新神戸から東京 新幹線。 新幹線で東京・新神戸間を格安料金で行く方法|新幹線旅行研究所

東京から新神戸 時刻表(JR東海道新幹線) / 新幹線チケット予約

新神戸から東京 新幹線

東京・品川-新神戸の新幹線料金ランキング(普通車) 東京・品川-神戸で、新幹線の普通車指定席・自由席の料金をランキングで紹介。 「のぞみ・ひかり」指定席の料金が最も安くなるチケットの購入方法とは? 順位 指定席・自由席 片道料金 (のぞみ) 実質 9,900円 EX早特21 11,610円 学割自由席 12,520円 4 EXのぞみファミリー早特 12,830円 5 学割 ひかり指定席 13,050円 6 学割 のぞみ指定席 13,480円 7 エクスプレス予約 14,170円 8 回数券 14,410円 9 自由席通常料金 14,420円 10 スマートEX ひかり指定席 14,750円 11 ひかり指定席 14,950円 12 スマートEX のぞみ指定席 15,180円 13 のぞみ指定席 15,380円 東京・品川-新神戸の「のぞみ」指定席の通常料金は片道 15,38 0円。 「ひかり」指定席の通常料金は片道 14,950円。 この区間で「のぞみ・ひかり」に安く乗る方法は10通り以上。 東京-神戸で指定席に格安に乗るには? 東京・品川-神戸では、いくつかの方法で「のぞみ・ひかり」の指定席に安く乗れる。 これらの方法についてご紹介したい。 このプランで利用するのは、1泊6,200円のホテルと、「のぞみ」指定席での往復。 パックの合計金額から宿泊料金を引くと、「のぞみ」指定席が片道で実質 9,900円。 もし、のぞみ通常料金で往復し1泊6,200円で宿泊すると合計36,960円かかる。 しかし、新幹線パックは26,000円なので、 1人10,960円お得! 東京・品川-神戸では、新幹線ホテルパックで ここまで安くなる ! 東京-神戸では「のぞみ・ひかり」とも片道約 9,900円と格安! 通常きっぷでの往復より、 1人10,960円、2人なら合計21,920円お得! 出発の3日前まで予約でき、チケットは自宅配送なので当日はスムーズ。 自宅以外にも指定可能でコンビニ受け取りも可能。 選択できるホテル・列車が多いのも嬉しい。 乗り遅れても後続列車自由席に乗車可能。 (一部プランを除く) 「EX早特21・EXのぞみファミリー早特」も安い 新幹線パックが利用できない場合、スマートEX・EX予約で「早特」を利用すると安い。 21日以上前に予約ができるなら、「 EX早特21」の 11,610円が安い。 ただし、列車は早朝6時台・11時~15時台出発の「のぞみ」限定。 土休日の利用なら3日前まで予約できる「 EXのぞみファミリー早特」。 2人以上の予約が条件だが、「のぞみ」が 12,830円になる。 早特を利用すれば安くなるが、年末年始・GW・お盆は利用不可。 エクスプレス予約で往復2,420円お得 年会費1,100円で会員登録すると、割引料金で新幹線に乗れるエクスプレス予約。 年末年始やGWなどの繁忙期でも料金は変わらず、1年を通して新幹線料金は安い。 そして、早めに予約する「早特」を利用するとさらにお得! 回数券は片道970円お得 新幹線の回数券は6枚セットで販売されている。 片道だと通常価格より970円安く、往復では1,940円安くなる。 ただし、年末年始やGWなど一部の期間中には使用不可。 スマートEXは片道200円割引 スマートEXで新幹線のチケットをネット予約すると、指定席の片道 料金は 200円割引。 年会費無料の会員登録をすれば、当日でも座席の予約が可能。 しかし、往復&宿泊するなら 新幹線ホテルパックはさらに安い。 安くなる方法を「往復&1泊」の料金で比較すると…? 東京-神戸で往復1泊2日の合計料金を比較 東京-神戸で宿泊&往復した場合、合計料金の差はどれくらいになるのか? 同じホテルに宿泊し、新幹線で往復した場合の合計料金を比較してみよう。 そして、 新幹線ホテルパックを利用した時、この料金は最も安く1人 10,960円お得! 