敏感肌 スキンケア 比較。 【比較】キュレル、ミノン、アルージェの化粧水から乳液、クリームまで!敏感肌スキンケアを比べてみました。

超敏感肌におすすめなスキンケア19選!肌トラブルと成分で選ぶ|【ママアイテム】ウーマンエキサイト

敏感肌 スキンケア 比較

スキンケアがしみる…敏感肌の原因とは? 出典: 敏感肌の人が、スキンケア用品を肌に乗せるとしみる…。 そんな経験をしたことはありませんか。 そもそも、 どうして敏感肌になってしまうのでしょうか。 まずはその原因について見てみましょう。 内的要因 一般的に敏感肌は、洗顔後にヒリヒリしたり、化粧品を塗るとチクチクした刺激を感じるお肌と言われています。 多くの敏感肌は、健康的な肌に比べて何らかの原因でバリア機能が低下しています。 その為、ちょっとした刺激でも肌の防御機能がうまく働かなくなってしまうんです。 また皮脂も不足し、乾燥していることも多くなるでしょう。 こうしたバリア機能の低下には、いくつか要因が考えられます。 特に多いとされている 内的要因はストレスです。 人はストレスを受けると自律神経が乱れ、免疫力も低下します。 免疫力の低下は、肌のバリア機能の低下につながり、いろいろな刺激から肌を守れなくなってしまうと考えられます。 不安や悩み、過度な疲れや生活習慣の乱れが、敏感肌につながるストレスとなることを押さえておきましょう。 外的要因 強い紫外線や花粉などのアレルギー物質、ダニやほこりなどが敏感肌を引き起こす外的原因として考えられています。 他にも、 間違ったスキンケアをすることも原因になるので注意してください。 自分に合わないスキンケア用品や化粧品を使うことで、肌にダメージが加わり、バリア機能が低下してしまう場合もあります。 水分を蓄える力も不足し、刺激に敏感で乾燥した肌になってしまいます。 敏感肌の原因は? A. 「乾燥」と「内側のケアがしっかりできていないこと」 敏感肌向けのスキンケアアイテムを選ぶときのポイント 敏感肌の人にとって欠かせないスキンケア。 自分に合ったスキンケア用品を選ぶために、知っておきたいポイントをまとめました。 敏感肌の人は、どういった点に注意してスキンケアアイテムを選べばよいでしょうか。 通常の健康な肌であれば刺激にならないようなものでも、敏感肌の人にとっては大きな刺激になってしまうことは少なくありません。 そこで、スキンケアアイテムを選ぶときは 成分に着目しましょう。 刺激になりやすい成分が使われていないかどうかを確認することが大事。 特に押さえておきたい成分には、アルコールやパラベン、鉱物油のほか、香料や着色料などの添加物があげられます。 また、美白化粧品に多いメラニンを抑えるハイドロキノンも、刺激になりやすい成分と言われています。 肌が水分を蓄える力を失っているケースも多く、 スキンケアで水分をしっかり補給できることがポイントになるでしょう。 ヒアルロン酸やコラーゲンのほか、身体に優しい植物オイルもおすすめの成分です。 また、セラミドは肌のバリア機能の働きをしっかりサポートしてくれるので、取り入れたい成分ですね。 敏感肌さんがスキンケアを選ぶときのポイントは? A. 低刺激のアイテムをシリーズで使う! ヒリヒリ肌にさよなら!敏感肌のスキンケアのポイント 出典: ここまで、敏感肌の人におすすめのスキンケアアイテムを見てきました。 しかし、アイテムをそろえても正しい使い方ができていなければ、理想的な敏感肌のケアにはなりません。 間違った使い方をしていないか、正しいケアをしているかを確認してみませんか。 敏感肌の人が気を付けるべき、 スキンケアのポイントをまとめてみました。 クレンジング まずはクレンジングにポイントです。 いくら肌に合ったスキンケアアイテムを使っても、汚れた肌につけていては意味がありません。 そこで、しっかりクレンジングでメイクや汚れを落とすことが必要になってきます。 敏感肌の人でも 肌に負担をかけないクレンジングで、優しくお肌をケアしましょう。 敏感肌の人は、人一倍摩擦による刺激に弱くなっています。 摩擦が強い、こするような洗い方は肌にとって負担が大きいもの。 クレンジングをするときも、滑らせるような手つきで、 できるだけ摩擦を与えないように注意しましょう。 また、ファンデーションは控えめにして、アイメイクをしっかりするなど、個人個人でメイクの仕方も変わってきます。 強くしっかりメイクした目元と、ナチュラルメイクの肌を同じクレンジングで落とすのは、良くありません。 肌に優しいクレンジングを使うことで、目元に汚れが残ってしまうのも問題です。 そこで、メイクの強弱をつけている人は、そのメイクに合ったクレンジングを使い分けましょう。 肌にはやさしいクレンジング、目元やリップには、しっかりメイクが落ちる強いクレンジングといった具合に、 クレンジングを使い分けることで、余計な肌への負担を減らすことができるでしょう。 肌に刺激が強い成分が入っているクレンジングは、メイクを落とすだけで負担になってしまいます。 敏感肌用で、余計なものが入っていないクレンジングを選びましょう。 洗顔 続いて、洗顔のポイントをご紹介します。 敏感肌の人は、洗顔後にヒリヒリした痛みを感じる人もいますよね。 正しい洗顔法で、肌への負担を少なくした洗顔を心掛けましょう。 熱いお湯や冷たい水は、肌に強い刺激を与えてしまうためです。 人肌を感じる適度なぬるま湯で洗顔をしましょう。 もちろん、洗顔料は敏感肌の人に合ったものを選びます。 不要な成分が入っていないもので、乾燥させない保湿系の洗顔料を選ぶとよいでしょう。 泡が少ないまま肌につけると、摩擦も強くなり刺激になってしまいます。 キメの細かい泡で、肌を包むようにそっと洗うように心がけましょう。 また、すすぎ残しもNGです。 泡を肌に乗せ、汚れを取った後は、しっかりぬるま湯ですすぎます。 この時も肌にばしゃばしゃと叩きつけるようにすすぐのではなく、そっと包むようなすすぎ方を意識しましょう。 毛穴除去やピーリングは、肌への負担が強くなります。 敏感肌の人は控えたほうが良いでしょう。 \泡立てネットがおすすめ!/ 洗顔料を直接肌に付けることはせず、泡立てネットや始めから泡で出てくるタイプの洗顔料がおすすめです! また、泡立てネットは最低でも1カ月に1回は交換するようにして、衛生面も気を付けましょう。 洗顔は汚れだけでなく、顔の皮脂を取ってしまうため、乾燥の原因になることも。 特に敏感肌の人は、皮脂が少なく、乾燥しやすくなっています。 洗顔をすることで、より必要な皮脂を取り除き、乾燥を促す結果になるのでは本末転倒と言えます。 最近ではクレンジング材の質も向上し、クレンジングだけで汚れもしっかり落としてくれる優秀アイテムも。 自分の肌の調子をよく観察し、洗顔しすぎないように気をつけましょう。 適切なタイミングで洗顔することも大切なポイントです。 保湿 敏感肌の人が注意したい保湿のポイントを見てみましょう。 乾燥しやすくなっている敏感肌には、保湿は重要なプロセス。 どんな点に注意して保湿すればよいでしょうか。 まず、押さえておきたいポイントは保湿するタイミングです。 保湿は洗顔後すぐに行うようにしましょう。 