シャニマス トゥルー エンド 研修。 Da極でシャニマス攻略 TrueEnd編

【シャニマス】True End研修が実装されたのでやってみた

シャニマス トゥルー エンド 研修

TrueEndとは? TrueEndとは、 「W. G」編のプロデュースである条件を満たすことで見ることができるエンディングです。 TrueEndに到達することで専用のEDを見ることができ、さらに フェザージュエル(いわゆる石)を大量にもらうことができます。 貰える石はそのとき担当したプロデュースアイドルのレアリティによって異なり、• SSR:石6000個• SR:石3000個 これだけの石を貰えるので、可能な限り回収しておきたいところですね。 TrueEndの条件 TrueEndを見るために必要な条件は2つです。 プロデュース中にファン数50万人を達成する(Aランク以上でクリア)• Gで優勝する つまりTrueEndを見るためには、しっかりステータスを上げながらファン数を稼ぐために何度もオーディションで勝ち上がっていく必要があります。 さらに一度きりしかチャンスが無いW. Gで優勝しなければならない厳しい道のりです。 True End達成のために必要なこと TrueEndを達成するために必要なことは主にこの3つです。 サポートアイドルの育成• True ENDを目指すためのスケジュールを把握• オーディション・フェスへの理解 TrueEndを目指すには、プロデュースの基本であるスケジュールの組み方などのコツを掴んでおく必要があります。 さらにオーディションに何度も勝ち抜かないといけないので、それらの知識も必要です。 中でも最も重要なのが「サポートアイドル」の存在。 優秀なサポートアイドルをどれだけ持ってるか、どれだけ育成してるかによってTrueEndの難易度が大幅に変化。 オーディションを勝ち抜くためにも、ステータスを上げるためにもサポートアイドルの重要性は非常に高くなっています。 サポートアイドルについて サポートアイドルのLvは非常に重要 シャニマスはガチャゲーなので手持ちのSSRなどの強さにもよりますが、 特に重要なのはアイドルのLvです。 サポートアイドルのLvを上げることで、様々なスキルを覚えたり、オーディションでのアピール値が増えます。 スキルは主に、プロデュース中のアイドルの成長に大きく影響。 この スキル次第で強力なアイドルが生まれると言っても過言ではありません。 スキルの例としては、レッスンやお仕事でステータスの上昇量が増えるものや、オーディション合格時にステータスがプラスされるものなど様々。 ある程度Lvが上がらないとスキルを覚えない上に、覚えたとしてもスキルレベルが低いままなのでやはりサポートアイドルのLv上げは必須です。 限定のサポートSSRは強力なものが多いです。 また オーディションでのアピール値もLvを上げることで増えていくので、オーディションの結果にも影響します。 TrueEndを目指すにはかなりの回数オーディションを受けないといけないので、しっかりLvを上げて合格を安定させていきましょう。 どのアイドルを育てたら良い? ガチャの引きが関係するのでこれについては手持ち次第なのですが、簡単な目安を紹介します。 基本的にはオーディションのアピール値が高い SSRを育てていくことがオススメです。 SSRなら特訓ができていない状態でも、高いアピール値を出すことができるのでオーディションの合格が安定します。 また SRにも優秀なサポートアイドルは存在します。 SSRと比べるとステータスやスキルが劣りますが、SRは簡単に4凸(最大まで特訓済み)を入手することが可能です。 