宝徳 寺 桐生 市。 「宝徳寺(ほうとくじ)」ってどんなとこ? 新緑・紅葉の床もみじの特別公開/御朱印の受け渡し/風鈴まつり/境内の様子/駐車場/アクセス方法をチェック

「宝徳寺(ほうとくじ)」ってどんなとこ? 新緑・紅葉の床もみじの特別公開/御朱印の受け渡し/風鈴まつり/境内の様子/駐車場/アクセス方法をチェック

宝徳 寺 桐生 市

6月より観光参拝、御朱印も通常対応とします。 御朱印受付は午前9時~午後4時、但し、火曜日、金曜日はお休みです。 当県の社寺におきましては新型コロナ ウイルスによる感染者並びに クラスターの発生は一件も起こって おりません。 引き続き宝徳寺では感染予防に全力で あたる所存ですので安心してご参拝 いただきますようお願い申し上げます。 お知らせ 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として受付所にはアルコール消毒液を設置、密集しないよう順番にお一人ずつ受付するようお願いしております。 「参拝された方々の思い出に残るよう個性的なご朱印」をお書きしております。 御朱印希望者が多い場合、週末などお一人様1枚など数量制限することもございますのでご理解願います。 また、受付が混雑し、お待ちいただく時間が長くなると判断した場合は、御朱印帳をお預かりして郵送対応とさせていただく場合もございます。 基本御朱印 基本御朱印 片面 基本御朱印 見開き お誕生日御朱印 お誕生日の方はお申し出いただければ、お誕生日御朱印をお書き致します。 1枚と、見開きの2種がございます。 季節の御朱印(参考) わんちゃん健康長寿御朱印(書置きのみ) ご希望によりわんちゃんのお名前を書き入れします 御朱印対応について 上記掲載御朱印が基本内容となります。 来寺参拝者のみ授与(御朱印帳記載)致します。 宝徳寺御朱印スタッフ一同、皆様のおまいりをお待ち申し上げております。 但し祝日の場合は受付致します。 【お知らせ】 御朱印に関するお電話やメールなどでのお問合せは一切受付けておりません。 お電話で非常識な時間にご連絡してくる方や、何度もお問合せする方など、寺院運営に支障がでています。 ご注意事項やルールをお守りください。 お電話やメールでの御朱印に関するお問合せは不可。 ・御朱印の郵送対応はいかなる理由があっても対応致しません。 ・限定、月参り御朱印など期間外での授与は致しません。 ・御朱印の取り置きなど一切致しません。 ・御朱印は本人に授与するものです。 よって代理で依頼された御朱印帳への記載は不可。 ・書き置き御朱印を当寺院にて御朱印帳に貼りつけることはしておりません。 ・御朱印の受付時間は、午前9時より午後4時までとなります。