洗顔後は、特に肌が乾燥しやすくなっています。 肌を守る皮脂も少なくなり、水分が蒸発しやすい状態です。 洗顔後すぐに保湿することで、肌の乾燥を防ぎ、しっかりバリア機能が働ける状態を作りましょう。 コットンなパフなどを使うのは、かえって刺激になってしまいます。 つけすぎることで、肌がふやけてバリア機能が落ちてしまうのもよくありません。 使用料をよく守り、手で顔を覆うようにしっかりつけるようにしましょう。 \スキンケアの最後まで優しく丁寧に!/ 洗顔後、顔を拭くときは柔らかい清潔なタオルでやさしく。 その後は化粧水を素早くつけて、化粧水は叩き込まずに優しく付けていきましょう。 UVカット 敏感肌には紫外線が大敵です。 紫外線対策は一年中行いたいですよね。 しかし、そんなUV対策が悩みの種になっている人も多いのではないでしょうか。 肌への負担を少なくしつつ、しっかり 紫外線対策をするためのポイントを見ておきましょう。 紫外線吸収剤は、肌につけても知ろう帰せずに、使い心地が良いことでたくさんの商品が出回っています。 しかし、紫外線を吸収し熱として放出させる化学反応を起こすため、紫外線吸収剤は肌への負担が大きいんです。 敏感肌の方は、 紫外線吸収剤の入っていないものを選ぶようにしましょう。 しかし、紫外線散乱材は白浮きしやすく、使い心地の点柄苦手な方もいますよね。 そのため、紫外線散乱材はナノ化して超微粒子にすることで、白浮きしにくく肌の付け心地もよい状態にしているものがたくさんあります。 敏感肌の人には、この細かい粒子がかえって負担に。 ナノ化された紫外線散乱材は活性酸素を発生させ肌への負担が大きくなると言われています。 敏感肌の人は、UV対策にナノ化されたものは使用しないようにしましょう。 スプレータイプのものや、ジェルタイプ、クリームタイプなど、それぞれに長所と短所があります。 敏感肌の人には、 クリームタイプや乳液タイプがおすすめです。 いろいろなアイテムの中でも、しっかり紫外線を防ぎ肌への負担が少ないと言われています。 また、こうしたアイテムを肌につけた後は、塗りっぱなしにせず、しっかり落とすように注意するようにしましょう。

次の

敏感肌基礎化粧品おすすめランキング|肌にやさしいスキンケアアイテム|ブティーマガジン

敏感肌 スキンケア 比較

敏感肌のスキンケアの選ぶ4つのポイント 敏感肌のスキンケア選びをする際の基準にすべき3つのポイントをご紹介します。 1-1. 保湿が高い成分が入っているものを選ぶ スキンケア化粧品に使われている保湿成分は大きく分けて4つあり、 保湿力が高いものを上から順にご紹介します。 セラミド• セラミド以外のスフィンゴ脂質• レシチン• 空気中の湿度が下がっても威力を発揮してくれる頼もしい成分です。 ヒアルロン酸• コラーゲン• エラスチン• 天然保湿因子(NMF)[アミノ酸・尿素・PCAなど]• 植物油[アボガドオイル・オリーブオイル・ホホバオイル・米ぬか油など]• 動物油[ミンクオイル・スクワランオイルなど] こちらでご紹介している以外にも保湿成分はたくさんありますが、なかには「鉱物油」や「アルコールの一種」など敏感肌には向かない成分もあるため、敏感肌に向けておすすめの保湿成分を選んでいます。 必ずセラミドが配合されているものを選ぶ 保湿成分にはたくさんの成分がありますが、必ず入っているかどうかを確認したい成分は、セラミドです。 セラミドはバリア機能をサポートする重要な保湿成分です。 敏感肌は肌のバリア機能が低下している状態のため、敏感肌をケアするためには、バリア機能をサポートしてくれるセラミド配合のスキンケアを選ぶことをおすすめします。 ちなみにあまり知られていませんが、実はセラミドはたくさん種類があります。 セラミドについてより詳しい情報やセラミドの選び方を知りたい方は下記の記事をご覧ください。 1-2. 肌に刺激・負担をかけやすい成分を避ける 敏感肌は肌のバリア機能が低下しているため、刺激を受けやすい肌状態です。 化粧品成分で、 肌に刺激を与えやすいと考えられている成分はこれらですが、実際問題すべてが入っていないスキンケアはなかなかありません。 そのため、下記の成分がなるべく少ないものを選ぶことをおすすめします。 アルコール• パラベン• 鉱物油• 着色料• 界面活性剤• ハイドロキノン 敏感肌は絶対に避けるべき「アルコール」・「パラベン」 特に、肌に刺激となりやすいアルコール、パラベンが使用されている成分は必ず避けましょう。 《アルコール》 化粧品でいうアルコールは、エタノールを指します。 殺菌や消毒、収れん効果があるエタノールは、肌の水分を奪いやすい成分で、肌を乾燥させる要因にもなります。 また、敏感肌にとっては刺激となる成分で、肌荒れを悪化させることがあります。 《パラベン》 防腐剤のひとつであるパラベンは、敏感肌にとっては刺激が強い成分です。 その刺激が肌にダメージを与えます。 ときには、アレルギーなどの皮膚障害を起こすことがあります。 その他のできるだけ避けたい成分 これらの成分も本来はなるべく避けたい成分ではありますが、 すべてが入っていない化粧品はなかなかないので、できるだけ避けたい成分としてご紹介しています。 《鉱物油》 鉱物油は別名ミネラルオイルとよばれる成分です。 成分表にはワセリンやパラフィンと記載されていることもあり、多くの化粧品で多量に使用されています。 以前は多くの不純物を多く含むイメージがあり、シミやくすみの原因となるといわれ避けられていました。 近年では技術向上により不純物の心配は薄れてきていますが、できるだけ避けた方が良いでしょう。 《香料》 香料の中には、紫外線が当たると成分が変わり、肌にダメージを与えるものがあります。 化粧品やコスメの成分表示には『香料』のみの表示のため、どの種類の香料が入っているかは判断できないので、安全面を考えると、無香料がおすすめです。 《着色料》 着色料は大きく分けて、有機合成着色料、無機顔料、天然色素の3つがあります。 なかでも注意が必要なのが、色調が豊かなので多くの化粧品に用いられている有機合成着色料「タール色素」です。 タール色素はアトピーやアレルギー、発がん性などの一因と言われているので、スキンケアでは着色料自体を避けた方が無難です。 いい 《界面活性剤》 成分同士を混ぜあわせたり、洗浄力を上げるために、多くの化粧品に使われています。 そして界面活性剤完全フリーという化粧品はあまりありません。 界面活性剤は一般的に肌に良くない!と思われがちですが、すべてが絶対に悪い!というわけではありません。 というのも界面活性剤には数千もの種類があるからです。 その種類の中でも、刺激を与えやすい界面活性剤は分子量が大きく、刺激を与えにくい界面活性剤は分子量が小さいものになります。 なので使用している界面活性剤によっては、刺激にもなりかねないので注意が必要な成分だと言えます。 《ハイドロキノン》 メラニンの発生を抑え、シミになるのを防ぐハイドロキノン。 多くの美白化粧品に使われています。 美白効果が見込まれますが、敏感肌には避けるべき成分です。 敏感肌に強い刺激を与え、炎症を引き起こすことがあります。 1-3. 