ヒロアカ273。 ヒロアカ274話ネタバレ考察感想あらすじ!狙われたデク!死柄木VSエンデヴァー!

ヒロアカ275話ネタバレ考察!死柄木がデクと遭遇!イレイザーヘッドが個性抹消! | 8ラボ(はちらぼ)

ヒロアカ273

今回は『僕のヒーローアカデミア』ネタバレ273話最新話速報!デクのOFA45%は死柄木に届くのか、についてご紹介します。 2020年6月1日(月)発売の週刊少年ジャンプ掲載の『僕のヒーローアカデミア』273話のストーリーの予想、考察をしていきます。 タイトルは 「おはよう!」。 超常解放戦線の本拠地である蛇腔病院で激闘を繰り広げるヒーロー達。 しかし、個性増幅装置からついに目覚めてしまった死柄木。 彼の個性による破壊の規模は凄まじく、リ・デストロ戦を思い出させます。 これってプロヒーローでもどうにかなるものでしょうか……? そしてプロヒーローも次々と犠牲に……。 一方その頃、デクをはじめとした雄英生達は地域住民の避難誘導に当たっていました。 デクの他には、お茶子や爆豪、轟、プロヒーローのバーニンといったメンバーが出てきます。 爆豪はともかく、お茶子の「無重力」は救助に向いた個性なのでさっそく本領発揮しそうですね。 口田の「アニマ」で鳥達に避難誘導の手伝いをしてもらっていて、こちらも救助に向いていそうですね。 地域住民のおばあちゃんに「ふわチョコ饅頭あげる」と感謝される、ちょっと平和な場面も。 私もお茶子と同じく食べてみたいです(笑)。 初代OFAの警告! 避難誘導に集中する雄英生達ですが、デクの様子がおかしいです。 彼の頭の中に突然、ある人物の声が響きます。 その人物とは、 初代OFA! 長らく姿を見せていなかった彼はデクに「 来るよ」と警告。 「 人の枷から解き放たれた力の暴走」 「 超越者が来る」 「崩壊」による惨劇 蛇腔病院で目覚めた死柄木を中心に、崩壊が発動! いち早く動いたグラントリノ、エンデヴァー、リュウキュウが他のヒーロー達を担いで必死に逃げます。 ハイエンド達との戦いでボロボロのミルコも、エンデヴァーに抱えられて無事。 しかしクラストが、相澤を救った代わりに崩壊に巻き込まれてしまいます。 個性・抹消でクラストを助けろうとするも、届かず……。 泣き叫ぶ相澤に、崩壊していくクラストは笑顔でサムズアップを返します……。 拡大していく「崩壊」 死柄木の崩壊はまたたく間に蛇腔病院を破壊します。 しかし崩壊は止まらず、病院付近の街も崩していきます。 街にいたワイルド・プッシーキャッツも全力で逃げます。 異能解放軍との戦いで、強化された死柄木の個性・崩壊。 人から人へ、物から物への崩壊が伝播していく個性へと元に戻った死柄木本来の力。 応用性とか関係なく、つくづく破壊のみに特化した大迷惑な個性ですよね……。 プレゼントマイクに捕まったドクターはその慘状を見て、「私達の勝利だ!」と狂ったように笑います。 OFA45%発動! 崩壊が街を飲み込んでいき、ついにデク達のもとにまで……! 