揚げ なす 煮浸し。 なすとオクラの揚げ浸し!人気レシピ1位は?めんつゆやレンジで簡単な作り方も

なすの煮びたし/揚げずに作る簡単レシピ/作り方:白ごはん.com

揚げ なす 煮浸し

冷凍揚げ茄子の商品詳細 商品名 揚げなす乱切り 名称 冷凍揚げなす 原産国 中国 輸入者 株式会社神戸物産 製造者 販売者 内容量 500g 価格 155円 備考 画像はクリックで大きくなります 冷凍揚げ茄子を使った、なすの煮浸し うちはこの冷凍揚げなす、なんといっても 煮浸しに一番利用しますね。 煮浸しの作り方は、基本的には裏袋に書いてある方法で良いと思います。 冷凍揚げ茄子1袋を、水400cc・麺つゆ150cc・みりん50cc・砂糖大さじ1・顆粒だしの素小さじ2くらいで蓋をして10分ほど煮込み、仕上げにおろししょうがを混ぜ、削り節やあさつきの小口切りなどで飾るという作り方が多いです。 裏袋の指示通りで トロトロに柔らかいナスの煮浸しができます。 火加減などでも多少調理時間が変ってくるとは思いますが、皮が硬すぎるようならもうちょっと煮込んでも良いですし、でもあまり時間が長すぎると ドロドロに崩れます。 冷凍揚げ茄子は火が通りやすいので、2~3分でずいぶん柔らかさに変化があります。 ある程度食べられるくらいの柔らかさになったあとはちょくちょく様子を見ながら、 煮崩れにご注意ください。 基本的なナスの煮浸しの他に、厚揚げや鶏もも肉または豚バラスライスを一緒に煮込むこともありますし、ひき肉を混ぜてとろみをつけることもあります。 ひき肉とろみバージョンは、白いご飯の上に乗せて食べると、何杯でも食べられちゃいそうですw 揚げなすが一番火が通りやすい(というか味が染み込みやすく崩れやすい)ため、他の具材も使う時、そしてその具材を10分以上煮たい場合は別々に煮て、最後に合せる感じです。 なすの煮浸し以外の使い方 この商品は「揚げ茄子」ですが、普通の 茄子の乱切りと同じ感覚で使えます。 煮浸し以外でうちが使ったことある料理は(その中で覚えているのは)、以下の通りです。 麻婆なす• 肉料理や魚料理の付け合せ• パスタ• グラタン• 温サラダ• 鶏肉のトマト煮• 味噌汁• ナスの生姜炒め• カレーライス• 適当な炒め物や煮物 この前は冷凍パスタに使いましたが、最近の冷凍パスタはとても美味しいので、具を加えるとけっこう本格的になりましたよ。 この時の材料は以下の通りです(2人分)• 冷凍パスタ(ナポリタン)・・・2袋• レトルトのパスタソース(ナポリタン)・・・1袋• 業務スーパーの冷凍揚げなす・・・適量• ハム・・・適量 冷凍パスタは指定の時間より1~2分ほど短くレンチンして、レトルトのパスタソースと一緒にボウルに入れて軽く混ぜたらラップをし、先ほど足りなかった1~2分を再度レンチンします。 そこに炒めた冷凍揚げ茄子とハムを混ぜるだけです。 冷凍揚げ茄子は、冷凍状態から炒めてもそれほど時間はかかりません。 冷凍パスタを使う時点で「節約」というわけにはいきませんが、「 時短」ではあります。 カレーライスに使う場合はカレー鍋には入れず別に炒めておいて、盛りつけの時に使う方が崩れる心配がなくて使いやすいです。 カツカレーのカツ的な扱いで。 なにしろ、火を通すと崩れやすいのです>< あとがき 最近はそうでもないのですが、ここ数年は野菜が高騰することが増えましたよね。 そんな時に活躍するのが、冷凍野菜です。 茄子も冬の間は3本で248円とか・・・、あまり豪勢に使うことはできませんでした。 でもこの冷凍揚げ茄子なら、500gで155円! 冷凍野菜の中にはけっこう加熱時間を必要とするものもありますが、業務スーパーの冷凍揚げ茄子はわりと簡単に火が通るところが便利なんです。 それに、なかなか「揚げなす」の冷凍品って見かけないですよね。 冷凍庫に常備されてると、「あともうちょっとだけ物足りない・・・」という時にも、ササッと使えて便利ですよ~.