敏感肌向けのブランドから選ぶ 敏感肌向けのスキンケアは、 肌に刺激・負担をかけやすい成分などが入っていない、フリー処方の記載がしっかりとされているところが多いです。 もちろん、敏感肌向けと書いていないスキンケアブランドでも肌に良い成分のものはたくさんあります。 ですが、敏感肌向けやフリー処方について何も記載がない商品を成分表示などを見て、自分の肌に使えない成分が入っていないかなどを見極めるのは簡単なことではありません。 無添加やフリー処方などの記載があることによって、スキンケアを選びやすくなるので、ひとつの指標にしても良いでしょう。 そこで、おすすめの敏感肌向けのブランドをピックしましたのでご紹介。 おすすめの敏感肌ブランド• dプログラム• キュレル• フリープラス• アベンヌ• アルージェ• ミノンアミノモイスト• ユリアージュ• イプサ• ラロッシュポゼ• 白漢しろ彩• アヤナス など 敏感肌向けブランド フリー処方一覧 画像元データ一部抜粋:2016年敏感肌コスメの分析市場調査 (株)総合企画センター大阪(市場編〜資生堂調査〜) 1-4. ご自身の肌悩みに合わせたスキンケアを選ぶ 敏感肌向けのスキンケアはたくさんありますが、「敏感肌向けであれば良い」わけではありません。 それは敏感肌でも、乾燥が気になる、とにかく肌に優しいものがいい、エイジングケアがしたいなど、スキンケアに求める効果がは人それぞれです。 そこで、敏感肌の方に多いスキンケア選びの基準を4つに分けてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 低刺激性重視• 保湿ケア重視• エイジングケア重視• 美白ケア重視 2. 低刺激性重視のスキンケアブランド5選 敏感肌の方が最も意識されているお肌へのやさしさ。 低刺激安全性を一番に考えて作られているスキンケアブランドをご紹介。 2-1. 【ブランドコンセプト】 臨床皮膚医学に基づいたスキンケア• バリア機能の3因子に着目• 低刺激性の処方を追求• 保湿ケアと積極ケアを展開 【ブランドのターゲット層】 10〜 30代 【おすすめの化粧品】 バリア機能の低下をサポートする高保湿化粧水 価格: 4,000円(税抜) 内容量: 120mL 低刺激処方:医薬部外品・無香料・無着色・アルコールフリー ・パッチテスト済み・アレルギーテスト済み 肌あれや乾燥しがちな肌にうるおいを与える化粧水。 バリアの 3因子をバランスよく配合。 肌のバリア機能をサポートし、刺激や乾燥に負けないすこやかな肌へと導きます。 しっとりとした感触です。 肌荒れを起こしたときは、いつもこちらに頼っています。 肌荒れ時は基本的に皮膚科の薬のみ、となりますが、メイクしないといけない場合や、数日経って少し落ち着いてきたら、普段使っている化粧水をやめて、こちらに切り替えます。 テクスチャーはしっとりというよりはサラっとしたかんじで、肌に刺激なく優しくつけられます。 口コミ引用元:@コスメ 2-2. 【ブランドコンセプト】 繊細肌の、芯は強い• バリア機能に関係する酵素に着目• 角層を湿潤化し肌を整える 【ブランドのターゲット層】 20〜 30代 【おすすめの化粧品】 IPSAの敏感肌向け高機能化粧液 価格: 5,500円(税抜) 内容量: 175mL 低刺激処方: 鉱物油・界面活性剤・アルコール・パラベン・香料・着色料フリー・ノンコメドジェニックテスト・アレルギーテスト済み オドリコソウエキスを配合し、バリア機能促進酵素に働きかけ、強いキメをつくりあげ、肌バリアを高め、アルゲルミナ EXSを配合し、湿潤状態を維持し、肌の生まれ変わりのリズムを保ちます。 イプサの MEを使用して 3年目です。 肌状態が安定している時や、花粉などの季節を除いてはレギュラーを使用しています。 現在産後で肌状態が安定せず顎ニキビや赤みが出てしまったため、センシティブに戻しています。 センシティブに戻して 1ヶ月、赤みは消えてカサつきも治まりました。 口コミ引用元:@コスメ 2-3. 【ブランドコンセプト】 皮膚科学に基づいたスキンケア• 安全性、有用性、必要最低限• 環境ストレスに着目 【ブランドのターゲット層】 20〜 40代 【おすすめの化粧品】 プレ化粧水におすすめ!フランスの湧水の敏感肌用マルチミスト 価格: 2,200円(税抜) 内容量: 150g 低刺激処方:[ 全成分]水、窒素 スキンケアの下地を整えるプレ化粧水、メイクの上からも使用できます。 大人から赤ちゃんまで顔だけでなく全身にも。 きっと、天然成分の水分だからだと思います。 口コミ引用元:@コスメ 2-4. 【ブランドコンセプト】 ユリアージュ温泉水から生まれた化粧品• 10種のミネラルを高濃度に配合• 肌本来の水分保持力を引き出す 【ブランドのターゲット層】 20代後半〜 30代の女性 【おすすめの化粧品】 12種類のミネラル成分を含む100%天然の温泉水 価格: 1,800円(税抜) 内容量: 150mL 低刺激処方: 無着色・無香料・無鉱物油・ノンアルコール・防腐剤無添加・アレルギーテスト済・パッチテスト済 人間の体液と同じ浸透圧のアイソトニックウォーターなので、肌に素早く浸透し、長時間うるおいが持続します。 メイクの仕上げにスプレーすると化粧くずれ防止にもなります。 お肌をすっきりさせながら、お肌の内側をしっかり整えるので、使ってるうちにだんだんお肌のゴワゴワは気にならなくなります。 火照ったお肌を冷やす効果もありますが、きちんとお肌の奥まで浸透するミネラル成分の効果で、メイクもすんなり進みます。 口コミ引用元:@コスメ 2-5. ゆらぎがちな肌をターゲットに設定• 低刺激処方• バリア機能の働きを助け、肌を保護 【ブランドのターゲット層】 20〜 30代前半の女性 【おすすめの化粧品】 6種の和漢植物混合エキス配合の低刺激化粧水 価格: 2,800円(税抜) 内容量: 130m L 低刺激処方: パラベン無添加・無香料・無着色・アルコール(エタノール)無添加・紫外線吸収剤無添加・鉱物油無添加・弱酸性・アレルギーテスト済み・パッチテスト済み ・スティンギングテスト済み 6種の和漢植物混合エキス配合で、うるおいがたっぷり角層に浸透し、肌のキメを美しく整えて守り続ける、保湿化粧水です。 2はしっとりタイプで、肌になめらかになじみ、乾燥しがちな肌をしっとりやわらかに整えてくれます。 ほとんどの化粧水は肌がひりひりしてしまいますが、フリープラスシリーズは肌がひりつかなくてずっと愛用しています。 白のラインと紫のライン、どちらもつかってみましたが、白のラインのほうが肌に合う気がします。 口コミ引用元:@コスメ 3. 保湿ケア重視のスキンケアブランド4選 肌へのやさしい設計でありながら高い保湿力をキープし、潤いを与えてくれるスキンケア。 3-1. 【ブランドコンセプト】 深層ミネラル温泉スキンケア• ミネラルバランス( Ca: Mg= 2: 1)• プレ化粧水としても使えます。 敏感肌をはじめすべての肌タイプの方、赤ちゃんにも。 最初はただの温泉水じゃん!って全然期待してなかったんですが、 使ってみたらびっくり、なにこれ、潤う。 笑 お風呂上りとかにしゅーってやるとすっごいきもちい!