春 種まき 花。 種から育てる初心者の花苗づくり

春の花図鑑|3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

春 種まき 花

種まきの季節 春まき 春の4月から5月頃にまかれ夏から秋に花を咲かせるものが多いです。 草花ではヒマワリや朝顔などがこの季節にまかれます。 夏の暑さには強いのですが、冬の寒さで枯れる一年草が多いです。 夏の暑さが来る前の6月までに植えつけた方が、水やりの管理がしやすく根もつきやすいです。 秋まき 秋の9月から10月頃にまかれ春に花を咲かせるものが多いです。 草花ではキンギョソウやスイートピーなどがこの季節にまかれます。 ヨーロッパなどの涼しい地域に生息しているものが多く、夏の暑さで枯れる一年草が多いです。 寒さには強いので暖地では秋まきされますが、雪が降り積もるような寒地では春にまかれる事が多いです。 種袋を見ると暖地、温暖地、寒地と時期が分けて書かれているので、自分の住んでいる地域に合った時期に種がまかれます。 植え付けは本格的な寒さが来る11月まで終わらせるのが理想的なので、それまでに苗を大きするのがポイントになります。 夏まき ストックやハボタンなど暑い時期に種がまかれるものもあります。 秋にも行えますが観賞できる時期が遅くなってしまうので、夏にまいて冬に観賞できるように育てられます。 暑い時期に種まきするので、涼しい日陰で行ったり日の当たる所では遮光ネットで日よけして行われます。 水の管理など手間がかかるので、種まきに慣れてから行うと失敗が少ないと思います。 用意するもの 種をまく容器 育苗箱 土を容器に入れて種をまく場合に必要です。 市販されている育苗箱でもよいし、土が入れられて底から水が抜ければ何でもよいです。 うちは以前、発泡スチロールの底に穴を開けて利用していました。 種まきの土 雑菌がなく肥料分の少ないものがよいので、市販されている種まき用の土を使うのがよいです。 もし細かい種でなければ赤玉土(小粒)6、ピートモス4ぐらいの土を使ってもよいです。 発芽したばかりのものは病気に弱く、古土には病気が潜んでいる事があるので使わないようにします。 ポリポット 左9cm、右7.5cm 花屋さんへ行くとポット苗が売られています。 種まきから同じものを作るのに必要です。 花屋さんで多く見かけるポットの大きさは9cmですが、自分は土の節約のため7.5cmポットを標準に、大きい種をまく場合は9cmを使用しています。 ポットが小さいほど根詰まりが早いので、植え付けも早めに行わないといけないです。 種まきの予備知識 覆土について 覆土する前の種をばらまいた状態 植物によって覆土をしなくてはいけない嫌光性種子(暗発芽種子)と、してはいけない好光性種子 明発芽種子 があります。 どちらでも発芽するのも多くありますが、種袋に土を被せるかどうか書かれているので、その通りに行わなないと失敗してしまう事があります。 発芽適温について 種袋に発芽に理想的な温度が書かれています。 これは土の中の温度なので実際の気温より低い温度になります。 15度から20度と書かれたものはやや低めで気温が高いと発芽し難い事が分かり、20度から25度と書かれたものは気温が低いと発芽し難い事が分かります。 発芽日数 植物によって発芽するまでの日数に違いがあります。 普通は1週間から2週間すると発芽するものが多いですが、中には数日で発芽するものや1カ月以上必要とするものがあります。 発芽するまでは土を乾かさない事が大切です。 細かい種 平鉢の腰水 種の大きさが1ミリにも満たない細かいものがあります。 まき難くジョウロで水を与えると種が流れるので、大きいものと比べるとやり難いです。 細かい種は平鉢にまいて、受け皿に水を溜める腰水という方法で行う事が多いです。 発芽するまでは乾燥しないよう新聞紙をかけ、発芽したら外します。 種まきし材として売られているピートバンを利用するとまきやすくなります。 大きい種 一晩水に 指で摘まめる大きさがあるとまきやすく、ジョウロで水を与えても流れないので容易に行えます。 種が固いものは、そのまままくと発芽し難いものがあるので、一晩水に浸けたり表面をやすりで少し削ってまいた方がよいものもあります。 混合の種 複数の花色が混じった種が売られています。 色によって発芽する早さが異なるものがあるので、早く発芽したものだけを残すと、同じ色ばかり咲く事があります。 