ヤーズ フレックス。 ヤーズフレックスを飲んでみて気付いたこと

イライラに効くピルはヤーズ(ヤーズフレックス)だけ?

ヤーズ フレックス

人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 〈子宮内膜症に伴う疼痛の改善〉1日1錠を経口投与する• 24日目までは出血の有無にかかわらず連続投与する• 25日目以降に3日間連続で出血(点状出血を含む)が認められた場合、又は、連続投与が120日に達した場合は、4日間休薬する• 休薬後は出血が終わっているか続いているかにかかわらず、連続投与を開始する• 以後同様に連続投与と休薬を繰り返す• 〈月経困難症〉次記のいずれかを選択する• ・ 1日1錠を経口投与する• 24日目までは出血の有無にかかわらず連続投与する• 25日目以降に3日間連続で出血(点状出血を含む)が認められた場合、又は、連続投与が120日に達した場合は、4日間休薬する• 休薬後は出血が終わっているか続いているかにかかわらず、連続投与を開始する• 以後同様に連続投与と休薬を繰り返す• ・ 1日1錠を24日間連続経口投与し、4日間休薬する• 以上28日間を投与1周期とし、出血が終わっているか続いているかにかかわらず、29日目から次の周期の錠剤を投与し、以後同様に繰り返す• (用法及び用量に関連する注意)7. 1. 毎日一定の時刻に服用させること• 2. 休薬期間は4日間を超えないこと• 3. 本剤の投与にあたっては、不正性器出血の予防及びホルモン剤服用中の妊娠のリスクを最小限にとどめるため、飲み忘れ等がないよう服用方法を十分指導すること• 4. 服用開始日本剤を初めて服用させる場合、月経第1日目から服用を開始させ、服用開始日が月経第1日目から遅れた場合、妊娠のリスクを考慮し、飲みはじめの最初の1週間はホルモン剤以外の避妊法を用いること• 5. 万一前日の飲み忘れに気付いた場合、直ちに前日の飲み忘れた錠剤を服用し、当日の錠剤も通常の服薬時刻に服用する• 2日以上服薬を忘れた場合は、気付いた時点で前日分の1錠を服用し、当日の錠剤も通常の服薬時刻に服用し、その後は当初の服薬スケジュールどおり服用を継続すること ヤーズフレックス配合錠の使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• 過敏性素因• 肝腫瘍• 冠動脈疾患• 急性腎障害• 血栓性静脈炎• 子宮内膜癌• 脂質代謝異常• 重篤な肝障害• 重篤な腎障害• 糖尿病性腎症• 糖尿病性網膜症• 妊娠ヘルペス• 脳血管障害• 肺塞栓症• 診断の確定していない異常性器出血• 妊娠中に黄疸• 耳硬化症• 35歳以上で1日15本以上の喫煙• 血栓性素因• 抗リン脂質抗体症候群• 産後4週以内• 手術前4週以内• 術後2週以内• 長期間安静状態• 妊娠中に持続性そう痒症• 亜急性細菌性心内膜炎の既往歴のある心臓弁膜症• 血管病変を伴う糖尿病• 心房細動を合併する心臓弁膜症• 星型閃光を伴う片頭痛• 閃輝暗点を伴う片頭痛• 前兆を伴う片頭痛• 肺高血圧症を合併する心臓弁膜症• エストロゲン依存性悪性腫瘍• 骨成長が終了していない• オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤投与中• 高血圧<軽度高血圧を除く>• 子宮頸癌• 子宮筋腫• 乳房結節• 血栓症• コンタクトレンズ装用• 心疾患• 耐糖能異常• テタニー• てんかん• 糖尿病• ポルフィリン症• 軽度高血圧• 耐糖能の低下• 妊娠中の高血圧• 前兆を伴わない片頭痛• 手術が必要• 不正性器出血が続く• 喫煙<35歳以上で1日15本以上の喫煙者には投与しない>• 子宮内膜症性卵巣のう胞• 心臓弁膜症<肺高血圧症又は心房細動合併・亜急性細菌性心内膜炎既往は禁忌>• 腎障害<重篤な腎障害又は急性腎障害を除く>• 卵巣チョコレートのう胞• 肝障害<重篤な肝障害を除く> 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 授乳婦• 新生児 低出生体重児を含む• 幼児・小児 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用が禁止されています。 35歳以上で1日15本以上の喫煙 35歳〜• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 生殖能を有する 11歳〜• 小児等 0歳〜14歳• 40歳以上<1日15本以上の喫煙者には投与しない> 40歳〜• 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。 