毛穴締まるカンジあります。 口コミ引用元:@コスメ 3-2. 【ブランドコンセプト】 アミノ酸で肌のバリア機能をサポート• うるおいを蓄えるベースを整える化粧水。 角質層をやわらげ、うるおいを蓄えるベースを整えます。 キメを整え、ふっくらとしたみずみずしい肌に仕上がります。 冬でもしっとりします。 しっとりを使っていましたが、秋になり保湿が足りないなーと思って購入。 しっかりハンドプレスするとじゅっじゅっと保湿されてる感じがします。 毛穴は閉じる感じしないけど、肌触りがツルツルになると思います。 口コミ引用元:@コスメ 3-3. 【ブランドコンセプト】 天然セラミドで肌を健やかに保つ• 低刺激処方• 天然セラミドをナノ粒子化 【ブランドのターゲット層】 20〜 30代の女性 【おすすめの化粧品】 6つの無添加!敏感肌むけの薬用保湿ローション 価格: 2,500円(税抜) 内容量: 120mL 低刺激処方: 無着色・無香料・無鉱物油・界面活性剤不使用・ノンアルコール・パラベンフリー・アレルギーテスト済・パッチテスト済み。 コメドテスト済み・旧指定成分無添加 3タイプのローションの中でもっともしっとりした振り出し式の薬用保湿ローション。 こっくりとしたテクスチャーなのにすばやく浸透し、肌をうるおいでみたします。 他の化粧水を試しても、いつもアルージェに戻ります。 サッパリ、しっとり、とてもしっとりを全部使ってみましたが、季節問わず肌が乾燥しやすいので、とてもしっとりがいちばん肌に合います。 はじめは、なんだか吸い込まない感じもしますが、しっかり手のひらで押さえ込むとモチモチになります。 口コミ引用元:@コスメ 3-4. 《洗浄》セラミドを守って洗う• 《保湿》セラミドの働きを補助 【ブランドのターゲット層】 20〜 40代の乾燥性敏感肌の女性 【おすすめの化粧品】 プチプラ敏感肌スキンケア「キュレル」の大人気保湿クリーム 価格: 2,300円(税抜) 内容量: 40g 低刺激処方:弱酸性・無香料・無着色・アルコールフリー・アレルギーテスト済み 潤い成分 潤浸保湿セラミド機能成分・ユーカリエキス が肌の角質層にじっくり浸透。 外部刺激を受けにくい、ふっくらと吸いつくようなうるおいのある素肌に導きます。 消炎剤配合。 最高のクリームだと思います。 幼少期から敏感肌で、ずっと使い続けています。 一度、他の商品に浮気をしたら、一気に肌トラブルを起こしました。 保湿力もあり、ベタつき感も少ないです!もう手放せません!一生ついていきます! 口コミ引用元:@コスメ 4. エイジングケア重視のスキンケアブランド3選 肌に優しいだけじゃない!シワ・たるみなど敏感肌のエイジングケアに特化したスキンケア。 4-1. 根拠あるデータをもつ商品• 低刺激処方 【ブランドのターゲット層】 20〜 40代の女性 【おすすめの化粧品】 セラミド高配合!抗シワ試験済みの敏感肌エイジングクリーム 価格:¥ 7,400(税抜) 内容量: 30g 低刺激処方: アルコール・パラベン・香料・着色料・鉱物油不使用 お肌にもともと存在しているセラミドと同じ構造の天然ヒト型セラミドを高配合。 うるおいを与え、乾燥からお肌を守ります。 奇跡の薬草と呼ばれているヒレハリソウエキスが炎症をおさえ、赤みやすいお肌にアプローチ。 クリーム自体はしっかりとした濃い感じのクリームです。 この乾燥した時期朝起きるとそのせいか顔が赤くなっているときが結構ありますが、この赤ら顔もしっかりケアしてくれて朝起きて顔が赤くなっている事は凄く減りました。 その上エイジングケアもしっかりしてくれるので肌にハリが出てきた感じもあります。 高保湿が欲しい年齢なのでこれはピッタリでした。 口コミ引用元:@コスメ 4-2. バリア機能を整え、健やかな肌へ• クリーン製法、バックレス設計 【ブランドのターゲット層】 20〜 30代の女性 【おすすめの化粧品】 ふっくらハリを与えてケアをする薬用保湿クリーム 価格: 4,500円(税抜) 内容量: 25g 低刺激処方: パラベンフリー・アルコールフリー・鉱物油フリー・無香料・無着色・パッチテスト済み 年齢サインが現れやすい肌に、ふっくら弾むハリを与える薬用クリーム。 肌の美肌バリア機能を整えながらしっとりとなじみ、肌あれや乾燥ダメージを防ぎます。 厳選成分配合、クリーン製法。 今まで使ったクリームの中で一番良かったです。 夜塗って、朝は肌ふっくら、毛穴小さくなってる、そして肌テカってない。 柔らかく伸びも良いです。 チューブタイプなので使いやすく場所を取らないのも良いです。 口コミ引用元:@コスメ 4-3. 【ブランドコンセプト】 敏感肌を『美しく』するスキンケア• 高い付加価値の提供(美白、抗老化) 【ブランドのターゲット層】 20〜 30代の女性 【おすすめの化粧品】 肌のバリア機能を高めてハリを実感できるリッチなクリーム 価格: 5,500円(税抜) 内容量: 30g 低刺激処方: 無着色・ノンアルコール・パラベンフリー・アレルギーテスト済 特許技術ヴァイタサイクルヴェール R 採用。 美容成分を閉じ込め、上質な肌に仕上げる極上クリーム。 リッチで、コクのあるクリームが肌の上でとろけて浸透。 肌本来のバリア機能を高め、極上のハリ実感を叶えます。 ジェルのような質感のクリームです。 サラっとした使い心地なのに、肌に伸ばすとこってりしています。 肌の上で、伸びもよく、付けた後サラっとしてるけどしっとり感が持続します。 これを使っているうちは、こまかいシワが消えてくれるので、年齢肌にはとても良い相性のクリームだと思います。 口コミ引用元:@コスメ 5. 美白ケア重視のスキンケアブランド2選 シミ・くすみもケアしたい!美白効果のあるスキンケアラインをご紹介。 5-1. 【ブランドコンセプト】 サエルは、ストレスにより加速するシミ、敏感肌特有のシミのメカニズムに着目したアドバンス ホワイトニングケアシリーズ。 【ブランドのターゲット層】 20〜 30代の女性 【おすすめの化粧品】 敏感肌の美白を考えてつくられた薬用美白ローション 価格: 5,000円(税抜) 内容量: 125m L 低刺激処方:合成香料不使用・無着色・アルコールフリー・アレルギーテスト済み 2018年 3月に新商品として発売したばかりのホワイトニングケア「サエル」。 みずみずしいテクスチャーがうるおいで満たし、くすみのない透明感溢れる肌へ整える薬用美白ローション。 瞬時に満たされる、冴えわたる透明感がでます。 敏感肌に特化したブランドなので、お肌に優しいから安心して使えますぅ 透明感が出てくるような気がしています。 【コンセプト】 シミ・ソバカスも防ぎたい乾燥性敏感肌に透明感あふれる潤い肌に整え、シミ・ソバカスを防ぐ『セラミドケア』+「美白ケア」を提案します。 【ターゲット】 20〜 40代の乾燥性敏感肌の女性 おすすめの化粧品 乾燥性敏感肌向け!医薬部外品の美白美容液 価格: 3,500円(税抜) 内容量: 30g 低刺激処方: 無香料・無着色・アルコールフリー(エチルアルコール無添加)・アレルギーテスト済み・パッチテスト済み 乾燥性敏感肌を考えた低刺激性の医薬部外品の美白美容液。 潤い成分が角層の深部までじっくり浸透。 