発芽の早いものも遅いものも苗を作った方がよいです。 砂質を好む植物 砂質土壌を好み湿り過ぎると発芽し難くなるものもあります。 土に細かな川砂を2割ぐらい混ぜると発芽率がよくなる事があります。 種のまき方 種が重ならないようにまくのがポイントです。 種が重なると同じ所から芽が出るので、後で間引がやり難かったり、お互いの芽が日を浴びようと競争してヒョロギョロトと高く育ったりします。 ばらまき 種が細かいものから小さいものをまく時に行われ、花の苗を作る時に行われる最もポピュラーな方法です。 指で種をつまんで重ならないようばらまいたり、古いハガキなどを二つ折りにして種を乗せ、反対側の手で手首を軽く叩いてまいたり、使い終わった調味料の空き瓶に種と砂を混ぜて入れ、振り掛けてまかれたりします。 種をまく前に水を与えておくと、種が流れるリスクを減らす事が出来ます。 点まき 大き目の種をまく時に行われます。 指先で2、3カ所の穴を作りそこに一粒ずつまいたり、直径3cmぐらいの穴を作ってそこに2〜5粒ぐらいまき、双葉になって葉が触れ合うようになったら、元気なのを1本だけ残すように間引きします。 花壇に直接まかれたり、ポットを利用して行われたりします。 花壇で行う場合は、種袋に書かれた間隔を開けてまきます。 すじまき 小から中ぐらいの種をまく時に行われます。 支柱などを使って筋状の溝を掘りそこに種が重ならないようにまきます。 種まきの種類 箱まき(育苗箱)、平鉢(浅い鉢) 草花の種まきでよく行われる方法で「ばらまき」される事が多いです。 中くらいの大きさの種は育苗箱に、細かいものは浅い平鉢にまかれ、鉢底から給水させる事が多いです。 本葉が2,3枚になったらポットに仮植えして苗を作ります。 庭でも同じように行えますが、強い雨で種が流れたり、虫に葉が食べられる事があるので、容器を軒下などに置いて目の届く所で管理できます。 秋は特に虫が多いので防虫ネットをしておくと安心です。 育苗箱を使った箱まき 平鉢 直まき 庭や鉢に直接まいて育てます。 種が大きく芽が出やすいものを対象に行われる事が多いです。 庭では2週間前に苦土石灰、必要なら腐葉土や完熟堆肥などを混ぜて耕しておきます。 鉢植えでは定植用の花の培養土などを利用して種をまきます。 ポットまき 大粒の種や箱まきで移植の時に根を壊されるのを嫌う草花に向いています。 直まきでもよいのですが、強い雨で流れたり虫による被害が出る事があるので、ポットのまま軒下などの目が届く所で管理できます。 ポットの大きさは9cmを基準に、小さ目なら7.5cmぐらいを目安にするとよいです。 「点まき」で2、3粒ぐらいまいて、元気なのを残すように間引きします。 その他の種まき方法 セルトレイ 小さな容器が並んで沢山の苗を作る事ができます。 小粒から中粒の種をまくのに向いていて、本葉が数枚出たらポットに仮植えしたり定植します。 用土は種まき用の土がよく、粒が大きい赤玉土などが多いと、取りだした時に根鉢が壊れやすいです。 ピートバン、ジフィーセブン ジフィーセブン ピートモスが圧縮された物で作られ、水に浸けると膨らみます。 底の受け皿から水を吸わせ保水性が高いので水切れし難いです。 ピートバンは沢山の種がまかれる大きさで、細かい種をまくのに向いています。 覆土が必要なものは角を3cmぐらい折ってその部分が使われます。 ジフィーセブンは一鉢用で、穴に種を入れて周りのピートを崩して覆土します。 ジフィーポット、ジフィーストリップ ポットやセルトレイの形をして素材は圧縮ピートで出来ています。 根が張ったらそのまま土に植える事が出来、根がデリケートな移植を嫌う草花に向いています。 ジフィーポット 切って使うジフィーストリップ 新聞紙を使う種まき 比較的大きな種を、濡らした新聞紙に挟んで明るい日陰に置くと、しばらくすると発芽するものがあります。 芽が出て葉が出てきたら元気なのだけ選んでポットなどに仮植えします。 この方法はテレビでメロンの種まきが紹介されているのを見て知りました。 キュウリでもよく発芽するので、ウリ科の植物は大体大丈夫だと思います。 この方法は元気な芽だけを選べるのがメリットです。 小さい種は扱い難いので、大きな種の方が向いています。 管理は新聞紙が乾かないよう毎日霧吹きなどで湿らせるようにします。 もし種が余ったら試しにやってみるのも面白いと思います。 