次の

群馬県桐生市 宝徳寺

宝徳 寺 桐生 市

群馬県桐生市 宝徳寺 群馬県桐生市 宝徳寺 宝徳寺 群馬県はいろいろな寺のある素晴らしい街です。 実は、美しい花の「ボタンを紹介」していますが、ここにも名寺があることを知りました。 とにかく群馬県の赤城山の山麓地域には、沢山の自然があって花を観賞するのには大変です・・・一度に開花してしまうからです! ゴールデンウィーク(5月上旬)には境内にある数百株のぼたんが咲き始めます。 石庭と山々の新緑、ぼたんと和傘のコントラストを是非お楽しみ下さい 花の寺ばかりでなく、その他いろいろな行事をやっている寺です。 また、 いろいろな行司もやっています。 例えば、 「宝徳寺座禅会」のご案内 ・・・宝徳寺では下記の通り毎月第一日曜日早朝に座禅会を行っております。 当山の場所は桐生城(柄杓山城)の裏側に位置し、名久木の砦の入口を見渡す所にあります。 これは城の裏口を護るための要害としてこの場所を選び建てられま した。 天正元年に桐生佐野家が太田の由良家に滅ぼされると、当山は保護者を失い荒廃してしまいました。 しかし地域の人々の力により、再び隆盛となり江戸中 期には当山17世の天渓和尚が大本山建長寺186代管長を務めました。 また明治初年には大間々第一分校(現桐生市立川内北小学校)が当山において開校され ました。 京都大仏師 村田岱觀師により樹齢300年からなる木曽天然桧を用いて5年の歳月をかけ制作されました。 平成14年に大本山建長寺管長導師のもと、50有余人の和尚方によって開眼法要が営まれました。 方丈前は石庭(枯山水)庭園になっています。 枯山水とは、室町時代の禅院の「作庭様式」の一つで、水を用いずに、石・砂などにより自然の生命を表現する庭 のことです。 当山の枯山水庭園は、正面に野趣に富んだ山肌を借景とし、朝には太陽、夜は月さえも庭園の一部に取り入れてしまい、宇宙の森羅万象を写してみ ることができます。 方丈脇には枯山水とは異なり、滝と池からなる山水庭園があります。 静寂な禅の庭は壮大な宇宙感と融け合い、時代を超えて我々の心と対話し続けています。 ・・・・といった注意書きがあります。 「ぼたん祭り」が春には行われます。 宝徳寺境内では「百花の王」といわれる ぼたん数百株が美しい花を咲かせます。 ぼたんには赤、紫、白の和傘がかけられます。 石庭と山々の新緑、 ぼたんと和傘のコントラストはまさに花浄土、ぜひお楽しみ下さい。 また、 宝徳寺ぼたん祭り さこ みちよ「 トーク&歌謡コンサート」も行われたそうです。 また、本年は赤澤圭子氏指導の絵手紙・水彩画教室の作品展を同時開催いたします。 素敵な絵約70点が5月10日迄展示されます。 こちらも合わせてお楽しみ下さい。 ・・・というようにいろいろな行事が行われています。 「紅葉祭り」 が、秋には行われます。 宝徳寺の境内や周辺の山々は、赤や黄色に彩られ紅葉 浄土の 世界が広がります。 秋の一時をお楽しみ下さい。 紅葉見頃:11月中旬~11月下旬 「厄除け・祈願のご案内」 ・・・宝徳寺では、下記のご祈願を受け付けています。 前橋市、高崎市、太田市、伊勢崎市、みどり市などからも大勢いらしてます。 ぜひご来山下さい。 家内安全、厄災消除、方位除災、無病息災、 当病平癒、交通安全、学業成就、発育健全、 商運隆昌、ボケ封じ、ポックリ大往生 などの祈願です。 半僧坊大祭 「厄除け祈願」のご案内 大根焚き祈願・人形供養・・・・半僧坊大祭では、本堂にて厄除け祈願法要をおこない、境内ではこの一年を 大きな 根をはって、健康で幸せに送れるよう「幸福を招く大根焚き祈願」をおこない参拝者に振る舞います。 特別祈祷のあつあつの大根を味わっていただき、無病息災、開運招福をお祈りしに出かけてみてはいかがですか。 当日は 人形供養とお焚き上げを併せて行います。 「平泉 中尊寺蓮 泰衡が蓮」・・ 宝徳寺では平成22年5月10日平泉の中尊寺様より「中尊寺蓮」を株分けしていただきました。 この蓮は藤原四代泰衡の首桶(くびおけ)から見つかった種を現代の技術で再生し800年ぶりに開花させたものです。 この夏に花を咲かせると思います。 平安の香りを漂わせた中尊寺蓮をぜひ見に来てください。 「硫黄島から帰った日章旗」 平成19年8月、総代の今泉喜久司氏より当山に日章旗が納められました。