外部刺激を受けにくい、なめらかで潤いに満ちた肌に整えます。 また、植物由来の美白有効成分が、メラニンの生成を抑えて、シミ・ソバカスを防ぎます。 キュレルの美白化粧水と併せて使い始めて一ヶ月。 シミが薄くなりました! 昔からあるものには効果がないですが、最近できたシミは確実に薄くなってくれます。 欲を言えば、すべてのシミに効いてほしいところですが、コスパを考えたら今の効果だけで満足です。 口コミ引用元:@コスメ 5. 敏感肌はやさしくケアが重要【基本のスキンケア方法】 敏感肌は使用するスキンケア以外にも、正しいスキンケア方法を行えているかが重要になります。 そこで、敏感肌の基本のスキンケアについてご紹介をします。 5-1. クレンジング 肌の皮脂を取り過ぎない ミルク・クリーム・バームタイプがおすすめ。 クレンジング剤にはメイクと水をなじませて落とすために界面活性剤が配合されています。 界面活性剤の量が少ないほど肌への負担は低くなりますが、一概にそれだけの基準でクレンジング剤を選ぶことはできません。 なぜならクレンジング剤は、メイクの濃さにあわせて選ぶ必要があるためです。 メイクを洗い残してしまうと、顔に残った油分が酸化して肌の乾燥や刺激によりシミ、くすみ、たるみの原因になります。 ミルククレンジングは、保湿成分が配合されているため肌への負担が低く敏感肌の人におすすめですが、ナチュラルメイク向けのアイテムです。 濃いめのメイクであれば、ミルククレンジングよりも洗浄力が強く、肌負担が少ないクリームクレンジング、またはバームクレンジングがおすすめです。 クレンジングのポイント• クレンジングはミルク・クリーム・バームタイプ• ポイントメイクはポイントメイクリムーバーで落とす• ソフトタッチで肌に摩擦を与えない 5-2. 洗顔 洗顔後に 肌の潤いが失いにくい、 油分や保湿成分が配合された洗顔料がおすすめです。 油分はワセリンやビーズワックス、保湿成分はセラミドなどがあります。 また、スクラブ入りのタイプは肌への摩擦が強いため敏感肌には不向きです。 人の肌表面の pHに近い、弱酸性タイプやマイルドな洗い心地のものがおすすめです。 洗顔のポイント• 1分以内に終わらせる• 関連記事 5-3. 化粧水 肌のバリア機能が低下している敏感肌は水分が蒸発しやすく乾燥しやすい肌状態。 水分補給をしながら、 保湿成分を補いバリア機能を高めてあげるスキンケアが大切です。 化粧水をつける際は、コットンではなく、手でつけることをおすすめします。 コットンが絶対にダメ!ということではありませんが、敏感肌はキメが乱れていることもあったり、肌が過敏になっている方が多いので、少しでも摩擦や刺激の要因になることは避けるようにしましょう。 化粧水のポイント• ハンドプレスで浸透させる• 化粧水だけ終わらせず、乳液やクリームを必ず使用する 5-4. 乳液・クリーム 化粧水だけでは水分がドンドン蒸発していってしまいます。 水分を蓄えたお肌を保ち、バリア機能を高めるためには、油性成分が配合された乳液やクリームは必須。 あっさりとしたオールインワンジェルよりも、油分が多い乳液やクリームを選ぶと、水分の蒸散を防ぐ効果がより期待できます。 べたつくのが苦手な方は、夜だけでも乳液やクリームを取り入れて。 乳液・クリームのポイント• しっかりと浸透させる• 肌を引っ張らないくらい優しい力でなじませる 下記のページでは、敏感肌のスキンケア方法について、もっと詳しい内容をご紹介しているのでぜひご覧くださいね!.

次の

敏感肌対策!基礎化粧品5選とすこやか肌を目指すスキンケア方法

敏感肌 スキンケア 比較

超敏感肌におすすめなスキンケアの選び方3つ 超敏感肌タイプの人は一般的な肌よりも刺激をうけやすいため、スキンケア用品を慎重に選ぶ必要があります。 超敏感肌向けの選び方を3つのポイントにわけて説明するので、商品選びのときに注目してみてください。 超敏感肌ってどんなの?肌トラブルをチェック 一口に超敏感肌といっても人によって度合いがさまざまで、肌トラブルの種類もことなります。 敏感肌は一般的な肌よりも化粧品や紫外線などの外的刺激を感じやすく、痛み・赤み・かゆみなどの肌トラブルがあらわれるのが特徴です。 敏感肌がさらにひどくなると超敏感肌になり、すこしの外的刺激でもつよく感じ、刺激をうけてすぐに肌荒れや赤みをおこします。 衣服や髪の毛が肌にあたっただけでも痛みを感じることもすくなくありません。 敏感肌や超敏感肌は皮膚をまもる機能が低下することによって、引きおこされるといわれています。 肌をまもるために必要な皮脂や水分がすくなくなり敏感肌になるため、乾燥肌の人が敏感肌になりやすいのも特徴的。 たまに、オイリー肌でも刺激を感じるという人がいますが、その場合は純粋な脂性肌ではなくインナードライとよばれる脂性乾燥肌の可能性が高いです。 刺激になる成分は?自分の肌との相性をチェック 刺激になる成分は人によってそれぞれちがうため、ここでは一般的に刺激になりやすいといわれているものを例として紹介していきます。 超敏感肌がさけたい成分は以下のとおりです。 アルコール• 合成香料• 合成着色料• 防腐剤• 石油系界面活性剤 これらがすべてではないですが、敏感肌が刺激を感じやすい成分なので使用しないにこしたことはありません。 これらの成分は生活用品のなかにあたりまえのようにつかわれているため、よく目にする成分ばかりですね。 さきほどもいいましたが、全員が全員刺激を感じるとはかぎらないため、商品を使用するまえに自分の肌にあうかパッチテストをおこなうことをおすすめします。 また、配合されている成分や添加物の種類が多いほど、肌トラブルをおこす可能性が高くなるので、できるだけ配合成分がすくないものを選ぶという選択肢もおすすめです。 超敏感肌にはうるおいが決め手!保湿成分がはいっているかをチェック 肌をまもるバリア機能は、肌がうるおっている状態でこそ力を発揮するため、肌の乾燥を放置したままではバリア機能が向上せず外的刺激を感じやすいままです。 乾燥と敏感肌にはとても深い関係があるので、敏感肌を改善させるためには肌の保湿が欠かせません。 以下の保湿成分が配合されているスキンケア用品を積極的に選びましょう。 セラミド• アミノ酸• コラーゲン• ヒアルロン酸 超敏感肌におすすめのスキンケアメーカー・ブランド 超敏感肌向けの商品はさまざま販売されていますが、なかでもとくにおすすめのメーカー・ブランドは以下の3つです。 どのメーカー・ブランドも、肌にやさしい低刺激タイプのスキンケアラインを展開しています。 Arouge(アルージェ) Arougeは製薬会社で研究開発されたスキンケア用品をメインにあつかうブランドです。 主に皮膚病薬の研究に力をいれているため、肌荒れや赤みなどの肌トラブルでなやむ人に向いています。 DECENCIA(ディセンシア) ポーラオルビスグループが展開しているDECENCIAは、敏感肌のスキンケアを専門にあつかうブランドです。 独自の特許技術である「ヴァイタサイクルヴェール」というバリア膜で、外的刺激から肌をまもってくれます。 