最大特訓によって強力なライブスキルが解放されるので、それがオーディション突破に役に立つこともよくあります。 ちなみにイベントで入手できるサポートSSRは簡単に最大まで特訓することができ、能力もそこそこです。 得意なタイプ アイドル名 Vo 【放課後スノーガールズ!】小宮果穂 【迷走チョコロード】園田智代子 【3名様極楽旅行記】西城樹里 Da 【メロウビート・スローダウン】三峰結華 【秘密のがんばり】大崎甘奈 【意地っ張りサンセット】西城樹里 Vi 【虹待ちレインドロップ】 有栖川夏葉 【娘・娘・金・魚】幽谷霧子 サポートアイドルの編成 サポートアイドルを編成するときは基本的に Vo,Da,Viのどれか1つに絞って編成します。 オーディションで勝ち抜くためにも、同時に2つのタイプを育てるのはあまりオススメできません。 ユニットに加えるサポートアイドルは目安として、 全員60Lvほどあれば安定しやすいです。 先ほど解説したとおり、Lvはサポートアイドルのスキルやアピール値に大きく影響するので、TrueEndを目指すなら必須と言えます。 またLvを上げるために必要なトレチケは、主にミッションをこなしたりプロデュースをクリアすることで入手できます。 つまりは何度もプロデュースを続けてると、いずれTrueEndが見えてくるということですね! ショップで安い方の金のトレチケは優先的に買っておきましょう。 TrueENDに向けてプロデュースする TrueEndを目指すとき、プロデュースの大まかな流れはこの通りです。 シーズン1:ラジオ収録を優先的に行いファン数1000人を目指す。 オーディションは1回のみでOK。 ここでBランクになっておく。 シーズン4:オーディションでAランクを目指す。 あくまでも目安なので、必ずこの通りに進める必要はありません。 まずはそれぞれのシーズンについて詳しく解説していきますね。 シーズン1 シーズン1では基本的に 「ラジオの収録」を繰り返し行っていきましょう。 ラジオ収録で上がる「 メンタル」はオーディションを安定して突破するためには必須です。 なぜメンタルが必要なの? メンタルとはオーディションにおいて、いわゆるHPの役割です。 メンタルが低すぎると、運悪く審査員の集中攻撃を受けてしまった場合、即失格になるおそれがあります。 さらに残りメンタルの割合によって、PERFECTの出しやすさが変わるのでメンタルが多いと攻略が安定しやすいです。 シーズン1での目標ファン数は1000人なので、 オーディションに行かずともラジオ収録のみでファン数を集めきることができます。 さらに運良くラジオ収録のレベルが上がると、ファン数を稼ぎやすくなるのでクリアは容易です。 体力がなくなってきたらしっかり休んでトラブルが起きないよう注意しましょう。 他のお仕事(トーク、雑誌)もファン数が稼げるので、サポートアイドルが多く集まる場合はそちらを選択するのもオススメです。 またアイドルとの約束がある場合は、 なるべく約束を優先していきましょう。 約束はこなすことで上がる 「思い出アピール」は、オーディション攻略において非常に役に立つので上げれるうちに上げておくのが良いです。 約束を優先しすぎてファン数が足りないならオーディションも視野に入れなければいけません。 (約束についてはあとで詳しく解説します。 ) シーズン2 シーズン2では、 ひたすらレッスンまたはお仕事をしてステータスを伸ばしていきます。 基本的には伸ばしたいステータス(Vo,Da,Viのいずれか)のレッスンをしていきましょう。 レッスンやお仕事は、 なるべくサポートアイドルがいるところを狙っていくと良いです。 