東京・品川-新神戸の「グリーン車」料金ランキング 次に、東京・品川-神戸の「グリーン車」料金をランキングでご紹介したい。 これより安く乗れる方法は8つある。 まず、2人以上・土休日に利用できる「 EXのぞみファミリー早特」は 14,970円。 1人で利用するなら「 EXグリーン早特」の 14,970円も安い。 なお、「EXグリーン早特」で「のぞみ」に乗れるのは早朝のみで、他は「ひかり」。 片道料金が特に安いのはこの2つ。 ところが、往復&宿泊するなら、 新幹線ホテルパックはさらに安い! 例えば、「のぞみ」グリーン車で往復し6,200円のホテルに1泊するプランは30,500円。 しかし、 1番安くなるのは新幹線ホテルパックを利用した時。 「のぞみ」は2時間30分~2時間50分で、1時間に3~4本の運行。 「ひかり」は3時間10分程度で、1時間に1本しか運行がない。 途中の停車駅は「のぞみ」は品川・新横浜・名古屋・京都・新大阪のみ。 「ひかり」はそれ以外に小田原・静岡・浜松・豊橋・米原などにも停車。 「こだま」を利用するのはお得? 「こだま」は東京-新大阪、新大阪-博多で運行される。 で「のぞみ」に乗れば料金は同じくらいで早く移動できる。 新幹線の予約方法は? 東海道・山陽新幹線はエクスプレス予約・スマートEXで予約ができる。 料金が安いのはエクスプレス予約だが、利用には1,100円の年会費がかかる。 東京-新神戸を1回往復すれば年会費の元は取れるが、登録後すぐ列車は予約ができない。 すぐに予約したいなら、スマートEXに登録し「早特」で予約するのがお得! 往復割引は使える?安い往復方法は? 往復割引が利用できるのは片道601キロ以上の区間。 距離が 589. なお、往復で新幹線に乗る場合、 宿泊するなら安いのは。 この区間なら往復で1人約 10,900円安くなる。 「学割」って本当にお得? 学生は「学割」で新幹線に乗ると乗車券が2割引になる。 自由席なら「のぞみ・ひかり」どちらでも 12,520円。 学割は繁忙期には200円アップするものの、年末年始等でも年間を通して利用できる。 学割は、宿泊予約の必要がない帰省等に利用するならお得。 ただし、「早特」が購入可能なら「EX早特21」「EXのぞみファミリー早特」の方が安い。 そして、往復&宿泊するなら、 新幹線ホテルパックはさらに安い。 回数券・金券ショップの格安チケットは安い? 通常6枚セットの回数券も、金券ショップに行けば1枚から購入可能。 金券ショップの格安チケットも、価格は回数券と大して変わらない。 確かに安くはなるが、ランキングでご紹介した通り、もっと安くなる方法もある。 「早割」はいつからいつまで? 東京-新神戸では、早めに予約すると安い方法がいくつかある。 しかし、それぞれ予約・購入期限が違う。 EX早特21 1ヶ月前~21日前まで EXのぞみファミリー早特 1ヶ月前~3日前まで 新幹線ホテルパック 2ヶ月以上前~3日前まで 年末年始・GW・お盆でも安く乗れる? 年末年始・GW・お盆などの期間中には「早特」や回数券は利用不可。 そのため、指定席で安いのはエクスプレス予約の 14,710円。 しかし、エクスプレス予約は会員以外は利用できない。 新幹線ホテルパックは年末年始・GW・お盆等でも利用でき、早めに予約すれば安い。 東京・品川-新神戸の子供料金は? 小学生の子どもには子供料金がかかり、基本的には大人の半額の料金。 のぞみ指定席 7,690円、ひかり指定席 7,470円、自由席は 7,210円。 エクスプレス予約は 7,080円、スマートEXは100円安くなり、「のぞみ」 7,590円。 「EXのぞみファミリー早特」は 6,410円で特に安い。 なお、「EX早特21」には、こども料金の設定はない。 片道だけの場合や、宿泊がない場合は、これらの方法が安い。 しかし、往復&宿泊する場合、 新幹線ホテルパックの子供料金は約 5,200円と抜群に安い。 往復&宿泊する家族旅行では、これより安い方法はない!.

