スパイス。 スパイスとは

カレーは4つのスパイスで作れる!マニアにスパイスカレーの作り方を学んだら最高すぎた

スパイス

香辛料の使い方は、その香辛料によって異なってきます。 ですが、使い方が香辛料の種類、食材の種類によって違っても、香辛料は世界中の多くの料理おいて絶対的に欠かせないアイテムといえます。 香辛料の主な使い方としては、ローズマリーやタイムなどの香辛料は、肉、魚などの臭いの強い食材の臭いを取り除くために使い、パプリカやサフランなどの香辛料は、料理の色づけなどに使用されます。 さらに、唐辛子やペッパー(胡椒)のような香辛料のように辛味をつけるために使い、にんにく(ガーリック)やパセリなどの香辛料は、料理に風味をつけるために使用します。 このように、香辛料によって使うための目的が変わってきます。 さらに、唐辛子などの香辛料になると、辛味をつけるだけでなく、彩を添えたりするために使われたり、料理に風味つけるためにも使用されるなど、使う人によっていくらでも使う場を広げることができる香辛料は、ある意味で魔法のお料理アイテムだと思いませんか? 現在、日本の医療には漢方薬やハーブといった自然の力から作られた薬などが注目されています。 香辛料は、現在注目されている漢方薬やハーブといった自然から取れたスパイスなのです。 要するには、美味しい料理も作れて、体に負担をかけずに健康な効果を得られる一石二鳥な調味料なのです。 しかし、基本的に香辛料は使うにしても少ししか使わないので、一度の使用で大きな健康効果を得ることはできませんが、継続的に少量ずつ摂取していくと、気づかないかもしれませんが確実に良好な健康状態を維持することができます。 香辛料を使って健康になるのであれば、少量ずつを摂取していくのが一番良いのですが、カレーやキムチのように、複数の香辛料を少量でも複数使った料理などの場合には、比較的にすぐに香辛料による効果を得ることはできるのですが、そういった料理を毎日大量に食べることはおすすめできません。 飽きの問題もありますが、もし辛いものばかり食べていると、体の別の部分に問題が出てくる場合がありますので、香辛料から、漢方やハーブのような効果を得たい場合には、少量を継続的に摂取することをオススメします。 現在、香辛料はレストランやカレー専門店などの飲食店以外の数多くの一般家庭でも極普通に使われる調味料の1種として扱われています。 しかし、現在では当たり前のように使われている香辛料ですが、昔の日本人にとって香辛料は、とても馴染みのない調味料でした。 当然、馴染みがないのですから、需要もありませんでした。 かといって、日本にまったく香辛料が伝わっていなかったわけでもなく、古事記に香辛料に関して書かれた記述が残されており、754年に日本への渡海に5回の失敗を乗り越えてやってきた鑑真が持ってきた胡椒が残っているともいわれています。 このように、昔から香辛料の存在は知られていたものの、日本人はあまり香辛料を必要としませんでした。 それから香辛料が注目を集め始めたのは、諸外国の料理が日本に入ってくるようになったつい最近のことなのです。 香辛料の存在が広く浸透した理由は、ターメリックやクミン、唐辛子などの多くの香辛料を使ったカレーでした。 それからは、イタリアンブーム、エスニックブーム、そして韓国ブームで一気に香辛料の需要は伸びてきました。 しかし、日本の香辛料の歴史はまだまだ浅いといっていいでしょう。 料理のジャンルは流行り廃りがあっても、香辛料には流行りも廃れもありません。 これを気に、あなたも香辛料上手く使いこなせるようになりませんか? 無限大といっては少々大げさではありますが、ほとんど無限大と言ってもいい香辛料の使い方ですが、それと同様に、食材との相性も香辛料によって変わってきますし、使い方によっても変わってきます。 しかし、すべての香辛料が、すべての食材とマッチするというわけではありません。 香辛料には、それぞれ特徴があり、相性の良い食材と悪い食材があります。 その香辛料と食材の相性の良し悪しをしっかりと見極めて香辛料を使い分けられるようになったら、料理上級者といえるのではないでしょうか? 因みに、具体的な香辛料の使い方の違いというのは、香辛料をそのまま野菜や肉などの食材にふりかけて食べても、イマイチの味と風味にしかなりませんが、香辛料を使って作ったドレッシングやソースなどをかけて食べた方が断然おいしい時がありますよね? もちろん、この逆も然りですが、食材を炒める前にふりかけた方が美味しかったり、逆に出来上がってからふりかけた方が美味しかったりなどなど、こういった使う場面などのことです。

次の

代表的なスパイス一覧(香辛料)|アーユルヴェーダ・インド伝統医学の情報サイト|アーユルヴェーダライフ(家庭の医学・代替医療・予防医学)