次の

【宝徳寺】アクセス・営業時間・料金情報

宝徳 寺 桐生 市

御朱印大国群馬って言うと言い過ぎではありますが、割合としては御朱印の数は多い印象です。 そんな中、SNSでやったら御朱印の画像がアップされているお寺に向かったのでした。 それは 宝徳寺(ほうとくじ)。 別に流行りに便乗しているわけではありません。 御朱印はあくまでついで、重要なのはオーラよ! 大衆はその辺の本物を見抜けないからな、、この真のパワースポッターが直に行って確かめなければ。。。 という上から目線的なやつです。 というわけで行ってきたのですが。 もう一軒、 崇禅寺(そうぜんじ)というお寺も回れたのでまとめて記事にしてみます。 タイトル通り、どちらも桐生市にあるので一緒に見なきゃ損ですよ!• 駐車場は境内にもありますが土日は激混み。 他にも参道入口前に県道号線を挟んであるので、そこに停めるのがいいんではないでしょうか。 バス停も目の前にあって交通機関を利用するのも有りです。 いかにも洗練された参道と境内。 気がたぎります。 社務所はすぐ右手にあり。 てかこの日は土曜日だったのですが、御朱印求めてすでに人が並んでいるじゃないか。。。 そうしてケンボーも社務所の中へ。 なにこれ?? ちょっと信じられないくらい御朱印の種類があるんですけど? 片面と、両面と、20種類近くありそう。 更には季節限定もある。。。 や、やるな。 そうして気になった御朱印を選んでお願いしました。 30分は掛かるとのこと。 その間に境内を散策します。 境内を散策 まず 門前には世界平和の鐘。 門を潜ってすぐの本殿。 新し目です。 参拝して内部を散策。 奥は行事の際に使われそうな貴賓室ぽいのが。 そして何故かポスターが貼られてます。 トイレ前。 トイレの神様が祀られてるのにはすいません、笑ってしまいました。 浄財もあるって商魂たくましいというかなんというか。 そう、宝徳寺はここまでやる! ちなみにトイレは綺麗です。 そして本殿前に広がる庭園。 めっちゃ洗練されてます。 参拝客が多いお寺は例外なく綺麗ですね。 庭園横には池と鯉。 餌が置いてあるので購入して戯れました、ばっしゃばっしゃ寄ってきて楽しい!異様にでかいやつがいます。 そうして順路に従い庭園の側道を歩きながら戻ります。 と、その時でした。 ここだな、ベストショットは 時期ではなかったのですが、本殿と紅葉のコントラストが映えるに違いない!予告しよう、SNSではここからの画像が上がりまくることを。 そうして社務所に戻り、御朱印をいただいたのでした。 御朱印 そして今回いただいた御朱印がこちら 奮発して両開きです(確か1種800円か1000円、俺氏白目)。 ケンボー的にここはパワースポットと言われると微妙なところでしたが、観光地としては全然有りでした。 お寺巡りが好きな人増えるといいですね。 車で10分程度で着きます。 参道入口より 車は本殿前の境内に停めれるのですが、せっかくなんで下から階段を上がっていきます。 きたこれ。。。 参道は神社っぽい雰囲気。 個人的にこっちの方がパワースポットらしいな。 そして登りきると正面に本殿。 こ、ここも立派じゃーないか!!! やっぱり御朱印は参拝前にお願いする で、社務所を見るとやっぱり参拝客が御朱印を待ってます。 ここもか笑 なんで始めに御朱印はお願いしましょう。 てここもか! 御朱印多い。。。 宝徳寺ほどではありませんが10種類はあるのか?もちろん限定有り。 うーむ。。。 ここと宝徳寺は競ってるんだろか?まあ寺巡りを普及させるのにいいことですけどね。 境内を散策 そうして参拝した後は境内を散策。 開放感があっていい感じです。 この鐘もまたいい感じ。 趣きがあります。 てこれは懸造りだな。 日本的でいいねーたまらん。。。 反応しちゃうじゃないか。 そしてこれを下から撮るのがケンボー流よ。 あんまよく撮れてないけど。 境内の奥には気になる小道。 この奥には何があるのか? 男特有の冒険心をくすぐられながら進みます。 こんな道が続いてました。 延命坂と名付けられているようです。 詳しくは調べてないけど良い運動になる坂なんだろうわかります。 しかしそれだけでは無かった! 更に奥に進むとこんなパワースポット感ありありなところへ。 この先は。。。。 何かいる。。 ! 一応セーブしてからいくか、ボスが現れるかもしれん。。。 て今のゲームはセーブしなくていいのか? とかなんとか。 そんなノリで進むケンボー。 引っ張っておいてあれですが何もなかった。。。 単にお寺の裏山をぐるっと回ってきただけでした。 いい運動になった。 最後に。 お寺の裏側を散策すると裏にはこんな謎の社殿が!これはなんだろう。 お寺のホームページによると阿弥陀如来像が中に保管されてるようです。 が、暗くて何も見えませんでした白目 御朱印 そうして社務所に戻ります。 て、まだ御朱印ができてませんでした。 ここも土日祝日は30分以上かかるのもかしれませんね。 そうして設置されたベンチで待つことしばらくしていただいた御朱印がこちら。 片面と両面をいただきました、奮発してしまった。。。 最後に こんな感じで訪問した宝徳寺と宗禅寺。 御朱印の豊富さから人気のある寺院であることがわかります。 ケンボー的に勝手ながら桐生の二大寺院ということにしよう。 以下に残り2つのお寺の記事を紹介します。 ・大蔵院 ・日限地蔵尊 観音院 ーここにそれは誕生するー ーそれとはすなわちー ー桐生派 御朱印四天王寺ー という感じで。 そう勝手に呼ぶこととします。 ダサいですか?すいません。 イタイですね、すいません。 〇はこれから増えるのかもしれません。 桐生市内の御朱印スポットは以下の記事でまとめています。 群馬県の御朱印(おすすめ・限定情報含む)と記事・近くの観光情報はこちら ・桐生市近く(割と広範囲)の観光情報はこちらで確認できます。 それではっ kenboo7 当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8. net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるkenboo7が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 極度にわいせつな内容を含むもの。 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

次の