普段は不敵な態度の爆豪も、異常事態を前に「走れ!」と必死にみんなを誘導しようとします。 崩壊を少しでも食い止めるために、デクが技を繰り出します。 「 45%セントルイススマッシュ・エアフォース!!」 20%からさらに上がった数値です! しかしどれくらい持ちこたえられるのか。 死柄木が成長してからは任意で崩壊を止められるようですが、この大規模破壊もコントロールできるかは読めないですね。 死柄木自信が目覚めたばかりで、寝ぼけた状態の個性の使用とも考えられそうです。 死柄木がコントロールできたり、誘導の上手いメンバーがいれば逃げ延びるのかもしれません。 幹部達の活躍がまだ控えめなので、ここでメンバーの大半が死ぬとは考えづらいですしね。 むしろこの大混乱でヒーロー達が怯んでる隙に、さらに追撃してきてヒーロー達を壊滅状態に追い込みかねません。 どのみちヒーロー側がピンチを迎えるのは変わりないでしょう。 ギガントマキアはどう動く? 271話で本格的に動き出すことが示唆されたギガントマキア。 彼の正体って未だに謎なんですよね。 個性を持つ人間、というより巨人そのものな印象を受けます。 ヒーロー達とぶつかったら、まさしく災害と言えるような被害が起きそうですし。 もし切島と芦戸に遭遇したら、二人は驚くのかもしれませんね。 OFAがさらなる成長 272話の最後に出てきた、デクのOFA45%! フルカウルでも20%が限界だったのに、大きく力を引き出しています。 最近のヒロアカでは雄英生の訓練シーンは少しだけ出ましたが、想像以上の成長を表していますね。 常時45%ほどを発揮できるのか、危機的状況だから力を振り絞って45%に上げることができたのか、どちらなのかは次回まで待ちましょう。 スポンサーリンク まとめ こんばんは坂本です 皆様いかがお過ごしでしょうか 僕は鼻水が止まらない毎日を過ごしています 会社では相変わらず 4時間残業な毎日を送っています 最近ヒロアカと美食探偵明智五郎にハマり 漫画を買いあさっています 皆様コロナには気をつけて 気を引き締めて行きましょう 以上坂本の近況報告でした — さーもん【🐟🍣】 samonosusi 死柄木によるひたすら理不尽な崩壊に圧倒された回でしたね……。 AFOによる神野町の被害も凄まじかったですが、個性の応用が活かすAFOと異なり、ただただ破壊に特化した個性ですからね。 下手したらAFOより甚大な被害だしてるんじゃないですか? ヒーロー側にも犠牲者が出てしまいました。 クラストの他にも、死柄木のすぐそばにいたエクスレスも崩壊してしまったのでしょう。 エンデヴァーやグラントリノの状況判断はさすがと言ったところだったので、彼らなら逃げ延びるでしょう。 しかしこの回のタイトルって「 おはよう!」なんですよ……。 間違いなく死柄木の台詞ですし、悪趣味が過ぎますね。 拡大していく崩壊、いったいどうやって食い止めるのでしょうか? 次回をお楽しみに!.