他のサポートアイドルと一緒にレッスン(お仕事)をするとサポートアイドルのスキルに合わせた効果が得られます。 オーディションは「ファン数+10000人」のものを1回クリアするだけでOKです。 シーズン2のオーディションは難易度が低く、サポートアイドルがしっかり育っているなら 負ける要素はないので安心して臨みましょう。 この時点でBランクになっておかないと、シーズン4でのAランクがより困難になるのでしっかりファン数を稼いでおきましょう。 シーズン2とやることはほとんど同じですが、オーディションの難易度が上がってるのでそれに備えてステータスを調整します。 シーズン3で受けるオーディションは2つ。 「SPOT LIGHTのせいにして…」と「踊っていいとも?増刊号」を1回ずつ。 「踊っていいとも?」はそこそこ難易度の高いオーディションなので、 流行のタイプをしっかり確認しながら挑戦していきましょう。 流行が噛み合わない場合ファン稼ぎをシーズン4に回すのもアリですが、シーズン4のオーディションはより難易度が高いです。 流行2位でも審査員2位狙いで十分合格狙えます! シーズン4 シーズン4は 総ファン数50万にするのが目的です。 そのためシーズン3でBランクになっていたとしても、 最低4回ものオーディションに合格する必要があります。 (「THE LEGENDS」ファン数+10万、「オールアイドル感謝FESTIVAL」ならファン数+5万) さらにオーディションの難易度が高く、自分の流行に合わせたものであっても競り負ける可能性もあるので非常に厳しいスケジュールになってきます。 そのため自分の得意な流行1位のときにのみオーディションに挑むのではなく、 流行が2位でもオーディションに行きましょう。 むしろ流行1位は他のライバルから狙われやすいので競り負けやすく、流行2位で受ける方が安定するかもしれません。 (自分の得意なタイプにもよります。 詳しくは後述) Lv3になるとゲージの溜まりが素早く、全体へのアピールも十分にあるので非常に強力です。 スキルパネルについて スキルパネルは、オーディションを突破するためにも ライブスキルを優先的に取っていくのがオススメです。 (ライブスキルとは「Vo2. 5倍アピール」などのオーディション中に選択して使用するもの。 ) 基本的にはサポートアイドルのアピールより、 プロデュース中アイドルの方が効果の大きいアピールをすることができます。 ですがプロデュースするアイドルが最初から持っているライブスキルは非常に貧弱です。 1倍アピールやメンタル回復なんかが手札に来ても邪魔なだけなので、安定して突破するためにも 最低2つ以上(できれば3つ)のライブスキルを取るようにしましょう。 オーディションについて TrueEndを目指すには、様々なオーディションやW. Gを勝ち抜く必要があります。 各オーディションについてはある程度対策することは可能です。 しかしランダム性が大きく、ライバルの調子や審査員の残り体力など、そのときの状況次第によって立ち回りが大きく変化します。 そのため オーディションの基礎をしっかり理解しておくことが重要です。 基本的にシーズン4より前のオーディションは、 流行さえ合っていれば簡単に合格できます。 なので最も苦戦するであろう、シーズン4とW. Gについて解説していきますね。 シーズン4(THE LEGEND) シーズン4で最低4回以上受けないといけないオーディション「THE LEGEND」。 このオーディションでは、 育てているステータスによって流行の挑むタイミングが変わります。 