ACSEINE(アクセーヌ) ACSEINEは皮膚生理学にもとづいて開発された敏感肌向けスキンケアをあつかうブランド。 大人ニキビや成人型アトピーなど、成人してからの頑固な肌トラブルについて研究開発をおこなっているのが特徴です。 この商品の比較ポイント 超敏感肌向けのスキンケアを選ぶうえでいちばん大切なことは、刺激を感じない低刺激成分のものを選ぶことですが、そのほかには内容量にも注目しましょう。 スキンケア用品のほとんどに使用期限の表示がされていないため、ひとつの商品をできるだけ長持ちさせようとする人もいます。 しかし、成分によっては開封後に劣化が進行してしまうものもあるので、ふるくなったスキンケア用品を使用するのはおすすめできません。 大体2ヶ月から3ヶ月でつかいきれる容量のものを選びましょう。 内容量 今、編集部がおすすめする超敏感肌向けスキンケアはコレ! 昨今、敏感肌になやむ人がふえているため、販売店に多くの超敏感肌向け商品がならんでいます。 数ある商品のなかでも、今いちばんおすすめするスキンケア用品は、製薬会社ならではの商品を展開しているArougeのトラブルリペアリキッドです。 Arouge(アルージェ)「トラブルリペアリキッド」 3,034円 税込• 内容量:35ml 大人ニキビや肌荒れでなやむ人に Arougeのトラブルリペアリキッドは、肌荒れをおさえる有用成分であるグリチルリチン酸2Kなどが配合されているため、すでに肌荒れがおきている肌にむいているスキンケア用品。 米ヌカエキスや植物性スクワランなど植物成分が4種類配合されていて、荒れている部分を集中ケアしてくれます。 また、保湿成分であるビオセラミドなどもふくまれているため、保湿効果も同時に期待できるのがうれしいポイントです。 これ1本で保湿液と美容液の2つの役割をはたしてくれます。 アルコールや鉱物油など、超敏感肌がさけたい成分は配合されていません。 弱酸性タイプで敏感肌の人によるパッチテストや、アレルギーテストなども済んでいる商品なので、超敏感肌の人でも手にとりやすい商品ですね。 肌の赤みはもちろん、ニキビ・吹き出物・ザラつき・かゆみなどの、肌トラブルでなやんでいる人におすすめです。 肌をいたわりながら皮脂とメイクをオフ!超敏感肌におすすめの洗顔・クレンジング5選 洗顔やクレンジングは使用する商品や方法で、悲鳴があがるほど肌にダメージをあたえます。 肌に化粧品がのこっていると、毛穴詰まりなどを引きおこしやすくしてしまうため、洗浄力の高いものでしっかりオフする人がすくなくありません。 しかし、超敏感肌にとっては洗浄力の高い商品は刺激がつよすぎるため、ピリピリと痛みを感じてしまうこともあります。 刺激をさけるために、超敏感肌むきの洗顔・クレンジングを選ぶようにしましょう。 LA ROCHE POSAY(ラロッシュポゼ)「ミセラークレンジングウォーター」• 内容量:200ml 天然湧水を使用したクレンジング LA ROCHE POSAYのミセラークレンジングウォーターは、「ミセラーテクノロジー」とよばれるフランス発祥のテクノロジーが採用されているのが特徴的。 外側は水によくなじみ、内側はよごれを吸着する構造になっていて、よごれを落とした場所から保湿成分でしっかりケアしてくれます。 超敏感肌向けに弱酸性で、アルコールフリー・パラベンフリー・オイルフリーの設計になっています。 さらさらとしたテクスチャーのウォータータイプのクレンジングなので、こすらずかんたんにメイクオフできるのがうれしいポイント。 また、ふきとるだけでOKなので水で洗いながす必要がないのも魅力です。 寝室でもサッとメイクオフできるため、クレンジングが面倒に感じる人や、オフをわすれて寝てしまう人などにおすすめです。 dプログラム「ディープクレンジングオイル」 2,750円 税込• 内容量:120ml 肌に負担をかけないオイルクレンジング dプログラムのディープクレンジングオイルは、オイルタイプのクレンジングなので、化粧が濃いしっかりメイクの人におすすめ。 毛穴にはいりこんだ化粧も、オイルで浮きあがらせてきれいにおとします。 超敏感肌向けにアルコールフリー・鉱物油フリーの低刺激設計になっているため、肌にかける負担を最小限におさえられているのが特徴です。 まつ毛エクステに使用されるシアノアクリレート系のグルーに対応しているのもうれしいポイントですね。 しっかりメイクをしているけれど、敏感肌で刺激のつよいクレンジングはつかえないという人におすすめです。 内容量:100g 刺激になる脂肪酸をカット! ACSEINEのフェイシャルソープADは、オレイン酸やラウリン酸などの刺激成分をカットされた肌にやさしい石けん洗顔です。 成分の種類がすくなくシンプルな構造になっています。 肌に石けんが残りにくいため、洗いあがりがさっぱりしているのにも関わらず、洗顔後につっぱる感じがしないのも特徴です。 肌に必要なうるおいはしっかりキープし、毛穴のよごれなどをおとします。 無香料無着色タイプで、超乾燥肌の人も使用しやすいアルコールやパラベンは使用されていない低刺激石けんです。 hifmid(ヒフミド)「ソープa(洗顔石鹸)」 4,290円 税込• 内容量:150g 肌になじませるだけでOK! b. glenのクレイウォッシュのメイン成分は天然クレイ成分であるモンモリロナイト。 この成分はよごれを吸着しておとす特徴をもっているため、一般的な洗顔とちがって泡立てる必要がありません。 マッサージするように肌になじませるだけでいいので、肌への負担がとてもすくないのが超敏感肌におすすめの理由。 なめらかなテクスチャーで摩擦がおこりにくくなっています。 さらに、モンモリロナイトはよごれを吸着するだけでなく、被膜作用とよばれる効果で肌のうるおい成分を外ににげないよう、蓋をする効果が期待できるのもポイントです。 吸着するものと肌にのこすものを見極めて洗いあげるため、洗顔後は肌がつっぱることなくほどよくしっとりしているのが特徴的。 洗顔後にカサカサしてしまう人におすすめです。 洗顔後は乾燥しないようすぐ保湿!超敏感肌におすすめの化粧水・保湿クリーム5選 超敏感肌にとって乾燥は敵です。 洗顔後はとくに乾燥しやすい時間なので、水気をふきとったあとはすぐに化粧水と保湿クリームでうるおいをあたえてあげましょう。 ここからは、超敏感肌でもつかいやすい化粧水や保湿栗クリームを5つ紹介します。 DECENSIA(ディセンシア)「つつむローションセラムE」• 内容量:120ml 肌本来の保水機能をアップ! DECENSIAのつつむローションセラムEは、肌にうるおいをあたえるだけでなく、水分が外ににげないようふせいでくれる保水機能をアップしてくれる特徴をもつ化粧水です。 ヒト型セラミドや5種類のアミノ酸で肌を保湿し、エモリエントプール成分でうるおわせた水分が蒸散しないように肌の水分をまもります。 よくのびる濃厚なテクスチャーで、肌がぷるっとうるおうのが特徴的。 なじませていくと肌が吸いつくようにもっちりとしてきますよ。 ローションセラムEをふくめたつつむシリーズは外的刺激からまもり、肌のうるおいをととのえる敏感肌向きのラインなので、乾燥が気になる超敏感肌におすすめです。 