ロジクール ゲーム ソフトウェア。 【Logicool G HUB】使い方とデバイス設定方法【ロジクール】

【ロジクール】ゲームソフトウェアの設定方法【Logicool】

ロジクール ゲーム ソフトウェア

Contents• Logicoolゲームソフトウェア インストール方法 まずはじめに「Logicoolゲームソフトウェア」のインストール方法を見ていきましょう。 をすることができます。 あなたが使っているOSやバージョンに従って、ダウンロードしてください。 機能紹介 Logicoolゲームソフトウェアの機能について紹介していきます。 こちらがトップ画面となります。 この画面から「オンボードメモリ」か「自動ゲーム検出」を選ぶことができます。 基本的には、 キー設定を細かく調節できる「自動ゲーム検出」のほうが便利です。 ただマウスを持ち歩くという人やPS4などの据え置きゲーム機で使う場合は、オンボードメモリを選びましょう。 キー割り当ての方法 2つ目にキー設定をする画面です。 Logicoolゲームソフトウェアで一番お世話になるといっても過言ではない、キーの割り当て方法を細かく見ていきましょう。 スポンサードリンク プロファイルの追加方法 アプリによって自動的に設定したようにキー割り当てをするには、 第一にプロファイルの追加ということをしなければいけません。 まずは、その プロファイルの追加方法から見ていきましょう。 次に セットアップしたい「. exeファイル」を追加する必要があります。 普段デスクトップにあるようなショートカットでも、とくに問題がないことがあります。 一例となりますが、僕の場合以下の場所にデータがあります。 Chromeの場合• 今回は、「steamゲームのバイオハザードre2」で検証してみました。 すると、プロファイルの項目に「バイオハザードre2」が追加されていることがわかります。 またプロファイルを間違ってしまっても、間違えたプロファイルにマウスカーソルをおき右クリックすることで簡単に削除することができます。 キー割り当て方法 続いて、キーの割り当て方法を見ていきましょう。 複数の方法で割り当てることができますが、その中からいくつか紹介します。 キーストロークの項目では、 一番上の項目に入力したいキーをいれます。 入力できれば、そのままOKボタンをおしましょう。 ほかにもホットキーという項目からコマンドを追加することができます。 よく使われるキーがまとまっているような項目となります。 先ほど例に挙げた「コピー」の機能もありますね。 繰り返しオプションを活用することで連射キーになる 繰り返しオプションを駆使すると、連射パッドに早変わりです。 ゲームをよくするような人にとっては、夢のようなツールでしょう! 繰り返しオプションを押すと、以下のような表示となります。 それぞれ、このような機能を果たします。 1度のクリックで1回だけ動作する。 再度押すと、連射ではなくなる。 キーボードを打ち込んだ内容を記録することができるんだよ! マクロキーとは、実際にキーボードで打ち込んだ内容を記録することができます。 また キー入力とキー入力の合間に空白の時間をつくることもできます。 さらに、動作を繰り返しおこなうように設定することも可能です。 例えば、「文字列を全文コピーしたいとき」の操作を想定してみましょう。 この工程を事前に登録しマウスもしくはキーボーに設定しておくと、ボタン1つだけで「文字列を全文コピー」することができます! 単純に操作数が短縮できるのです! 今回の例では、たったの1工程だけ短縮されただけですが、これが5工程もある操作だった場合いかがでしょうか…? 作業がみるみる短縮していきますよね! ワクワクしてきませんか!? この機能を利用すると、ゲームのレベル上げなどの周回操作も簡単に行うこともできます。 スポンサードリンク キー割り当てには1つだけ注意点がある キーの割り当てには、1つだけ注意点があります。 G402で確認したことなので、ほかのロジクールマウスではどうなるのかわかりません。 その点だけご了承ください。 注意点というのが、 Gシフトを押したときのマウスのキー割り当てで、左クリック・右クリックの割り当てを消すことができない点があげられます。 例えば、通常時左クリックはの左クリックとして使いますが、Gシフトを押した状態で左クリックをすると、コピーの役割を果たすという感じです。 そんな Gシフトの設定状態でも、左クリック・右クリックが1つずつ必要となるようです。 割り当てを外そうとしても、このようなポップアップが出てきます。 右クリックの割り当て外そうとした場合 左クリックの割り当てを外そうとした場合。 正直このことを知らなかったので、すこしばかり困惑しました。 ボタンの数が8個のG402ですが、Gシフトを有効にし合計14か所自由に設定できるものとG402を買う前は思っておりました。 いざG402のキー割り当て設定してみると、 実質登録できるキー数は12個ということになります。 しかし、 肝心の「. exeファイル」がどこにあるのかわからないという人が意外と多いです。 僕も最初設定するときは、 さんざん迷った経験があるので気持ちはわかります。 そんな、プロファイルを簡単にみつける方法が判明しました! ほんとうに簡単です! まずは プロファイルに追加したいアプリを起動します。 ここからは「Excel」を例にみていきましょう! いつも通り「Excel」を起動する。 「Excel」の起動が完了すれば、タスクマネージャーを起動します。 ちなみにタスクマネージャーの起動方法は、以下の2通りがあります。 左下のwindowsマークを右クリックし、タスクマネージャーを押下 Excelのアプリの上で右クリックし現れる、「ファイルの場所を開く」という項目を選択する。 エクセルのデータがある場所が表示されるので、 データの場所をコピーしましょう。 次に「Logicoolゲームソフトウェア」のプロファイルを追加する画面まで進み、 先ほどコピーした文字列を張り付けをしましょう。 そうするとExcelの. exeファイルを確認することができます。

