公務員試験 予備校 社会人。 大学生におすすめの公務員試験予備校比較ランキング・ベスト3

公務員試験対策は独学? それとも予備校? 模試は受ける必要ある?

公務員試験 予備校 社会人

今回は、公務員試験合格において、予備校に通うことは必要なのか? について書こうと思います。 予備校には通っていません、独学です。 僕が独学で公務員試験に合格できたのは、『公務員試験 受かる勉強法 落ちる勉強法』という本のおかげだと言っても過言ではありません。 これから、公務員試験合格に関する記事をいくつか書いていく予定ですが、『公務員試験 受かる勉強法 落ちる勉強法』をもとに、僕が実践した内容を書く予定です。 予備校の存在価値っていうのは、現在は、ほぼ終了していると、個人的には思ってます(公務員試験の行政職の場合ね)。 『どういう風に勉強すれば合格できるのか』っていう、勉強の指針がなかった時代では、予備校の存在価値はあったのでしょう。 でも、現在は、『公務員試験 受かる勉強法 落ちる勉強法』という、公務員試験の勉強のやり方本がでてるので、これを読めば、コト足りてしまいます。 ただ、この本は、行政職合格にターゲットを絞っているため、行政職以外、たとえば、農業職や化学職などを目指す場合は、この本だけでは、情報が不足してしまいます(勉強のやり方の部分は参考になるんですが、農業職など参考書に関する情報や、行政職以外の勉強法に関しては、のってない)。 だから、行政職以外の専門職(農業職や化学職など)を目指す場合は、市販の参考書で良いものがなかったりするので、予備校に通うのもありかもしれません。 行政職にかんしては、すでに、わかりやすい参考書がたくさん出版されているので、『公務員試験 受かる勉強法 落ちる勉強法』をもとに、地道に勉強していけば、独学で合格できます。 今、予備校の授業って、映像タイプ(録画されている有名カリスマ講師の授業を見る)が主流ですよね。 授業のメリットっていうのは、その場で疑問に思ったコトを、すぐに先生に質問できる点 だと思うんですよ。 でも、この映像タイプの場合、疑問に思ったコトがあっても、映像なので、質問できません。 これじゃあ、授業の意味がない。 本だと復習が簡単だけど、映像だと復習しづらいのも、欠点です。 社会人の方で公務員試験合格を目指す人もいると思いますが、安易に予備校に流れないように注意。 受験勉強の極意は『復習』なんですが、この復習が、予備校の授業の場合、非効率になってしまいます。 映像タイプで復習しようとすると、聞きたいところを探して、そこから再生ってことになりますが、いかんせん時間がかかりすぎる。 その点、本なら、その部分をぱっと流し読みして復習できちゃいます。 自分で書いたノートを復習するにしても、汚い字だったら、読みづらいです。 たとえば、カリスマ講師の授業を受講したとしましょう。 カリスマ講師が黒板に書いた内容や、しゃべった内容をノートに書いたとします。 でも、そのノートに書き写したものって、結局、世の中に出版されている参考書に書いてあるようなコトだからね。 無駄な行為をしてるわけです。 だったら、はじめから参考書を読んだほうがいい。 僕は、このコトに中学生のときに気づきました 「え、ノートに書く行為って、無駄じゃね?何でみんな必死に書き写してるんだろ?バカだなあ」 授業中は、市販の参考書や問題集を、もくもくとやってました。 授業も聞いてないし、ノートもとってない。 特に、社会人で公務員試験(行政職)を目指す人は、もともと時間をあまりさけないわけですから、『公務員試験 受かる勉強法 落ちる勉強法』を使って、独学で勉強することをオススメします。 スポンサード リンク 公務員試験の記事•