種を濡らした新聞で挟みます 発芽する種があります 種まき後の管理 水やり 発芽するまでは乾燥させないようにする事が一番大事です。 小さな種はジョウロで上から水を与えると、流れ出てしまう事があるので、平鉢にまいて受け皿から水を与える腰水灌水するのがよいです。 発芽後は日に当てて、多少乾かした方が根が水を求めて伸びやすいですが、あまり乾かし過ぎないように注意してください。 置き場所 遮光ネット できるだけ明るい日陰に置いて発芽させます。 日陰のない場合は新聞紙や遮光ネットを覆って利用するとよく、土の乾燥を防ぐ効果もあります。 発芽したらヒョロヒョロと貧弱にならないよう、日光に当てますが、急に長く日に当てると弱ってしまう事があるので、遮光ネットを利用したり少しずつ慣らして行きます。 間引き 双葉が隣の葉と触れるようになったら、元気なのを残すように間引きをします。 放置するとお互いの芽が競争して、ヒョロヒョロと茎が長くなって徒長してしまいます。 方法は指やピンセットを使って地面を軽く抑えて引き抜いたり、元を糸切り鋏で切ってもよいです。 あまり密集してまくと間引き作業が大変なので、引っ付きすぐないようにした方がよいです。 また数が少ない種は、間引くと数が減るのでゆとりのある間隔にまいた方がよいです。 間引き前 間引き後 肥料 種には養分が含まれているので、芽が出てしばらくは必要ありません。 発芽して本葉が2,3枚出て茎がしっかりしてきたら、2000倍ぐらいと薄めの液体肥料を1週間から2週間に1回ぐらい与えます。 本葉の揃わない小さい頃に肥料を与えると枯れてしまう事があるので注意してください。 防虫ネット 種まきをしてせっかく芽が出てきたのに、虫から食べられてしまうことがよくあります。 主に新芽を食害する害虫はナメクジ、バッタ類、蝶や蛾の幼虫から食べられてしまいます。 虫が入らないようネットを被せておくと安心です。 また地面に置くより高い棚に置いた方が被害が少ないように思えます。 仮植え 箱や浅鉢に種をまいたものは、そのままだと窮屈になって生育が悪くなるので、本葉が2,3枚になったらポットに仮植えします。 行う時は無理に土を落とさなくてもよいので、できるだけ根を切らないように注意します。 用土は定植用を利用して、肥料は葉が伸びるようになってから与えます。 箱まきの苗 ポットに仮植え 秋の残暑 遮光ネットで日よけ 夏から初秋に種をまいて仮植えした後、残暑による日の強さで葉が萎えてしまう事があります。 遮光ネットで日差しを和らげておくとよいです。 また濃い肥料は根を傷めるので避けます。 予備のポット苗 花壇へ苗を植え付けた後、虫に食べられていくつか枯れてしまう事があります。 念のためポット苗を余分に作っておくとよいです。 台風対策 秋に直まきしてせっかく芽が出たのに、台風の大雨や強風で駄目になってしまう事があります。 念のため予備にポット苗を作っておくと安心です。 また、台風のシーズンに咲く草花を庭に植えておくと、強風で茎が折れたり、支柱を立てていても葉がちぎれて痛んでしまう事もあります。 庭だけではなく、鉢やプランターなどにも植えておくと、室内などに入れて避難させる事ができます。 私事の用土節約 数が増えると結構沢山の種まき用の培養土が必要になります。 自分は節約するために箱まき、平鉢、ポットの下半分ぐらいに定植用の安上りの土を、残りに購入した種まき用の培養土を入れています。 また、ポットの大きさは9cmが標準的ですが、自分は主に7.5cmを使って土を節約しています。 定植用の土は使い古しだと病気が残っている事があるので、新しい土を使っています。 下の方は定植用の土 上の方は種まき用の土 植え付け 根が回ってきたら植え付けます。 早過ぎるとポットから根鉢を抜くと土が壊れやすく、遅すぎると根がパンパンになって根詰まりします。 ポットの大きさと葉バランスが丁度良い頃がよいです。 春まきの場合は苗が小さくても暑さが来る前の6月までに植え付けた方がよいです。 秋まきは寒くなる前の11月になっても苗が小さい場合は、来年の春に植え付けてもよいです。 また少し寒さに弱いものは霜よけしたり、ポット苗のまま冬を軒下で越させて春に植え付けてもよいです。 その他はの項目をご覧ください。 楽天通販店 園芸店で売られていますが通販店でも購入する事が出来ます。 比較的商品が豊富なお店を選んで紹介してみました。 種まき資材が豊富なお店 花の種が豊富なお店.