スパイス

スパイスは生のままや乾燥、焙煎したりするほか、ホール(原形)のまま、ひいてパウダー状に、つぶしてペースト状にと加工して形状が変わります。 形状によって香りと特性が変わるので、最初にじっくり油で炒めるのは、主にホール、焦げやすいパウダーは主に調理途中に加えるなど、使い方も変わります。 スパイスの種類はいろいろありますが、使う種類を増やせばよいというものではありません。 混ぜる種類が増えるほど特徴の薄い味になり、少ないとそれぞれのスパイスの個性が強く出てきます。 なので、最初はいろいろとそろえる必要はありません。 まずは、ターメリック、レッドチリ、コリアンダー(またはクミン)の3種類のパウダースパイスがあれば十分です。 辛みづけに欠かせない、赤とうがらし レッドチリ チリペッパー、レッドペッパー、カイエンヌペッパーとも呼ばれます。 カイエンヌペッパーという名は、フランス領ギアナの地名に由来するもの。 赤とうがらしを乾燥させた辛みづけのスパイスで、ホールで使うほか、粉にひいたレッドチリパウダーは辛口のカレー粉に加えられたり、一味とうがらしとしてもおなじみです。 品種によって辛さや香りはさまざま。 辛み成分であるカプサイシンは熱に強いのが特徴。 消化を助け、発汗作用で体内の熱を出す効果もあります。 レッドチリは単体のスパイスですが、レッドチリパウダーと混同されがちなチリパウダーは、レッドチリパウダーにクミンやオレガノなど数種のスパイスをブレンドした、タコスやチリコンカンなどに使われるメキシコ風のミックススパイスです。 独特の香りが食欲を刺激 コリアンダー(パクチー) タイでは、パクチー、中国では香菜(シャンツァイ)、英語ではコリアンダーと呼ばれます。 独特の強い香りが肉や魚のクセをおさえ、料理にアクセントをつけてくれます。 すっきりとしたあと味も魅力のひとつです。 葉や茎は火を通しすぎると香りが抜けやすいので、仕上げにサッと混ぜてフレッシュな色や香りを生かします。 スパイシーなカレーの最後に加えると、全体の風味を引き立ててくれます。 根や堅い茎はよく洗って刻み、調理の初めにスタータースパイスとして炒めれば、よい香りが出るので、捨てずに無駄なく使いきりましょう。 タイやベトナム、中国料理のほか、インド料理でもよく使われています。 パクチーの種もスパイスとして利用され、ほのかな苦みとかんきつ類のような、甘く爽やかな香りが特徴です。 カレー料理やカレー粉に多く使われます。 カレーの香りの元になる、基本スパイス クミン カレー粉はもちろん、ガラムマサラや、チリパウダーなどのミックススパイスに欠かせない、ベースとなるセリ科のスパイスです。 爽やかで刺激的な香りとほのかな苦みがあり、油で炒めるとナッツのような香ばしさが出ます。 はじめに油で炒めて元になる香りづけをするスタータースパイスとして、また仕上げに香りを移した油を加える「テンパリング」など、カレーづくりのいろいろな工程で使われます。 食欲をそそるクミンの香りを生かして、北アフリカのクスクス、メキシコのチリコンカンなどの料理のほか、ドレッシングやパン、ケーキ、チャツネなどにも加えられ、炒め物に少々ふると、たちまちエスニック風味になるなど、幅広い用途があります。 ひとふりでスパイシーになるミックススパイス ガラムマサラ インドでいちばんよく使われている代表的なミックススパイスで、数種のスパイスをブレンドしたもの。 ひとふりすればスパイシーな風味に変わるすぐれものです。 辛いと思われがちですが、インドのガラムマサラは、辛みの強いスパイスは、主にブラックペッパーのみというのが基本です。 カレー粉との違いは、黄色の色みづけスパイスの代表、ターメリックや、辛みづけスパイスのレッドチリを加えていないこと。 そのため料理に加えても、黄色い色や強い辛みにはなりません。 辛さよりは香りを生かすスパイスとして使われます。 加熱すると香りがとびやすいので、カレーなどの煮込み料理には、仕上げに加えるのが効果的。 炒め物や煮物、肉や魚の下味をつけるのにも使われます。 日本の市販品にはとうがらしが入っているものがあるので、辛みの強いガラムマサラは、分量を加減するとよいでしょう。 数種類のスパイスがブレンドされた、ミックススパイス カレー粉 カレーはルーにおまかせでも、棚に小さなカレー粉の缶が常備されている家庭は意外に多いのでは。 ひとさじでパッとカレー風味になるカレー粉は、毎日の料理に変化と刺激をプラスする魔法の粉。 カレー粉がいろいろなパウダースパイスをブレンドしたミックススパイスだということは広く知られていますが、少ないもので10種類ほど。 日本のメーカーのカレー粉は、多いもので約30種類ほどのスパイスをブレンドしてつくられています。 それらのスパイスは、香りづけ、色づけ、辛みづけの3つの要素で構成され、それぞれがバランスよく配合されているため、どんな料理に使っても、おなじみのカレー風味にすることができるのです。 またカレー粉の香りは、一定期間寝かせて熟成させることで生まれます。 カレー料理の本場、インドにはもともとカレー粉がなく、スパイスを組み合わせてカレーをつくっていましたが、現在ではさまざまなカレー粉が売られています。 日本独自のミックススパイス 七味とうがらし みそ汁やうどん、そば、焼き鳥などの辛み、香りづけの薬味としておなじみの、日本で生まれ育った、代表的なミックススパイスです。 基本は、とうがらしに、香りや食感のよい食材を組み合わせて7種にし、複雑な味や食感に仕上げられます。 地域や商品によって少しずつ合わせる食材や割合に違いがあり、特徴を出しています。 代表的なものは、それぞれ粗びきにした赤とうがらし、さんしょう、陳皮、青のり。 ホールのまま使われるごま、麻の実、けしの実の組み合わせ。 青のりに代えてしその葉やしその実を。 麻の実、けしの実のどちらかひとつにしてしょうがを加えるなど、さまざまな種類があり、食材のひき方、大きさによっても味が変わります。 赤とうがらしやごま、青のり、麻やけしの実は焙煎し、香りを立たせて使われます。 風味づけ、味のベースと大活躍 しょうが 日本では薬味としておなじみのスパイスですが、ピリッとした刺激と爽やかな風味で、世界各国で使われています。 主な働きは、クセのある肉や魚介の臭み消し効果。 カレーでは、にんにくとともに刻み、はじめに炒めて味のベースになる風味を出します。 すりおろしたり、薄切りにして肉の下味つけで臭みを消す、せん切りにして煮込みの後半に加えるなど、いろいろな工程で使われます。 体を温める効果はよく知られていますが、ほかに食欲増進、消化を助ける働きも。 また抗酸化作用があるとされています。 日本では、生で使われることがほとんどですが、欧米では乾燥させたものを粉末にひいて、ジンジャーブレッドやクッキーなどのお菓子、飲料などに使われます。 またインドでは生を刻んだりつぶしたりして煮出し、チャイなどの飲み物にも加えられます。 スパイスは、基本的に3回に分けて加えます。 はじめにベースとなる香りづけをするホールスパイス。 調理の最初に使うので、スタータースパイスといいます。 代表的なのはカルダモン、クローブ、シナモンの3種。 じわじわと長い間香りが出て、肉との相性がよいスパイスです。 調理の途中に加えて香りをつけるのが、パウダースパイス。 カレーを構成するうえで、欠かせない基本のスパイスは、色づけと香りづけのターメリックパウダー、辛み、色、香りをつけるレッドチリパウダー、香りをつけるクミンパウダー、香りをつけ、全体の調和をとってまとめてくれるコリアンダーパウダーの4種類です。 火が通りやすいので、サッと炒めて香りを立たせるのがポイントです。 仕上げに加えて強い印象の香りをつけるのが、フレッシュスパイス。 刻んだハーブ類をサッと混ぜ合わせます。 パクチーやバジルのほか、少しクセの強い野菜ならほとんどが仕上げのスパイスとして使えます。