次の

FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

ロジクール ゲーム ソフトウェア

ロジクールのゲーミングのソフトウェアは、特定のゲームのあなた Logitech ゲーム コント ローラーの動作をカスタマイズすることができます構成ユーティリティです。 コマンドを作成し、ボタンに割り当てると、コント ローラーの軸の応答曲線を変更することができます。 概要 Logitech Gaming Software は、 によって開発されたカテゴリ ゲーム&エンターテイメント の Freeware ソフトウェアです。 先月中に、クライアント アプリケーションのユーザー 1,382 の更新時間をチェックしました。 Logitech Gaming Software の最新バージョン 9. 最も普及しているバージョンは 9. Logitech Gaming Software が次のオペレーティング システムで実行されます: Windows。 ダウンロード ファイルのサイズの 114. 6MB です。 ユーザー Logitech Gaming Software の 4 5 つの星からの評価を与えた。 Logitech Gaming Software の!.

次の

LOGICOOL ゲームソフトウェアの使い方と設定解説!プロファイルの追加は簡単にできる!

ロジクール ゲーム ソフトウェア

G HUBの機能はどこで確認できますか? G HUBの機能については、さまざまな場所でご確認いただけます。 詳しい機能と操作方法についてはを、機能の概要についてはの紹介動画をご覧ください。 G HUBのウィンドウサイズは変更できますか? はい、できます。 G HUBの使用にはアカウントが必要ですか? ロジクールGデバイスの基本的な機能はアカウントを作成しなくてもご利用いただけます。 アカウントを作成していただくと、クラウド保存やコミュニティコンテンツのダウンロードなどの機能をご利用いただけるようになります。 プロファイルの削除方法を教えてください。 まず、削除するプロファイルをクリックしてから[詳細]を選択します。 その画面の[削除]ボタンを押すと、プロファイルが削除されます。 ただし、デフォルトのプロファイルは削除できません。 自動的に読み込まれたゲームやアプリケーションをプロファイルリストから削除する方法はありますか? ゲームまたはアプリケーションをアンインストール済みの場合: アプリケーションをクリックします。 [設定]をクリックします。 [アプリを削除]をクリックします。 アプリケーションとそのすべてのプロファイルおよび関連マクロが削除されます。 ゲームまたはアプリケーションがまだインストールされている場合は、プロファイルの切り替えを無効にできます。 ゲームまたはアプリケーションをクリックします。 [設定]をクリックします。 特定の設定を複数のプロファイルで固定することはできますか? はい、できます。 設定の横にあるカギアイコンをクリックすると、その設定がすべてのプロファイルで固定されます。 デバイス用のオンボードメモリにはどこからアクセスできますか? メイン画面で、オンボードメモリを読み込むデバイスをクリックします。 設定アイコン(歯車)をクリックします。 デバイスがオンボードメモリプロファイルに対応している場合は、プロファイルを直接読み込むことができます。 ゲームプロファイルのドロップダウンリストからプロファイルを選択します。 サポートを受けたいのですが。 をご覧いただくか、サポートチケットをご利用ください。 G HUBとは何ですか? G HUBは、ロジクールGデバイス用の新しいソフトウェアプラットフォームです。 ゲーミングギアの詳細な設定、ライトのカスタマイズ、サードパーティ製アプリでのギアの制御などの多彩な機能を、使いやすいインターフェースで簡単に操作することができます。 今後発売される製品にも対応しています。 Logicoolゲーム ソフトウェア(LGS)とは何が違いますか? LGSの機能も多数引き継がれていますが、G HUBには、将来製品にも対応した、使いやすいインターフェースが搭載されています。 DPI、キーバインド、EQ設定など、ゲーミングギアの細かな設定をカスタマイズできます。 また、LGSにはなかった新機能も追加され、サードパーティ製アクション、自動ファームウェアアップデート、ドラッグ&ドロップ操作、ウィンドウのサイズ調整などが可能になりました。 LGSからG HUBに移行する必要はありますか? 2019年以降に発売される新しいゲーミングギアでは、LGSではなくG HUBをご利用ください。 G HUBでは、将来的に、LGSでは不可能だった新機能も提供する予定です。 LGSのサポートは継続しますか? LGSを古いデバイスで引き続きご利用いただくことは可能ですが、新しいロジクールGギアではご利用いただけません。 自分のデバイスがG HUBに対応しているか確認したいのですが。 以下の要件セクションの対応デバイス一覧をご覧ください。 過去に発売されたロジクールGデバイス製品のうち、今後G HUBに対応する予定のものはありますか? 現在、以下の製品で後方互換性を実現するための作業を進めています。 作業完了は2019年中を予定しています。 新旧製品を併用する場合は、LGSとG HUBの両方をインストールすることが可能です。 G HUBの今後の開発予定はどうなっていますか? G HUBの最適化に継続的に取り組んでいきます。 現在、新機能の開発に加え、LGSの人気機能の組み込みや、さまざまなサードパーティ製アプリとの統合の実現に向けて開発を進めています。 まだここでお伝えすることはできませんが、非常にたくさんの新機能をご用意していますので、今後のG HUBの最新情報にご期待ください! G HUBの新機能のリクエストやフィードバックを送信することはできますか? 不具合やエラーに関するご報告や新機能のご要望については、[G HUB設定]画面の[フィードバックを送信]ボタンからお送りください。 フィードバックはソフトウェア開発担当チームに直接送信されますので、皆様のご意見をお待ちしております。

次の