次の

ヒロアカ273話274話275話ネタバレ【ヒーローアカデミア感想・考察】

ヒロアカ273

スポンサーリンク 街で避難誘導をするヒーロー達、デクの頭の中に初代の声が聞こえます。 サボるなと言われるデク。 頭の中では止めるんだ、更に揺り戻しがくる、長くは話せない、人の枷から解き放たれし力の膨張、超越者が来ると聞こえ、病院を見ます。 その頃、病院で目覚めた死柄木が寒いと言い突如、爆発が起きます。 寸での所でプレゼントマイクと博士を抱え飛び出してきたグラントリノは、唯一情報のなかった死柄木の強化内容、個性である「崩壊」は、接触したものに「伝播」していくということ、全員逃げろ、ヒビに触れるな、死ぬぞと叫びます。 異変に気付いたデク達のいるふもとにも崩壊が迫りハイエンドやクラストは犠牲となります。 何とか出口まで辿りついたグラントリノ、プレゼントマイクに一緒に脱出した博士は完敗じゃった、この日の為に多くの過程を積み重ねたのじゃろう、じゃが今、奇跡或いは更に向こうへ死柄木は起きた。 ヒーロー達の積み重ねなど寝覚めの一撫でて瓦解する、ワシらの勝ちじゃと笑いながら言います。 スポンサーリンク 状況 堀越耕平「ヒロアカ」273話より引用 蛇腔病院から迫ってくる崩壊の波。 その様子を止まらない、衝撃の類じゃない、全てチリになっていくと表します。 デクは死柄木との会話を思い出します。 俺の五指が全てこの首に触れた瞬間、喉の皮膚から崩れ始め、1分と経たないうちにお前はチリと化すぞ、デクは死柄木の仕業だと確信します。 そして轟も崩壊の波を食い止めようと穿天氷壁を繰り出しますが崩壊の波よりも高い氷壁すらも一瞬で塵芥と化してしまいます。 バーニンの皆退けぇと退避命令を出すと雄英生たちは必死に一般市民を抱えて逃げ出します。 病院、何してんだ、誰か応答しろ、エンデヴァー、リューキュウ、誰か状況を伝えろと叫びます。 スポンサーリンク トガちゃん その頃、蛇腔病院から80キロ離れた郡訝山荘ではホークスを抱えた常闇をみたファットガムの後方に救護班がおる行きと指示を受け飛び立っていきます。 外典による氷の個性技に怒り攻撃するマウントレディに続く中、トガヒミコとコンプレスを補足したんじゃと気づいたヒーローの1人の首を切りつけます。 戸惑うなかでミスターと言い荼毘は逃げねぇのかと言います。 恐らくトゥワイスがやられた多分な、止めたんたが行っちまった。 あんなの自殺行為たぜ、トガちゃんがあんなに冷静さを欠くなんてとコンプレスは言います。 堀越耕平「ヒロアカ」273話より引用 生きにくい、生きやすい世界に、好きなものだけの世界に邪魔ですヒーローとトガが怒ります。 スポンサーリンク 『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』ネタバレ273-274話のまとめ 逃げてと叫ぶデク、そして氷壁で対抗する轟ですがその崩壊は止められません。 その中で死柄木との会話を思い出すデク。 堀越耕平「ヒロアカ」273話より引用 俺の五指が全てこの首に触れた瞬間、喉の皮膚から崩れ始め、1分と経たないうちにお前はチリと化すぞの言葉。 バーニンの合図で市民を連れ逃げ出しますがエンデヴァー達に呼びかけるも病院の状況は伝わってきません。 そして、病院跡地にいる死柄木は起きがありマキアにおいでみんな一緒に、今ここから全てを壊すと連絡します。 一方、蛇腔病院から80キロ離れた郡訝山荘ではファットガムの指示により救護班へと急ぐホークスを抱えた常闇。 荼毘はコンプレスに逃げねぇのかと言いますが冷静さをかき生きにくい、生きやすい世界に、好きなものだけの世界に邪魔ですヒーローと怒ったトガを見守ります。 その頃、No. 1は病院の跡地に向かい死柄木に一直線に突っ込みます。 巨大な力を手に入れた死柄木、崩壊は凄まじい威力を誇ります。 堀越耕平「ヒロアカ」273話より引用 なすすべのないデク達はどうするのか、怒ったトガ、そしてNo. 1に気づきながらも余裕の笑みすらある死柄木、次々巻き起こる展開に目が離せなくなってきました。 次週一体どうなるのか、楽しみで仕方ないですね。

次の

【ヒロアカ】273話ネタバレ確定感想&考察、ヴィラン躍動開始![→274話]