次の

香辛料

スパイス

『何気ない日常にスパイスを。 』を合言葉に私たちスパイス堂は、お客様の普段の食卓にちょっぴりスパイスが香る、普段とは異なる食のご提案をしております。 はじめまして、私たちスパイス堂は主に南アジア各国の香辛料を取り扱うお店です。 特にインド産、ネパール産のスパイスに特化し、香りのよい高品質のスパイスをお取扱い易いサイズにて販売しております。 そして、カレーの作り方から、日常の食にスパイスを効かせたアレンジまで幅広く、スパイスの活用をご提案しています。 実店舗は大阪市中央区の谷町6丁目という昔ながらの街並みが残るエリアに御座います。 もしスパイスのことでご不明な点御座いましたら、ご来店された際にお気軽にご質問ください。 その他、店内には輸入の冷凍ハーブや食肉の取り扱いもございます。 店内で販売しておりますスパイス類を使用しての飲食営業もしておりますので是非一度ご賞味ください。 また当店のネパール産スパイスは自社輸入品となります。 このネパール産スパイスは空輸で輸送されるため3日間程度で輸入可能となり、通常2〜3カ月かかる船での輸入に比べて圧倒的に鮮度、香りが良いです。 また、現地に置きましても、日本での発注後に現地パートナーが鮮度の良いスパイスのみを選定し袋詰め、またパウダースパイスに関しましてはそのタイミングで粉末にし、袋詰めにします。 予めご了承ください。 配送・送料について 佐川急便 送料料金表 (大阪からの発送となります) 北海道 北海道 1500円 東北 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県 1100円 関東 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 950円 中部 新潟県 山梨県 長野県 950円 福井県 石川県 富山県 静岡県 愛知県 岐阜県 950円 近畿 三重県 和歌山県 滋賀県 奈良県 京都府 兵庫県 850円 大阪府 950円 中国 岡山県 広島県 鳥取県 島根県 山口県 950円 四国 香川県 徳島県 愛媛県 高知県 950円 九州 福岡県 佐賀県 長崎県 大分県 熊本県 宮崎県 鹿児島県 950円 沖縄 沖縄県 1500円 3営業日以降(土日祝を除く)から配送希望時間帯をご指定出来ます。 ただし時間を指定された場合でも、事情により指定時間内に配達ができない事もございます。

次の