THE LEGENDに挑むべきタイミングはコチラ。 自分の得意なタイプ 流行 Vo 2位 Da 2位 Vi 1位 その理由を解説していくと、 Vo,Daで流行1位を狙ってくるライバルは約12700ものアピールを飛ばしてくるので、 正面から挑むと競り負けるおそれがあります。 そのためVoとDaは、ライバルのアピールが弱い流行2位のときに挑むと勝ちやすいです。 逆にViの場合は流行1位のときにオーディションを受けましょう。 流行Vi1位だと、流行1位狙いのライバルはアピールが弱く、逆に流行2位の場合はアピール約12700を飛ばしてくるので注意。 自信がなければ難易度の低い「オールアイドル感謝FESTIVAL」(ファン数+5万人)に挑むのもアリです W. G準決勝 W. G準決勝はオーディションとは違い、 必ず1位を取らないといけません。 ですがライバルの強さはTHE LEGENDよりも少し弱いです。 そのため流行1位が自分の得意なタイプならゴリ押しでほぼ勝てますが、問題は流行2位以下の場合。 流行2位以下の場合は、確実に1位を取るため審査員へのLA(ラストアピール)を意識して立ち回る必要があります。 特に流行1位狙いのライバルには要注意です。 流行1位狙いのアイドルがトップアピールとLAを取ってしまうと、その時点で負けがほぼ確定するので確実に阻止しましょう。 相手の攻撃順や、アピール量をある程度見ておくと良いです また特徴として 流行がVo1位の場合は、ライバルの1位審査員へのアピールが弱いので、不得手なタイプでも1位を狙っていれば簡単に落とすことが可能。 ここで思い出アピールLvが3以上だと、タイプに関係のない高アピールでLAが狙いやすく非常に心強いです。 アピール値と思い出アピールのLv次第では、流行不一致でも1位狙いであっさり勝てることも! W. G決勝 W. G決勝も1位を取らなければいけません。 基本的にはセオリー通りに得意なタイプの1位か2位とLAを狙っていきます。 またタイプ不一致でも、流行1位がDa、Viならアピール約9000飛ばすだけでも、十分に1位の審査員を落とすことが可能です。 ですが流行1位がVoの場合は要注意! Vo特化の緑色シルエットのライバル(夏葉)が非常に強力! この夏葉シルエットは流行1位のみを狙ってくる行動パターンで、流行がVo1位だった場合約14000ものアピールを飛ばしてきます。 そのためこの夏葉シルエットにLAを取らせないことが重要です。 GoodやPerfectなど攻撃順を確認したり、審査員の残り体力には常に注意を払ってLAを狙いましょう。 正面から殴り合う場合は、それ以上のアピールを出すか夏葉シルエットの行動がGoodであることを祈るしかありません。 (それでもアピール1万ほど) また流行が噛み合わなくて安定しない場合は「 流行雑誌」を使うのがオススメです。 流行雑誌はそのときのオーディションの流行をランダムで変化させるアイテム。 あくまでもランダムなので自分の望むようになるかはわかりませんが、保険として持っていくと役に立つかもしれません。 おわりに 正直な所TrueEndが成功するかどうかは、 運が絡みます。 もし失敗してしまった場合は、 サポートアイドルの育成不足か オーディション時アピール値が足りてないのか オーディションでのコツがわからないのか 今回は運が悪かったのか など、どこに原因があるのかしっかり振り返っておくと次の成功につながりやすいです。 TrueEndに失敗してもいくつかのトレチケが手に入り、サポートアイドルを強化できます。 なので失敗しても無駄ということはないので、 諦めずに何度もチャレンジしていきましょう!.

