートした人の口コミを参考にすることをおすすめします。

次の