次の

なすの人気レシピ!つくれぽ1000以上だけ【48選】1位は?5000越えは?10000越えは?【なすだけ!南蛮!煮浸しなどの殿堂入り】

揚げ なす 煮浸し

夏野菜の材料と切り方 夏野菜は上記の材料を目安に(すべてそろえなくてもよいので)、用意できるものを数種類組み合わせて作るのがおすすめです。 上記の野菜以外にも、新ごぼうやいんげん、ピーマン、しし唐辛子などもおすすめです。 なすはヘタを落として、長さを半分に切ってから縦4〜6等分にして水にさらします。 次に、アスパラは硬い根元を切り落として、根元側の皮を3〜4㎝分ピーラーでむき取り、長さを3〜4等分に切ります。 赤パプリカはヘタと種を除いて6〜7㎜幅に切ります。 また、甘長とうがらしは包丁の切っ先で1㎝くらいの穴をあけておきます。 オクラは長いヘタを切り落として、ガクをむき取ります。 揚げびたしは 揚げた野菜を熱いうちにお浸しの地に浸け込むので、揚げる前にAを保存容器に合わせておきます。 また、水にさらしたなすは揚げる前にキッチンペーパーなどで水気をしっかりふき取っておきましょう。 火の通りにくいかぼちゃは2〜3分ほど、その他の野菜は1分ほどが目安となります。 油の中に一度にたくさんの野菜を入れすぎないよう注意して、 油の温度が下がりすぎないよう、3〜4回くらいに分けて揚げるとよいです。 すべての野菜が揚がれば、熱いうちにAに浸け込みます。 浸けてすぐに食べるのもほのかに野菜が温かく、あっさりと美味しいですが、 冷蔵庫で数時間(2〜4時間くらい)味を野菜になじませてから食べるのもおすすめです。 冷蔵庫に入れておけば、 常備菜として3日ほど日持ちします(目安として)。 Aの調味料の醤油ですが、常備菜として翌日以降に食べるときは薄口醤油を使った方が野菜の色がきれいに保てます。 しかし、濃口醤油のほうが味わいがあるので、作って早くに食べる場合や、色を気にしない場合は濃口醤油で作るなど、使い分けてみてください(ちなみにページ上部の写真は薄口しょうゆで仕上げました)。 だし汁は、、、など、白ごはん. comのだしレシピも調理時間や材料に合わせて参考にしてみてください。 みりんのアルコール臭がさほど気にならないレシピなので、みりんは煮切らず使っています。 アルコールが気になる場合はを参考に、煮切ったみりんを合わせてみてください(煮切りみりんのほうが素材の風味が引き立ちます)。

次の

なすとオクラの揚げ浸し!人気レシピ1位は?めんつゆやレンジで簡単な作り方も

揚げ なす 煮浸し

なすの煮びたしのなすの切り方 なすの煮びたしは、 味の染み込みをよくし、箸や口で皮を割きやすくするために、皮に切り込みを入れるとよいです。 ヘタを切り落として縦半分に切り、皮に2〜3mm間隔で浅く切り込みを入れます。 次にフライパンの底面に皮が当たりやすくするために、なすをさらに縦半分にします。 あとは水にさっとつけてアクを抜きます(炒める直前にざる上げして、キッチンペーパーなどで水気をふき取るとよいです)。 なすの煮びたしには生姜の風味がぴったりなので、生姜は 皮ごと包丁の腹の部分で軽くつぶして使います。 生姜を入れて弱めの中火にかけ、生姜がフツフツとなってくれば一度火を止め、 なすの皮を下にしてきれいに並べてから、再び火をつけます(中火程度)。 ここでなすの皮側を油で炒めます。 なすの皮側に火が通って全体的にきれいな紫色になれば、なすを返して残りの2面を軽く焼きます。 Aを加え、煮汁が沸いたら そのまま3~4分煮ます。 はじめにしっかり炒めているので煮る時間は短めでOKです。 なすに火が通れば、保存容器や器に煮汁ごと移します。 熱々でも美味しいですが、2〜3時間以上味をなじませてから食べるのもおすすめです。 冷蔵庫に移して、翌日に食べてもとても美味しいおかずです。 仕上げに刻みねぎやみょうがなどの薬味を合わせても。

次の