次の

【シャニマス】TrueEnd研修の感想

シャニマス トゥルー エンド 研修

どうも、ともせです。 今回はトゥルーエンドの攻略について書いていきたいと思います。 つまりこの記事は、トゥルーエンドってどうやるのーとか、上手くできないから調べてみた、という人向けへの内容になります。 属性はどれでもいいです、というか最初は一番自身あるというか、揃ってる属性で行けばいいと思います。 実際私自身も、ほぼdaでしかトゥルー取ってません。 トゥルーエンドを見て石を回収できるようになって、サポートが揃ってきたら、voでやるのがいいんじゃないでしょうか、少なくともwing決勝で困らなくなると思います。 ちなみに私は揃ってないのでvoでトゥルー取った事はありません!!! 爆 育成方法について 採用カードは属性によって変わるので、各属性の強いカードなどは後でまとめてリンクでもつけておこうと思います。 とりあえずほぼ固定になる灯織だけ紹介しておきましょう。 ・魔法の階段を上って…… お馴染みのこのカード、オーディションマスタリーSPという、オーディションを1位でクリアするとSPが増えるという、必然的にオーディション回数が増えてレッスン回数が減る、トゥルーエンド等では必要となるカード。 ・星掬い藍仰ぐ もう1枚はこのカード、10月末くらいに出た限定カードで、まるでヤケクソにでもなったかの様に強いスキルをぶち込んだカード。 どっちかの灯織は入れることになるでしょう、後は育てる属性のオデマスがあると育成適当でも結構強くなるので、あるなら入れましょう では本題の育成方法について解説していこうと思います。 私が知ってるトゥルーエンド狙いでの育て方は2通りあります。 ・ シーズン3で2回オデをクリアして、シーズン4で10万オデのザレジェンドを5回クリアして50万にする方法 個人的にですが、これがメジャーというか、大体この方法でやってるんじゃないでしょうか? このやり方は正直オススメはしません、理由は10万オデのザレジェンドが安定しないからです。 10万オデは全順位にスピアがいて、手札やパフェの回数によってはたまに負けたりします。 適当にもやりづらいのが難点ですね。 ・ シーズン3全部オデクリアして、シーズン4で1回オデクリアして50万にする方法 これがオススメですね、200万超えとか、Pカップ走る時にやるやり方の最初だけバージョンです。 さっきの方法だとオデ回数7回に対して、こちらの方法だとオデ回数は9回と、2回分多くなりますが、wingに勝つだけなら誤差です、誤差。 こちらの方法の利点は、簡単にできることですね、何も考えなくてできます、シーズン3のオデは流行がなんだろうが1位をずっと叩いてれば勝てます。 そうなると当然前の方法より1位回数が増えるので、オデマスがより輝く方法となります。 オーディションについて 育成方法は説明したので、次はオーディションについて話したいと思います。 と言っても、そこまで説明するものもないです、普段やってれば絶対やるオーディションですからね。 シーズン3は相変わらず流行1位狙いで勝てます。 シーズン4は10万オデのザレジェンドに注意しましょう、このオーディションは、ライバル達がそれぞれ各流行狙いがいるので、BADなど出してしまうと負けてしまう可能性があります。 先ほど説明した育成方法の、後者の方法なら1回しか受けないので、得意流行が1位の時に受ければ安全に抜けれると思いますが、前者の場合はしっかり気合入れてやりましょう。 前者の育成方法の場合は、5回受けなければいけないので、とりあえずしっかりとやりましょう、負けると1週分無駄になっちゃいますからね。 といっても、多少週を無駄にしたところで、そこまで響くものでもないんですけどね。 そして迎える本番のwing!もう正直今までのなんてどうでもいいんですよ!! 暴論 ここまで説明すれば、ステータスはどうにせよ、50万は稼げるようになってると思います。 問題はここから、例えファンを50万すら超え、100万200万と稼いだとしても、結局wingで優勝できなければ、トゥルーエンドは見れません、石ももらえません トゥルー報酬 意外と侮れないwingですが、 まあ準決勝は流行1位狙いで勝てます、下手なこと考えないで勝ちに行きましょう!注意点としては、審査員の体力が低く短期決戦になりやすいので、今までと同じく、ミスは厳禁、アピールは集中して押しましょう。 万が一トップアピール取られた場合ですが、奇跡を祈って2位のトップアピール&ラストアピール取りましょう。 ・ wing決勝について このゲームを普通にやっても、トゥルー狙いでやっても大半のプレイヤーに襲いかかるこのwing決勝。 愛しの夏葉シルエットであるアイドルCに何度泣かされたかわかりません。 と言っても、流行1位がvoでなければそれでも驚異でもなく、流行1位がdaかviなら流行1位狙いで勝てます。 問題はvoが流行1位の時。 運ゲーになりがちです、大体アイドルCが猛威を奮るせい。 トゥルー狙いのステで流行1位狙いだと、運良くバフと高倍率アピールが来ないと戦いにすらなりません。 なので私のオススメは2位狙いで1位のラストアピールを取る事です、取れなかったら負けです。 アイドルCのアピールのパフェ具合で1位狙いなど考えたりできますが、上手く立ち回ろうと、vo1位の時点で茨の道であることに変わりはありません。 結局一番の対策は、流行変えれる雑誌を持ってくることなのかもしれません。

次の

【シャニマス】True end研修 仕様と攻略まとめ 全員True見るのも夢じゃない!?