ACSEINE(アクセーヌ)「ADコントロールローション」 3,543円 税込• 内容量:120ml カサカサ肌にたっぷり補給 ACESINEのADコントロールローションは、水分がすくなくカサついた肌にたっぷり補給してくれるローションタイプの化粧水です。 シンプルな成分構成ですが、保湿効果が高く角質層のすみずみまで、しっかり保湿してくれます。 界面活性剤やパラベンを使用せず低刺激タイプに設計されているため、ピリピリとした刺激を感じやすい人でもつかいやすい化粧水です。 ローションではありますが、水のようにさらさらとしたテクスチャーなので、肌にぬったときにベタベタしないのもうれしいポイント。 赤みがおきたりピリピリと痛みを感じる人にもおすすめです。 無印良品「化粧水敏感肌用高保湿タイプ」 690円 税込• 内容量:200ml 低刺激設計で肌トラブル回避 無印良品のスキンケアは、肌質ごとにこまかくシリーズわけされているので、自分の肌にあわせて購入しやすいと評判。 敏感肌向けシリーズの化粧水でも「美白タイプ」「高保湿タイプ」「さっぱりタイプ」「しっとりタイプ」など、目的別に展開されているのが大きな魅力です。 超敏感肌はひどい乾燥をおこしている場合が多いため、高保湿タイプがおすすめ。 岩手県釜石の天然水をベースに、ヒアルロン酸・リピジュアR・スベリヒユエキスなどの保湿成分や肌保護成分がたっぷり配合されています。 弱酸性で無鉱物油の化粧水は、乾燥やストレスによってトラブルをおこした敏感な肌をやさしくケアしてくれます。 目的にあわせて化粧水を選びたい人におすすめです。 セラミド3や天然保湿因子のアミノ酸など、バランスよく配合したサポート成分でバリア機能が低下して敏感になっている肌をサポート。 こくのある濃厚テクスチャーのクリームなので、化粧水でうるおいを与えたあとに、このクリームで蓋をしてあげることによって、水分を外ににがしません。 また、クリームで蓋をすると外的刺激からもまもってくれるため、超敏感肌におすすめです。 FANCL(ファンケル)「乾燥敏感肌ケアクリーム」• 内容量:18g スキンバリア成分配合! FANCLの乾燥敏感肌ケアクリームは、独自成分であるスキンバリア成分が配合されています。 スキンバリア成分は肌の表面をやさしくつつみ、外的刺激や乾燥から肌をまもる役割をはたしてくれます。 乾燥によってひきおこされるかゆみや痛みをおさえられるようにアプローチ。 さらに、トリプルガード成分で紫外線などの刺激もブロックしてくれるのもうれしいポイントです。 肌をまもる機能を高めるだけでなく、保湿機能も高いクリームなので保湿面をカバーしたい人にもおすすめ。 セラミド2のはたらきを促進させるアセチルヒドロキシプロリンも配合されていますよ。 毎日の紫外線から肌を守ろう!超敏感肌におすすめの化粧下地・日焼け止め4選 化粧下地は化粧のりをよくしたり化粧くずれをふせいでくれるだけでなく、乾燥や紫外線といった外的刺激から肌をまもる役割もあります。 化粧下地や日焼け止めを使用して外的刺激をふせぎましょう。 直接肌にぬるものなので超敏感肌の人には、できるだけ摩擦をさけてぬれるテクスチャーで、低刺激タイプの化粧下地や日焼け止めがおすすめです。 DECENCIA(ディセンシア)「アヤナスAS BBクリーム」 情報が取得できなかったよ・・・• 内容量:25g ひとつで7役の万能クリーム DECENCIAのアヤナスASBBクリームの最大の魅力は、これひとつで7つの役割をはたしてくれる部分にあります。 化粧下地・UVカット・毛穴補整・保湿・外的刺激カット・エイジングケア・薄付きなどの役割をもっています。 一般的なBBクリームよりも機能が多いため、朝のメイクに時間をかけたくない人にぴったりです。 ミクロサイズのスムースクリアビーズが肌の凹凸にはいりこみ、たるみ毛穴やくすみを目立たなく補正して明るい肌へとみちびいてくれます。 年齢をかさねるごとにおこる肌トラブルに悩んでいる人にもおすすめですよ。 保湿成分や美容成分がたっぷり配合されていて、しっとりとしたテクスチャーなので肌への負担がすくないのも超敏感肌におすすめの理由のひとつです。 NOV(ノブ)「ベースコントロールスムースUV」 2,980円 税込• 内容量:30g 肌に負担をかけずシワや毛穴をカバー NOVは臨床皮膚医学にもとづいてつくられたスキンケアを展開しています。 ベースコントロールスムースUVは超敏感肌はもちろん、にきび肌やエイジング肌のトラブルもカバーしてくれる化粧下地。 日本人の肌になじみやすいピンクベージュカラーで、のびのよいテクスチャーなので肌なじみがとてもいいです。 色がついている化粧下地ですが、スッとのびて厚化粧になりにくいのがうれしいポイント。 自然でなめらかな肌にしてくれますよ。 また、グロッシーパウダーとソフトフォーカスパウダーの2種類のパウダーがふくまれていて、肌の凹凸をカバーしてつやのある肌へとみちびきます。 スクワランやヒアルロン酸Naなどの保湿成分も配合されているため、乾燥によって引きおこされた敏感肌におすすめ。 紫外線吸収剤などは使用せず、超敏感肌でもつかいやすい低刺激性タイプです。 ETVOS(エトヴォス)「ミネラルUVグロウベース」• 内容量:30g しっとりとうるおいある肌へ ETVOSのミネラルUVグロウベースは、どんな肌色にもなじむ透明感のある化粧下地なので、顔が白くなったり化粧が浮いてみえないのが特徴です。 ほどよく肌にツヤをあたえて、ナチュラルなしあがりにしてくれます。 セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が9種類も配合されていて、スキンケア機能もあるのがうれしいポイント。 化粧のりをよくするだけでなく、化粧をしているあいだの保湿ケアも同時にしてくれます。 また、鉱物油や石油系界面活性剤不使用なうえに、シリコン・タール系色素・香料・紫外線吸収剤などの成分もつかわれていません。 そのため、クレンジングを使用せずに石けんとぬるま湯でかんたんにオフすることが可能です。 機能性が高く保湿力もあるため、乾燥によって痛みを引きおこしているタイプの超乾燥肌の人におすすめの化粧下地です。 anna tumoru(アンナトゥモール)「ナチュラルUVベースクリーム」 3,080円 税込• 内容量:40g 自然由来の美肌成分たっぷり 自然由来の成分をメインにした無添加化粧品を選びたいという人には、アンナトゥーモールのナチュラルUVベースクリームがおすすめです。 自然由来の美肌成分や、肌荒れからまもってくれる植物エキスなどがたっぷり配合されています。 しっとりとしたテクスチャーでのびがよく、日本人の肌色になじみやすいカラーをしているため、白浮きする心配がありません。 また、クレンジング剤を使用せずに石けんのみでかんたんにオフできる化粧下地なので、刺激を感じやすい超敏感肌に向いています。 頭皮を刺激せずにやさしくヘアケア!超敏感肌におすすめのシャンプー2選 ここまで顔に関しての超敏感肌向けスキンケア用品を紹介してきましたが、ここからは刺激を感じやすい頭皮におすすめのシャンプーを紹介していきます。 