次の

東京から新神戸 時刻表(JR東海道新幹線) / 新幹線チケット予約

新神戸から東京 新幹線

電車に乗ってどこかへ行くとき、乗車券は乗る駅から降りる駅まで買うのが普通だろう。 しかし遠くまで行くときに、場合によっては目的地よりも遠くまで買ったほうが安くなるケースがある。 それが「 往復割引きっぷ」だ。 条件は簡単で、 片道の距離が601km以上あるところまでを同じ経路で往復するときに適用され、全区間で乗車券が 1割引になる。 東京〜新神戸では600km以下 今回、家族旅行で神戸まで新幹線で行くことになったのだが、普通に買った場合だと、東京駅から新神戸駅までの乗車券は片道で9,290円 581km〜600kmの料金帯 、往復で18,580円となる。 東京駅から新神戸駅までの距離を見てみると589. 5km。 10kmほど足りずにギリギリ往復割引の適用外になってしまう。 そこで、 特急券はそのまま新神戸駅までにしておきつつ、 乗車券だけを次の新幹線駅である 西明石駅まで買ってみる。 東京駅から西明石駅までは612. 3km。 乗車券の料金は101kmを越えると20km単位で段階的に上がって行くので、この場合は601km〜640km 601km以上は40km単位 の料金が適用されて、片道9,610円となる。 これであれば601kmを越えているので、往復割引が適用される。 片道あたりは1割引の8,649円となり、1の位は切り捨てられるので8,640円。 往復で17,280円となるので、 普通に新神戸まで買うよりむしろ1,300円お得になるのだ。 実際はこれに東京駅から新神戸駅までの特急料金が追加されるので、のぞみの指定席を利用した場合はそのままなら28,320円。 乗車券だけ西明石駅まで伸ばして往復割引を適用させれば 27,020円となる。 在来線の神戸のケースでは注意が必要 この制度は新幹線に限った話ではなく、もちろん在来線でも使える。 例えば東京駅から新大阪駅までは新幹線で、新大阪駅から神戸駅は在来線というルートで乗るとしても、わざと601kmを越える駅まで買えばよいのだ。 時刻表で東京駅から601kmを越える駅を探してみると、目的地の神戸駅より7駅先の垂水駅が602. 6kmとなっている。 ならば東京駅から垂水駅までの往復きっぷを買えば往復割引が適用になるか、といったらここに落とし穴があって 適用にはならないのだ。 これは「 特定の都区市内を発着する場合の特例」というものが適用されるため。 遠出するときに乗車駅のところが駅名ではなく「東京都区内」や「東京山手線内」などと印字されているものがそうだ。 他には札幌市、仙台市、横浜市、名古屋市、京都市、大阪市、神戸市、広島市、北九州市、福岡市にも設定されている。 この特例の仕組みは、その都市の中心駅から201km以上(東京山手線内は101km以上200km以下)離れたところに行くときに適用される。 今回の東京駅 東京都区内 から神戸駅 神戸市内 に行く場合もこれが適用される。 ちなみにこのケースで関連する東京都区内、大阪市内、神戸市内の範囲は以下のようになっている。 このルールがあるので、例え601kmを越えている垂水駅まで買ったとしても、 運賃計算上は589. 5kmの神戸駅扱いとなってしまって、往復割引は適用されないのだ。 この場合では、神戸市の端である舞子駅の次の 明石駅 608. 9km まで買うことで、ようやく往復割引が適用となる。 これも前述の新幹線のときと同じく 1,300円のお得。 実際に切符を買ってみた ちなみに今回の旅行ではこんな感じに切符を買ってみた。 