シャニマス トゥルー エンド 研修

TrueEnd研修• TrueEndへの進め方を体感できる、TrueEnd研修。 まだまだTrueEndに達成するのは難しいと言われてます。 初心者ミッションをクリアしたプロデューサーが、TrueEnd研修が受けることができます。 普通にプレーしれていれば、初心者ミッションはクリア出来ているはずなので、研修を受けれるはずです。 プロデュースアイドル選択 研修で選択できるアイドルはガシャで手に入るSSRが選べます。 最初にでたSSRに限られますので持っている方も多いですが、ストレイライトとかは最近追加されたので、持っていない人も多いのではないでしょうか? 自分は冬優子をもってなかったので冬優子を選びました。 TrueEnd研修用特別編成 あくまで研修用ですので、サポートも特別編成になってます。 全アイドル4回特訓済みだし、サポートのレベルもMAXです。 開幕からスキルパネルがイベント以外のもを除いて、全て開いてます。 上限解放もライブスキルも取りやすい環境になってます。 今回アップデートで追加された専用流行雑誌が2冊と、コミュがわかる秘密のメモ帳を持ち込めます。 雑誌はW. の準決勝と決勝で使用できますし、メモ帳は自分も未だに使っていますし、外せないアイテムですよね。 プロデュースの進め方 各シーズン事に目標となる項目が出てくるので、なれてない方でも進めやすいです。 シーズン1目標 シーズン1からオーデション受けるのに、ラジオやトークでファン数1000人以上ってあるのがね、ちょっと個人的に面白いです。 もちろん目標に達成しなくても進めますが、この目標通りに進めるが良いです。 基本的な流れにそっていますからね。 慣れてきたら自分なりの進め方が出てくるはずですので、自分なりに考えて見るのも良いですね。 プロデュースアイドルやサポートの編成でがらっと変わりますからね。 正解はないんですよ。 シーズン2目標 この辺から目標達成が難しくなってきます。 サポートやエクセレントや思い出が絡んできますからね。 シーズン3目標 ファン数10万人以上獲得しようになってますが、20万人獲得していくのが自分のやり方ですね。 いつもどおりにやったら2回不合格受けましたが…w シーズン4目標 思い出1なのが辛い。 この辺は運要素もあるので厳しい。 ステータスは悪くはなかったのですが、思い出でフィニッシュが取れないのはかなり辛かった。 準決勝、決勝 準決勝や決勝になると、雑誌の使用を進められます。 流行1位をアピールするだけで合格しやすくなります。 2冊持ち込んでいますし、残しておいても意味もないですからね。 研修ですので使ったほうが良いです。 決勝も同じく流行が違うので雑誌を使います。 決勝では夏葉が流行1位ばかりアピールをしてきます。 決勝の夏葉はVocal属性ですので、流行1位がVocalだと星は取られてしまうことが多いです。 自身のジャンルによりますが、決勝はVocalを避けたほうが合格しやすいです。 研修修了 この通りにやれば必ず優勝出来る訳ではないですが、自分は1発で優勝できました。 TrueEndを達成すると研修終了で、報酬で達成したアイドルがもらえます。 TrueEndミッションも達成できるので、持っていないアイドルでやるのが良いです。 アイドルも貰えてジュエルも増えて良い研修ですね。 感想 ある程度ゲームをやり込んでいる人にとっては流れは掴んでいるので優勝はしやすいと思います。 けれど環境が違うのでいつもの感覚でやったら優勝するのが難しいかもれませんね。 イベントが全部見れなかったのが心残り。 またプロデュースすれば良いんですけどね。 ぶっちゃけ自分は課金をしまくって、歌姫周回をしてサポートも充実してるので、自分自身はTrueEndは結構楽なんですけどね。 みんながみんな課金している訳ではないですし、CPUの動きがわからなかったり、サポートが充実してないと実際は難しいですよね。 自分も何回か所見の手札だけでTrueEnd目指してみましたが、優勝するのすらできなかったですから。 サポートの重要性ってでかいなって感じましたね。 冬優子からもらった石をどうするかが悩む。

次の