殺戮 の 天使 ザクレイ。 【殺戮の天使】ザクレイ日替わり!【ザック×レイ】

アニメ【殺戮の天使】声優やキャスト、あらすじまとめ

殺戮 の 天使 ザクレイ

吐く息が白い。 ったく、レイの奴………木なんか買ってどーすんだよ… ふと、前髪の隙間から金髪のロングヘアが目に入る あの後ろ姿………………間違いねぇ、レイだ 人に買い物頼んどいて自分も外出んのかよ って………………… レイと歩いている奴、誰だ? なんだか知らねぇが……楽しそうだな 俺はこの気持ちが何なのか分からない モヤモヤする感情を抱えながら、イルミネーションで輝く道から離れた。 家に帰ると、レイは何事も無かったかのようにそこにいた。 レイ「おかえりなさい、ザック」 いつも通りの無表情 いつも通りの青い目 いつも通りの金髪 いつも通りじゃないのは、俺の方なのか? ザック「レイ、さっき一緒に歩いていたやつ 誰だ?」 レイ「……………え?」 珍しくレイの目に動揺の色が見える。 やっぱり後ろめたい事だったのかよ。 レイ「………そんな事より、ザック、ツリー買ってきてくれてありが」 ザック「そんな事ってなんだよ!」 自分でも驚くくらい大きな声が出る。 レイ「ぁ、えっと……ごめんなさ」 ザック「悪かったな。 俺は出かけるから、そいつと過ごせ」 レイ「違う!…その人とは、ザックが思ってる様な関係じゃない。 道に迷ったところを助けてくれたの。 」 ザック「なら、なんで隠したんだよ」 レイ「…………ザックに、プレゼント買ったから」 ザック「?」 レイ「クリスマスプレゼント。 」 ってことは…俺が頼まれた木は、クリスマスツリーだったのか。 悪かった、という気持ちと ありがとう、という気持ちを込めて レイの唇に自分の唇を重ねた。

次の

「殺戮の天使」でレイチェルとザックがその後、仲良く平穏に...

殺戮 の 天使 ザクレイ

吐く息が白い。 ったく、レイの奴………木なんか買ってどーすんだよ… ふと、前髪の隙間から金髪のロングヘアが目に入る あの後ろ姿………………間違いねぇ、レイだ 人に買い物頼んどいて自分も外出んのかよ って………………… レイと歩いている奴、誰だ? なんだか知らねぇが……楽しそうだな 俺はこの気持ちが何なのか分からない モヤモヤする感情を抱えながら、イルミネーションで輝く道から離れた。 家に帰ると、レイは何事も無かったかのようにそこにいた。 レイ「おかえりなさい、ザック」 いつも通りの無表情 いつも通りの青い目 いつも通りの金髪 いつも通りじゃないのは、俺の方なのか? ザック「レイ、さっき一緒に歩いていたやつ 誰だ?」 レイ「……………え?」 珍しくレイの目に動揺の色が見える。 やっぱり後ろめたい事だったのかよ。 レイ「………そんな事より、ザック、ツリー買ってきてくれてありが」 ザック「そんな事ってなんだよ!」 自分でも驚くくらい大きな声が出る。 レイ「ぁ、えっと……ごめんなさ」 ザック「悪かったな。 俺は出かけるから、そいつと過ごせ」 レイ「違う!…その人とは、ザックが思ってる様な関係じゃない。 道に迷ったところを助けてくれたの。 」 ザック「なら、なんで隠したんだよ」 レイ「…………ザックに、プレゼント買ったから」 ザック「?」 レイ「クリスマスプレゼント。 」 ってことは…俺が頼まれた木は、クリスマスツリーだったのか。 悪かった、という気持ちと ありがとう、という気持ちを込めて レイの唇に自分の唇を重ねた。