往復割引を効かせた乗車券 自分の分 左 は秋葉原駅まで定期があるので、東京都区内発。 他の家族の分 右 は最寄りの三鷹駅から買っている。 三鷹駅は東京23区から外れてしまっているので、東京都区内扱いにはならない。 ではなぜ自分の分のほうはさっき言っていた西明石駅までではなく、「ひめじ別所」駅というあまり聞き慣れない駅までになっているのか。 これは最初のほうで書いた通り、601km〜640kmは同じ料金であるので、その範囲内であればもっと遠くの駅まで買ってしまっても大丈夫なのだ。 東京都区内の中心駅である東京駅からの距離は、明石駅までが608. 9km、西明石駅が612. 3km、加古川駅が628. 6km、今回選んだひめじ別所駅が637. 9km、その隣の御着駅が640. 0kmとなっており、ここまで全部が同じ片道9,610円だ。 本当はキリよく御着駅の次の駅である姫路駅まで買いたかったが、残念ながら姫路駅は東京駅から644. 3kmなので、次の料金帯の9,830円となってしまう。 往復割引を適用しても17,680円となって、差額が900円と割安感が薄れてしまう。 それでも神戸・新神戸まで買うよりは安い そこでせめて「ひめじ」と名の付く駅にすることで誤摩化してみた。 ちなみに今回はたまたま御着駅が640kmジャストだったので同じ料金帯であったが、運賃計算時に使う距離は 小数点以下が切り上げて考えられるので、例えば640. 1kmだったとしたら切り上げられて641km〜680kmの料金で計算されてしまうので注意が必要だ。 ちなみに家族のほうは都区内基準の東京駅からではなく、普通に三鷹駅からの距離で運賃計算がされるので、同じ料金帯に収めるには東京駅〜三鷹駅の24. 1kmを差し引いて東京駅から615. 9kmの駅までとなる。 西明石駅の隣には大久保駅 615. 1km がある。 東京にも新宿駅の隣に大久保駅があるので面白い切符になったかもしれないが、特に意味もなく西明石駅までにしてしまった。 さらに上の切符にある通り、 往復割引は学生割引も併用できる。 目的地より遠くまで買うその他のメリット 運賃計算について少々マニアックな話になってしまったが、目的地より遠くの駅まで買うメリットというのは他にもある。 例えば神戸駅まで来たはいいが、急に気が変わって西明石駅の駅弁の「しゃぶしゃぶ弁当松風」を食べたくなったとしよう。 普通に神戸駅までしか買っていなければ神戸駅から西明石駅までの切符 片道380円 を新たに買わなければならないが、西明石駅もしくはそれより遠くの駅までの往復切符を買ってあれば、 追加料金なしで西明石駅まで足を伸ばせるのだ。 さらにこの場合は片道が101kmを越えている切符なので、折り返したりしなければ 経路上では何度でも途中下車が可能だ。 これにより神戸駅で降りてちょっと用事を済ませてから、西明石駅まで行ってお昼ご飯、なんてこともできてしまうのだ。 また、切符の有効期限も距離に応じて定められており、〜100kmが1日、〜200kmが2日間、〜400kmが3日間、〜600kmが4日間、〜800kmが5日間、…… となっている。 今回の場合では往復割引が効かない神戸駅まで買ったら往復で8日間有効、往復割引のきく明石駅以西まで買えば 往復で10日間有効になる。 途中下車したときは有効期間内ならば、そのまま日付を跨いでしまっても大丈夫。 例えば名古屋で1泊、京都で5泊、大阪で1泊、神戸で2泊してから西明石に行ってそこから新幹線で一気に帰る、という9泊10日旅行も、同じ切符で可能になるのだ。 