頭皮は顔のように目に見える肌トラブルはすくないですが、洗っている最中に痛みを感じたり髪の毛を乾かしたあとに、フケがでるようであれば超敏感肌や乾燥肌の可能性があるので、敏感肌向けのシャンプーで対策をしましょう。 NOV(ノブ)「ヘアシャンプーD」• 内容量:250ml 敏感な頭皮のためのシャンプー NOVのヘアシャンプーDは髪の毛だけでなく、頭皮のこともかんがえられて開発された低刺激タイプのシャンプーです。 ほどよい洗浄力で頭皮に必要なものまでをすべて洗いながさないように調節されています。 皮脂やうるおいをとりすぎないので、洗いあがりにかゆみを感じたりフケがでる可能性が低くなります。 そして、傷んだ髪の毛を保護する成分も配合されているため、しっとりとまとまりのあるしあがりになるのがうれしいポイント。 無香料無着色でシリコンが使用されていないシンプルな設計のシャンプーです。 人によっては髪の毛にきしみを感じることがあるので、乾燥させた後にトリートメントなどで指どおりをよくするのもおすすめですよ。 臨床皮膚医学にもとづいて開発されているシャンプーなので、超敏感肌な人でもつかいやすい商品です。 dプログラム「ヘア&スカルプシャンプーAD」 1,499円 税込• 内容量:200ml 頭皮と髪の毛にうるおいを dプログラムのヘア&スカルプシャンプーADは、敏感になった頭皮にできるだけ刺激をあたえないように低刺激設計でつくられたスカルプシャンプーです。 つよすぎない洗浄力で必要最低限の皮脂をのこし、頭皮バランスをととのえてくれます。 ノンシリコンタイプのシャンプーですが保水成分がたっぷり配合されているため、トリートメントを塗布するまえでも指どおりがいいのが特徴的。 髪の毛がきしみにくいのでパーマやカラーで傷んでいる人にもおすすめです。 スカルプシャンプーは、髪の毛よりも頭皮ケアに特化しているシャンプーなので、頭皮状態を改善したい人に向いています。 刺激によわい肌をスッキリ洗いあげる!超敏感肌におすすめのボディソープ2選 ボディソープも化粧品やシャンプーと同様に、刺激のすくないものを選びましょう。 また、乾燥しないように保湿成分が配合されている商品を使用するとなおよしです。 ここからは、超敏感肌におすすめのボディソープを2つ紹介します。 FANCL(ファンケル)「乾燥敏感肌ケアボディシャンプー」• 内容量:150ml しっとり泡でやさしく洗う FANCLの乾燥敏感肌ケアボディシャンプーはしっとりとした泡立ちなので、摩擦などの刺激をあたえずにやさしく洗うことができます。 たっぷりの泡で体のよごれを落としていきますが、肌に必要なうるおいはのこします。 さらに、セラミドやマルチトールなどの保湿成分も配合されているため、乾燥している肌にうるおいをあたえてくれるシャンプーです。 そして、独自開発されたスキンバリア成分が配合されているのが大きな特徴。 この成分が肌を保護するバリア機能が低下している部分にアプローチし、できるだけ外的刺激を肌にあたえないようにしてくれます。 防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤などが使用されていないため、痛みを感じやすい超敏感肌におすすめです。 Curel(キュレル)「泡ボディウォッシュ」 1,320円 税込• 内容量:480ml 泡タイプだから洗いやすい! Curelの泡ボディウォッシュは消炎有用成分が配合されているので、肌荒れをふせぎながら肌のよごれをおとすボディソープです。 肌に必要なセラミドなどをまもりながら、不必要なものだけを洗い流します。 このボディソープはポンプをプッシュすると泡状で出てくるので、タオルなどで泡立てる必要がありません。 もっちりと濃厚な泡が体をつつみこみ、摩擦をおさえて洗いあげるため、手でやさしく洗えるのがうれしいポイントです。 また、肌への負担を最小限におさえたマイルドな洗浄力。 弱酸性で肌がとても敏感な赤ちゃんにも使用できる商品なので、超敏感肌の大人にもおすすめです。 超敏感肌におすすめのスキンケアを購入時の気になる疑問・質問 さいごに、超敏感肌向けのスキンケアを購入するときに気になる疑問や質問にこたえていきます。 Q1:なんで敏感肌になるの?原因は? 一般的に敏感肌の原因といわれているものは以下のとおりです。 まちがったスキンケア• ホルモンバランスのくずれ• 生活習慣• ストレス 原因は人によってことなるため、自分の肌や私生活を見直して原因はなにかをみつけましょう。 とくに、まちがったスキンケアで敏感肌になる人がすくなくないため、スキンケア方法の見直しもおすすめです。 たとえば、クレンジングのときに肌をゴシゴシしたり朝晩洗顔料をつかった洗顔をするほか、毎日過度なパックは肌を乾燥させてしまうので敏感肌にはよくありません。 Q2:敏感肌だとなぜ化粧品で肌トラブルがおこるの? バリア機能が低下しているので、外的刺激を感じやすいからです。 敏感肌は肌を保護するためのバリア機能が低下することによっておこります。 バリア機能が低下すると、普通肌ではふせげる刺激や雑菌・アレルゲンの侵入をゆるしてしまいます。 本来化粧品にふくまれる物質は、バリア機能があるからこそ肌とのバランスをたもっていますが、その機能がうまくはたらかないと化粧品の物質を異物として感知します。 すると、肌がその物質に対してアレルギー反応をおこし、赤みや痛みなどを引きおこしてしまうのです。 Q3:敏感肌を改善する効果的な化粧水パックのやり方は? 効果的な化粧水パックの方法は以下のとおりです。 洗顔で肌のよごれを落とし、かるく化粧水をつけておく• コットンに化粧水をたっぷりしみこませ、均等な厚さにわける• わけたコットンを顔にはる• 3分~5分ほど化粧水パックをしたらコットンをはがす 化粧水パックは、浸透力を高めて肌のおくまで保湿成分や美容成分をとどけることが期待できる方法です。 乾燥は肌のバリア機能を低下させる要因のひとつなので、敏感肌からぬけ出したいときは肌をたっぷりうるおわせましょう。 化粧水パックをするときは長くて5分までにしてください。 長い時間放置すると水分が蒸発してしまい、肌のうるおいまでも失ってしまうリスクが高くなります。 注意する点は、アルコール系の成分がふくまれている化粧水は使用しないことです。 アルコール系の成分は揮発性があるため、化粧水パックにはむいていません。 できれば、セラミドやヒアルロン酸など保湿力の高い物をつかいましょう。 まとめ 超敏感肌向けのおすすめスキンケア用品と、選び方のポイントを紹介してきましたが、目当ての商品はみつかりましたか? 超敏感肌は生活習慣やスキンケアの仕方によって、誰にでもおこりうる肌トラブルです。 肌の角質層がみだれて肌バリアが低下すると、いままで使用できていたものでも痛みを感じます。 肌荒れや痛みなどの敏感肌のサインがあらわれたら、無理せず敏感肌向けのスキンケアラインに乗りかえましょう。 無理に別肌質向けの商品を使用しつづけると、敏感肌が悪化して手がつけられなくなってしまうこともあります。 超敏感肌と感じたらこの記事で紹介したスキンケア商品を参考につかってみてくださいね。 うるおいをあたえる保湿成分が多く配合されていることと、刺激成分が少ないものを選ぶことがポイントです!.

次の