次の

公務員試験合格を狙うなら予備校に通ったほうがいい!?社会人にはオススメしません

公務員試験 予備校 社会人

クレアールの3つのポイント! ・格安のWeb通信! ・個別担任制でサポート万全 ・受講期限の延長ができる クレアールは東京都千代田区に校舎のある、 Web通信講座に特化した予備校です。 Web通信校ですので知名度はそれほど高くないかもしれませんが、公務員試験では長年の実績ある学校です。 社会人経験者コースには特に力を入れており、通常コースのほかに、 特別区コースと 札幌市型コースもあります。 社会人経験者採用試験に加え、 年齢上限の高い教養のみタイプの市役所試験の併願にも対応。 充実の一般教養講義から小論文、経験者論文、個別指導付の経験者面接対策講座と、リーズナブルなのに手厚い内容となっています。 単科講座も充実しており、たとえば 添削2回つきの経験者論文や、 面接シート添削2回つきの経験者面接も低価格で受講できます。 忙しい社会人の方には大変おすすめの学校です。 スタディングの3つのポイント! ・スマホで受験対策できる! ・大卒教養型受験に特化! ・格安のオンライン通信講座! スタディングはスマホやタブレット・パソコンを使ったオンライン通信講座。 コースに含まれる科目は、数的処理 数的推理・判断推理・空間把握・資料解釈 、文章理解 現代文・英文 、経験者論文、経験者面接。 これら全ての動画とテキスト、問題集はオンライン上にセットされているので、いつでもどこでも勉強できます。 アプリを使うと隙間時間にオフラインでの学習も可能なので、仕事と両立しながら公務員を目指せます。 メールアドレスやSNSアカウントでお試し登録できるので、まずは 無料体験がおすすめです。 東京アカデミーの3つのポイント! ・ALL生講義 ・面接対策に強い ・高い合格実績 東アカの授業は全て生講義。 講師による直接指導だからこそ、わからない部分もすぐに解決。 サポート力の高さで人気の学校です。 東京アカデミーの講座は全国統一ではなく、各地区に合わせたコース内容となっており、社会人経験者コースの内容も地域によって異なります。 たとえば関東エリアでは、 教養と人物対策を合わせたコースと、 人物対策のみのコースがあります。 人物対策のみのコースでは、論文対策と面接対策に絞った内容となります。 論文対策では、職務経歴書に加え、経験者論文と課題式論文、どちらにも対応。 面接対策では、個別面接のみならず、集団討論も対応。 比較的リーズナブルな価格で、必要な対策をもれなく実施します。 <新設>社会人経験者の通信講座 通信講座でも定評のある東京アカデミーでは、社会人経験者に特化した通信講座ができました。 教材テキストを中心とした学習になりますので、費用を抑えて無駄のない学習が可能です。 詳しくは資料請求にてパンフレットをご覧ください。 コース参考料金 ・クイックマスター経験者採用 ・経験者採用専願コース 2020年合格目標 115,000円〜 2021年合格目標 200,000円〜 更新:2020. 2017年度版では「大学卒業後にチャレンジ」「民間企業から転職」された合格者81名の方の声が掲載されていますので、ボリュームがあります。 なかでも面接試験エピソードは必見です。 既卒・社会人ならではの対策を知りたい方は、手にとってみてはいかがでしょうか。 こちらの体験記は資料請求すると手に入ります。 TACの3つのポイント! ・大卒レベルに強い! ・通信講座も人気高い! ・合格実績が高い! 大卒区分の試験において、TACほど多くの合格者を出している学校はないと思われます。 間違いなく実力校です。 TACの民間経験者採用試験向け専用コースでは、教養試験で出題される一般知能分野を徹底攻略し、さらに社会科学・人文科学・自然科学分野においては頻出分野を重点的に学習し、効率良く知識を習得できます。 合格の要となる、職務経験論文や職務経験面接対策も実施。 論文添削の回数無制限・模擬面接回数無制限ですので、納得いくまで取り組むことができます。 通学でのライブ講義のほか、Web+音声DL通信講座も選ぶことができるので、近くに教室がない方も検討の余地ありです。 社会人 民間 経験者採用試験とは 国家公務員や都道府県・政令指定都市では、民間企業での社会人経験者を採用する試験を毎年実施しています。 受験資格は 職務経験者4年以上とする試験が多いですが、特に指定がない場合もあります。 試験内容は 教養・論文・面接が中心、 専門試験がなく、教養試験のみのことが多いです。 試験自体の難易度は、一般試験と同じorやや易しめ。 倍率は職務経験の指定がない一般行政区分では高め傾向、指定がある場合はそれほど高くないことが多いです 民間から公務員へ転職を考えている方は、経験者採用試験のほか、年齢上問題なければ一般行政職試験を併願することも可能です。 一般行政職との併願受験を考えている方は、を参考にしてください。 具体的に合格実績まで知りたい!という方は、以下の記事も参考にしてくださいね。 参考:.