行く前は用がないと思っていても、旅行先で急に気が変わるということは無きにしも非ず。 せっかくなら目的地までと同じ料金帯の一番遠い駅まで買っておくとよいかもしれない。 まとめ 後半では往復割引の話から脱線してしまったので、最後にまとめと諸注意を。 東京都区内から神戸を往復する時は 乗車券だけわざと 明石駅 在来線 or 西明石駅〜御着駅のどこかまで買って 往復割引を適用しよう。 昼飯代くらいは浮く。 往復割引は 同じ経路を往復するときのみ適用されるので、行きと帰りで別ルートを通る場合は適用外となる。 発駅と着駅の「特定の都区市内」エリア内においては乗り降りは1回しかできない。 それ以外の駅ならば戻らない限り経路上のどの駅でも途中下車できる。 例えば三ノ宮駅で途中下車したあと神戸駅でも下車した場合は同じエリア内で2度目になるので、その時点で切符は無効になる。 注:認識違いにつき取り消し。 例えば東京駅から乗ったときに、次の品川駅は発駅と同じ「東京都区内」エリアなので途中下車はできないが、その次の新横浜は範囲外なので途中下車できる。 もちろん各駅ごとに途中下車することも可能。 今回の旅の場合はこの往復割引が最安だったのでこれにした。 新横浜駅は横浜市内扱いで、 運賃計算は横浜駅となるので、基準の東京駅からは 28. 8km となる。 東京起算の西明石駅までの営業キロは 612. 3km なので、横浜市内からだと 583. 5km となって往復割引にはならない。 この場合は次の 姫路駅 東京起算644. 3km まで買えば移動距離が 615. 5km になるので、往復割引が適用される。 5km までは 560. 7km で片道8,960円、往復17,920円。 姫路駅まで買って往復割引を適用すると往復で17,280円なので、 往復割引のほうが640円安い。 東京都区内からのケースと比べるとやや割得感が薄いが、安いに越したことはないので姫路駅まで買っておいて損はないだろう。 ちなみに品川駅は東京都区内の駅なので、運賃計算上は東京駅からのケースと同じである。 一律に値上がりしたことで、往復割引を適用したときの差額は若干広がった。 取り消し線部分について正しくは「東京駅から乗って三ノ宮駅と神戸駅で途中下車して西明石駅で下車という行程も可能」、もしくは「東京駅から乗って三ノ宮駅で途中下車してから、同じ神戸市内の神戸駅で下車も可能 きっぷの着駅ではないため 」。 訂正してお詫び申し上げます。 ご指摘いただいた方、ありがとうございました。 2件のコメント• 匿名 1点質問がございます。 ***************************************** 上記に挙げた「特定の都区市内」エリア内においては乗り降りは1回しかできない。 例えば三ノ宮駅で途中下車したあと神戸駅でも下車した場合は同じエリア内で2度目になるので、その時点で切符は無効になる。 特定の都区市内でないところであれば各駅毎に途中下車しても大丈夫。 ご指摘いただきましてありがとうございました。 記事へのコメント Name Mail will not be published Website• カテゴリー• 最近の投稿• 2020-01-19• 2019-07-10• 2019-05-03• 2019-04-23• 2018-12-02• 2018-11-15• 2018-11-01• 2018-03-01• 2017-08-12• 2017-03-11• 2016-11-29• 2016-11-15• 2016-04-14• 2016-03-21• 2016-01-26• カレンダー.