次の

アニメ【殺戮の天使】声優やキャスト、あらすじまとめ

殺戮 の 天使 ザクレイ

【大体の設定】 ・レイチェル 13歳のおぼろげな性知識を持つ。 ・ザック 精神年齢10代くらいのおぼろげな性知識を持つ。 ・ダニー 大人の性知識を持つ。 ・エディ 知識としての性知識を持つ。 [newpage] [chapter:【レイザク、乳を揉む】] 「おっぱいって揉むと大きくなるって言うよね」 ふと、レイチェルがそう告げたので、ザックが目を細めながら「あー?」と首を傾げた。 「あんだよ」 「ザックの胸も揉めば大きくなるのかな?」 「ならないんじゃね?」 「……試してみても良い?」 「今一瞬殺意沸く目したなお前」 「殺してくれる?」 「なんですぐ死んだ目に戻るんだよー」 「そう、だめねー」 短い会話の応答の後、レイチェルが一度ソファの背にもたれた。 「B3のフロアボス、出てこないね」 「おー」 短い会話だった。 同じようにソファに座り込んでいるザックは、レイチェルの謎解きに付き合って歩きまわっていたせいで疲れているのもあって動く気がないようだ。 「ザック」 「おー」 「胸揉んで良い?」 「好きにすればー」 そう。 じゃあ。 と、レイチェルがザックの太ももに手を置き、そのまま大きく足を開いて座るザックの上に座り込んだ。 「背中持ってて」 「おー?」 言われた通りにザックが右手でレイチェルの背中を手で支えると、レイチェルがザックの太ももの上に足を滑らせて、ぐっと背中に向かって足を置いた。 不安定になった体が軽く後ろに反ったが、背中はザックが支えている。 「じゃあ、揉むね」 「おー」 どうでもよさげに、けれどレイチェルがどうするのかは興味深気にザックがレイチェルを見下ろした。 「よし」 わきわきと動く手が捉えた胸板は、記憶の中におぼろげに存在している父親のものよりも薄い気がした。 そのままぐっと揉むと、布地のふんわりとした感触が手に伝わってくる。 だが良い、これからきっと大きくなる。 ザックのおっぱいが大きくなったら、ザックの膝に座って彼の胸板に頭を預けた時にふかふかして気持ち良くなるはずだ。 と、13歳の少女は私利私欲のために奮起した。 良い顔をしたかと思えば、すぐに目が死んだ目になってしまう。 殺意が沸くほどではないが、このなんとも言えないもやもやした感じがとてつもなくイライラする。 そんな感じだ。 暫く黙って見下ろしていたが、やがて飽きたのか吐息混じりに顔を逸らした。 ダニーがきっちりと分量を図った材料をヘラでさっくりとかき混ぜた。 一応、独身なのである程度料理はできる方だが、吐息が漏れるのはそんな独身男性でることに嫌気がさしたからではなく、左右から注がれる視線だ。 右にザック、左にエディ。 新しくやってきた生贄を殺したザックが、生贄がポシェットの中に突っ込んでいた買い物袋の中のパンケーキ用の粉を見つけ、それを指摘したエディが料理ができる男であるダニーにそれを押し付けたせいで今、こんなことになっている。 ぐるりぐるりとかき混ぜて、ダマが無くなったのを確認してから熱したフライパンに繋がらないようにしながらタネを二つ落とす。 じゅう。 とバターの香りが血なまぐさい病室フロアにふわりと香るのは場違い感がある。 ふつふつと音を立てる様子を、小さい男と大きい男が眺めているのはなかなかシュールだ。 暫くして、フライ返しを差し入れる。 ぐっと手首を捻りながら、二つともひっくり返した。 ぽすん。 そのまま熱していると良い香りがしてくる。 お腹が空いてくる香りだ。 二つ用意した皿に、パンケーキ二つ。 それから、フォークを二つと、上にはハチミツ。 いつの間にか作業デスクの上の書類を地面に叩き落とし、引っ張ってきたらしい椅子に座って待機するテディとザックに頭を抱えたくなるが、残っているタネ分も全て食べきって自分のフロアに戻ってもらわねばならない。 次のタネをフライパンに叩き込みながら、エディとザックの様子を見た。 エディは綺麗にフォークを持つが、ザックはまるで初めてフォークを持った赤子のような拙い持ち方をする。 指摘するのも面倒なので黙っていると、ふんわりとしたパンケーキにフォークを軽く刺した。 そのまま、汚いながらも大きく割って、パンケーキを口に頬張ったザックは、初めて物を食べたと言わんばかりに顔をほころばせた。 口元の包帯がハチミツで汚れてしまっているのも気づいていないらしい。 エディはエディで、口の中に広がる味に顔を輝かせているし、ここまで良い反応をされるとダニーも少し戸惑いを持ってしまう。 すぐに皿の中のパンケーキを消費した若者二人が、皿を上げてこちらを見るので「わかったわかった」と返事しながら、追加のパンケーキをフライパンから取り出した。 [newpage] [chapter:【コピペネタ 皆仲良し 】] ザック 「あの、ほら、怒ったときに使うやつだ。

次の