次の

受験プラン 「社会人編」 |公務員|資格の学校TAC[タック]

公務員試験 予備校 社会人

公務員試験の対策として、通信教育、予備校通学、独学の3つのパターンがあります。 おそらく、公務員試験の受験を決意した段階で、誰もが悩むことだと思います。 通信、通学、独学のメリット・デメリットを紹介しますので、参考にしていただければ、と思います。 WEB・DVD通信教育・講座 自宅でWEB・DVDによる講義を視聴することができるので、通学など無駄な時間を削減することができます。 また、公務員予備校のノウハウが詰まったテキストによって要点を絞った・効率的な試験対策をすることができますので、個人的におすすめの手段です。 通信講座は忙しい会社員・アルバイトとして働く、社会人・学生に評判が良い公務員試験対策です。 また、欠点は一人で勉強するのが苦手だと続かないということです。 ある程度は「公務員試験合格!」の意識の強さが必要になってきます。 *集団・個別面接指導、論文・作文添削、適性試験・検査、公務員模試などのサポートをしてくれる通信予備校も多いです。 メリット• 要点を絞った効率的な試験対策ができる• 通学に比べて費用が安い• 忙しい会社員・学生でも空いた時間に学習できる デメリット• 予備校に行く回数が少ないので友達を作りにくい• サボろうと思えばいくらでも妥協できる• 今すぐ直接質問・指導を受けるのは難しい 通学教室・予備校 通学教室では同じ公務員試験合格を目指す仲間と勉強することになりますので、友達を作りやすいメリットがあります。 また、仲良くなれば、公務員試験情報の交換もできますし、モチベーションは上がるでしょう。 さらに、公務員試験のノウハウを持った、専門講師が授業してくれますので、集中して勉強しやすい環境を作ることができますので、中身の濃い学習をすることができます。 しかし、デメリットで言うと、通信教育に比べて費用が高いため、そちらに流れている受講生も多いようです。 また、自宅から距離が遠い方や忙しい会社員の方にとっては通学は過酷なモノになってしまう場合があります。 費用は多少掛かっても、公務員試験に専念したい!という方におすすめです。 メリット• 公務員専門講師の授業を生で聴ける• 一緒に公務員を目指す友達を作りやすい• 妥協しにくい環境を作ることができる デメリット• 通信に比べて費用が高い• 通学に掛かる時間が無駄• 自分のペースで勉強を進めることができない 独学・市販テキスト 独学には公務員予備校のように、カリキュラムは存在しません。 そのため、自分の学びたい教科を好きな時間帯に勉強することができます。 自分の勉強方法に自信を持っていて、成績も合格圏内であれば、あえて公務員通信・通学講座を利用するメリットはないでしょう。 しかし、1つだけアドバイスをさせていただくと、公務員面接に限っては予備校の力を借りるべきだと思います。 理由は公務員試験の集団・個別面接・集団討論などは民間企業とは求められることも、対策方法も異なるのです。 そのため、学校の先生や周りの方で適格なアドバスができる人はほとんどいないはずです。 面接のみの講座を開いている公務員スクールもありますので、利用の検討をおすすめします。 メリット• 自分のペースで勉強ができる• 費用を最小限に抑えることができる デメリット• 筆記・面接対策の効率が悪い• 間違った対策を指摘してくれる人が居ない 公務員予備校Q&Aコーナー.

次の