次の

新幹線新神戸駅での乗り換え・パーク&ライドのお得な情報を紹介!

新神戸から東京 新幹線

ひと目でわかる東京〜新神戸の格安チケットと価格リスト• 普通車指定席(のぞみ) 15380円• 普通車指定席(ひかり) 14950円• 普通車自由席 14420円• 新幹線回数券(普通車指定席用) 14410円• e特急券 普通車指定席 14370円• EX予約サービス 普通車指定席 14170円• スマートEXサービス(のぞみ普通車指定席) 15180円• スマートEXサービス(ひかり普通車指定席) 14750円• スマートEXサービス(普通車自由席) 14420円• EX早特21(普通車指定席) 11610円• EXのぞみファミリー早特(普通車指定席) 12830円 2人以上、3日前までに購入• 学割(のぞみ普通車指定席)13480円• 学割(ひかり・こだま普通車指定席)13050円• 時期により異なります。 広告 東京〜新神戸のお得なチケットは? e特急券 会員制ネット予約サービス「エクスプレス予約」の会員専用の割引きっぷがe特急券。 新幹線乗車にはe特急券と通常運賃の乗車券が必要です。 乗車当日の予約でも購入可。 駅の窓口などでは購入不可。 EX予約サービス 有料会員制ネット予約サービス「エクスプレス予約」の会員専用のチケットレスサービスがEX予約サービス。 自由席の定価より少し安い価格で指定席に乗ることができます。 チケットレスサービスも利用できます。 駅の窓口などでは購入不可。 乗車当日の予約可。 スマートEXサービス 無料会員制ネット予約サービス「スマートEX」の会員専用のチケットがスマートEXサービス。 正規価格とほぼ同額で、指定席のみ200円の割引があります。 チケットレスサービスも利用できます。 駅の窓口などでは購入不可。 乗車当日の予約可。 EX早特21 「エクスプレス予約」「スマートEX」の会員専用の割引チケットです。 21日前までの予約をすることで、通常運賃料金より大幅に安くなります。 駅の窓口などでは購入不可。 EXのぞみファミリー早特 「エクスプレス予約」「スマートEX」の会員専用の割引チケットです。 EXのぞみファミリー早特は3日前までに2人以上での予約をすることで、土休日の「のぞみ」号が大幅に安くなります。 駅の窓口などでは購入不可。 1人利用不可。 平日利用不可。 新幹線の往復チケットとホテルの宿泊代がセットになっています。 チケットが手元にあれば、当日予約なしでも乗車でき利便性があります。 東京〜新神戸で自由席は座れる? 下りは東京駅から乗れば座れます。 品川駅からでも、列車によっては座れます。 上りは、座れないこともありますが、次の新大阪で降りる人が多いので、自由席車両の中央部で立っていれば座れるでしょう。 混み具合にもよりますが、博多発のほうが広島発や岡山発よりも新大阪で降りる人が多いようですので狙い目です。 東京〜新神戸間の新幹線格安旅行術 東京〜新神戸間の格安チケットでおすすめは、「EX早特21」です。 21日前までの購入が必要で、利用時間帯の制限も厳しいですが、条件があれば激安です。 2人以上で土休日に旅するなら「EXのぞみファミリー早特」もいいでしょう。 もし、新神戸にこだわらず新大阪発着でいいのなら、新大阪までJR神戸線で出かけて、新大阪から「ぷらっとこだま」を使う手もあります。 こちらも旅行会社で買わなければならないなど制限も多いですが、価格の安さは魅力です。 金券ショップ利用の場合は、バラ売りの新幹線回数券は指定席用のみです。 この回数券で「のぞみ」も「ひかり」「こだま」も乗れます。 同額なので、「のぞみ」利用がいいでしょう。 指定席回数券の元値ベースでは、普通車自由席の正規価格と同水準の値段です。 ですので、金券ショップの回数券のばら売りと、JR窓口販売の自由席を比べると、JR窓口販売の自由席のほうが安い場合もあります。 購入前に確認しましょう。 JR窓口で購入する場合は、乗車券について「東京〜西明石」の往復きっぷを購入したほうが安くなります。 新幹線特急券は「東京〜新神戸」のみで構いません。 詳しくは「」の項をご覧ください。 東京〜新神戸間利用の場合は、この往復割引を使った裏技が一番安いでしょう。

次の