次の

【秋】9月・10月に種まきする花の種類と育て方やコツは?

春 種まき 花

玄関先などに少しでも花があると、ホッとするものです。 簡単に芽の出る花の種もあります。 花の苗を買えば、後は水と肥料を少しやるだけで管理の簡単な種類も多いです。 色とりどりの苗の中で、ご自分の好きな花を選んで植えてみると楽しいですよ。 ぜひ、一鉢から始めてみましょう。 種まきの時期 春まき草花の多くは、熱帯、亜熱帯生まれのものです。 寒さに弱く、育つには暖かさが必要です。 ソメイヨシノが葉桜になる頃が良いそうです。 種まきの土・用土 大きい種や移植を嫌う物以外は、苗床にまき、その後移植してから育てます。 用土として適しているのは、• 通気性があり、水持ちが良い土• 肥料を含まない土• 粒子の大きさが種子に合う土• 病原菌や雑草の種子がなく清潔な土 市販の種まき用の土か、赤玉土 小粒 5・バーミキュライト3・ピートモス2の割合で配合して用土を作り使います。 花の種まき用の器・鉢など 園芸家の金子明人さんが教えていました。 種をまく場合には、ポリポット 花の苗や野菜の苗を買う時に使ってある、ポリ製の容器 と植木鉢の2種類を使います。 ポリポット 根が小さい時に使用します。 根が小さいのに植木鉢などに植えて土の量が多いと、水の乾き具合が均等にならず、根腐れしやすいそうです。 植木鉢 発芽し、苗が少し大きくなったら 売っている苗ぐらいの大きさ 植木鉢に植え替えます。 ペットボトルを使う場合 ポリポットが手元に無い場合には、ペットボトルで作ります。 そこから5cmを切り取り使います。 切り口には、ビニールテープなどを貼ってけがをしないようにします。 マリーゴールドの種のまき方 楽天 の種は大きい方です。 ポリポットにあらかじめ湿らせた土を入れておきます。 土を少しかけて種が見えないようにします。 名札をつけておきます。 ベゴニアの種のまき方 ベゴニアの種は、小さいです。 白い紙を2つ折りにして谷間にベゴニアの種を入れます。 この紙を持っている手の手首辺りをトントンと叩いて種が重ならないように蒔きます。 ベゴニアの様な小さい種には、土はかけません。 名札をつけておきます。 「ばらまき」と「すじまき」 ばらまき 指先をもむようにして、種を扇状にまきます。 このまき方は、やや大きい種に適しています。 種まき後の管理 初期の管理 霧吹きで水をやります。 発芽するまでは土を乾かさないようにします。 約1週間で芽が出ます。 双葉になったら 双葉が出たら、朝夕の穏やかな太陽に当てます。 2週間に1回、液体肥料をやります。 土が乾いたら水をやります。 苗が倒れないように注意して水やりなどをします。 本葉が出たら 大きい苗を1つだけ残します。 ピンセットで抜くとよいそうです。 抜いたのをポリポットに植えてもよいようです。 まびくと残した苗は背が高く大きく育ちます。 まびかないと小さな花がたくさん咲きます。 同じ種でも、まびくと、まびかないとでは、別の品種かと思うほど花の姿が変わってくるそうです。 どちらも試してみてはいかがでしょうか。 腰水について 発芽するまでは、土が乾かないようにする必要があります。 双葉が生えそろったら、この腰水を止めます。 