児 ヤーズフレックス配合錠の注意が必要な飲み合わせ 薬剤名 影響 オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤 ALT上昇 副腎皮質ホルモン剤 作用が増強 プレドニゾロン 作用が増強 三環系抗うつ剤 作用が増強 イミプラミン 作用が増強 セレギリン塩酸塩 作用が増強 シクロスポリン 作用が増強 オメプラゾール 作用が増強 テオフィリン 血中濃度が上昇 チザニジン塩酸塩 血中濃度が上昇 ボリコナゾール 血中濃度が上昇、本剤の血中濃度が上昇 リファンピシン類 本剤の効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 バルビツール酸誘導体 本剤の効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 フェノバルビタール 本剤の効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 ヒダントイン系抗てんかん剤 本剤の効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 フェニトインナトリウム 本剤の効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 カルバマゼピン 本剤の効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 ボセンタン 本剤の効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 モダフィニル 本剤の効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 トピラマート 本剤の効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 テトラサイクリン系抗生物質 本剤の効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 ペニシリン系抗生物質 本剤の効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 アンピシリン水和物 本剤の効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 塩酸テルビナフィン 黄体ホルモン・卵胞ホルモン配合剤との併用で月経異常 Gn-RH誘導体 作用を減弱 酢酸ブセレリン 作用を減弱 血糖降下剤 作用が減弱 インスリン製剤 作用が減弱 スルホニルウレア系薬剤 作用が減弱 スルホンアミド系薬剤 作用が減弱 ビグアナイド系製剤 作用が減弱 テラプレビル 本剤の作用が減弱 ネルフィナビルメシル酸塩 本剤の作用が減弱 リトナビル 本剤の作用が減弱 ダルナビル 本剤の作用が減弱 ロピナビル・リトナビル配合剤 本剤の作用が減弱 ネビラピン 本剤の作用が減弱 ホスアンプレナビル 本剤の作用が減弱 アタザナビル 本剤の血中濃度が上昇 インジナビル 本剤の血中濃度が上昇 エトラビリン 本剤の血中濃度が上昇 フルコナゾール 本剤の血中濃度が上昇 アセトアミノフェン 本剤の血中濃度が上昇、血中濃度が低下 ラモトリギン 血中濃度が低下 モルヒネ 血中濃度が低下 サリチル酸 血中濃度が低下 カリウム製剤 高カリウム血症 塩化カリウム<製剤> 高カリウム血症 グルコン酸カリウム<製剤> 高カリウム血症 ACE阻害剤 高カリウム血症 カプトプリル 高カリウム血症 エナラプリル 高カリウム血症 アンジオテンシン2受容体拮抗剤 高カリウム血症 ロサルタンカリウム 高カリウム血症 カンデサルタンシレキセチル 高カリウム血症 カリウム保持性利尿剤 高カリウム血症 スピロノラクトン 高カリウム血症 トリアムテレン 高カリウム血症 カンレノ酸カリウム 高カリウム血症 非ステロイド系抗炎症剤 高カリウム血症 インドメタシン製剤 高カリウム血症 飲食物との組み合わせ注意• セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)を含むもの• カリウムを含むもの<昆布、わかめ、海苔、ひじき、インスタントコーヒー など>.