ヒロアカ273

スポンサーリンク 街で避難誘導をするヒーロー達、デクの頭の中に初代の声が聞こえます。 サボるなと言われるデク。 頭の中では止めるんだ、更に揺り戻しがくる、長くは話せない、人の枷から解き放たれし力の膨張、超越者が来ると聞こえ、病院を見ます。 その頃、病院で目覚めた死柄木が寒いと言い突如、爆発が起きます。 寸での所でプレゼントマイクと博士を抱え飛び出してきたグラントリノは、唯一情報のなかった死柄木の強化内容、個性である「崩壊」は、接触したものに「伝播」していくということ、全員逃げろ、ヒビに触れるな、死ぬぞと叫びます。 異変に気付いたデク達のいるふもとにも崩壊が迫りハイエンドやクラストは犠牲となります。 何とか出口まで辿りついたグラントリノ、プレゼントマイクに一緒に脱出した博士は完敗じゃった、この日の為に多くの過程を積み重ねたのじゃろう、じゃが今、奇跡或いは更に向こうへ死柄木は起きた。 ヒーロー達の積み重ねなど寝覚めの一撫でて瓦解する、ワシらの勝ちじゃと笑いながら言います。 スポンサーリンク 状況 堀越耕平「ヒロアカ」273話より引用 蛇腔病院から迫ってくる崩壊の波。 その様子を止まらない、衝撃の類じゃない、全てチリになっていくと表します。 デクは死柄木との会話を思い出します。 俺の五指が全てこの首に触れた瞬間、喉の皮膚から崩れ始め、1分と経たないうちにお前はチリと化すぞ、デクは死柄木の仕業だと確信します。 そして轟も崩壊の波を食い止めようと穿天氷壁を繰り出しますが崩壊の波よりも高い氷壁すらも一瞬で塵芥と化してしまいます。 バーニンの皆退けぇと退避命令を出すと雄英生たちは必死に一般市民を抱えて逃げ出します。 病院、何してんだ、誰か応答しろ、エンデヴァー、リューキュウ、誰か状況を伝えろと叫びます。 スポンサーリンク トガちゃん その頃、蛇腔病院から80キロ離れた郡訝山荘ではホークスを抱えた常闇をみたファットガムの後方に救護班がおる行きと指示を受け飛び立っていきます。 外典による氷の個性技に怒り攻撃するマウントレディに続く中、トガヒミコとコンプレスを補足したんじゃと気づいたヒーローの1人の首を切りつけます。 戸惑うなかでミスターと言い荼毘は逃げねぇのかと言います。 恐らくトゥワイスがやられた多分な、止めたんたが行っちまった。 あんなの自殺行為たぜ、トガちゃんがあんなに冷静さを欠くなんてとコンプレスは言います。 堀越耕平「ヒロアカ」273話より引用 生きにくい、生きやすい世界に、好きなものだけの世界に邪魔ですヒーローとトガが怒ります。 スポンサーリンク 『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』ネタバレ273-274話のまとめ 逃げてと叫ぶデク、そして氷壁で対抗する轟ですがその崩壊は止められません。 その中で死柄木との会話を思い出すデク。 堀越耕平「ヒロアカ」273話より引用 俺の五指が全てこの首に触れた瞬間、喉の皮膚から崩れ始め、1分と経たないうちにお前はチリと化すぞの言葉。 バーニンの合図で市民を連れ逃げ出しますがエンデヴァー達に呼びかけるも病院の状況は伝わってきません。 そして、病院跡地にいる死柄木は起きがありマキアにおいでみんな一緒に、今ここから全てを壊すと連絡します。 一方、蛇腔病院から80キロ離れた郡訝山荘ではファットガムの指示により救護班へと急ぐホークスを抱えた常闇。 荼毘はコンプレスに逃げねぇのかと言いますが冷静さをかき生きにくい、生きやすい世界に、好きなものだけの世界に邪魔ですヒーローと怒ったトガを見守ります。 その頃、No. 1は病院の跡地に向かい死柄木に一直線に突っ込みます。 巨大な力を手に入れた死柄木、崩壊は凄まじい威力を誇ります。 堀越耕平「ヒロアカ」273話より引用 なすすべのないデク達はどうするのか、怒ったトガ、そしてNo. 1に気づきながらも余裕の笑みすらある死柄木、次々巻き起こる展開に目が離せなくなってきました。 次週一体どうなるのか、楽しみで仕方ないですね。

次の