元肥は入れず、根付いたら液肥を与えます。 植え替えのコツは• 曇った風のない日に行います• 根に付いた土をなるべく落とさないようにします• 根を乾かさないように素早く行います• 5号 直径7. 用土は、赤玉土6・腐葉土3・パーライト1の配合土を使います。 苦土石灰と緩効性肥料を用土1リットル当たり5g混ぜておきます。 定植する場合は、よく耕して有機質や元肥を施しておきます。 花の苗の寄せ植え 私は冬に 楽天 の苗を買ってきて、プランターに植えています。 パンジーにもいろんな色があり、売り場でもどの色を植えようかと迷いました。 結局、ブルー系の苗を4本、オレンジ系の苗を4本、ワインレッド系の苗を4本買いました。 そして、プランターに同じ系列の苗ばかり集めて植えました。 ちょっと芸がないと自分でも思っています。 園芸研究家の鴨下ふみえさんがテレビで教えていました。 花の苗の寄せ植えコツ 主役 大きい花、好きな花を主役に選びます。 脇役 小さい花を選びます。 主役とトーンの違う花を合わせると良いそうです。 補色対比でも良いそうです。 例えば黄色と紫、ピンクと紫などです。 蔓性植物の利用 グリーンのつる性植物を添えるとにぎやかになり効果的になります。 苗の数 苗の数は、奇数にすると初心者でも形良く植えられるそうです。 最初に真ん中に植えて、後両サイドに植えて行くとよいです。 マリーゴールドの苗の寄せ植え プランターを使って マリーゴールドを3株プランターに植えていました。 この場合同色でまとめます。 プランターが大きい場合には、5株がいいでしょう。 マリーゴールドの手前に株分けしたアイビーを均等に植えます。 アイビーが1株あったことで、全体がリッチに豪華に見えます。 ペチュニアの苗の寄せ植え プランターを使って ベチュニアを3株 濃い紫を1株、薄い紫を2株 、白色のロベリアを2株用意します。 プランターの真ん中へ濃い紫のベチュニアを植えます。 その両サイドに薄い紫のベチュニアを植えます。 その両サイドに白色のロベリアの苗を植えます。 ペチュニアの苗だけよりも、白色のロベリアが入ることで、ひきしまって見えます。 丸い植木鉢を使って 7号鉢・直径21cmを使って植える場合の苗の植え方です。 花用培養土を鉢の半分まで入れます。 真ん中の少し後ろ側に、主役の花の苗を植えます。 脇役の花の苗を左右のどちらでもよいが、主役の花の前の左か右かに植えます。 空いた場所に、つる性の植物を植えます。 玄関などのスペースの飾り方 小さな木製のイスを利用 イスの上に、一番見せたいと思うプランターや鉢を置きます。 いすの手前にもプランターを いすの手前の左右どちらでも良いが、イスの上の花と補色になる色あいの花を植えたプランターを置きます。 ハンギングの利用 鉄製でできたハンギングをつるす台を利用します。 この鉢には、蔓性の植物などを植えてボリームを出します。 グリーンの鉢の利用 グリーンを植えた鉢を2種類ほど置きます。 鉢は大きい物と小さい物を置きます。 中のグリーンも違った物を植えましょう。 飾り物の利用 ほうろう製のピッチャーなども使った後は、飾りとして置くとこれも素適です。

次の

コスモスの種まき時期はいつ?開花時期・季節はいつから?