次の

【ピル】ヤーズフレックス120日間連続服用達成!不正出血も全くなかった話|まなきのなるようにするさ!

ヤーズ フレックス

ヤーズフレックス錠を服用する日がやってきてしまいました。 副作用で亡くなるかもしれない薬を飲み続けるのは勇気が要ると思います。 患者さんのご家族の気持ちがよくわかります。 医師の指示では朝食後でしたが、月経初日に服用する様に言われていたみたいなので夕食後に服用することになりました。 しかし服用して30分ですでに気分が少し悪くなったみたいです。 悪心や吐き気はよく出る副作用という事でしたが、こんなにすぐに出るものなのかな? 気分が少し悪いそうなのでプリンペランを飲むように伝えました。 服用中の生活について気をつけること• 禁煙(喫煙により、心筋梗塞など心血管系の障害が起こりやすくなるという報告があります)• お酒(アルコールの利尿作用で脱水症状となり血液が固まりやすくなる原因になる)• 運動・食事(月経痛が軽減し周期が安定した時期は運動する、肥満は副作用のリスクを高める・低脂肪高たんぱくの鶏肉や大豆製品、野菜果物などバランスよく、脂質や糖質は控える)• 水分をしっかり取る 以上の基本的な注意事項を守って服用を開始したいと思います。 トイレの回数は普段より多いような気がするので水分摂取をこまめに意識しています。 明後日に2度目の受診なのでなんとか無事に過ごしたいと思います。 心配なので「ヤーズフレックス配合錠を服用される方へ」といった冊子の要点をまとめたいと思います。 月経困難症とは? 月経中に起こるおなかの痛み、腰痛、疲労感、イライラ、抑うつの症状が日常生活に強く出る状態です。 現代女性は 月経の回数が多すぎる(出産回数の減少)ために、月経困難症や子宮内膜症などの病気が増えているそうです。 月経困難症の種類 ・機能性(原因となる病気はなく、発痛PGにより痛みを感じる) ・器質製(子宮内膜症や子宮腺筋症、子宮筋腫などの病気が原因となり痛みを感じる) 治療法 ・鎮痛薬(NSAIDs)や漢方薬(当帰芍薬散・加味逍遥散) ・低用量経口エストロゲンプロゲスチン配合剤(LEP) ・子宮内システム(IUS) 子宮内膜症とは? 子宮内膜組織が内側でなく腹膜や卵巣で発生、増殖する病気。 ほっておくと癒着して様々な痛み(月経痛、下腹部痛、腰痛、性交痛、排便痛)を引き起こします。 卵巣にできた子宮内膜組織は、出血を繰り返すと古い血液が袋状にたまりチョコレートのう胞と呼ばれる。 原因は? 2つの説が考えられています。 ・子宮内膜移植説 ・体腔上皮化説 治療法 ・鎮痛薬(NSAIDs)や漢方薬(当帰芍薬散・加味逍遥散)や黄体ホルモン製剤やGnRHアナログ製剤 ・低用量経口エストロゲンプロゲスチン配合剤(LEP) ・子宮内システム(IUS) ・外科的療法(手術) ヤーズフレックス配合錠ってどんな薬? 卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲスチン)を含むEP配合剤です。 作用機序は排卵を抑えることで、子宮内膜が厚くならないようにして痛みを抑えます。 注意すべき副作用 血栓症(血管に血の塊が詰まる病気) 静脈血栓症(足の静脈に血栓が詰まる深部静脈血栓症と、その血栓が移動して肺静脈に詰まる肺塞栓症があります) 動脈血栓症(心筋梗塞や脳梗塞につながる恐れあります) 血栓症の前兆 手足の痛み・腫れ・脱力・まひ、ふくらはぎの赤み、握ると痛みがある 胸部の痛み、息切れ、押しつぶされるような痛み 頭部の痛み、前兆のある痛み(チカチカ、キラキラ、閃光が走る) 腹部の激しい痛み 舌のもつれ、しゃべりにくさ 突然の視力障害(見えにくさ、視野狭窄) 血栓症の予防 着圧ソックスの利用(足のむくみをとり、静脈血栓予防に役立つ、ただし圧がきつすぎると逆効果) 座りっぱなしを避ける、こまめに動く(数時間毎に立って歩き回る、エクササイズする、意識して水分を取る) 足の指先のグーパー運動、つま先立ちする、つま先をあげる、ひざを両手でかかえ足首をまわす、ふくらはぎをもむ.

次の

【超低用量ピル】ヤーズの効果と副作用を解説!

ヤーズ フレックス

ピル内服中の妊娠について 現在、ヤーズフレックスを内服してます。 内服してから3ヶ月経ちます。 今月5日に性行為をし、中出しされてしまいました。 性行為をする前、4日間、茶色の織物 が出てました。 性行為翌日、鮮血の不正出血があり、織物も多少出ていたこともあり、内服を中止しました。 不正出血は1週間くらい続きました。 休薬期間の4日をすぎ、再び内服しています。 先程から胃痛がし、嘔吐、下痢を繰り返しています。 5日の性行為による妊娠はありえるのでしょうか。 胃痛がつわりなんじゃないかと少し不安になってしまいました。 ヤーズフレックス自体が日本では避妊効果のあるピルとして認証されていないのは存じ上げています。 かかりつけ医にも初めに内服する際に生理不順と避妊目的で服用開始したいと言ったところヤーズを処方され、3ヶ月ほど前にヤーズフレックスへ変更したところでした。 避妊効果を期待するには別の薬にしてもらった方がいいのでしょうか? DR. を信じてないわけではありませんが、、、.

次の