春 種まき 花

多年草の花は植えっぱなしで育てやすい! 多年草は、一度花を咲かせたら終わりではなく、2年以上開花・結実(実をつける)というサイクルを繰り返す植物のことです。 植え替えの手間がないことから、ガーデニングでは寄せ植えや花壇の前面などに利用されます。 今回は夏に咲く多年草をご紹介します。 多年草の夏の花おすすめ10選! 1. ペチュニア(サフィニア) ラッパ型の花が株を覆うようにいっぱい咲くペチュニア。 本来は多年草ですが、寒さに弱いことから、日本では一年草として扱われます。 また、雨に濡れてしまうと枯れてしまうのも弱点の1つ。 そこで、日本のサントリーフラワーズが開発したのが、雨や暑さに強い「サフィニア」という園芸品種です。 温かい地域であれば、鉢植えにしてうまく管理すると冬越しできますよ。 琉球朝顔(オーシャンブルー) 一般的な朝顔が一年草なのに対して、琉球朝顔は多年草のつる性植物です。 性質も朝顔に比べて強く、ネットや支柱に絡みつきながらどんどんつるを伸ばして生長していきます。 ハート型をした葉っぱは大きく、花数も多いことから、ベランダガーデニングや緑のカーテンに利用しやすくなっていますよ。 地上部が枯れた後、根元の部分を土で覆ってマルチングしておくと、4月頃に再び芽を出して生長します。 アメリカンブルー(エボルブルス) アメリカンブルーは、真っ青な花が印象的な夏の多年草です。 草丈が低く、地面を這うように茎を伸ばして生長することから、花壇の縁取りや、ハンギング仕立てにして楽しまれます。 夏の暑さにも強く、日当たりと水はけのよい場所であれば元気にたくさんの花を咲かせてくれますよ。 ただ、植えっぱなしにして放っておくと、茎ばかりが伸びて花が咲きづらくなるので、定期的に剪定をするのがポイントです。 関連記事 4. アルストロメリア 花持ちがよいことから、切り花にして楽しまれる機会が多いアルストロメリア。 品種の数が多いことから、花色や草丈も豊富です。 最近はコンテナや鉢植えにして楽しまれる機会も多くなりました。 耐寒性には少し不安があるので、地植えは腐葉土などでマルチングをして防寒し、鉢植えは室内や霜の降りない軒下に移動させると安心です。 桔梗(キキョウ) 秋の七草の1つに数えられる桔梗ですが、開花期は夏から初秋の6~9月に当たります。 星形の花姿がかわいらしく、青い花色が涼やかな雰囲気を持っているのが特徴です。 日本に自生する植物なので、半日陰の風通しがよい場所に植え付ければ特別な手入れは不要。 2~3年に1回、株分けを兼ねて植え替えを数も増やせて楽しいですよ。 ゼラニウム 香りのよい花を長く咲かせ続けるのが、ゼラニウムの魅力です。 また、花の香りは虫の忌避効果もあることから、ヨーロッパでは古くから窓辺に飾る花として親しまれています。 園芸品種が多く、一年草、多年草、低木と様々なタイプがあるので、苗を購入する前にきちんと確認しておくことが大切です。 また、1年を通して風通しがよい場所で育て、乾燥気味に育てるのがポイントですよ。 関連記事 7. クレマチス クレマチスは、「つる性植物の女王」と呼ばれる通り、細く丈夫なつるをどんどん伸ばして生長します。 5~10月の間、大きく華やかは花を咲かせる姿が美しく、イングリッシュガーデンでは定番の花としてアーチ型などに仕立てて楽しまれます。 つるを色々なものに絡ませて、自分好みの形にアレンジしてみてくださいね。 オダマキ(苧環) オダマキは、ひょろりと伸びた茎の先に、たくさんの花を咲かせます。 日本原産の品種もありますが、ガーデニングでは西洋オダマキがよく植えられ、青をはじめ、ピンクやオレンジなど色とりどりの花で庭やベランダを明るい雰囲気にしてくれますよ。 高い気温に当たると枯れてしまうので、遮光したり、室内にとり込んだりと夏場は暑さ対策が必要です。 アスチルベ 泡が詰まって穂のようになった、変わった形の花を細い茎の先に咲かせるアスチルベ。 日陰や雨に強く他の植物が育ちにくい環境にも耐える強さを持っています。 こんもりと茂る花は幻想的な雰囲気を作り出すことから、花壇のボーダーや背面に配置して、派手な花との寄せ植えを楽しむのがおすすすめです。 茎葉が枯れた後は、株全体を刈り取ってしまうと、翌年の春にまた新芽が生えてきますよ。

次の